栃木県宇都宮市ハッピーボイス代表山口ゆりえのブログ~ 言葉の伝え手が、スピーチ・ MCのプロを誕生させます!〜






初めまして。


ハッピーボイスの山口ゆりえと申します。


栃木県を中心に、


MC(司会)・ナレーション・セールスプロモーション・話し方トレーニング


3つの事業を柱として活動しております。


どうぞ宜しくお願い致します。





************************





MC(司会)・ナレーション


ブライダルから各種式典・パーティー・イベント司会まで。


ご要望に応じて幅広い分野での司会に対応致します。


又、映画館企業CMやPVナレーションも可能です。


(MCトレーニングも行っております。)





セールスプロモーション


商品やサービスを、マイクを通して効果的にPRします。


イベントや・展示会開催等、目的に応じたプランニングからサポートが可能です。原稿作成からMCやアテンドまで、ご要望に応じて対応します。




話し方トレーニング(山口が担当しております。)


プレゼンやスピーチで効果的に話す為のトレーニングを行ております。豊富なMC実績とMC育成、又長年の話し方講師としての実績を元に、「その人に合わせた」「職種に合った」トレーンングを心掛けています。










https://line.


友だち追加
LINE @にて、話し方・スピーチ記事の更新情報をお届けします。



昭和の大スターがまたお一人、旅立たれました。
日本男児の鏡のような、男の中の男、渡哲也さん。

大門軍団の団長役を努められた「西部警察」は、今でも最強で最高の刑事ドラマだと思います。




部下からは「団長」と慕われ、先輩からは「大さん」と一目置かれる大門団長。
部下から「団長」と呼ばれると、「はい」と返事をする。
「人を憎むことではなく、罪を憎むことだ」との言葉が印象に残ります。




2017年の閉館前に北海道小樽市の「石原裕次郎記念館」を2年連続訪れ、「西部警察」のパネルと車に感動しました。
もちろん、撮影可能エリアにて。


部下にも敬意を示し、
人間的魅力に溢れた大門団長。



ドラマで繰り広げられていた大迫力のカーチェイスと同じ車両を見て、大興奮しました^_^
ファンにとっては、正に聖地のような場所でした。



最強の大門軍団。




バイクと皮ジャンがトレードマークの舘ひろしさんが演じられた、「タツ」。
子供の頃は一番カッコいいと思ってました!




大門軍団の最高の理解者であるボス。
故石原裕次郎さんが演じられた木暮課長。
ブラインドの隙間から外を眺めるシーンで、
ストーリーは完結。






昭和のダイナミックなドラマ「西部警察」にて、素晴らしいリーダー像を見せてくれた大門団長=渡哲也さん。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。


なせば成る
なさねば成らぬ
何事も

成らぬは人の
なさぬなりけり  

上杉鷹山


2016年夏・山形県 米沢城址/松が岬公園にて


江戸時代後半、
困窮した藩政を大改革によって見事
再建させた上杉鷹山。

ジョン・F・ケネディが最も尊敬した日本人。


優れた実行力と人を思いやる心で、
絶大な信頼を得た上杉鷹山は、
自らの言葉と行動力で、藩と人を守りぬく。



時は現代に戻り、
コロナ対策・コロナ予防が欠かせない日々。

「GO TO トラベル キャンペーン」が始まり、
不安を抱える地方住民も多い。


そんな中で、地域を守る為に意見を述べることができる自治体トップの方は、ニュースを見る度に頼もしく感じます。

平常時よりも、有事の際のリーダーシップこそ、信頼に繋がることが分かります。


やはり自らの言葉で、
的確に端的に伝えることが何よりの信頼に繋がる。

その言葉から、地域や人をどれだけ守ろうとしているかを感じることができる。


聴く側は、普段よりも格段に真剣になります。




優れた実行力と人を思いやる心。


2016年夏・山形県 米沢城址/松が岬公園


ジョン・F・ケネディにも影響を与えた上杉鷹山。

 
関連する書籍も多い。



県を跨がないと決めた今年の夏は、
読書の夏になりそうです。






今何が必要なのか。
何をするべきなのか。



先を想定しながら、
自らの言葉で的確に端的に伝えてくれる地域トッップの会見を期待したい。








Go to travel campaign.がスタートするようですが、、、
とてもそんな気分にはなれませんショック


連日のニュースを見ていると、
暫く遠出は控えたいです。



それでも、地域の活性化は大切だと感じています。

私個人の考えとしては、今は極力県(都道府県)を離れないで(もちろん、通勤は別として)、可能な範囲で楽しむことだと思います。


地元でも、まだまだ知らない場所がたくさんあります。
懐かしい場所を訪れてみたり、
歴史を辿ってたり。



因みに私は、
場所は自然の中。
食事はテラス席や屋外のお店。
換気の良い場所での買い物かな。




今は、コロナ前と同じ方法を考えていたら、
通用しないのかな、と感じています。


ネット、オンライン等も利用しながら、
リアルでもやり方を工夫してみる。


私事ですが、
少しやり方を変えたり、
工夫してみると、
新たな発見があるのとに気づいています。


身体が健康であり、
ライフラインが整った環境であれば、、、
新たな事がきっとできる。





それでもやはり、旅に出たいと思ったら、
過去の写真を眺めます目


*昨年広島を訪れた時の写真です。


〜安芸の宮島 日本三景〜
原始林が広がる中に朱塗りの社殿。
古より島全体が信仰の対象になっていたという、
厳島。
大鳥居は修繕工事中でしたが、幽玄な力強さを感じました。






潮の満ち引きで印象が異なる神秘の島。
研ぎ澄まされた大自然に囲まれた島でした。





神鹿と言われてきた鹿さん達は、
とても可愛らしかったです。










そしてもちろんこちらも。
〜原爆ドーム・世界文化遺産〜
かつては、『広島県物産陳列館』だった『原爆ドーム』。
「二度と同じ事が起こらないように」との力強い願いが込められた世界遺産。
「オバマ元大統領が来てくれてから、ヨーロッパ圏の方が多いんですよ。」と話してくれたタクシードライバーさんは、お婆様が被爆されたそうです。
短い時間に広島の歴史をたくさん語ってくださいました。


原爆ドームそばの資料館では、
過去の出来事として忘れてはいけない歴史であることを痛感しました。




日本人として、
日本の歴史を学ぶ姿勢を忘れずにいたいです。