お洒落な街、神戸市の御影にひっそりと佇む目立たないパン屋さん。

お店に物静かという表現が適切かはわかりませんが、そんな言葉がしっくりくるようなパン屋さん。

でもね、控えめな割には抜群の美味しさでパンはどんどん売れていくのです。


こんにちは!べんきちどんぶりです。

パン屋さんも最近はド派手な食パン専門店が至る所にオープンするなど様変わりしましたが、シックで静かなパン屋さんを見つけると「この店、実力派の美味しいお店じゃないかな」と想像するのは私だけでしょうか!?


今回おじゃましたパン屋さんも、そんなシックで静かな雰囲気を醸し出すお洒落パン屋さん。

神戸市の東灘区、阪神本線御影駅から徒歩5〜6分の住宅地にあるお店。

パンのお店ito

ゆっくりとした時間が流れるような雰囲気と種類豊富な品揃えが人気のヒミツ。


店内に入ってみると、至る所にカウンターテーブルが置かれ無造作にパンが並べられています。

そんなに広いスペースではないのですが、なかなかの品揃えです。


入口正面のカウンターテーブルには主に調理系のパンが並んでいました。

こちらのパン屋さん、時間帯によって店内に並べられるパンの種類が変化するのです。

朝からお昼前の時間帯には調理パンの種類が増え、特にお昼前の11時くらいに来店すると調理パンが1番種類豊富に並べられているみたいです。


ハード系は朝の早い時間帯は少なめ、この日は午前9時の段階でカンパーニュが2種類販売されていました。


午前中は甘い系のパンも多く、店内からは甘い香りが漂っていました。


甘い系の中では、デニッシュが種類豊富で特にこの時期はマンゴーや桃といったフルーツのデニッシュが人気のようです。


その他にもフレンチトーストがこんがりと焼けていて美味しそうです。


ヴィエノワはクリームなどをサンドしたものやプレーンタイプのものがありました。


カウンター横には冷蔵のショーケースがあり、サンドイッチ類とケースの上部にあんバターが並んでいます。


そのあんバターですが、よもぎと黒ゴマの2種類が販売されていました。

菓子パンの中では、王道のクリームパンやあんぱんなどはお昼からの販売だそうです。



それでは、チョイスしたパンを紹介していきましょう!今回は5種類のパンを購入しました。


湯種カンパーニュ 400円
*ハーフ 200円

ライ麦が少し配合されていて独特のコクと風味を感じます。

長時間発酵で水分量も多くもっちりとした食感が特徴的。


生ハム、レタス、クリームチーズ、粒胡椒、オリーブオイルを挟んでサンド。

食べてみると…

生地の香ばしさとほのかな酸味が生ハムの塩気、クリームチーズのまったりクリーミーなテイストなどと絡み合い絶妙な味わいに!

このカンパーニュ、素朴なサンドイッチにするととても美味しいです◎


島唄ソーセージのカレーフォカッチャ 250円

沖縄のソーセージと自家製カレーペースト、チーズを合わせたフォカッチャです。

生地はもっちりとした食感。ひと噛みするとソーセージの濃厚な旨味とジュワ〜っと溢れる脂が口の中いっぱいに広がります。

カレーペーストも濃厚で辛さはそれほどないもののソーセージにも負けないしっかりと味付け。

チーズのまろやかさがソーセージとカレーの旨味を上手くまとめていました。


ヴィエノワ(プレーン) 120円

水を使わず牛乳だけで仕上げられているので優しいくほんのり甘味のある味わい。

ヴィエノワ(くるみ) 140円

優しいヴィエノワのプレーン生地に細かく砕いたくるみを練り込んでいます。

素朴なヴィエノワに香ばしさとザクッとした食感がアクセントに加わった少し大人テイストな味わい。


桃のデニッシュ 230円

桃のコンポートにクリームチーズとカスタード、桃ピール、ミントリキュールを合わせた贅沢なデニッシュです。

デニッシュ生地は表面がサクサクと歯切れがよく中はしっとりバターの風味豊かでリッチな味わい。

桃の甘味がクリームチーズのクリーミーさとカスタードクリームのコクと甘味で最大限に引き出され上品な甘味が口の中いっぱいに広がります。

ミントリキュールを使用しているので、デニッシュパンでは珍しく後味が爽やかで軽やかさを感じます。

ご馳走さまでした。

まとめ

お店の雰囲気がとにかく素敵です。パンのレベルも高く湯種カンパーニュのもっちりとした食感が魅力たっぷり◎

ハード系からデニッシュパンのようなリッチ系のパンまでオススメしたいパンがいっぱい。

最大80種類ほどのメニューがあるらしく、時間帯を変えながらいろいろなパンを物色するのもいいですね!


