夢 は 光 !
  • 25Apr
    • 人生そのものを癒すタッチを習得する(ヒーリングハンドの教科書11)

      _____________癒しの手~ステップ10【人生そのものを癒すタッチを習得する】_____________河野修一です。約10日間という短い期間でしたが、このメール講座であなたと出逢えた奇跡に感謝しています。「手で触れる」ことから発展する不思議な世界、その深さや喜びを感じていただけたでしょうか?このメール講座で提案したワークを思い出せますか?1,スマイルヒーリング2,ビーイングプラクティス3,呼吸ダウジング(気楽気詰まり)4,微細感覚探知(クラニアルウェーブ)5,ハートジャイロ瞑想6,(ハート)ジャイロタッチ7,空間共鳴ヒーリングこれらは、わたしが、「ビーイングタッチ」のヒーラー養成講座で扱うワークの、ほぼ8割の内容を網羅しています。養成講座の受講料は、4日間の講座で25万円です。その養成講座の「核心の部分」をなぜ無料で公開することにしたと思いますか?それは、テクニックではなく、「ハートで触れる」タッチの持つ喜びや可能性を、もっと多くの方に知ってもらいたいからです。そして望む周波数に同調する方法を知ることによって、・自分で自分を癒せること・自分の望む現実を自分で創造していけることつまり、「より自由で創造的に生きる」ために使えるツールを知ってほしいと思ったからです。ビーイングタッチで、わたし自身の人生が大きく変わりました。しばらく前に、10年ほど前にノートに書いた夢や目標を見直してみたのですが、ほとんどすべて叶っています。鹿児島の片田舎で細々と整体をしていたわたしが、・毎月東京でセッションやセミナーを開くこと、・全国各地でワークショップを開催すること、・まずは100名のビーイングタッチの伝達者を育てること、・国内だけでなく海外でもリトリートを主催すること、・滝や清流のある自然豊かな場所に転居すること、といった夢を叶えてきました。何だか自慢話のようになってしまいましたが、^^あなたもビーイングタッチを実践することで、きっと人生を変えていくことができます。なぜなら、あなたはすでに、体を使って望む周波数に同調する方法を知っているからです。ビーイングタッチは、症状ではなく、人生そのものを癒すタッチです。そして、「人生が癒される」とは、その人の「あり方」が、より喜びに溢れるということです。あなたがより自分らしく、自分の情熱やワクワクを生きられるようになること、それが宇宙の願いだと思います。それには、「いまここ」でいまの自分に丸ごとオッケーを出すことからスタートですね。ビーイングタッチをしている時、あなたは自然にそのような状態になります。これまでビーイングタッチを学んでから、人生が「大転換」する人をたくさん見てきました。テクニックで触れるセラピーの効果は、たいていが一時的、局所的なもので終わってしまいがちです。ですが、「ハート」で触れられた人は永続的な変化を始めます。体は愛に反応します。「愛に触れられて変化しない人はいない」のです。さらには、日々の時間の中で、タッチによって「瞑想的な時間」が増えることは、内なる喜び、内なる静けさ、内なる平和、内なる豊かさといった源泉と繋がることです。変化はまず内側から始まります。タッチすればするほど、あなたは変容していくのです。ビーイングタッチは、悟りを目指すというより、悟りと「戯れる」世界です。あなたもこんな幸福なタッチを学んでみたいですか?わたしはヒーリングや瞑想を、特別な能力のある人や、専門家の世界に、「閉じ込め」たくないと思って日々活動しています。家庭の中で、また親子やパートナー同士が、「自然に手を当て合う」平和で温かな光景が拡がっていくことを夢見ています。もしあなたが、こんな私の願いに共感してくださるなら、まずはお近くの「タッチ瞑想会」に足を運んでみてください。▼タッチ瞑想教室https://peraichi.com/landing_pages/view/touchmeditationこれはわたしが最近始めた新しい試みで、これから全国に、そして世界に広めていこうと考えています。今後、ヒーラー養成講座を修了された方で、一定の経験を積まれた方に、地元での「タッチ瞑想教室」の運営をお任せするつもりでいます。さて、このメール講座は今回で一旦終わりになります。明日からは、わたしの公式メルマガである、「魂のタッチへ~河野修一の癒心伝心!」をお届します。この公式メルマガでは、「生命」や「意識」の地平線について、また触れること(タッチ)の喜びについて書いていきます。加えて、わたしは昨年、南伊勢に転居してから、自然の中で過ごす時間がぐんと増えました。そんな南伊勢の生活で感じる「日々の素敵」も、写真と共に「摘み取って」お伝えしていきたいと思っています。_____________《今日のヒーリングセンテンス》私達がなすべきことはただ一つ愛や意識を広げるということだけです今のあなたの状態を愛せるようにらないとあなたは今より高い状態にゆくことはできないのですタデウス・ゴラス     ☆▼ビーイングタッチ・ヒーラー養成講座https://peraichi.com/landing_pages/view/beingtouchtraining

      34
      テーマ:
    • 愛の空間と共鳴するヒーリング(ヒーリングハンドの教科書10)

      _____________癒しの手~ステップ9【愛の空間と共鳴するヒーリング】_____________河野修一です。ハートジャイロ瞑想と、ジャイロタッチは、楽しんでいただけたでしょうか?ハートジャイロ瞑想や、ジャイロタッチをしている時、わたしたちの体は緩やかな回転の中にいます。そのプロセスの間、自分の体や手がとても熱くなりますね。そしてとても楽しいです。いったい、何が起きているのでしょう?あなたは愛の中にいるのです。実践していてお気づきかもしれませんが、空間からエネルギーを取り出す鍵の一つは、「回転」です。この宇宙は、回転(スパイラル)と振動でできています。自分の体をアンテナとして、周りの空間から生命力を汲み出せることが分かると、「生命」や「空間」に対する認識が変わり始めます。ご存じのように、体を構成する原子の中は、ほとんどすべてが「空間」です。そして、それは、一見自分の外側にあるように見える空間と何ら変わりがありません。さらには、エネルギーとは、「情報」です。私たちは、自分の「意図」と「回転」によって、空間から特定の周波数の情報を「ダウンロード」し、自分の体の「内部空間の書き換え」をするのです。映画「マトリックス」の世界みたいですね。では、いよいよ最後のステップに進んでみましょう。自分の体を回転させるだけでなく、空間中で自分の「片方の手」をより積極的に回転させてみたらどうなるでしょう?以下にご紹介するタッチの手法は、もはや、「量子的なヒーリング」ということができると思います。//空間共鳴ヒーリング//1,呼吸ダウジングで気詰まりの場所を見つけます。(あるいは、直感で、また実際に痛みがある場所に)2,左手を1で見つけた場所に置きます。3,右手を上方に掲げ、空間中でゆっくり動かします。4,空中を移動させながら、手を当てている場所(左手)とリンクするポイントを見つけます。5,リンクポイントは、手のひらの下の組織が明らかに「変化」する場所です。6,左手に感じている熱感、あるいは、磁気感、電気感が収まるまで右手首を回し続けます。※回転の方向は、時計回り、反時計回りといろいろ試してみてください。追記:1,右手と左手の位置と役割は入れ替わっても構いません。2,手首の回転だけでなく、ハートジャイロと連動させることもできます。3,その際は、首も、体全体も、快方向へゆっくり回転させます。4,大切なことは、自分が一番楽な姿勢で行なうことです。5,動きは次の動画を参考にしてください。5分30秒からと、11分20秒あたりの光景は、空間共鳴ヒーリングです。https://youtu.be/f5OkSsNrZlgこの空間共鳴ヒーリングでは、自分のハート、お相手に置いた手のひらの下、そして、空間中の手の三か所を同時にモニターしています。あなたはすばやく深い瞑想状態に入れるでしょう。いまや、あなたと、お相手と、空間は、三位一体です。体験したことのない感覚、不思議な体験を是非楽しんでくださいね。_____________《今日のヒーリングセンテンス》旋回する時は、自分のためにではなく神(宇宙)のために旋回するのです神(宇宙)の光が地上に降ろされるように回転します回転をしながらあなたは通路となりますそして光は右手からやって来て左手はその光をこの世界へと降すのですこれは西洋であなた方が錬金術と呼んでいるものですこうしてその中に完全なる秩序を持っている光は地上へとやって来ることができるのですルシャッド・フィールド「ラスト・バリア」

