こんばんは
MANNA design office 松尾望美です。



先日、LPをデザインさせて頂いた
プロフィールライター 平出桃子さんの
ビジネスプロフィール1DAY講座へお邪魔してきました!


ビジネスプロフィール1DAY講座 ランディングページ デザイン
(1DAY講座のLPデザイン♡)


起業コンサルタント 星野千加さんの
グループ講座生のお仲間に入れて頂いて
4時間みっちり学んできたのですが



めちゃくちゃ奥が深くって、

「やっぱり餅は餅屋やなぁ〜。」

と思いました。




なぜなら、
プロフィールって自分で自由に書くと


過小評価しすぎて、
魅力が伝わらなかったり

過大評価しすぎて、
アピールがすごくなりすぎたり

塩梅がすごく難しい。




でも、講座ではプロの視点から


・どんな要素でビジネスプロフィールを構成すると良いか

・どんなことに気をつけると嫌味にならず、

でも、魅力が伝わってお申込みに繋がるプロフィールになるか


を学びながら書けるし、

 

講座生同士で
お客さま視点も確認しながら進められる。

 

 


なんと、心強い!!!

 

やっぱりプロの視点と

お客さま視点って欠かせない。

 

としみじみ思いました。



でね、講座のあと

HP・LP制作中に桃子さんがこんなメッセージを
下さったのを思い出したんです。


======

作ってきてくださった叩き台のページも、
とてもステキで、やっぱり、
自己流で作らなくて良かったとしみじみ思っています。


これで、心置きなく、
コンテンツの中身の制作に集中できそうです。




正直、ワードプレス、
ランディングページ制作をお願いしたことは、
大きな投資で、ドキドキでしたが、


スタートしてみたら
「プロとして自信の持てるページ」になりそうで、
完成が待ち遠しくなりました。


完成まで、また、よろしくお願いします。

======

(ちょうど1回目のデザイン提案のあとに
下さったメッセージ♡)





オリジナルコンテンツを作られるにあたって

 

「HP・LPは自分で作らず、

コンテンツを作ることに集中したい!」

 

と、HP・LP制作をご依頼くださったのですが


====

 

クライアントさんにしかできない役割に

集中して頂けるようにサポートする

 

====

 

というのは、

 

私が大事にしているところなので

そういった想いでご依頼くださるのがすごく嬉しい。

 

 

 

 


「HP・LP制作はプロに頼むとお金がかかる。

 

でも、自分で作ればタダ、

修正だっていつでも自分の思い通りにできる。」

 

 

という考えの起業家さんも

いらっしゃると伺うことがあります。

 

 


そういう価値観の方は、

それでも良いと思います^^

 

 

人それぞれですから。



でも、もしも

 

 

「あ〜HP・LPを自分で作っている時間を

もっと違うことに使えたらどんなに良いか・・・!」


と感じることがあるのであれば、
HP・LPをご自分で作られるのは

すぐに手放すことをおすすめします♩

 

 

 

「ん〜これが正解?」

 

「うううう、やっぱりこっち?」

 

 

って、頭をかかえながら

デザインする時間

 

 

 

「Wixってどうやって使うの!?」

 

「WordPressとWix、

どっちなら自分でできるかわからない・・・。」

 

「パソコンでデザインするのって、しんどい。」

 

 

悩む時間

 

 

・コンテンツ作り

・集客

・ブログを書く

・メルマガを書く

・お客さまサポート

 

 

など、本来の仕事に当てることで

より集中してエネルギーを注げますし、

 

良い循環が生まれて

ますますビジネスが成長していくはず♩

 

 

 

 

HP・LP制作をお任せして下さった

プロフィールライターの桃子さんは

 

=====

 

ステップメール

リリース1週間で50名登録

グループ講座 好評開催中!

