Marvelousな人生!Ⅱ

Marvelousな人生!Ⅱ

赤いコウモリのM&Marvelous MC、Vicepresidentの“ふくちゃん”です。 このブログは、M&Marvelous MCの活動とは別に、俺“ふくちゃん”の日常や心情を、バイクに限らず広く綴っています。


テーマ:

いよいよ来年に控えた東京オリンピック・パラリンピック2020!

 

その『自転車ロードレース』のコースに道志みちが指定されたというハナシは、すでにご存じの通り。

 

で。

 

実は今年、来年の本番に先んじた『プレイベント』として7月21日(日)、世界各国から選手を招いてロードレースコースを走ります。

 

その際。

 

選手およびサポートの全てが通過するまで、全コースが『完全封鎖っ!!』されます。

 

 

 

コース沿道では、一部『観戦禁止エリア』を除いて、一般の観戦・応援も出来ます。

 

出来ますが……

 

『コース完全封鎖っ!』が始まると、解除されるまで通れません。

 

道の駅やキャンプ場などにいると、『解除されるまで、出られませぇ~んあせる』ってコトに(^△^;)

 

ちなみに、沿道住民はレース終了(コース解除)まで『道路を渡る』ことも制限されるんだとか。

 

こりゃ、当日は『レースを観に行く、選手たちを応援するっ!筋肉クラッカー』ってんでない限り、行かない方がいいかも。

 

ま、『歴史的事業(イベント)!』だしね~、近くで観戦・応援はしたいけどね。←しかも『無料♪』だし(^_^;)

 

地元警察署(津久井警察署、大月警察署)では、封鎖の時間を『選手到着の一時間前から、通過後一時間くらい』の2~3時間程度と見込んでいるそうです。

 

道志みちでは12時ちょい前くらいから?

 

 

 

 


テーマ:

参加申し込み締め切りまで、二週間を切りました。

 

現在、お申込み人数13名さま。

 

まだまだ空きアリ〼♪

 

在勤在学在住問わず!

 

車種・排気量問わず!

 

コスプレOK!(ただし肌の露出がないもの)

 

改造バイク・改造マフラーOK!(お小言はついてくるかも?(^_^;))

 

締め切り直前になりますとお申し込みが集中します。

 

参加をご検討されている方は、お早めに♪(*^-')b-☆


詳しくはコチラ↓


 


テーマ:

 

今年も行ってきました『都南バイクフェスタ2019』!\(^▽^)/

 

去年も、一昨年も『行くだけ行って、一台も乗らない(^_^;)』だったからな~あせる

 

今年は午前中から参加っ!

 

 

……って、もうこんなに並んでるガーン

 

んでもまぁ、こんだけたくさん試乗車があれば、『人気のないのw』を選んで乗れば……

 

 

で、午前中にドゥカティとハーレー、二台乗れました♪←『車種』は聞かないで(^_^;)よく分かってないwww

 

お昼ご飯に、会場で合流したS藤クンとYM口クン、N速サンを連れて近くの座間市役所へ行き、ディーアンドシーさんで『カレー食べ放題』♪

 

 

『デザート』に、フレッシュサラダドッグwww

 

食い過ぎないように、『お代わり!』はしなかったよ?←その分、山盛りだけどw

 

さて、午後は……

 

 

おぉ~、カリフォルニアの風だぜぇ~~~wwwwww

 

なんつって、こーゆー写真載せると『ノーヘルで~!ムキーッ』とか、『グローブは?びっくり』とか言われそうだけど。

 

これね、確かに『試乗中』なんだけどね……

 

 

こーゆー仕掛けになってんの。

 

『免許もない、バイクに乗ったこともない人』が、実際にエンジンをかけ、ギア(シフト)チェンジをしながら『擬似走行体験ができる』!

 

ホントに車体やエンジンの振動を感じられ、前にスクリーンでも設置して走行画像を流したら、アタマん中は『カリフォルニアの風ぇ~♪』

 

マヂ、これを体験した人が早速『入校申し込み』してたよwww

 

 

ちなみに、このイベントでは『免許がない人』には体験教習もできる。

 

 

彼氏(旦那さん)は試乗、彼女(奥様)は教習体験。

 

近い将来、一緒に『ラブラブツーリングラブラブ』なんて夢見てたりして照れ音譜

 

もちろん、子供向けにも……

 

 

家族みんなで楽しめる♪

 

俺がこのイベントを『イチ推しっ!グッド!』する理由が、まさにコレ!