      テーマ:
    • ハートジャイロをタッチに応用する(ヒーリングハンドの教科書9)

      _____________癒しの手~ステップ8【ハートジャイロをタッチに応用する】_____________河野修一です。一人でするハートジャイロ瞑想に慣れてきたら、今度はいよいよタッチへの応用になります。もうあなたは自分の体をアンテナとしてチューニングする感覚が分かり始めています。宇宙とあなたとの二者の関係性の中に、もう一人を加えてみます。宇宙と、手を当てる人と、手を当てられる人、三者の関係性になります。この新しい関係性の中で、お相手に触れてみましょう。//ジャイロタッチ~その1//もし呼吸ダウジングで「気詰まり」が分かるなら、そこに手を当ててみます。わからない時は、「なんとなく気になる」場所に直感的に当てます。お相手がリクエストしたところに手を当てることもできます。タッチする手は、片手でも、両手でも構いません。お相手に触れたまま、自分のハートジャイロの動きを「内なる目」で見ながら、自分の体をゆっくり動かします。「ハートの促す方へ」、「ハートが促す方へ」と、体を緩やかに回転させてみましょう。その過程で、自分の手のひらの下で感じる「熱感の変化」や、こわばりや緊張が解けていくような微妙な感覚をモニターし続けてください。手のひらの下での変化が収まるまで、あるいは、気楽になるまで手を当て続けます。大切なことは、お相手を何とかしようとしないこと。「治そう」とか、「痛みを取ろう」としないこと。お相手に手を当てていますが、意識を向けるのはあくまでも「自分の快方向」です。//ジャイロタッチ~その2//お相手の気になるところに「子ジャイロ」を入れてみます。子ジャイロと、ハートのジャイロを「同期」させます。手のひらの下で、子ジャイロの立体的な動き(スパイラル)をモニターし続けます。子ジャイロの動きに全身を同調・連動させて、手のひらの下の変化が収まるまで手を当て続けます。//ジャイロタッチ~その3//手のひらの上に子ジャイロを想起できるようになった方は、すでに「ハンドジャイロ」ができ上がっています。お相手の体のどこであっても、手を当てたところに「ハンドジャイロ」を想起して、ヒーリングを続けることができます。これができるようになった人は、ハンドヒーリングの上級者です。人間の脳は、二か所以上を同時にモニターしようとすると、自然に瞑想状態になるそうです。(ダブルアテンション)ジャイロタッチをしている人は、お相手に置いた手のひらの下の変化、自分のハートの変化の少なくとも二か所を同時に感じています。あなたは労せずして、瞑想状態に入れるのです。あなたと相手とは、愛において、もはや一つです。_____________《今日のヒーリングセンテンス》ハートの秘密の門が開くと人は別のだれかを丸ごと愛せるようになりそうした一つの深い愛を通して生きとし生けるものすべてに対するわけ隔てのない愛を知るロジャー・フーズデン「愛の旅人」

      1
      テーマ:
    • ハートジャイロ瞑想の基礎(ヒーリングハンドの教科書8)

      _____________癒しの手~ステップ7【ハートジャイロ瞑想の基礎】_____________●ハートには脳とは異なる独自の叡智とエネルギー場があります。●ハートを感じ、ハートで動くと、人生が大きく変わり始めます。河野修一です。今日、明日と、これからご紹介する「ハートジャイロ瞑想」は、私のインスピレーションに基づく、動きのある瞑想法になります。でも正確に言うと、瞑想「法」ではありません。「瞑想を目指してやる」というよりは、動きの中で結果として瞑想性が深まっていきます。その点では、これまで紹介してきた他のワークと同じです。このハートジャイロ瞑想は、スマイルヒーリングと同じく、多少イメージの力(ビジュアル化)が必要になります。でも、イメージが苦手な方でも大丈夫ですので、練習を重ねていってくださいね。手始めに、今日は一人で行なうハートジャイロ瞑想をお伝えします。そして明日は、お相手に手を当てながら行なうハートジャイロ瞑想(ジャイロタッチ)をご紹介します。その前に、まずは「ジャイロ」についてお話しましょう。ハートジャイロのジャイロとは、「ジャイロスコープ」のことです。ジャイロスコープは、航空機や船舶などに備え付けられている精密機械で、移動する物体の位置を安定させるのにとても大切な働きをします。全方位に回転するので、別名を「地球ゴマ」といいます。ジャイロの動きの簡単なイメージをつかむため、次の動画をご覧になってから、ワークに取り組んでみてください。https://youtu.be/V1KV4AjmkuI//ハートジャイロ瞑想//1,胡坐をかいて座り、両手を上にして膝の上に載せます。2,目をつむり、ハートに意識を向け、優しさの中でしばらく寛ぎます。3,ハートの位置にジャイロスコープをイメージします。4,ジャイロの動き(回転に合わせて)ゆっくり体を動かします。5,腕を動かしたくなったら、手を膝から話して解放します。6,腕や腰や首など、体全身を連動させて、動きの中に入り込みます。『応用編』1~3は同じです。4,体の気になる部位に、小さなジャイロ(子ジャイロ)を置き(入れ)ます。5,子ジャイロをイメージの中で、ハートの「親ジャイロ」と同期させます。6,意識を主に子ジャイロに置き、子ジャイロの動きに全身を連動させます。※参考までに~その1子ジャイロを置く位置は自由です。肩が痛ければ肩に、首が凝っていたら首に入れます。女性の方は子宮に入れてみるのはたいへんお勧めです。それから、手のひら(労宮)にジャイロを置く練習も、是非取り組んでみてください。手のひらに回転を想起できるようになると、人に触れる際に発展的なタッチができるようになります。※参考までに~その2以下は科学的な根拠に基づいた説明ではありませんが、ハートジャイロ瞑想をする際に、認識として持っておかれるとよいでしょう。・ジャイロの動く方向は、心身を整える快方向へのナビゲーションです。・ジャイロの動きへの同調は、天と地との間で自分をチューニングすることです。・ジャイロの回転は、ハートと周りの空間からフリーエネルギーをくみ出します。・自分で回すというより、宇宙に回されている感じです。・目に見えない愛に自分が包まれていることを感じてください。・考えることを極力手放し、体とともに流れてください。_____________《今日のヒーリングセンテンス》自分自身を捨てて、ゆくべきところへと運ばれるままにゆだねることだけが必要とされる別の生き方もあるのだ私たちが自分の意志をより偉大なる意志のために断念した時に私たちのために決定が下されるのであるルシャッド・フィールド「ラスト・バリア」よリ

      1
      テーマ:
    • 自分と対象と空間を一体化する(ヒーリングハンドの教科書7)

      _____________癒しの手~ステップ6【自分と対象と空間を一体化する】_____________河野修一です。ステップ3で、「体が天と地を繋ぐ宇宙エネルギーのアンテナまた変換器である」というイメージをお伝えしましたね。その文脈の流れの中で、体の感度を上げるためのワークとして、「ビーイングプラクティス」というワークをご紹介しました。「下にあるものは、上にあるものの如し」という言葉があります。地にあるものの原型や完全形は、 天にあります。この宇宙はあらゆる「可能性の場」です。そしてわたしたちも宇宙の一部です。もし宇宙の一部である私たちがイメージしたことが、すべて実現可能なことだとしたらどうでしょう?ここに面白い逆説(パラドックス)があります。どうもわたしたちは、「人間の可能性として実現可能なこと」しか、「イメージできない」ようになっているようです。『わたしたち人間は、天的な次元の周波数を肉体で「受信」して地的な次元の周波数へと「変換」し、それを主に自分の「手」を通して「発信」(現象化・物質化)している存在である』とわたしは理解しています。ですから、人が天啓(直感やインスピレーション)に動かされて行動する時、またハートに促されて行動する時が、いちばん素直なかたちで宇宙を表現していることになります。「自分の体」が宇宙の愛と叡智の「通り道」として、「自分の人生」が、宇宙の愛を表現する「キャンパス」として使われるとしたら、それが最も幸せな生き方だと思いませんか?つまり、わたしたちが、自分のインスピレーションや情熱に「素直に」反応することが、天職や天命を生きることなのだと思います。それとは逆に、頭で考えすぎたり、分析しすぎたり、状況をコントロールしようとしたりする分だけ人生に「抵抗」が生じ、宇宙の愛のリズムからも外れることになります。このことは、「ヒーリング」の際にも大いに当てはまります。わたしたちはいつでも、宇宙がそれ自身を表現するための「触媒」に徹したらいいのですね。それを、思考やエゴが邪魔をします。(笑)ここまで述べた考え方を踏まえたうえで、再度、スマイルヒーリングや、ビーイングプラクティス、呼吸ダウジング法、クラニアルウェーブ探知の練習をしてみてください。自分の体を宇宙に同調させる秘訣は、力を抜いて、「一体感の中に入る」ことです。上記の練習をするときに、「一体感」を少しだけ意識してやってみてください。手を当てていて、対象(自分の体、お相手の体)との一体感、プロセスとの一体感、空間との一体感の中に入ることを、少しだけ意識してみましょう。自分の体と相手の体との境とが分からなくなる時、自分の体と空間との境が溶けたように感じる時、時間の感覚さえも鈍くなり、すべてが丸ごとの「一つ」になった感覚がやってくる時、素晴らしい癒しが生じます。時間の感覚がなくなれば、いつでも「いま」です。空間の感覚がなくなれば、いつでも「ここ」です。「いまここ」が、愛、豊かさ、創造性の中にいることであり、奇跡が起きる場所にいることなのです。____________《今日のヒーリングセンテンス》仕事をするときやっていることに注意を向ければ天上と地上を一つにすることができるわれわれが注ぎこむ意識によってその物質は一段と高められよりすばらしいものになるそうやってわれわれは物質世界を神とともに創る者となり物だけでなく自分自身をも霊的な領域愛の領域へと高めるロジャー・フーズデン 「愛の旅人」

      3
      テーマ:
    • 体の微細なリズムに手を同調させる(ヒーリングハンドの教科書6)

      _____________癒しの手~ステップ5【体の微細なリズムに手を同調させる】_____________こんにちは。魂の整体師、河野修一です。●恐れを克服して未知の体験に心を開くこと。●絶えず生命観や世界観を拡げていくこと。これらはヒーラーを目指す人にとって、必須の過程と思います。なぜなら、基本的に言って、あなたが限界と思っている信念体系の「枠組み」の中でしか、自分にも、相手にも、変化を起こすことはできないからです。あなたが信じていない変化を、相手に期待することはできません。あなたが生命の可能性についての限界枠を拡げることと、自分の手をヒーリングハンドに変容させることとの間には密接な関係があります。それでは今日も、自分の手をヒーリングハンドに創り変える別のステップについてお伝えします。今日お伝えするステップは、前回お伝えした「気楽・気詰まり」の感覚と同じく、 あなたの人生観や生命観を「一変させる」可能性を秘めています。//体には現代医学で知られていないリズムがあります//これは西洋医学の医師だけでなく、整体やマッサージなどの手技療法に携わる人にさえも、ほとんど知られていないリズムです。主に「クラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)」の治療を行う専門家に知られている生体のリズムです。このリズムを感じるには、「静かな心と魂」が必要になります。肉体の動きとして物理的にあるリズムなのですが、とてもスピリチュアルな側面を持つリズムでもあります。「肉体」と「エネルギー体」の際(きわ)にあるリズムとでも言いましょうか。それを感じようと集中するだけで、意識は自然に瞑想的な状態へと降りていきます。このリズム(律動)ですが、受精卵が分裂を開始して心臓や肺ができる以前から、すでに存在しているリズムと言われています。心臓が拍動を始めるより前に、肺呼吸が始まるよりも前に、すでにあるリズムなのです。ですから、生命に知られているリズムの中で、最も「根源的なリズム」ということができます。言いかえれば、人体の生理的な営みの中で最も「宇宙に近いリズム」、あるいは「愛に近いリズム」とも言えるかもしれません。このリズムを感じられるようになることは、その人に、ちょっとした「覚醒体験」をもたらします。その人は、きっと大きな愛に目覚めます。また生命に対する畏敬の念に打たれると同時に、「手を当てる」ことの神秘にも目覚めるでしょう。このリズムが感じられるようになると、あなたの手は「活性化」します。その人は「存在の深いレベル」に同調し、働きかけることができるようになります。あなたもこの神秘的なリズムを感じられるようになりたいですか?残念ながら、この微細な感覚を言葉でお伝えすることには限界があります。このリズムを感じられるようになりたければ、すでにこのリズムを知っている人からマンツーマンで手ほどきを受けるのが一番の近道になります。「百聞は一見に如かず」です。実際に体験していただくしかありません。なのでここでは、このリズムを感じるために役立つワークについてお伝えしいと思います。この微細なリズムは振幅に要する時間の長さの違いから、少なくとも「三種類のリズム」が知られています。それぞれ、クラニアルウェーブ、ミッドタイト、ロングタイトと呼ばれています。今日は振幅の時間が最も短い「クラニアルウェーブ」を感じるワークをご紹介します。このウェーブの特徴をおおざっぱに説明すると、体が縮む動き(収縮)と、開く動き(解放)の繰り返しです。脳脊髄液が循環する時のリズムと言われていて、一周期が5秒~7秒くらいです。まずは自分自身のリズムを感じることから始めましょう。次に紹介するワークを、一人静かな部屋で行なってみてください。1,胡坐をかいて座り、ハートに意識を向け、ハートに微笑みかけます。2,ハートと手のひらをイメージの中で繋ぎます。3,手のひらを上にして手首を膝の上に載せます。4,目を閉じてリラックスし、手のひらに意識を向けます。3,手のひらが内側へ外側へと内旋、外旋する動きを捉えます。別のアプローチ1,胡坐をかいて座り、ハートのうちにしばらく安らぎます。2,手のひらを下にして太ももの上に軽く載せ、ハートと太ももを繋ぎます。3,太ももが内側へと沈み込む感じと、外側へ開いていく周期性を捉えます。さらに別のアプローチ1,いわゆる頭を抱えるしぐさで、頭を両手でフワッと包みます。2,頭が膨張する感じと収縮する感じの、周期的な動きを捉えます。3,膨張と収縮に合わせて、頭が回転している感じがするかもしれません。これらの練習はすべて、「触診感覚」を磨くと同時に、「セルフヒーリング」にもなり、「瞑想」にもなります。脳が自然に瞑想状態になるので、本当の自分に気づきやすくなります。ストレスを感じている時や、夜眠れない時にも試してみてください。感じるためのコツは、完全なリラックスです。感じようと力を入れるよりも、丸ごとの自分の中に溶け込み、丸ごとの自分と「一つの全体」になることです。曹洞宗の開祖、道元が語った「心身脱落(しんじんだつらく)」の境地に近いかもしれません。あきらめずに、辛抱強く練習してみてください。あなたがもし手を使うセラピストやヒーラーであれば、このリズムをつかめるようになったら、あなたは「長足の進歩」をしたのです。^^____________《今日のヒーリングセンテンス》じっと動かずに、何かを観察することによって、対象と一つになったと感じます自分が万物と一つになったと感じること、それが本当の「愛」なのですあなたは、五感とあらゆる思考の奥に横たわる、純粋な意識に気づくことができます意識に気づくとき、内なる静寂が表層に現れますするとどうでしょう真の叡智が静かに活動をはじめます「静止の空間」これこそが、創造性が誕生し、問題の解決策が見つかる場所なのですエックハルト・トール     ☆ビーイングタッチ・ヒーラー養成講座https://peraichi.com/landing_pages/view/beingtouchtraining

      1
      テーマ:
    • 呼吸を使って癒しの空間に入る(ヒーリングハンドの教科書5)

      _____________癒しの手~ステップ4【呼吸を使って癒しの空間に入る】_____________こんにちは。魂の整体師、河野修一です。今日から自分の手をヒーリングハンドに変えていくための「直接的な手法」についてお伝えします。この手法、考え方や手順自体は単純ですが、意味するところは、とても「深遠」です。●目に見えない世界と繋がり、対話する意識を持ちましょう。これからご紹介する基本手法をマスターすると、「リーディング(体と対話すること)」と、「ヒーリング」を同時進行で行なうことができるようになります。それだけでなく、樹木や、岩といったいろんな存在と対話を試みたり、場所や環境のエネルギーをチェックしたり、自分に必要な食べ物や服を選んだりと、応用の場は無限に広がります。目に見える存在や、事象の背後には、それを支える目に見えない霊的な世界が拡がっています。そして、変化はいつでも目に見えない次元から始まります。この「向こう」の世界と繋がろうとする意識、「対話」を試みる意識が、ヒーラーを目指す人には特に必要な資質だと感じています。練習すればするほど、あなたの目を開き、いままで知らなかった未知の世界にいざなってくれるでしょう。//呼吸ダウジング法//基本となる手順自体はとても簡単です。自分の呼吸を観察し、それをメジャー(測り)として用います。1,相手に床にうつ伏せになってもらい、お体の横に静かに座ります2,自分のハートと相手のハートをイメージで繋ぎます。3,手を当てて自分の呼吸が辛くなるところを探します(気詰まり)4,自分の呼吸が楽になるまで手を当て続けます(気楽)5,気詰まりを感じる次の部位を探します6,気詰まりの場所がなくなるまで、3~5の手順を繰り返しますたったこれだけのことです。この練習を繰り返すだけで、・あなたの手は温かい気持ちのいい手へと活性化します。・意識は瞑想的な変性意識の状態へ近づきます。・あなたの内側と外側の空間の質が変わり始めます。・手を当てられる方はとてもリラックスし癒されます。●気楽と気詰まりの感覚について。感覚的なことを言葉にするのは難しいのですが、次のワークをやって見ると、気楽・気詰まりの感覚がつかみやすくなるかもしれません。1,両手の手のひらを上に向けて、息をしてみます。2,次に親指を掌の内側へ折りたたむ形でこぶしを握ります。3,ギュッとこぶしを握り締めた状態で息をしてみます。4,再び両方の手のひらを解放して息をしてみます。どちらが呼吸がしやすいですか?ほとんどの方が、こぶしを握った時に呼吸がしずらくなるはずです。鼻と胸の中央(ハート)との間で息が詰まった感じがします。これが「気詰まり」の感覚です。その反対に、手を解放した時のストレスのない呼吸、これが「気楽」の感覚です。どんなスキルも、獲得するまではひたすら練習です。あなたにも、きっとできるようになりますよ!^^追伸:この「呼吸ダウジング」を使ったお手当てですが、「タッチ瞑想教室」で直接学ぶことができます。____________《今日のヒーリングセンテンス》『私たちは、いついかなるときも自らを自分自身で癒しているのですそれは一瞬たりとも中断したことなどありませんしかし、それは無意識のレベルにおいてなのですこの生まれつき備わっている癒しの空間に意識的に入ることのできる関係を築きそこに入ることを学んだとき私たちは驚くべき治癒の可能性の世界へと「参入」することができるのです』ミッチェル・メイ     ☆ビーイングタッチ・ヒーラー養成講座https://peraichi.com/landing_pages/view/beingtouchtraining

      2
      テーマ:
    • 相手よりも先に自分自身を癒す(ヒーリングハンドの教科書4)

      _____________癒しの手~ステップ3【相手よりも先に自分自身を癒す】_____________こんにちは。魂の整体師、河野修一です。●体は、天と地を繋ぐアンテナ、そしてエネルギーの変換器です。あなたは、自分の意図次第で、自分の中に「生命力」という形のフリーエネルギーをより多く取り入れることができることを知っていますか?まずは自分が癒されること、自分自身がエネルギーで満たされること、愛や喜びで満たされることが、地球の癒しに、人類の癒しに繋がっていく原点です。以下に紹介するワークは、エネルギーの変換器、また周波数の変換器としての自分の《体の感度を上げる》ための大切なワークになります。さらにこのワークを続けることで、・自分の快感覚や快方向により敏感になります。・体を巡る生命エネルギーの量が増えます。・セルフ整体、セルフヒーリングになります。・自分のことがどんどん好きになります。・ときどき笑いがこみあげてきます。・セクシャリティーの開放になります。・男女の和合とは異なるエクスタシーを体験します。・人生のテーマを自分で解決できるようになります。・対象と共鳴の関係に入るための良い練習になります。ではそのワーク、ビーイングプラクティスをご紹介します。//ビーイングプラクティス//立位、もしくは床に仰向けの状態で、最初に、二、三回、深呼吸をします。ハートの前で両手を合わせます。自分の両手に向かって心の中で、「自由に動いていいよ」と許可を出します。最初のうちは、手があなたを[引っ張って]くれる感じです。両手をガイド(ハンドル)にして手のゆく方向へついていきます。手を離したくなったら、そのまま自由にさせます。こりやこわばりをモニターしながら、気持ちいい方向(快方向)に、ゆっくり体を動かします。手や足をグーンと延ばしたり、回したくなるかもしれません。頭で考えて動かすのではなく、体の衝動にしたがいます。動かしたくなる部位や方向を観察しながら、その「内なる衝動」にひたすらついていきます。あくびや、のびや、寝返りのように、体には動かしたい衝動と、動かしたい方向があります。それを十分に感じてあげてください。動きは全体的には、円を描く動き、スパイラルな動きになることが多いです。このビーイングプラクティスですが、できれば誰もいない部屋で「素っ裸」でやると、さらに効果的です。目的は、化学繊維の服の縛りを解き、ベルトやブラジャーやパンツの締め付けを解いて、五感をより開放するためです。とくに大切なセンサーである「皮膚感覚」が敏感になります。「動きを止めようと思えば理性で止められるのだけど、できればそのまま動かし続けていたい」という半自動的な動きと快感覚がやってきたらいい感じです。余計なことを考えずに自分の内側に入り、無心に動き続けることの心地よさの中に「没入」してみてください。止めるタイミングは、自然に分かります。動きにだんだん飽きてくるかもしれません。自分の感覚を信頼してみてください。短ければ5分でもスッキリしますし、長い時には一時間以上、モゾモゾ動き続けたい時があります。無心に瞑想的に動いた後の心身の爽快感は、病みつきになるほどです。このワークの応用編として、自分の中に解決したいテーマがある方は、ハートの前で手を合わせた時に、そのテーマを意図してみてください。例えば、内臓の強化や、罪悪感やトラウマからの解放など、特定のテーマを意図し、宇宙に「投げて」みます。意図するテーマ(周波数)が変わるごとに、「体の動きも変わる」ことが分かるでしょう。その意図に応じて、体はそのテーマを解決、修正、浄化するために必要な動きを取ってくれます。全身をアンテナにして、解決に必要な周波数を取り入れるのです。自分の体をそのように信頼してみましょう。体には深い叡智があります。高次の自己と繋がっている部分があります。ビーイングプラクティスは、体の叡智とガイドを信頼する良い練習になります。____________《今日のヒーリングセンテンス》真の生命を生きることそれは本来の自分を生きること純粋な心のままでいる本当の自分を生きることで生命が歓喜し、細胞が安心するそのことが地球規模の癒しへと展開する確かな原因になる沙羅無有     ☆ビーイングタッチ・ヒーラー養成講座https://peraichi.com/landing_pages/view/beingtouchtraining

      2
      テーマ:
    • 自分の快感覚と快方向を知る(ヒーリングハンドの教科書3)

      _____________癒しの手~ステップ2【自分の快感覚と快方向を知る】_____________こんにちは。魂の整体師、河野修一です。●人を楽にしてあげたいのであれば、まずは「自分の楽」を知ることから始めましょう。生き方のベースとして、自分の体を慈しみ、大切にできない人が、果たして、他の人の体を慈しむことができるでしょうか?健康の回復や、癒しには、「体本来の自然性を蘇らせる」ことが関係しています。そして、自分に「最も」近づいた自然とは、自分の「体」です。そのような意味において、自分と自分の体との関係性が、1,そのまま自分と人生との関係性に2,自分と他者との関係性に3,自分と動物や植物との関係性に4,自分と地球(環境)との関係性に5,自分と自分の持ち物(所有物)との関係性に反映されてきます。あなたは普段、自分の体とどれくらい対話ができていますか?自分の体をどれくらい大切に扱っていますか?自分の体にかけている声は、肯定的な言葉ですか?それとも否定的な言葉ですか?自分の内側に、葛藤や、闘いや、混乱や、緊張のある人が、外側の世界に、平和や、秩序や、健康を創ることは難しくなります。ですから、再度強調しますが、[感じる]ことよりも、考えることを優先しがちな現代の私たちにとって、まず必要なこと。それは「自分の体をもっと感じてあげること」「自分の快を知る」ということです。たとえば、「正しいか」「間違いか」は、思考レベルの概念に過ぎませんが、「快か」「不快か」は生命の感覚です。それをすると「正しい」かよりも、それをすると「楽しい」かが、ヒーリングが起きるための大切なベースになります。この楽しい自分、楽な自分、心地よい自分を、「快方向」と言います。ヒーリングや整体に必要なのは、深刻さや、頑張りではなく、「遊び心」です。普段の動きの中で、また行為の選択や決断をするときに、この快方向を見つけましょう。この快方向には、身体的な動きの快方向だけでなく、人生の快方向、魂の快方向があります。この快方向を見定め、快方向にシフトできる人は、人生の達人ですね。そして、それをお手伝いできる人がヒーラーなのだと思います。今日は次のプラクティスを遊び心でやって見てください。//スマイルヒーリング(内笑瞑想法)//1,まずは二、三回、深呼吸して、自分のハートに意識を向けます。2,次に、こり、こわばり、痛みがある部位に意識を向けて、その部位に顔(表情)をイメージしてみます。そこはどんな表情をしているでしょうか?3,イメージの中で、怒っていたり、泣いていたり、悲しそうな顔をしていたり、気落ちした表情をしている場合、そこに向かって内側のハートから「頬笑み」を向けてみます。しばらく「頬笑み」のエネルギーを注いでみて表情に変化がないか見守ります。4,表情に笑顔が戻るまで、あるいは表情が和らぐまで続けます。次に同じことを、内臓を対象にしてやってみます。肺や、胃や、肝臓や、子宮など、気になるところをイメージしてやってみてください。手が届く範囲であれば、手を当てながら、行なってみてください。経験的な印象を言うと、まったく無表情だったり、のっぺらぼうのように顔がないようなケースでは、回復に時間がかかります。頬笑みに対しては、頬笑みを返すのが自然な反応です。(微笑み返し)頬笑みに対して無反応な部位は、かなり「すねて」います。(笑)自分と愛の絆が確立されていないところ、あなたが無視していたところ、役割を褒め称えていなかったところ、愛が注がれていないところで病気が発生するのです。イメージには強力な力があります。このスマイルヒーリングは、他者に手を当てるときにも使うことができます。あなたは自分のイメージに、自分の体が反応することは知っていますね。(試しに梅干を口に入れた自分を想像してください)では自分のイメージに、「他人の体が反応する」ことを信じることができますか?でもそれは真実なのです。「想像力」は「創造力」であることを知るのは、ヒーリングに不可欠の要素です。是非、練習してみてくださいね。____________《今日のヒーリングセンテンス》創造しようという決断は望もうという決断でもあります病気を思い、体が病気の犠牲となることを予期しながら癒しを創造するのは不可能です病気を予期する思いが頭の中に占める比重が大きいほどあなたの望みの実現への抵抗も大きくなります心地よく感じないことがあれば癒しの思いと、心地よい気持ちを選ぶことですそれはヒーラーとなることを選ぶことでもありますこの時、創造の輪が回転し始めあなたが頭の中で想像して創り上げたものは日々の生活に形となって現れ始めますウェイン・ダイアー

      6
      テーマ:
    • テクニックより大切なもの (ヒーリングハンドの教科書2)

      _____________癒しの手~ステップ1【テクニックより大切なもの】_____________魂の整体師、河野修一です。日常のどんな活動にも、仕事にも言えることですが、特にセラピストやヒーラーを目指す人にとって、テクニックの習得よりも大切なことがあります。「テクニックより大切なこと」って、何だと思いますか?それは、「あり方」です。わたしはクライアントや、講座の受講生に、何度も何度も、「やり方よりもあり方が先ですよ」と強調しています。もちろんテクニックや技術は必要ですし、大切な要素です。でもそれは根源的な条件ではないのです。では、「あり方」とは何でしょう?あり方とは、一言で言うと「存在の質」です。それには、人の精神状態や感情の状態、意識(愛)の成長のレベル、右脳優位か左脳優位か、意図や焦点をどこに置くか、といったいくつかの要素が関係します。もっと具体的にいいますね。「存在の質(あり方)」とは、「喜びの質」だと感じています。あなたは人生を「喜んで」いますか?その点を念頭に置きながら、よかったら、以下の質問に答えてみてください。・あなたの毎日のワクワクの度合いはどれくらいですか?・ヒラメキや直感を大切にしていますか?・ハートが唄う感覚、ハートに駆り立てられる感覚を大切にしていますか?・自分のことが好きですか?・自分に正直に生きている感覚がありますか?・一人で過ごす時間を大切にしていますか?・そんなときあなたの内側には静けさがありますか?わたしたちはみな、ある意味、「精神的な磁石」のような存在です。愛、喜び、優しさ、自己信頼をベースに動き始めるか、それとも、不安、恐れ、混乱、自信のなさをベースに動き始めるのかで、選択して始める行為は「同じ」でも、引き寄せる結果や、創造する現実は全く異なってきます。何かをする(DO)の手前には、「どんな自分(BE)」がそれをするかがありますね。どんな健康法(治療法)も、不安や恐れをベースに行なっている限り、エネルギー的には「不健康な健康法」なってしまいます。病気になることへの不安や恐れから食べる自然食は、エネルギー的には不自然食です。同じように癒しの仕事に携わる人が、分析、計算、コントロール、テクニック重視、結果重視といったマインド優位のセラピーでアプローチするのか、それとも、できるだけ思惑のない無垢の手で、無条件に、直感的に、プロセスとの一体感の中に入っていき、結果については宇宙を信頼するハートフルなあり方とでは、体験の質や次元がまったく異なってきます。真のヒーリングは、直線的、直接的、一方通行というより、循環するエネルギーの中で、双方向の癒しや、気づきや、成長をもたらすものと思います。このメール講座では、・「互いに」ハートが温かくなるタッチ・「互いに」深い喜びに満たされるタッチ・「互いに」静寂の中で生命と出逢う瞑想的なタッチ・「互いに」自己信頼や自尊心が強化されるタッチ・「互いに」人生そのものが癒されていくタッチ・「互いに」スピリチュアルな感性が目覚めていくタッチについて、お伝えしていきます。これらの特徴を総称して、わたしは「ビーイングタッチ」と呼んでいます。ビーイングタッチのセッションの雰囲気を覗いてみたい方は、次に紹介する動画からご覧になることができます。出演しているのは、《わたし》です。(笑)▼瞑想的な愛のタッチ「ビーイングタッチの世界」https://youtu.be/f5OkSsNrZlg____________《今日のヒーリングセンテンス》出来事を私たちがコントロールしようとすればするほどそれは私たちの手をすり抜けてゆくようだ秘密は何も努力せず、何もしないで世界が私たちのではなくそれ自身の知恵を実現させるのにまかすことの中にあるようだラリー・ドッシー

      5
      テーマ:
    • 手を変えると人生が変わる ! (ヒーリングハンドの教科書1)

      こんにちは。魂の整体師、河野修一です。この度は無料メール講座、『ヒーリングハンドの教科書』の登録ありがとうございます。このメール講座では、テクニックや知識(ノウハウ)を優先した触れ方ではなく、より意識的に、瞑想的に、手を当てることから開かれていくタッチの可能性についてお伝えしたいと思っています。さて早速ですが、あなたにとって地球はどんな体験の場所ですか?多くの人が、人生は「修行の場」だと言いますね。確かに、そんな見方もできると思いますが、わたしは人生は、基本的に「遊び」だと思っています。「わたしたちは一生分のパスポートを持って、様々な感情体験というアトラクションに乗るために、この地球というテーマパークに遊びに来た」と考えて見るとどうでしょう?すると、地球で体験するどんな艱難や試練やトラブルも、「問題」ではなく、どんなにつらい感情や、隠したいような弱点や、欠点も、「問題」ではなく、わたしたちの愛を成長させるための「課題」「挑戦」「冒険」なのかもしれません。ここに遊びに来ると決めたのは、「自分」です。^^こんなちょっとした視点のチェンジだけで、心が少し軽くなる人もいるかもしれませんね。「深刻になる」ことと、「真剣に生きる」こととは違います。人生観や生命観が「気づき」によって拡がる分だけ、人の可能性の枠も大きくなります。実際に、「もっと遊んでいいんだよ!」と自分に許可するだけで、体の治癒のスイッチが入る人がいます。私がこれからお伝えするタッチ・ヒーリングは、思考レベルの「深刻さ」や「頑張り」は必要ありません。専門知識も不要です。むしろそれらを一旦脇に置き、リラックスして「今この瞬間」の叡智に身を任せてみます。すると、そこに新しい「癒しの空間」が、別のいい方をすると、「創造的な遊びの空間」が現れるのです。その空間の中で「問題」にフォーカスするのではなく、自分の生命力や「喜び」を上げていくことに集中してみます。すると、やがて「問題」はいつのまにか落ちていきます。・自然に喜びが湧きあがるタッチ・自分がまず愛で満たされるタッチ・意識が拡大する瞑想的なタッチ・結果として互いに癒されるタッチそんなタッチ・ヒーリングを明日からお伝えしようと思っています。約10日間、毎日お届けする予定です。このメール講座はわたしの「魂の表現」です。毎日、しっかり読んでいただけたら嬉しいです。そして、提案するワークを可能な範囲で実践してみてください。そうすれば、短い期間で、あなたの手はヒーリングハンドへと変容を始めるでしょう。人生が変わる新たなきっかけも掴めるでしょう。このメール講座を楽しんでいただけたら幸いです。

      3
      テーマ:
  • 14Apr
    • 体内薬局方と感情バランス

      あなたは、生命力をどのように定義しますか?あくまでも一つの定義でしかありませんが、様々な健康状態の方のお体に手を当てながら、僕が感じてきたこと。それは、「生命力=喜び」 であるということ。そして、その「喜び」にも、「質」があります。あなたは人生を喜んでいますか?今日の「アセンションの時代」からは、喜びの大切さがよく伝わってきます。^^『体内薬局方と感情バランス』_____________目覚めた人にとって、活力みなぎる健康的な状態は、みずからの力の発現であると理解されますが、卓越した身体的、精神的幸福を手に入れそれを維持するには、感情レベルでの幸福と心の平穏が最も重要な要素となります。感情レベルの安心感が波動のかたちで脳に伝えられると、脳は身体のあらゆる部分にポジティブなメッセージを送り、「体内薬局方」から的確な化合物の分泌を引き出して、免疫システムを強化します。感情のバランスがよいと、肉体という容れ物が細かく調整され、別のレベルとつながる体験が理解できるようになります。(中略)そして強靭な免疫システムを築くための簡単な秘訣は、あなたの喜びにあります。『アセンションの時代』P210

      19
      テーマ:
  • 13Apr
    • ヒーリングの舞台としての身体

      僕の魂の震える土地の一つに、北アフリカにあるモロッコがあります。ヨーロッパが目の前でありながら、ヨーロッパ、アラブ、アフリカ等、様々な文化が混在し、独特の魅力と香りを放つ、濃い国です。息をのむ山岳地帯、美しいオアシス、世界最強のパワースポット「サハラ砂漠」、遊牧の民ベルベル人の素朴な生き方、ご一緒に体験しにいきませんか?今年は10月の前半に、モロッコ・リトリートを開催する予定です。7日間のモロッコ・リトリートの魅力を1時間のビデオにまとめてみました。モロッコの魅力、是非確認してみてくださいね。^^https://youtu.be/k63AZG-hlIY     ☆それではいつものように、『アセンションの時代』からお届けします。^^『ヒーリングの舞台としての身体』_____________大いなる変容は、あなたの細胞の基底部でも起きつつあります。あなたの身体は、天空の巨大な配列が生み出すエネルギーの影響を素粒子レベルで多大に受けており、それらのエネルギーは光でコード化された波動として情報を伝えて、新たなレベルの気づきを速やかに推し進めるよう意図されています。それによってあなたは、閉じ込められていた超自然的エネルギーや感情のエネルギーを、自分のDNAコードから解き放つことができます。そしてその代わりとして、いままさに解明を必要としている問題を人生に引き入れることになります。この問題はあなたのために物質界で顕在化します。そしてこの偉大な意識の変容が、時間のラインに沿って起こると、あなたの身体はあらゆるレベルのヒーリングの舞台になるからです。『アセンションの時代』P208、209

      13
      テーマ:
  • 12Apr
    • 自分の信念を別のレンズを通して見ると?

      以前、倭姫命を祭る伊勢の倭姫宮を参拝していた時のこと、突然、脳裏に浮かんだ言葉があります。その言葉とは、『愛することをすることが新しい価値の創造につながり、愛するものと一体になった瞬間、波(個)が海(全体)になる。あなたは宇宙そのものになる。』人生は自分の愛することを「ひたむき」に追求することで、新しい次元へと開かれていくのですね。今日も愛することをやりましょう!     ☆自分の人生や、人生のすべての体験における自分の役割をどのように見て、どう解釈するかが変われば、あなたの態度にも変化が表れます。新しい解釈の仕方は新しい感覚を生み出し、新しい体験にそなえてエネルギー場を豊かにします。奇妙に聞こえるかもしれませんが、自分の体験の創造者としての責任を受け入れることで、あなたは人生の陰の部分を自由に探索できるようになります。陰の部分がなければ、おそらくあなたは人生のわずかな部分しか見ることができないでしょう。(中略)万物の闇の側についてのあなたの信念を別のレンズを通してみるとき、自分の人生が創り出したものを別の角度から自由に再検討できるようになります。ものを見る視点が肝腎なのです。人間としての体験の真髄は、感情的表現の最大限の振幅と、その多様性にあずかることにあります。そうした予測できない領域を注意しながら上手に進む方法を身につけること、そして意識をうまく調整しながら存在し続けることは、今の時代の深遠な霊性テストの一つです。『アセンションの時代』P201

      4
      テーマ:
  • 11Apr
    • 本心から話していますか?

      万物の本質というのは、好意的で含蓄があります。現実をデザインする立場で、みずからの行いをあなたはどんなふうにデザインするのか自問してみてください。自分がどのように思考や言葉を使って、自分の外側の環境を創り出しているのかをつぶさに注意してみてください。あなたは本心からものをいっていますか?あなたは自分がいっていることを自分で理解していますか?こうしたレベルの気づきを獲得していることはとても重要です。なぜなら知性の新しい領域はこうした気づきの機会から拡大されて、健全で有意義な生活を送るための豊かな収穫をもたらしてくれるからです。『アセンションの時代』P195

      12
      テーマ:
  • 10Apr
    • あなたはパイオニア

      あなたはパイオニアです。パイオニアとは前人未到の場所に危険を冒して挑む人たちをいいます。あなたは自分を信頼し、安全な存続を信じる決意をしなければなりません。あなたの明確な意図で周囲のエネルギー場を活性化してください。つねに目覚めていてください。あくせくしないでください。不平や愚痴が出たり、疲れているときはしっかり休みをとることです。批判やあら捜し、不満や泣きごとはやめにしてください。罪悪感は人や世の中を不正に操る行為から生じます。何かを人のせいにして怒っているときには、そこに被害者意識があります。これは大体が自分の決断に責任を取っていなかったり、個人的あるいは世界的視野において、出来事や事象の多層からなる目的や意味を理解できないでいることの反映です。怒りが生じるときというのは、行き詰まりを感じたときや、起きていることに対して一通りの解釈しかできずに自分を限定しているときです。『アセンションの時代』P194、195

      12
      1
      テーマ:
  • 09Apr
    • 不安はあなたを弱くする

      幸運な可能性は無数に存在しており、あなたはいつでもそこから選択できます。この潜在的可能性を心にかけて、不安から自分を駆り立てるようなことはしないでください。いかなる状況においても、不安や心配ほどエネルギーを浪費するものはありません。それらはあなたのエネルギー場に不穏な波動を生み出し、あなたからエネルギーを抜き取ってしまいます。では心配を回避するにはどうしたらよいかといえば、あなたの心配事と関わっている信念と向き合うことです。自分がすべての責任を負い、すべてを取りしきる必要があるという思いこみを手放してください。あなたの抱える心配や不安を、安全と慰めと心の平安に置き換える意志を表明してください。あなたが内面で思い巡らしていることが、そのまま外界で体験する人生の劇になることを忘れないでください。『アセンションの時代』P192

      12
      テーマ:
  • 08Apr
    • 愛と絆を確立していますか?

      どんな病気も愛と絆がない部分であり、同時に愛と絆を確立できる場所でもあります。愛と絆が失われた場所で、病気や身体的症状が始まるのです。チャック・スペザーノ     ☆病気の一般的な原因として寄生虫や細菌・ウイルス、化学物質、有害ミネラルなどが知られていますね。さらには、電磁波の影響も無視できない要素です。ですが、それら外側の脅威に対して、「ガード」を低くしているのは、ほかならぬ「自分の想い」にあるということを僕たちは忘れてしまっているかもしれません。チャックさんが指摘しているように、病気の究極の原因は、『自分自身と愛との間に真の絆が結ばれていないことにある』といえるかもしれませんね。自分の中に、「受け入れられない部分」があるとその意識の投影として、「他の人の欠点を攻撃したくなる」とこともあるかもしれません。自分に与えていない愛を、他の人に与えることは難しいですね。もし与えているとしたら、それは、見せかけのパフォーマンスに過ぎず、自分の中には空虚感が残ることでしょう。「愛と絆を確立」する第一歩として、まずできることは、『丸ごとの自分の中にやすらぐ』時間を増やすことかなぁと思います。別の言い方をすれば、「自分の身体を十分に感じてあげる」ことではないでしょうか?具体的な提案としては、・自然の中に出かけて、自然音や香りや手触りといった五感を十分に解放してみること。・毎回の食事を良く噛み味わいながら、食材の命を真剣に味わうこと。・ゆっくりストレッチをして、「こり」や「こわばり」のある部分をやさしくほぐしてあげること。などです。かく言う僕も、今年は上記の点をもっと意識して生活してみたいと思っています。^^自分が無関心になっている身体の場所、愛との絆が薄い場所、探してみると、僕の中にも、まだまだありそうです。^^

      14
      テーマ:
  • 07Apr
    • 過去の古い解釈を積極的に手放す

      どうか自分の中心軸を意識した穏やかな生活を心がけてください。テレビの介入や電子機器の娯楽から離れて、自然のなかでたっぷり時間を過ごせる生活を準備してください。そうした生活によって、あなたの神経系はその感度を高め、すぐれた能力で円滑に機能するようになります。神経系のバランスがとれていると、恐れと制約に関わる思い込みをありのままに見ることができます。そのような思い込みが浮上してきたときには、まずその存在を認識し、それがあなたの人生で果たしてきた役割を公平に評価した上で手放してください。限定された自己という観念は、その贈物を利用して、あなたの人生にエンパワーメントをもたらすものと取り替えてあげることです。外側の世界を変えるには、内側を変える必要があります。あなたを制約している「過去」についての解釈を積極的に手放してください。「現在」における自分の失敗の原因や責任の所在を、「過去」に求めるのはやめてください。『アセンションの時代』P191

      5
      テーマ:
  • 06Apr
    • 私たちは世界的覚醒の只中にいる

      あなたの細胞は、あなたの周囲のあらゆるもののエネルギーを絶え間なく読み取り、またそれらのエネルギーとともに振動しています。そして知覚の拡大にともない、あなたは自分をとりまく環境にそれまでよりはるかに敏感になります。超自然的能力と直感力が増すにつれて、あなたは神経系の強化が必要になってきます。神経系にはすべての臓器や器官や身体の構造を管理調整する役目があります。あなたの細胞はあらゆる可能性とテレパシーで絶えず接触しあっていますが、そうした接触を物質的レベルでもっとも効率的に伝達するメカニズムを担っているのが神経系なのです。こうしたすべての活動は、あなたの顕在意識にまったく気づかれることなく行なわれています。あなたがたが大規模な全世界的覚醒の只中にあるということ。それは多くの現実レベルで起きつつある意識の大変革にほかならないこと。あなたが本当は現実のバージョンを際限なく生み出す能力を持った驚異的存在であること。そのことを今まさに気づかせようとしてくれていること。これらのことを決して忘れないでください。『アセンションの時代』P185,186

      10
      テーマ:

プロフィール

ビーイングタッチ

性別:
男性
誕生日:
1963年7月16日
お住まいの地域:
福岡県

読者になる

ブックマーク