 

=====

 

の流れで着実に

進まれていらっしゃいますよ^^

 

 

 

「私も、お客様に一瞬で選ばれて、

仕事が舞い込むビジネスプロフィールを作りたい!」

 

という方はぜひ、桃子さんのメールレッスンへ♩

 

>>一瞬で選ばれて、仕事が舞い込む・売れる
ビジネスプロフィールメールレッスン

 

 

 

「HP・LP制作はお任せして、

本来の仕事に思いっきり集中したい!」

 

という方は私のニュースレターへ♩

 

>>>ニュースレターを購読する

 

こんばんは

MANNA design office 松尾望美です。

 

 

 

先日ね、HPをリリースしてから

半年が経ったクライアントさまがお打合せ中に

 

=====


「大変だったけど、
あの時ちゃんとHPを作って本当に良かった。
作ってみて初めて、大切さを実感した。」

=====


って仰ってくださって

 


HP完成までは紆余曲折あったけど、
『作って終わり、放置状態。』のHPではなく


・メインで募集中以外のメニューにも

ちゃんとお申し込みがあったり


・法人との仕事でも堂々とHPを紹介できたり


・HPをみるたびにトキメいたりする

 

 

サイトをクライアントさまと

一緒に作り上げられて本当に嬉しい♩

 

 

(これは先日の撮影day写真♡)

 

 

 

 

 

でね、このお打合せのあとに


======


「HPを作って本当によかった。」
と思えるケースと、 


「HPを作ったものの放置状態・・・。

お金も時間もかけたのに全然回収できてない。」
となるケースの明確な違いって何だろう?


======


と改めて考えていました。

 

 

 

せっかくお金も時間もかけて

HPやLPを作るのなら

「作って本当によかった。」

と思いたいですよね^^

 

 

 

改めて考えてみると

明確な違いが3つあったので

今日はそれをご紹介しますね。

 

 

その違いとはこちら。

 

======

 

①HP、LPを手に入れて

<どういう結果が欲しいか>を明確にしていること
 

 

②①の欲しい結果に向かって

必要な行動を積み重ねられるられるかどうか

 

 

③欲しい結果に向かって

行動だけでなく心も一致しているかどうか

 

======

 

 

この3つがすごくすごく、すごく!重要です。

 

 

 

 

例えば。

 

 

 

①HP、LPを手に入れて

<どういう結果が欲しいか>を明確にしていること

 
→お客様がHP、LPをみて

スムーズにお申し込みに繋がるようにしたい

 

 

 

 

②①の欲しい結果に向かって

必要な行動を積み重ねられるられるかどうか

 

→①の欲しい結果は

 

お客様がHP、LPをみて

スムーズにお申し込みに繋がるようにしたい

 

なので、

 

お客様がスムーズにお申し込みできるように

必要な情報を乗せて、導線を整える必要があります。

 

 

例えば、

 

・サービスの価格

・人柄が伝わる写真

・サービス内容が伝わる写真

・そのサービスを受けたあとに

どんな良いことがあるかがわかる文章

・お客様のお声

 

などを

 

お客様にとって分かりやすい場所に

整理整頓して載せていく。

 

 

 

 

 

③欲しい結果に向かって

行動だけでなく心も一致しているかどうか

 

→どんなに①を明確にしても

②の行動が伴っていなければ

残念ながら、欲しい結果にはたどり着きません。

 

 

女性は心や感覚が大事な生き物。

 

心で思っていることと

欲しい結果にギャップがあると

なかなかスムーズに進まないんですよね^^;

 

 

なので、①の結果を決めたときに

心と一致していることも重要です。

 

 

 

 

 

そして、この3つを決めていくときに

 

1、お客様目線を取り入れること

2、客観的な視点を取り入れること

4、自分自身のヴィジョンや大事にしていることを取り入れること

5、誰かの正解を自分の正解にしてしまわないこと

 

も大切。

 

 

 

こうして

 

しっかり自分自身とサービス、

お客様に向き合って作ったHPやLPは

 

絶対に損する結果になり得ません♡

 

 

======

 

向き合って、選んで、決めて、行動していく。

 

======

 

これが、ハードに感じることもあるかもしれません。

 

 

でも、それを超えた先にある

サービスを届けたいお客様との未来は、

きっと想像以上に幸せなものになりますよ^^

 

 

MANNA design officeは

そんな風に未来のお客さまとのご縁を繋ぐ

HPやLPを制作させて頂きますので

ご安心くださいね♩

 

 

 

 

 

WordPress制作

アメブロカスタマイズ

ホームページ制作

WordPress講座

名刺デザイン

制作実績

お問合せ

 

MANNA design office

松尾 望美


======

クライアントさん:
「望美さん、撮影のときに
この服を着ようと思うのですがどうですか?」

わたし:
「着てみるとどんな感じでしょう?」

 

