花丸敏吾のカスタムキュ―ピ―伝説
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-12-15 09:12:09

カスタムキューピー伝説❗ 障害者としての生活。

テーマ:ブログ
別にいいんですよ。

最初に教わったレクチャーが間違っていたのであれば、いくらでもやり直します。

確かに 夫婦二人でそれぞれきちんとレクチャー受けたはずなんですけどね。

よく今まで13年もの間、一度も注意を受けることなく やって来られたと思います。

めんどくさいから、もう障害者手帳を使うのやめよう。 と、止めてしまうのか。
大変だけど、今までの 習慣を1から変えて 新たに教わった通りにやるのか。

答えは簡単で、当然のように やり直しが正解です。
昨日は結局、今まで 教わった通りにやってきた13年間はなんだったんだって思う気持ちと、あの駅員さんの上からの不遜な対応。
これが 府に落ちるのに時間がかかったわけなので、今日からは 改めてやり方を変えます。

しかし、今の人たちは、何がそんなに 余裕なく何にそんなに追い詰められているのでしょうか?
全く 他人に対する思いやりや、優しさがない場面に出くわすことが多くて本当に疲れてしまいます。

障害者になってつくづく思うことは、
こういう人たちの中で、自分が楽しいと思ったことを仕事にして幸せになることって 可能なのか?
人を楽しませる仕事って可能なのか?

自分だけが楽しいと思って理想を追及して行けるのか?って考えてたら、熱が出たので、冷えピタ貼って過ごしています。

天気がいいから出かけます。




2018-12-14 14:48:46

カスタムキューピー伝説❗ お気に入り作品。

テーマ:ブログ
気になったことついでに。

前から、「お客様は、神様です。」って言葉を
間違って解釈して、使っている人があまりに多いのが、気になっています。

三波春夫先生は、オリンピックの際に、
「この歌は、オリンピックが東京でできることを喜んで、みんなで神様に向かって、いっしょに感謝の気持ちで歌いましょう。なので、いつもは皆さんに歌うので、いつものお客様は皆さんですが、この歌は神様に向かって歌うので、この歌のお客様は、神様です。」ということだったと僕は記憶しています。

ですから、今みたいに やたらに「客は神様だろうが❗」って言って、特にサービス業の方などに無礼な態度を取る人は、自分が根底から間違っていることの恥ずかしさに早く気づいて、今すぐ態度を改めるべきだと思うのですが。

間違っていたなら、誰か注意してください。

平和に越したことはないですから。





2018-12-14 13:17:39

障害者のレッテルの続き。

テーマ:ブログ
僕が納得がいっていないのは、

僕は別に、言われたことに従わないと、言っているわけではありません。

ただ、あの駅員さんの対応が、まるでこちらの方が間違えて覚えておいて、それを指摘されて、逆ギレでクレームを言っている客のような扱いを受けたことです。

現に、同じ線に朝は いつも通り利用して何も問題ありませんでした。
今月に入って、使った他の線も全部です。
当然、先月もそうだし、それ以前もずっと13年間そうです。

「昔から そうですよ、何を言っているのですか?」っていう対応。

最初に教わったことをきちんと守っています。

それぞれに丁寧にレクチャーを受けました。
あまり 自分では 障害者ですよって振る舞わないようにしています。
でも、時と場合によっては、周りに迷惑をかけないために 障害者です。すいません。ってお断りします。必要以上に障害者アピールはしません。

だからと言って、「それは、きっと 最初に教えた駅員が間違えたんですよ。障害者の割り引きルールは最初からずっとこのルールですよ❗だから次はきちんと最初に提示してください!」っていう言い方。

最初に教えた駅員はあなたたちの同僚ですよ❗

13年間一度も注意していなかったのも、同じ駅の人ですよ❗

なのに、最初になぜそのことを一言も詫びない?
他の線はこの後 今日も明日も使います。
注意されなければ、今まで通りに利用します。

僕が言いたいのは、
「最近、割り引き利用者が増えて、いろんな問題が起きないために、改めてこういうルールに統一させていただくことになりましたので、これからは、これでよろしくお願いします。」
っていう言い方とか、他にも「なのでしたら、改めてきちんとレクチャーし直しますので、これからはそうしていただきますようにお願いします。」なら、まだ 納得しますけど、
まるで、こちらが間違えて覚えているの一点張りで、間違えて教えた駅員のことは一言も詫びないって対応が、障害者をバカにしているのか?って思うんです。

なりたくてなった障害者ではありません。
できることなら、今すぐにでも 障害者認定は返上したいですが、現に体が元通りにはいきません。

定期的に通院しないといけない科が、今でも5つはあります。薬代だけでも大変です。

甘んじて受けている障害者認定、せめて他者に迷惑をかけないために最大限ルールや、マナーは、健常者の時以上に頑張って守っています。

なのに、今回の駅員さんのまるでクレーム客扱いの対応、それから、まだまだ多い障害者のためのいろいろな物を悪びれることなく利用するだけじゃなく、障害者に譲ってあげることを、あえてしようとしない健常者、年齢は関係ありませんよ。
歳をとっていても、元気に駅まで歩いて来られるなら、エレベーターぐらい 少し待って、ベビーカーや、足腰の悪い人に先に譲ってあげましょうよ。
我先にと、階段でも全然大丈夫そうなおじさんおばさん サラリーマンに親子連れ、あんたたちは、その何秒かをエレベーターに乗ることで何か変わるのですか?

あまりにもぎゅうぎゅうに乗って来る時には、「すいませんけど、階段で行ける人は降りてもらえませんか?他にも待っている人がいますから。」って言うと、「あなたたちに、席を譲って電車の中ずっと立ってたから、腰が痛いのよ!エレベーターぐらい何が悪いのよ!」
って言われたことがありました。
「けど、あなた、さっき停車してからずいぶんたくさんの人を追い抜いて、さらに弱冠割り込み気味で乗ってきましたよね、腰が痛いのであれば、一旦ホームで休憩した方が良かったのでは?」って言うと、そこから黙ってしまって、エレベーターが開いたとたんに早足で改札を出ていく始末。
あれ?腰が痛いんじゃないでしたっけ?


もちろんこんな人ばかりではありません。
親切な人はたくさんいます。
外国の人でもたくさんいます。
日本人なのに、そんなマナーが悪い人、理不尽な対応をする人、しかも そういう人に限って上から対応です。それが一番納得がいっていない。

そろそろ我慢が限界です。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス