足元のインソールとスパイクの歯の状態を確認を | 野球が加速上達する回内動作理論

野球が加速上達する回内動作理論

故障予防。コントロールが変るグラブ、守備が上手くなる・型付け回内グローブ・グラブ・国産野球グラブ・グローブ・痛くないスパイク・インソール・お手入れ用品・高校野球・甲子園・ボーイズ・シニア・中学硬式

昨日、ヤマトグラブ愛用の投手の状態を

見にグランドにお邪魔しました。

 

ご覧のように足元のスパイクの歯が

すり減って無い状態で

 


インソールが全く機能していない状態

左投げ左打ちの投手なので

全く機能していません。

 

練習中でバンド処理の動きで

ハンブルするシーンを見ました。

 

ヤマトグラブだったので

「大丈夫?膝か腰が痛いの?」と聞くと

 

「足元が滑って横滑りしています」と言われました。

 

これから夏になり筋肉に乳酸が溜まりやすくなると

怪我、故障のもとになります。

 

彼は中学3年ですが県外の強豪校からも

誘いが来ています。

 

中学最後の時期に

夏の大会のために日々練習と週末に練習試合をしている

彼のような足元の状況の

投手は、いつ腰やひざが痛くなるかハラハラです。

 

彼には
ヤマトスパイク試して頂きました。

 

「片足立ちの安定感が良くなった
バンド処理の横滑りが無くなった!」と言われましたが

そのように開発しています。

 

あなたの大切な足元のインソール

スパイクの歯の状態は丈夫ですか?


http://bba.co.jp/?page_id=1496&page=2