クライアントさん:
写真が届く

 

わたし:

「イメージにぴったりでめっちゃ良いと思います〜!」

======


HP・LP用の写真撮影を控える
クライアントさまとはこんなやりとりを
メールやお打合せでよくします。

 

 

 

プライベート用の服なら自分の好みで

好きに選べますが

 

仕事用かつ重要な営業ツールとなる

HP・LPの写真撮影で着る服となると

 

「こっちが良いかな?」

「それとも、こんな色の方が良いかな?」

「ん〜、考えすぎて分からない。」

 

と、色々考えちゃいますよね。

 

 

 

なので、等オフィスでは

アパレルの専門学校を出て
外資系アパレルやセレクトショップで働いていた経験から

イメージ戦略に基づいた
ファッションのアドバイスも行っております。
 


(ちなみに、パーソナルカラーや

色彩の勉強もスクールへ行っていたので得意^^)

 

 

 

写真撮影の事前準備には

時間もエネルギーもかけますが

その中でも、服にはものすごく気を使います。

 


特に、ターゲットのお客様が女性の場合は。



なぜなら、


①女性は些細な変化や違いに敏感だから。
②服は、写真の印象を大きく左右する重要なひとつのパーツだから。




ひとつずつ解説しますね^^



①女性は些細な変化や違いに敏感だから。

 

 

女子会をイメージしてみてください。

 

======

 

A子「わ♡Bちゃん、その服可愛い!!どこで買ったの?」

 

B子「可愛いでしょ〜♡ ◯◯で買ったの!」

 

C子「なんかいつもとちょっと違って可愛いね〜。似合う!」

 

======

 

 

こんなシーン、ご経験ありませんか?

 

 

女性は些細な変化にも敏感な生き物。

(男性は女性が髪の毛を切っても気付かないとよく言われますよね^^;)

 

 

その女性をお客様にするということは

些細なことにまで気を配る必要があるということです。

 

 

 

些細なこととは、例えば

 

・露出の度合い

・露出する箇所

・服の色

・服の素材感

・アクセサリーの大きさ

 

など。

 

 

このひとつひとつの塩梅が

すごくすごく重要で、

 

・女性のお客様に選ばれる写真になるかどうか

・女性のお客様に選ばれるHP、LPデザインになるかどうか

 

の分かれ目です。

 

 

 


②服は、写真の印象を大きく左右する重要なひとつのパーツだから。
 

 

 

先日ね、私自身のHP・LP用に写真を撮ってもらったのですが

 

服でガラッと印象を変えました。

 

 

 

A)信頼感と柔らかさがコンセプト

ピンクベージュのテーラードジャケット

 

 

 

B)デザイナーっぽさが出るように

今年トレンドでひとクセあるワンショルダーニット

 

 

 



同じ日に、同じスタジオで撮った写真ですが

服で印象が全然違いませんか?

 

 

 

Aは露出度がかなり低いため

柔らかさの中にもカッチリした印象が出ますが

 

Bは、肩が出ているデザインで

好みがハッキリわかれる露出度。

 

 

 

Aだけだとカッチリしすぎる分、

Bの方は一癖あるデザインで肩を出しましたが

 

 

A:メインビジュアル用

B:アクセント用

 

と使い分ける予定です。

 

 

なぜBはアクセント使いかと言うと

私のお客様層から考えて、

Bをメインにするのは露出しすぎだから。

 

 

 

こうして

 

・どこに使うのか

・どんな分量で使うのか

 

によっても、着るべき服が全然違います。

 

 

 

 


そうは言っても


「じゃあ私の場合は、

どんなところに気をつければ良いの?」


って思いますよね。


『みなさま等しくこれが正解!』
という答えがあれば良いのですが、
実は、おひとりおひとり違うのです。



なぜなら、


・職種
・ターゲットのお客様層

・お客様から求められるもの
・サービスの魅力
・売り手の魅力
・価格
・ビジネスのステージ


などが全く違うから。



なので、
=====
「服を選ぶとき、
どんなところに気をつければ良いの?」
=====
の答えは


①職種やサービス内容
②ターゲットのお客様
③売り手の魅力や強み


の3本軸で考えていくのがオススメです^^

 

 

 

 

続きは、次回のニュースレターでお届けしますね。

 

 

HP・LP用の写真撮影のとき、

何を着たら良いか分からないときは

 

①職種やサービス内容
②ターゲットのお客様
③売り手の魅力や強み

 

の3本軸で決めていくこと♩

 

を5月29日(水)にお届けします。

ご登録がまだの方は、登録してお待ちください^^

 

>>>ニュースレターを購読する

 

こんばんは

MANNA design office 松尾望美です。

 

 

=====

 

ブログ記事で告知文を書くのではなく

『LPにしよう!』と思って

自分で作ってみたけど、

進まないし、思い描いた通りに全然ならない・・・。

 

WordPressは絶対無理。

簡単って言われるWixも無理だった。

ペライチは触れるけど、なんか違う。

 

Aさんも、Bさんも自分で作れるのはなんで?

 

あ~、私のパソコンスキルってなんて低いんやろう。

 

=====

 

 

 

 

 

等オフィスはパソコンが苦手な

クライアントさまが多いので

こんな話題によくなります。

 

 

 

 

「パソコンは蕁麻疹出るくらい苦手!!!」

 

という方は、自分で作ることを

スパッと手放しておられますが

 

 

 

 

「そこまでじゃないけど、苦手・・・。」

 

な場合は、

 

「もっと出来たらなぁ。」

「なんで、こんなに出来ないんだろう。」

 

って思っちゃいますよね。

 

 

「色々自分でできた方が絶対良い!

のに、なんで・・・(涙)」みたいにね。

 

 

 

 

 

 

 

意を決して(笑)

衝撃的な事実を書きます。

 

 

まず結論から言いますと

 

====

 

LPをデザインする、作ることに関して

出来ないことを落ち込む必要は全くありません^^

 

====

 

例え、パソコンスキルに長けていたとしても。

 

 

よくご一緒するエンジニアさんもよく言ってます(笑)

「デザインはさっぱりわからん。」と^^;

そのエンジニアさんはパソコンスキルめちゃくちゃ高めです。

 

 

なぜなら、

 

『パソコンスキルが高い』と

『LPのデザイン、制作ができる』は全く別物だからです。

 

 

 

だからね

悩まなくって大丈夫なんです、実は。

 

 

 

「パソコンスキルが高ければ

LPだって、HPだって作れるよね・・・。」

と思われている方が多いのですが

実は、そうではありません。

 

 

正確に書くのであれば

 

パソコンスキルが高ければ、

ブログに書くのと同じような感じで

・WordPressの固定ページ

・Wixのページ

・ペライチのテンプレート

で、LPっぽいページは作れるかもしれません。

 

 

 

でも、

 

ブログ記事のように文章をだーっと

書いて、LPっぽいページを作るのと

 

LPをデザイン、制作するって全くベツモノです。

 

 

 

 

例えばね、プレゼンの資料だってそう。

 

 

 

パソコンスキルが高いかと

 

相手に分かりやすいように、

伝わりやすいように資料を作れるか

 

は、比例しません。

 

 

 

「パワーポイントをいじれるスキルがあれば、

スライド資料なんか誰でも作れるでしょ〜!」

って正直思いませんか?

 

 

私は昔、思っていました(笑)

 

 

 

 

 

 

でも、こうして本が出ているぐらい、

実は、プレゼン資料作成って

単なるパソコンスキルではなく

ある2つのスキルが必要なんです。

 

 

それは

 

①情報を整理整頓するスキル

②①をデザインして可視化するスキル

 

この2つ。

 

 

これはLPのデザイン、制作と全く同じです。

 

 

 

 

なぜ、ペライチのようなツールが

簡単だと言われているかというと、

 

デザインしているのではなく

決められた枠の中に文字を打ち込んでいるだけだから。

 

 

 

 

あ!誤解しないでくださいね。

それが悪いのではないです。

 

 

ペライチで事足りることもあるでしょうし、

便利で有能なツールです。

 

 

 

 

 

ただ、無料には無料の、

簡単なものにはそれなりの理由があります。

 

 

 

 

サービスの内容やターゲット層によっては

その簡単さ、文字を打ち込むだけのLPが

 

効果的どころか、

かえって逆効果な場合もあります。

 

 

 

それはなぜかと言うと・・・

 

長くなるので、

続きは次回のニュースレターでお届けしますね。

 

 

