BIGTOEの筋肉ブログ

BIGTOEの筋肉ブログ

元ミスター関西、ミスター大阪、ミスター岡山のBIG TOEが気管腺様嚢胞癌ステージⅣとの命がけの戦いと体力作りに励む日常を書き綴ります。
2017年9月 気管腺様嚢胞癌切除手術、放射線治療。
2020年12月 腺様嚢胞癌が肺転移。開胸手術にて肺転移巣切除
現在経過観察中

大相撲秋場所千秋楽、新横綱 照ノ富士関の優勝で幕を閉じました。

 

照ノ富士関と言えば、両ひざの大怪我と内臓疾患で大関から序二段まで陥落。

大相撲の世界では序の口、序二段、三段目、幕下、そして十両になって初めて「関取」と呼ばれ「付け人」が付き、給料がもらえるのです。そして、幕内に入れば、前頭、小結、関脇、大関そして横綱です。

 

一時は親方に「辞めたい」と漏らしたそうですが、伊勢ケ浜親方の説得で一念発起。怪我と病気を克服して序二段から元居た大関の地位まで戻るのも至難の業。それがさらにその上の横綱までも射止めました。もちろん、史上初の快挙です。

 

そして、今場所、新横綱での初優勝。これも長い大相撲の歴史の中で照ノ富士関を入れて9人しかいません。

 

1911年夏 太刀山(10戦全勝)、1918年夏 栃木山(9勝1敗)、1938年春 双葉山(13戦全勝)、1949年春 東富士(10勝2敗1分)、1961年九州 大鵬(13勝2敗)、1983年秋 隆の里(15戦全勝)、1995年初 貴乃花(13勝2敗)、2017年春 稀勢の里(13勝2敗)。現在の15日制になってからは、5人目の快挙です。しかも、今場所は白鵬が休場で一人横綱という重責を背負っていました。

 

怪我をする前の大関時代の照ノ富士関は恵まれた体格にものを言わせ、恐いもの知らず。強引な相撲で白星を積み重ね横柄な印象すら感じ好きなお相撲さんではありませんでした。しかし、苦労が人を変えるのでしょうか。怪我と病気を克服しただけでなく、精神的にも人間的にも大きく成長して帰って来たのです。昭和の大横綱 大鵬の座右の銘が「忍」、照ノ富士関は「不動心」。黒星を喫した翌日も引きずることなく安心して見ることが出来る横綱になって帰って来たのです。


(※昭和の大横綱大鵬 強さと品格を備えた横綱でした。)
 

今も両ひざに爆弾を抱えており、自身でも「いつまで相撲を取れるかわからない。」こと、「横綱の責任」を自覚して、日々、精進を重ねています。終わりの時を目の当たりにし覚悟が出来た人間は強い!!今は、1日でも長く活躍することを願い応援したい自分です。

 

照ノ富士関、優勝おめでとうございます!!

 

余談ですが、幕内力士の「阿武咲」関。うちの奥さんは何故か「相武紗季」と呼んでいます。

 

何となく分かる気がします(笑)。

 

今朝の情報では、横綱 白鵬が遂に引退するようです。照ノ富士関は両ひざに爆弾を抱えています。期待の朝の山はコロナ禍のキャバクラ通いで出場停止処分中。かなり番付下位からの出直しになります。貴景勝関、正代関に期待するのは厳しそうです。次代を背負う強い若手の台頭が待たれます。

月曜日の夜、カッチカチの冷凍バナナをかじっていると口の中に違和感が!!バナナをよく見ると何かが突き刺さっています。何かと思えば、私の上前歯!!

 

思い起こせば10数年前に仕事中に立ち寄ったパーキングエリアで買った季節外れの霜が吹いたカッチカチの小豆アイスをかじっていた時にも同じ違和感を経験していました。アイスを食べ終わった後、ルームミラーで見てみると何と上前歯の1本が半分無くなっているではありませんか。

 

折れた歯が見当たらないと言う事は、アイスと一緒に食べてしまった!?