 

バイクを『特別なもの』にしない、『誰もの身近にある存在』にできる可能性……

 

実際、会場でココ(都南自動車学校)の社長さんにお会いした時、『二輪免許の取得者数が、昨年・一昨年と前年比5%ずつ増えています♪四輪は同数もしくは微減なのに!しかも、女性の取得率が上がっているんです!』って。

 

うれしいねぇ♪ほっこり音譜

 

『バイク人口が増えた分、事故が増加した!ムキー』とか言われないように、免許取得後も定期的に『講習会』を受講してほしいね。

 

その『二輪車安全運転講習会』、お隣・相模原市内で開催しますよ♪

 

第16回M&Marvelous MC Friends 二輪車安全運転講習会

 

日時:令和元年6月23日(日)09:30集合、12:00ごろまで。(雨天中止)

 

参加費用:¥100/一人(保険料として)。

 

参加資格:バイクの免許を持っていて、当日会場までバイクで来れる人w

 

会場:日産自動車相模原部品センター

 

講習会未経験者最優先!

 

6月20日(木)締め切りですが、定員に達し次第早期締め切りもあります。

 

お申し込みは⇒ m-marvelous-mc@jcom.home.ne.jp 福田宛てに『氏名(漢字とカナ両方)・年齢・生年月日・性別・連絡先電話番号またはメールアドレス・講習会参加履歴』をお知らせください。

 

皆さんのご参加をお待ちしております♪(*^-')b-☆

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

本日『まもろうよいみち道志みちマナーアップキャンペーン2019初夏』にご参加くださった皆さん!

 

お疲れさまでした~♪(*^▽^*)ノシ

 

今回のチラシ、ちょっと『辛辣っ!』だったかな?

 

 

マナーについて、『出来るだけ静かに運転しませんか?』っつー趣旨だったんだけど……

 

バイクとクルマ、比べると『構造の違い』から、バイクの方が色んなノイズを出しており、人によってはそれを不快と感じたり、時には『威圧』と感じたりする。

 

もちろん、バイクの側にはそんな気はイチミリもないんだが、ただでさえ昨今のクルマは『ハイブリッド』だの『ゼロエミッション』だの、とにかく静寂性が高く、ことさらに『バイクがうるさいっ!ムキー』と感じてしまわれがち。

 

そこへもってきて、強引な追い越しのために低いギアで目いっぱい急加速したり、逆にコーナーへ突っ込むために過剰にエンジンブレーキを掛けたりすれば……

 

構造上、剥き出しのエンジン、チェーン、タイヤから出る騒音を抑えられないバイク。

 

せめて『出さなくていい急加速のエンジン音』、出さなくていい『空ぶかし』くらいは抑えません?

 

そしたら、ちょっとは『バイクを見る目』も変わってくるかもよ?と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

併催した二輪車安全運転講習会にも、多数のご参加をいただきました♪

 

ご参加くださった皆さんの写真を撮ってありますので、ご希望の方はメッセージください!(*^-')b-☆

 

で。

 

講習会の最後に、白バイ隊員さんから『講習会でやったことは、公道でやっちゃダメですよw』って言われたよね。

 

これ、『公道でやっちゃダメなことをやる講習会って、ナニっ?!』って思われちゃうかも(^_^;)

 

これね、講習会でやるような急制動や、スラロームでの緊急回避を『しなきゃダメな状況』に陥っちゃダメですよ?そうなる前に『気付いて回避』しましょうね♪っつー意味だからね。

 

で、講習会でやる急制動やらスラロームやらってぇのは、そんな状況になっちゃった時に『最後の一秒、最後の一メートルを諦めないっ!』ための練習。

 

決して『そこらの峠道でブイブイ言わす!www』ためのテクニックじゃないからねっ?!ってことです♪(*^-')b-☆

 

 

 

 

 

 

 

そんな二輪車安全運転講習会、6月23日(日)に相模原市内で開催っ!\(^▽^)/クラッカー

 

こちらは、要事前申し込み。

 

定員30名。

 

『講習会未経験者』最優先!

 

県内外在住問わず!

 

詳しくは拙ブログ『やりますよ♪』ご参照。

 

ご応募、お待ちしてまぁ~すラブラブウインク

 

 

 

 

 

 


テーマ:

なんだか、もたもたしているうちに大型連休も終わってしまい……

 

あっ!∑(゚□゚*)と気付いた。

 

『第16回M&Marvelous MC Friends 二輪車安全運転講習会』!