次回は5月21日(火)配信予定です。

ご登録がまだの方は、登録してお待ちください^^

 

>>>ニュースレターを購読する

 

おはようございます

MANNA design office 松尾望美です。

 

 

長い長いGWも終わり

日常が始まりましたね^^

 

 

さて、先日ね

LPデザインのお打合せ中に

======

「HPやLPを自分で作るって

本当に苦手で・・・。」

======

とクライアントさまが仰っておられて

自分で作るって大変ですよね。」

という話になりました。


LPやHPを自分で作るって

本当に大変ですよね^^;

 

 

HP制作・LPデザイン 東京

 


時間もかかるし、気力も体力もいる。

 

 

『自分で作る』となると

パソコンスキルがあるか、ないか。

は、もちろん関わってきますが

 

・自分で作る時間があるか

・自分で作るのが本当にベストか

 

も大事なポイントです。

 

 



でね、そんな話をしていた時に
「LPは自分で作ってます♩」

っていうブログが上がってきて

 

 

 

「みんな、何で自分で作れちゃうんだろう・・・。」

 

と、クライアントさまが

ぽろっと仰ったので

 


ご自分の得意なことをすれば良いんですよ〜^^」


と、間髪いれず(笑)

お返事してしまいました。

 

 


だってね、


すごく素敵な才能とサービスへの想い、

コンテンツをお持ちなんですもん!



私にはその才能はこれっぽっちもないし^^;


「すごいなぁ、羨ましいなぁ。」

と逆に思うのです。

 

 

 

だからね、苦手なことに

疲れながら時間を使うのではなく、

 

得意なことや、

お客さまから求められること

存分に時間を使ってみませんか?
 

 

 

時間って限られていますよね。

 

特にご結婚されていたり、

お子様がいらっしゃったりすると

ご自分のために時間をフルで使えるわけではない。

 

 

だからこそ、時間を
何に、どう使うか。

が、ビジネスを継続し
成長させていくにはものすごく重要です。




私は、私の得意なこと、

お客さまから求められることである
 

・デザインすること
・ディレクションすること

・リサーチすること


などに時間をかけています。



「望美さんはパソコン作業を

さらっとできて本当にすごい!羨ましい・・・!」

とよくクライアントさまが仰ってくださるのですが、
(ありがとうございます♡)

 


私は、私の得意とするところ

役割とするところを仕事にしているので、

実は、クライアントさまと一緒ですよ♩

 


私から見たら

クライアントさまの専門性は

「すごい!羨ましい!」と思うのです。

 


・体の不調を手術ではなく、解消できるメソッドがある

・その人にあったメイクをするのが得意
・その人にあったベストな写真を撮るのが得意
・生き辛さを感じる人が変容し、

自分らしく生きていくためのサポートにお役目がある

 

 


こんな風に専門性があって、

お役目があることがすごいなぁ。

と思いますし、羨ましいです♡


だからね、パソコンが苦手でも

自作でHPやLPを作ることが苦手でも、

落ち込まないでください^^



そんな時のために

デザイナーがいるのですから。

 

 

 

苦手を誰かに任せることで

得意なことや、

お客さまから求められること

存分に時間を使える♩

 

 

 

そうすることで

 

・サービスの質が上がったり

・新たなサービス設計をできたり

・既存のお客さまサポートを密にできたり

・新規集客のための一手をうてたり

 

と、良い循環がきっと生まれますよ^^

 



そうは言っても、

 

「自分で作れば、

お金がかからないし・・・。」


「自分で作れば、

自分の思い通りに出来るってみんな言うしな〜。」

という気持ちと

 

 

でもでも、

 

「『先行投資だよ^^』ってよく言われるしなぁ。」

 

「『WEB集客するには、

HPやLPのクオリティは重要!』って聞くしなぁ。」

 

という気持ちで

揺れてしまうことって、ありませんか?

 

 

 

PCが破滅的に苦手^^;という方以外は

一度は揺れ動くであろうこのお悩み

 

 

HPやLPの制作費用は

果たして本当に、先行投資なのか。

 

制作費用が

・先行投資になるケース

・先行投資にならないケース

の違いを次回のニュースレターでお届けします♩

 

 

 

次回は5月9日(木)配信予定です。

ご登録がまだの方は、登録してお待ちください^^

 

>>>ニュースレターを購読する