パンのお店ito

■住所/兵庫県神戸市東灘区御影本町6-4-16
■TEL/078-891-5047
■定休日/日曜、月曜
■営業時間/7:00〜18:00
■公式サイト/http://pan-ito.com/
■公式Instagram/
……………………………………………………
前回の記事を見逃していませんか!?



……………………………………………………


公式ブロガーとして参加中
……………………………………………………
公認ユーザーとして参加中
……………………………………………………


最新情報はInstagramで!フォロワー募集中です
……………………………………………………



いいね!お願いします
……………………………………………………

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村のブログランキングに参加中
……………………………………………………

お読みくださいましてありがとうございました。

ボリューム満点のカツサンドを提供するお店が京都の下京区にオープンしました。

老舗の味を重ね合わせた伝説のカツサンドは懐かしくも絶品の味わい!


こんにちは!べんきちどんぶりです。

最近、流行りの手持ちサンドがなんと、京都の老舗食堂から販売されてると聞いてびっくり。

噂に違わぬビジュアルと老舗の実力に裏付けされた本格的な味わいで人気になること間違いなしでしょう!


おじゃましたのは京都の下京区。阪急京都線 四条河原町駅から徒歩7〜8分の場所。

ハイライトカツサンド

創業60年の老舗食堂「ハイライト食堂」がプロデュースし、2020年7月3日オープンしたばかりのカツサンド専門店です。


お店は、古い町家を改装して作られていて店内には日本庭園風のお庭もあり京都らしい雰囲気です。

カツサンドは店内でのイートインが可能ですが、手持ちサンドの為、テイクアウトも全く問題ありません!

イートインメニューには、サラダや各種ドリンクがあり、テイクアウトメニューには季節のゼリー「綾」がラインナップされています。

雰囲気がよいので、時間がある時にはイートインをオススメします。


噂のカツサンドがこちら!
ハイライトカツサンド 600円(税込)

少し薄めにスライスされた山型食パン2枚にお店自慢の揚げたてチキンカツを豪快にサンドしたオリジナルカツサンドです。

サンドイッチペーパーに印刷されたキャッチコピーの「鳥に謝れ。」が抜群のインパクトを放っています。

ハイライトカツサンドでは、看板メニューのカツサンド「ハイライトカツサンド」意外にもう1種類「シャケカツサンド 750円(税込)」がラインナップされています。


注目のハイライトカツサンドですが、創業60年の老舗食堂「ハイライト食堂」の人気メニュー『チキンカツ』をこれまた京都の老舗ベーカリー「大正製パン」の山型食パンでサンドしたオリジナルサンド。

もともと、ハイライト食堂の創業者が家族に振る舞っていた伝説の裏メニューが令和の時代に再現された逸品です。


その味わいは?
食べてみると…

鳥に謝ります。
「美味しすぎた。」
「ごめんなさい。」

食パンはサックリとした軽い食感で小麦の香ばしさや微かな甘味を感じる味わい。

カツは衣がサクサクでお肉は鳥ムネ肉を使用しているのであっさりとしたテイスト。

食感は柔らかく、ムネ肉の淡白で肉肉しい味わいが噛み締めるごどに口の中に広がります。

全体的には、ソースとマヨネーズのシンプルな味付けでどこか懐かしく昭和の時代を連想させてくれます。

何より、注文が入ってからカツを揚げるので熱々の1番美味しい状態で食べられるのがとても嬉しいですね!

ご馳走さまでした!