My 前歯さん、It’s gone!!

 

その後、便のチェックまではしなかったのですが、無事に通過したものと思われます(笑)。

前歯がない顔を想像してみてください。ただでさえアホ顔なのに歯抜けになるとさらに間の抜けた顔になります。帰社後、慌てて近所の歯科医に向かいましたが、残った歯を削って、その上に義歯をかぶせるとか。結局、2週間くらいかけてオーダーメイドの前歯を作ってもらいました。前歯の義歯と言うのは結構違和感が強く慣れるまで1年くらいかかったことも覚えています。

 

その後、大阪から東京に引っ越して十余年。考えてみれば実に長持ちしたものです。

 

今回は、コロナ禍に歯科医に数週間にわたり何度も通って削ったり、型を取ったり、仮歯をいれたりするのも面倒なので外れたものを接着剤でつけてもらいました。

 

そして昨日、バナナを買ってきてプレーンヨーグルトに入れて残ったものをラップで包んで冷凍庫に!!

 

まったく懲りない男です(笑)。

(※今朝も5時起きで公園トレ。ずいぶん涼しくなりました。)

人生、諸行無常、諸法無我。そのとおりですね。

大変だと必至になってやっていることもいずれ無に帰ります。あの世に持っていけるものなど何もありません。足るを知り家族と友人たちと穏やかに自然に生き切りたいですね。

 

ワクチン接種については、国家の最小単位である家庭内でも、それぞれの立場、考えがあり様々です。話し合った結果、我が家では情報を共有し、それぞれの意思を尊重することに。

 

息子は、接種のメリット、デメリットを天秤にかけ悩んだようですが、現役の社会人であり、通勤電車にも乗るし、不特定多数の人に会う機会も多く、我が家では一番ウイルスを持ち込んでしまう可能性が高いこともあり、職域接種が行われたのを機にモデルナ1回目接種。我が家の切り込み隊長になりました。接種部の痛みと発熱が起こったものの今のところ大事には至っていません。

 

先週、妻が1回目のファイザー接種を受けてきました。やはり『いろいろ問題が多い海外製のワクチン接種を受けるべきか、日本製の信頼できるワクチン、治療薬が出来るまで待つべきかそれが問題だ。』と悩んでいましたが、『12月には二人目の孫がやってくるので会いに行きたい。』との思いから決断しました。短期的副反応は接種部の痛みだけで発熱もなく今のところ大丈夫そうです。

 

一番問題なのが、12月に出産を迎える妊娠中の娘です。医師に相談したら『医師にその質問は愚問よ。100%打ってください。でないと本当に赤ちゃん死ぬよ。』と打つように言われて尚、接種時間ギリギリまで悩んでいたのですが、院長先生が出てきて勧められ遂に接種に至りました。最後まで『赤ちゃんに何かあったらどうしよう。』との不安を持ちながらの決断でした。ワクチンはファイザー製で、幸い、短期的副反応は妻同様で軽いもので済んでいます。

 

私は、医師の言葉に強い違和感を持ちましたが、未来のことは誰にもわかりませんから強制はできません。接種したからには、何事も起こらないことを祈るのみです。

 

私ですか?結論から言うと打ちません。私はがんサバイバーであり呼吸器の基礎疾患持ちですが、いまひとつワクチン効果に確信が持てないし、不信感を払拭できていない、それに自主的に今以上に体調を崩すようなことはしたくないからです。

 

それじゃあ仲の良い家族がワクチンで分断!?いえいえ、そんなことはありません。個々の意思を尊重するだけです。だって、誰にも「正解」は分からないのだから。我が家の接種率も世界、国内の統計同様75%で頭打ち。自然の成り行きです(笑)。

 

感染対策を万全にして、筋トレ、食生活、睡眠などで免疫力を高めつつ、自然免疫獲得を目指します。

 

私が罹患しているがんは、希少ゆえ効果的な治療薬がありませんから、再発、転移したら普通は治験的に他のがんに有効とされる抗がん剤、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬などの化学療法になるとは思います。現時点ではそれについても受ける意思はありません。最良の方法として自身の免疫力を信じて無治療を選択することになるでしょう。

