Room999

Room999

インスタ @datsun240c


テーマ:

 

第三日曜日ときたら…奥多摩♪

涼を求めるなら…奥多摩?

 

この日は奥多摩周辺の気温は34℃!

 

暑さ対策は、湖畔側の木陰を陣取ること(笑)

ココは湖畔からの風が気持ち良いのです♪

 

それに引き替え駐車場側はというと…

 

灼熱です(汗)

 

そんな中、駐車場を一週してきました。

 

このクルマ…なんだと思います?

ずっとアメ車だと思ってました^^;

 

正解は…

S14シルビアでした!

 

リアまで回らないと正解が分からなかったです。

 

お次はキャロル。

このデザイン好きだわ♪

欲しいなぁ~。

 

今回はモンドTVの取材もあるからか、たくさん集まってました。

 

そして先週のシンボルタワー組も2台。

シグマバンのお兄ちゃんは、帰りの道中で熱中症でやられ命からがら帰還したそうです(汗)

クーラーの無い旧車では、この暑さは殺人的です。

 

遅れてやってきたIさんのグロリア2ドア。

道中、パーコレーション?で吹けなくなり、やっとの思いで辿り着いたようです。

 

11時過ぎまで談笑して、駐車場から目と鼻の先にある「水と緑のふれあい館」へIさんと昼食へ…

初めて食べた「小河内ダムカレー」 ¥1,000

 

ここで解散となりましたが、まぁ暑い!

クーラー付いてるけど、効きが悪くなるくらい暑い!

この時期、炎天下での寄り合いは死を覚悟しないといけませんね(笑)

皆様もどうぞお気をつけあれ。

 

 

Iさんのグロリア @CRUISE FOCUS


テーマ:

 

本来、県央集会開催での横浜港シンボルタワーミーティングではありませすが、首謀が多忙なため9月まで開催されない告知がされていました。

そこで…有志の皆様が企画しCRUISE FOCUS協賛のもと、今回「裏シンボルタワー」として今回ミーティングが開催されたので行ってきました。

 

気合いが入りすぎて早起きしたので、キャブセッティングでもしながら…と早々に出発。

パーキングでプラグの焼けでも見て…と思っていたけど、第三京浜を全開で走っていたらあまりにも気持ち良くて、気がついたら高速降りてました(笑)

時計を見ると7時ちょいすぎ(汗)

いくらなんでも早すぎるので、シンボルタワー手前のコンビニでプラグチェック。

 

全般的に薄く1番だけ濃い目…なんて思っていると、Iさん登場。

Iさんのキャブをイジっていると、今度はCRUISE FOCUSさんが登場。

カメラマンより早く来るオッサン二人です(笑)

 

少々雑談して会場入り。。。

7月に快晴!…ときたら、その暑さはハンパなく、人にも車にもよろしくない天候ですw

麦わら帽子をかぶる畑仕事を終えたようなオッサンも居たりします(笑)

 

ほぼ一番乗りでガラガラだった駐車場は、気がつけば満員御礼状態に。

今日は230~Y30までセドグロが多かったなぁ♪

 

330にワタナベの方や、430の屋根がパカって開く方まで色々です♪

 

おなじみのチョロQ改一家。

ステッカーの貼り方がお洒落なんだよな。

親分?は不在でしたが230ローレルは売却したようです。これからは130ガメラローレルで現れてくれるでしょう^^;

 

炎天下の中、頑張って会場を一周してきました。

 

気になった一台。

バンパーレスな117クーペ。

鉄チン深リムの街道レーサーチックな佇まいがGOODです♪

 

気がつけばお昼…

暑さにヤラれつつ腹も減ったので、会場から10分という近さにある「MoonCafe」へIさんと行ってみました。

 

初めて行ったけど、店内にはMoonEyesのグッズがたくさんあって、食事もできるというお店。

店の前のロケーションが椰子の木が並ぶ海岸線だったら、もはや日本じゃないアメリカンな雰囲気だったのにな^^;

 

お昼はハンバーガーとコーラ。

これで¥2,300!

Iさんはなんちゃらプレートみたいなヤツで、¥1,300でドリンク付き。

安いか高いかは貴方次第…ということでw

 

お店の裏にもMoonEyesの車がありました。

このクラウン…かっこいいなぁ♪

 

皆さん、シンボルからココに流れてくるのね♪

次回からはこの流れでいきたい。

暑い中、お疲れ様でした~m(_ _ )m

 

Thanks @CRUISE FOCUS


テーマ:

 

前回、メーカーへ返送したオルタは、試験・検査を実施したが「問題なし」のご回答。

結果的に他のリビルト品を送り返してもらって確認することになりました。

 

…で、来たのがコチラ↓

プーリーのメッキ色が金から銀に変わった。

あとはフロントカバーのデザインが少し違うくらいで、VG用80Aには変わりなさそうだ。

 

プーリー外径の差。

純正オルタは73mm。ICオルタは79mm。

 

6mmの差だけど、今まで付けていたベルトがパッツンパッツン。

なので一回り大きいベルトを用意しました。

 

これが大失敗w

A-37では長すぎた(笑)35インチがちょうどいいと思う。

なので今回はVH871を付けます。

 

ICオルタを取り付けます。

よくよく見ると…オルタネーターのベルトを張るステー金具とオルタ本体の間に2mmくらいの隙間があります。

ボルトを締め込めば隙間は埋まるので問題はないでしょうが、こういうの気になるタイプなのでステーを固定しているブロック側にワッシャーを入れて隙間を埋めました(笑)

 

 

次にオートチョークリレーへの配線を変更します。

前回の記事で追記しましたが、ボルテージレギュレーターを外したコネクタにジャンパー線を繋げると、常にオートチョークリレーがONしてしまいます。

自分のはソレックスに変更しているので、リレーがONしても負荷となるものが無いのでリレー側の配線を外すだけでOK。

でも車検時にはシングルキャブに戻す予感なので、今回配線変更をしておきます。

 

バッテリーを外すと、フェンダー側に張り付いてる錆びたリレー郡が見えます。

その中の一つがオートチョークリレーです(赤矢印)

 

このリレーから出ている「黄色線」がリレーをONする配線です。

 

この配線を車体側のカプラーから引き抜きます。

メス型の端子は、カプラーの小さな四角い穴に細いマイナスドライバーなどを突っ込みながら配線を引っ張れば抜けます。

外したケーブルは使わないので、絶縁しておきます(電圧がかかるので必ず絶縁して下さい)

 

オス/メスの端子を付けたケーブルを作り、ボルテージレギュレーター側のカプラー「IG」と、オートチョークリレー側のカプラー「外したケーブルの空き」をジャンパーします。

 

これで常時通電ではなくなり、イグニッションONでオートチョークリレーが動作します。

チェックは、イグニッションONでバッテリー電圧がかかり、OFFで0Vとなることを確認します。

(オートチョークとはシングルキャブに脇に付いてる電熱線で、コイツがチョークバタフライの開閉をさせてます)

 

さぁ~準備完了です。

エンジンスタート!

 

ライトやブレーキ、ブロアファンなど負荷をかけていきます…

 

異音なし!

 

ん~原因は何だったのか腑に落ちませんが、うねり音のような異音はなくなり良かったです♪

これで一つセドリックの不安材料が消えました。

 

明日は「裏横浜港シンボルタワー」に参加予定なので、耐久試験をしてきます(笑)

では~!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス