親子の笑顔を大切にしたい~♪

親子の笑顔を大切にしたい~♪

不登校・ひきこもりのお子さんをもつ保護者の方に、
伝えたい事や気づいた事、わかちあいたいことを届けます。

手段や方法にこだわりだすと、
目的が見えなくなり、
途中の気がかりに振り回される
ことがあります。

相手を思いやる気持ちよりも、
自分を優先するようになり、
対立が起き、望まぬ世界が繰り広げられます。

そこに自分の妄想が絡むと、
迷路にはまり出します。

はまっていることに気づけば、
目の前の景色が観えてくるので、
スッキリ過ごせます(^^♪

手段、方法がわかれば、
何とかなると思いがちですが、

自分の想い(目的)を明確にしたら、
最適な手段・方法を選べるので、
空回りすることなく、
スムースに物事が解決へと進み始めます。

どうしたらいいかと、
手段・方法という罠にはまらず、
どうしたいか、
どうなりたいのか、
どこを目指しているのか、
常に意識していられますように(#^^#)
 

ポチッとしていただけると親子の笑顔が広がります♪
  ↓↓↓

にほんブログ村
ペタしてね   読者登録してね

♪――――――――――――♪
 頭で考えたことが、
 行動できるとは限りません。
 気分がよくなると、
 何となく動きたくなるものです。

      by 谷口英子

♪――――――――――――♪

鈴木さんは、美容院に行って
リフレッシュしたら、
久しぶりに買い物に行く気になりました。

気分が変わると、視界が開け、
出かけたくなったり、
前から気になっていたことに
取り組んだり、
身体が動き始めます。

このことは、子どもも同じです。

前向きな行動をしてほしいなら、
気分が良くなるように、
日々、丁寧に関わります。

頭で考えて行動する時、
下心があることが多いようです。

お母さん自身も、常に心をスッキリ、
気分よく過ごしていたら、
表情も明るく、仕草も軽く、穏やかです。

その様子を子どもは見ています。

困った顔、沈んだ表情、
疲れ果てた様子を観るのと、
穏やかに過ごしているお母さんを
観るのとでは、
どちらが気分よくなるでしょう?

子どもに行動して欲しかったり、
前向きになって欲しければ、
親自身がスッキリ気分よく過ごせるように
心がければ十分です。

そばにいる人は、自然と気分よくなり、
動きたくなります。
大事にしたいなぁ(^^♪
 

ポチッとしていただけると親子の笑顔が広がります♪
  ↓↓↓

にほんブログ村
ペタしてね   読者登録してね

今年はいつから夏休みに入っているのでしょうか?
夏休みを充実して過ごせればいいなぁと思っています。


夏休みの宿題を、
やらなくていけないことくらい、
十分にわかっているけど、
ずるずる先延ばしにして、
気づいたら夏休み最後の日を
迎えてしまう子。

明日から学校が始まると思うと、
親子で緊張します。
田中さんも、そのようなお一人でした。

小学校入学からずっと
夏休み最後の日は2学期の準備に追われ、
「あれは終わったの」
「これは持ったの」
と、お子さんにあれこれ指示をして
過ごしていました。

特に中学の3年間は、
明日からどうするんだろうと
不安と責める気持ちが入交じり、
顔に出てしまうくらいでした。

とにかくピリピリした1日を
過ごしていらしたのですが、
今年は穏やかに過ごされました。

田中さんは、
「息子ならどうにかするだろう」
と、信じて待ちました。、
すると、息子さん自から準備を始めました。

「こんなこと初めてだなぁ」
と、感じると同時に、下記を
改めて感じられました。

☆~~~~~~~~~~~~~~~~~☆
 今まで私が先回りし過ぎていただけで、
 信じていれば、自分で取り組んで、
 できる子だったんだ。

☆~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

今年は、夏休みだけでなく、
3月から学校が休みに入り、
そのまま3か月近く、自宅学習になりました。

その間、息子さんは、
オンライン授業にしっかり参加し、
課題も計画的に取り組んでいました。

学齢期は、自分なりの特性やペースをつかむ
試行錯誤の期間です。

自分で考え、計画を立て、
実行してみることで、
うまくいったり、失敗したり、
すべてが、子どもの人生の糧になります。

夏休みというゆったりした期間を
有意義に過ごせたらいいなぁ(^^♪
 

ポチッとしていただけると親子の笑顔が広がります♪
  ↓↓↓

にほんブログ村
ペタしてね   読者登録してね