 

製薬会社は、世界中に感染者が居て金もうけになる新型コロナワクチン、治療薬開発に躍起になっています。

 

一方、こうしているうちにも、がんで死に向き合っている友人が居ます。今年はすでに身近な人が3人がんで旅立ちました。製薬会社は、金儲けに繋がらない希少がんの患者を見殺しにするのではなく、希少がんの治療薬開発にも力を注いでほしい。それが私の切なる願いです。

 

結果がどうなるのかは時間の経過とともに明らかになります。神のみぞ知るです。

 

彼岸花

赤の花言葉:情熱・独立・再開・あきらめ・悲しい思い出・思うはあなた一人・また会う日を楽しみに

白の花言葉:思うはあなた一人・また会う日を楽しみに

 

 

吉田拓郎「僕の歌はサヨナラだけ」

 

台風14号の影響で今週いっぱいは秋晴れを望めそうにありません。早朝公園トレーニングも流石に雨の日はNG。

昨日は、雨上がりで水溜まりが多く遊具はびしょ濡れだけど曇天の元、ペーパータオル持参で行ってきました。メニューはナロウグリップチンニング10セット。ジムで行なうプーリーローイングをイメージしながら上体をバー方向に引き付けゆっくり下ろします。なかなか効きますね!!着実に広背筋肥大、免疫力向上に向かっています。

今、孫息子の遊び道具に「ワニワニパニック」を手作りしています。工作は何十年ぶりでしょうか。娘の小学校の夏休みの宿題を手伝った時以来かな。

小学校の頃、夏休みの宿題で亡き親父がマッチ棒で実に精巧な若戸大橋を作ってくれたのを思い出しました。上手すぎて学校に提出できない。懐かしい思い出の一コマです。

 

世間での話題は、東京オリンピック、パラリンピックから再びコロナ緊急事態宣言、新規感染率、ワクチン接種率。その中での自民党の権力争いで終始しています。自民党総裁選については言う事ブレブレ、カリスマ性ゼロのヘタレ元政調会長、プライド高そうどや顔ワクチン拡散大臣、右向け右の安倍政権継承元総務大臣。やるぞ!出るぞ!元幹事長は「お前はもう死んでいる」状態。自主投票で透明性をと訴える若手議員の良識を信じたいが所詮派閥主導の茶番劇。どうせ国民には投票権は無いし、はっきり言ってもう飽きました。衆議院選挙でささやかな1票を投じさせていただきます。

 

知らないと語れない、判断出来ないと番組を絞って視たり、ネットニュースも確認していましたが、辛坊さんではありませんが「ほとんどのニュースは人生に影響はないね。誰が総理大臣になろうが関係ねえだろ、んなこと!」が正解!!所詮、金と欲にまみれた政治家の醜い権力争い。」そうと思うと情報操作されたニュース番組を視ることは正に大事な時間の無駄使い。

 

残された人生の貴重な数百日、数千日を大切にしなければ!!

 

こんな時、死に直面した身は強い!!この世のどんなことも「最悪でも死ぬだけ」これ以上のことは無いのですから。そう思うとどんなことも、コロナさえ小さな小さなことに思えてきます。

 

12月には二人目の孫息子がやってきます。生き甲斐が増えます。そんな中、自分主導で行う新しい目標をやっと見つけました。

(※雨の日は引きこもってギターいじりと・・・それからあれも)

 

 

 

※井上陽水「傘がない」「心もよう」

 

※吉田拓郎「晩餐」

 

※吉田拓郎「ペニーレインでバーボンを」

今日で命を懸けた大手術から丸4年を迎えました。バンザーイ!!バンザーイ!!