まとめ

ビジュアル重視のように見られがちなお店ですが、そのクオリティーの高さにびっくり。

老舗食堂の人気メニューと老舗ベーカリーの食パンを掛け合わせたサンドイッチはどこか懐かしく素材の良さを活かしたシンプルに美味しいものでした。

令和の時代にもウケるように、ビジュアルも楽しめる仕上がりとなっていて今後、人気になること間違い無しです◎


ハイライトカツサンド

■住所/京都府京都市下京区綾小路通柳馬場西入綾材木町208
■定休日/月曜(祝日を除く)
■営業時間/11:00〜17:00(L.O)
■公式サイト/
……………………………………………………
前回の記事を見逃していませんか!?

……………………………………………………


公式ブロガーとして参加中
……………………………………………………
公認ユーザーとして参加中
……………………………………………………


最新情報はInstagramで!フォロワー募集中です
……………………………………………………



いいね!お願いします
……………………………………………………

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村のブログランキングに参加中
……………………………………………………

お読みくださいましてありがとうございました。

大阪市内のお洒落スポット「北堀江」に小さな食パン専門店がオープンしていました。

「モイスチャー製法」という聞き慣れない製法を取り入れ、パンを作っているらしいのですが一体どんな食パンなのでしょう?


こんにちは!べんきちどんぶりです。

2020年に入っても食パン専門店の新規オープンは続々と増え続け乱立状態になってきましたね!

お店を選ぶのも大変ですが、購入する側からすると自分自身の好みの味や食感を把握することも大事になってきます。


さて今回は、北堀江で発見した食パン専門店の製法が少し面白いと感じたので紹介したいと思います。

PANYA3

大阪メトロ四つ橋線の四ツ橋駅や長堀橋鶴見緑地線の西大橋駅から徒歩3〜4分の場所に2020年4月13日オープンの食パン専門店です。

外観がパッと見た感じネイルサロンのような雰囲気なので一瞬、通り過ぎそうになります(笑)。


お店は「うなぎの寝床」のような細くて縦長のスペースにあり、奥へと進んでいくと…


突き当たりにカウンターがありパンが並んでいました。

メニューは看板メニューの食パン1種類のみ。大きさが1斤と2斤の2種類がラインナップされています。


うるおい食パン 1斤400円(税抜)
*2斤800円(税抜)

謎の「モイスチャー製法」を用いてしっとり食感に焼かれた高級食パン。

トーストにした時に美味しさが最大限活きるように製法と原材料の配合を考えて作られています。

気になるモイスチャー製法とは?

焼き上がった食パンを急速に冷まし、水分や旨味成分を生地に閉じ込める製法だそうです。

言葉で聞いてもイマイチ、ピンとこないので試食してみましょう!


トーストにした時が一番美味しいらしいのですが、まずは生のままいただきます。

耳の部分は軽く弾力があり、生地全体はキメ細かなしっとりとした食感。

バターの風味や甘味がしっかりとあり、生のまま食べてもかなり美味しい!


次に、フルーツと生クリームをトッピングしオープンフルーツサンドにして食べてみました。


しっとり優しい生地と瑞々しいフルーツ、生クリームのとろ〜りとした食感がとてもよく合っています。

パン自体が甘めなので、スイーツ系と合わせても違和感なくいただけます。


最後にお店が推奨するトーストで食べてみました。

表面はサクッと仕上がり、中はギュッと詰まった感じで軽くてしっとりしているけどももっちり感も感じます。

トーストにすると、甘味やバターの風味も増して確かに美味しがアップしたように感じました。

ご馳走さまでした。



PANYA3

■住所/大阪市西区北堀江1-16-26 1F
■TEL/06-6556-7777
■定休日/不定休
■営業時間/11:00〜18:00(売切れ次第終了)
■公式Instagram/
……………………………………………………
前回の記事を見逃していませんか!?


……………………………………………………


公式ブロガーとして参加中
……………………………………………………
公認ユーザーとして参加中
……………………………………………………


最新情報はInstagramで!フォロワー募集中です
……………………………………………………



いいね!お願いします
……………………………………………………

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村のブログランキングに参加中
……………………………………………………

お読みくださいましてありがとうございました。