 

……すみません、忘れてました(^_^;)

 

ってことで、慌てて申請書を作成し、相模原南署へ提出。

 

今日提出して、今日お返事をいただいちゃいました♪←つまり、待ってたんだよ先方さんはっ!ヾ(`へ´*)

 

じゃぁ、お知らせしますよ~w (」^▽^)」ミナサーン!

 

『第16回 M&Marvelous MC Friends 二輪車安全運転講習会』開催っ!


 

日時:令和元年6月23日(日) 09:30集合、12:00頃まで。

 

場所:神奈川県相模原市南区麻溝『日産自動車相模原部品センター』

 

対象者:免許証を持ってて、当日現地までバイクで来れる人。

 

参加費用:保険料として、お一人¥100。

 

定員:30名(講習会未経験者最優先!)

 

県内外在住・在勤・在学問わず!

 

改造車OK!

 

コスプレあり(ただし、肌の露出が無いもの)!

 

お申し込み先⇒ m-marvelous-mc@jcom.home.ne.jp 福田宛て。

 

『お名前(漢字とカタカナを併記)・性別・年齢・生年月日・連絡先アドレス(または電話番号)・講習会参加歴(警察・二普協主催含む)』をお知らせください。

締め切りは6月20日(木曜日)ですが、定員に達し次第早期締め切りもあります。
 

 

前回『第15回……』の様子はこちらから。

 

前々回『第14回……』の様子は、こちらから。

 

 


テーマ:

 

八王子市役所プレゼンツ『ゆるふわライディングスクール』にご参加くださった皆さん!

 

お疲れさまでした~♪(*^▽^*)ノシ

 

好天に恵まれ、いい汗かいた講習会でしたw

 

 

開会式から『ゆるぅ~く、ふわぁ~っとw』したイイ雰囲気♪

 

カズ中西さんの『軽快なトーク』のおかげやねwww

 

今回は、女性二輪ジャーナリストとして有名な『川崎由美子』さんもご参加ラブ

 

 

バイク用エアバッグ(プロテクター)の実演をやっていただきました♪

 

講習中は、参加者の皆さんと一緒に走って、一緒に楽しんでいただきました!(*^-')b-☆

 

休憩時間には、ゆるふわ名物『もぐもぐタイム』!

 

 

サンドウィッチやら、マドレーヌやら、フルーツやら、エスプレッソやら♪

 

これで『参加費、たったの¥500!』\(^▽^)/八王子市役所、マンセーwww

 

さらには、救急救命学の先生による『応急手当の止血法』のレクチャーも。

 

 

いやぁ~八王子市、『本気と書いてマヂと読む!』

 

本気で『二輪車事故を激減させるっ!』取り組みをしていると感じるよ。

 

そのために、『参加したくなる講習会』を考え、協力し、主催する。

 

行政が、ここまで『バイク乗りに寄り添っている』。

 

でもしかし、それだけでは事故は減らない。

 

いくら行政が、警察が『バイク乗りに寄り添って』も、肝心のバイク乗りが『アクセルを戻さない、ブレーキを掛けない、危険を予知しない』ままでは、事故は『起こるべくして起こる』。

 

あなたが乗るバイクのアクセルを戻せるのは行政ではない、あなた自身です。

 

あなたが乗るバイクのブレーキをかけられるのは警察ではない、あなた自身です。

 

あなたが乗るバイクに迫る危険を見つけられるのは市役所ではない、あなた自身です。

 

あなた以外に誰にもできない『アクセルを戻す、ブレーキをかける、危険を予知する』こと。

 

あなたにしかできない事故防止。

 

そう、主役は『あなた!ユーダヨ!(`・∀・´)9mビシィッ』なのです!

 

 

 

 

 

 

 

……って、この辺はバイクに限らず、クルマでも自転車でも歩行者でも同じなんだけどね。

 

『事故を起こしたくて起こすやつはいない!』

 

その割には、今日も八王子への往き帰りで目にしたクルマ・バイク・自転車・歩行者、『減速が足りない、車間距離が足りない、安全確認が足りない』人たちがイパーイ(^_^;)

 

そして何より、『足りないこと』を理解していない自覚が足りていない。

 

これじゃぁ、『起こしたくなくても、起こるべくして起きる』よなぁ……(-_-;)

 

 

 

 

 

 


テーマ:

明日から始まる大型連休♪

 

まぁ、俺自身は『普段のシフト勤務通り』なワケで、『なにそれおいしいの?』ってな感じなんだが(^_^;)

 

それでも、ツーリングを楽しみにしてる!っつー方々は少なくないだろね。

 

『さよなら平成!こんにちは令和!!』の、記念すべき大型連休。

 

文字通り『記念になる』過ごし方をしてほしいね♪(*^-')b-☆

 

んで。

 

早速出ている『高速道路の渋滞情報』……汗

 

ま、こればっかりはしょーがないね。

 

だがし菓子。

 

この連休中ってぇのは、毎年多くの二輪車事故が発生する。

 

原因の一つが、『渋滞中のスリ抜け走行』。

 

スリ抜け走行は色々と議論の余地はあるが、『事故のリスク』という意味では、二輪車特有の事故原因だといっても過言ではないだろう。

 

その理由は……

 

 

ご存知の通り、四輪車には構造上『死角(目視できない部分)』がある。

 

上記の図で灰色に塗られている部分が、それだ。

 

この『死角』を持つ車が連なり、渋滞を起こしていると……

 

 

それぞれの死角は、こんな風に重なることになる。

 

この死角が重なったところを通り抜けるのが『スリ抜け走行』。

 

 

何十台、何百台と連なる渋滞の中でスリ抜け走行を続けるということは、その間、この『死角の中』を通り抜け続けることになる。

 

ただひたすらに『リスクを冒し続けること』に他ならないことは、いまさら言うまでもないよな?

 

自宅を出るとき、家族から『安全運転で楽しんできてね!』と送り出されるG.W.ツーリング。

 

でも実際は『ただひたすらリスクを冒し続けるだけ』のツーリングだなんて、家族に言えるかい?

 

 

 

 

 

 

とは言え、車と違って『走行風を当てる』ことで冷却する構造のバイクエンジンでは、クルマと一緒に渋滞にハマっていては、すぐにオーバーヒートしてしまう。

 

適宜『スリ抜け走行』をして、エンジンを冷やさないと……

 

という意見にも、一理ある。

 

実際、俺自身、それでオーバーヒートさせたことあるし(^_^;)汗

 

『なにがなんでも、絶対にスリ抜けするな!』とは言わない。

 

先に挙げた『リスクがある』ことを理解し、自覚して、リスクマネジメントをして欲しい。

 

『無事に帰ること』

 

ツーリングの最大の目的は、まさにコレ。

 

無事にツーリングを終えることができれば、G.W.明けには、職場や学校、コミュニティで『楽しい土産話♪』ができる。

 

平成最後の、そして令和最初のG.W.!

 

皆様の、思い出深いG.W.となりますように、眠い目をこすりながら職場でお祈りしています♪(^人^)←この期間、ずっと夜勤なのだw

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

今年も開催されました『Moto Gymkhana 2019』!

 

前日までの天気予報が『カナリアヤシイ……(-_-;)汗』状態だったものの、当日の朝は……

 

 

真っ白な富士山富士山もコニャニャチワ~♪(*´▽`)/"

 

開場前には、長蛇の列!

 

 

かつて、これほどギャラリーが集まるジムカーナ大会があっただろうかっ?!

 

って、主催者であるNap'sさん他、たくさんのバイク関連ブースが出展しているので、これは一つの『バイクの祭典♪』

 

グッズ販売あり、試乗会あり、まぁ『2〇んかん祭り』みたいなモンだわなw

 

とは言え、そのメインイベントこそが『Moto Gymkhana 2019』。

 

ジムカーナっつー競技を知らない、興味がない人でも、会場に来れば嫌でも目に耳に入る。

 

そして、それが目に耳に入れば……

 

 

その迫力は、比類ないっ!

 

しかもこの『Moto Gym』は、通常一台ずつタイムアタックする従来のジムカーナとは違い、二台のバイクの『一騎打ち』っ!

 

 

同時走行する『対戦選手』の姿が見えることで、選手は嫌が応にも気合が入る!

 

さらに、今年は『格闘技の選手入場』よろしく、各選手は出走前にギャラリー前でアピール!

 

 

そりゃもう、盛り上がらないワケがないwwwwww

 

とーぜん、選手もこの通り♪

 

 

ギャラリーを煽るぜぇ~www

 

さらにさらに!

 

今回のゲストさんたちも♪

 

 

上がST600クラスで活躍する『平野ルナ』選手、下がJ-GP3クラスに参戦している『岡崎静夏』選手ラブ

 

っつか、『レーサー』でこんなコース走らすなwwwww

 

 

曲がり切らなくて、コース突っ切ってきた(^_^;)

 

『レーサー』って、ハンドルの切れ角が殆ど無いのよ。

 

でも、このコースを走るには……

 

 

最低、これくらい切れないとw

 

来年、もしまた参加してくれるなら……

 

バイクメーカーさん、市販バイクを提供してあげません?(^_^;)

 

 

 

 

 

 

この模様は来る5月12日(日)の20:55~21:50、tvkテレビ神奈川で放映予定!