 

4年前の今頃は千葉県鴨川の亀田総合病院の手術室でアジの開き状態で横たわっていました。(午前9時~午後5時半)

2017年7月、ちょっとした喉の違和感が長引いていたため娘の強い勧めもあり訪れた所沢の防衛医科大学病院で「ステージⅣの気管腺様嚢胞癌。大きさは10cm。効く抗がん剤もなく、放射線も効果が期待できない。生き残る可能性は外科手術で癌の出来ている気管、喉頭部を切除することだけ。5年後の生存率40%未満」と告知され、「もし、手術をしなければどうなります?」と質問すると「おそらく3~4か月で気管が癌で塞がれ窒息死するでしょう。」との答え。鍛えた体にメスを入れないと決めていた私も流石に焦り、セカンドオピニオンで病院を渡り歩いた末に、親友笠松博次さんの紹介により亀田総合病院で手術を受けたのです。

※名医を紹介してくださり、手術へ背中を押してくださった笠松さん。お見舞いに来てくださった時の写真です。この時にはまさか私より先に逝くなど思いもしませんでした。天国で待っていてくださいね。

 

気管と甲状腺、声帯を含む喉頭部全摘という成功しても気管孔での呼吸になり、声を失い、一生ホルモン剤を服用しなければならない。気管孔を作るために両鎖骨、第一、第二肋骨を切除、気管孔の補強のために大胸筋を使うため大きな障害が一生残る。術中および合併症で亡くなる可能性20%をも示唆された手術でしたが、生きる為に受けることを決めたのです。

 

そして、妻、娘、息子、友に見送られ心の中で「これがこの世の最後の見納めかもしれないな。さよなら。」と言いながら車いすで手術室に入りました。

 

「今から麻酔かけますから少し頑張ってね。」という医師の声とともに意識が無くなりました。

 

8時間半にわたる手術は無事成功!!

 

そして、半年に及ぶ入院生活と退院後の鴨川でのさらに半年の療養生活を経て、生まれ故郷の関西に帰ってきたのです。

 

瞬く間に3年という歳月が経過しました。その間、昨年12月に癌の肺転移が見つかり切除手術も受けましたが無事回復し今もこうして生きています。

 

すべて、家族、友人たち、先生方、看護師さんたち、掃除のおばさんなど多くの方の助けがあってのこと。

 

今、ここに4年目を迎え、改めて関わってくださった皆様に心より感謝致します。

 

先月、ヨットでの単独太平洋横断ならぬ往復を成し遂げて帰還された辛坊治郎さんが「人間の生き死に以上に大事なことはそうないね。」「ニュース関係の仕事長いんだよ。でも、ほとんどのニュースは人生に影響はないね。誰が総理大臣になろうが、関係ねえだろ、んなこと!人間生きているうちが華です。」と語られたとか。

 

太平洋ひとりぼっち、大自然の圧倒的な力の中で「死」を身近に感じたからこそ言える言葉かと思います。

 

人間、必ずいつか死にます。死んだら終わりです。生きているうちが華です。身の回りに起きるほとんどのことは取るに足らない小さなこと。思い悩むことはやめましょう。

 

私の2000年から20年に渡って続けてきたホームページ「BIGTOEの筋肉物語」

http://bigtoe-jp.com/

の冒頭の言葉

 

Life is too short to worry about anything.

Enjoy life !! Enjoy workout!! Fall in love!!

Because the next day promises nothing.

 

人生はつまらないことに心を煩わすには短すぎます。

誰も明日は約束されていないのです。

 

つまらないこと、煩わしい人とは距離を取り、妻、娘、息子、孫たち、心で繋がった友人たちと人生を1日1日積み重ねるようにしてお迎えが来る日まで生き抜きたいと思います。

9月を迎え、夜が明けるのが急に遅くなってきました。今朝も曇り空の下、近所の公園で体力アップ、免疫力アップ目的の筋トレです。

「いつまでこうして筋トレ出来るかな」とベンチで考えながら・・・。

 

次の目標は、1年後の「5年後の生存率40%未満」の40%未満に入ることです。

 

(※右の大胸筋が無いのが良く分かりますね。しかし、筋トレは素晴らしい!!66歳、ステージⅣの癌患者に見えますか?)