 

なので、あえて俺からは動画をアップしません!

 

……え、いや、『撮り損なった』とか、そーゆーんじゃ……(^ω^;)汗

 

 

 

 

 

 

 

 

俺、これまた『なんか言われる』じゃろか?(^◇^;)

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

来る5月19日(日)の『まもろうよいみち道志みちマナーアップキャンペーン2019初夏』に向けて、会場となる宮ケ瀬・鳥井原園地(ふれあいの館)駐車場の利用申請を提出してきました。

 

『鳥井原園地(ふれあいの館)駐車場』って、公共の施設だかんね。

 

公共の施設でイベントしよう!ってぇなら、こーゆーのはちゃんとしとかなきゃ。

 

いやまぁ、友達同士が『集合場所』に使ったり、『そこで話し込んだり』するのに、いちいち申請する必要はないんだが。

 

このキャンペーンみたいに『一定時間、施設(駐車スポット)を占有し、不特定多数の利用者に対しキャンペーンする』ッつー場合は、非営利行為であっても『管理者(所有者)に許可を得ておく』ことで、要らんこと言われんで済む。

 

加えて、『こんなヤツσ(^_^;)』が申請することで、『あら!バイク乗りの人って、意外とちゃんとしてるのね♪』と印象付けられれば……

 

その印象は俺やキャンペーンスタッフのみならず、多くのバイク乗りたちに対する『信用』という財産になると思う。

 

打算的っ!?あせる ←何を今さらゲラゲラwwwwww

 

 

 

 

 

今日の宮ケ瀬、水の郷地区で『さくら祭り』をやっていたこともあって、クルマもバイクもいっぱい♪

 

『こんだけいっぱいいれば、ハッチャけたのが居たりするんだよなぁ~……(-_-;)』と思ってたら!

 

そんなのは一台も見かけなかった!\(^▽^)/

 

ちょっと気持ちイイ♪プチ・ツーリング(?)でしたニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

ふと思い立ったんで、ちょいと屁理屈をこねてみるw

 

『制限速度30㎞/hの道路』

 

そーゆー道路ってのは、だいたいが住宅街の中……

 

つまり、人や自転車の飛び出しがありそうなところ。

 

特に『通学路』に指定されているようなところでは、子供たちがウロチョロしていると思っていい。

 

故に『制限速度が30㎞/hに指定されている』ワケだ。

 

で、この『30㎞/h』という速度。

 

日常的にクルマ・バイクを利用している人にとっては、『守るほうが難しいんじゃね?』とも思えるような速度かな?

 

ついつい、『40㎞/h(10㎞/hオーバー)くらいなら、大丈夫だろうwww』と考えてしまいがちだと思う。

 

ここで、メンドクサイ物理学なんかはスッ飛ばして、あくまで『数字だけ』で考えてみよう。

 

30㎞/hを100%と仮定して、40㎞/hは実に『133%』。

 

なんと『3割増っ!』ゲッソリあせる

 

これ、単純に考えると『衝突時の衝撃も、3割増!』ってことにならね?

 

衝突して『(30㎞/hなら)頭蓋骨骨折』で済んだところが、『脳挫傷で死亡汗』もあり得そう……ドクロ

 

そう考えると、『制限速度を守る』ってぇのは、違反だなんだッつーのはモチロン、『事故発生時には、自分と相手を守ること』になるんだろーなぁ。

 

ついでに言えば、『そもそも事故に至る状況に陥らない』ための速度設定(先の通学路のハナシ含めてね)。

 

『事故を起こしたくて起こす運転者はいない!』っつーけど、『起こしてしまうかもしれない運転』をしている運転者は、俺を含めて結構いるんじゃね?

 

『(自分は)事故を起こしてしまうかも知れない』という前提をもって運転しているかどうかで、『事故に至る状況を回避』できるとしたら……

 

制限速度を守ることも、明確な一つの『事故防止』だよね。

 

なによりも、『事故に巻き込まれた人たち』……

 

自分自身だったり、事故の相手だったり、賠償などで負担を受ける自分の家族だったり、事故で家族を失ってしまう相手側の家族だったり。

 

そんな人たちを『守る』ために出来ることは、運転者自身が『自制する』ことでなし得るんじゃないかな?

 

さて……

 

 

『守る運転』、ちゃんと出来るかな?