ヤマトグラブ「ふるさと納税」6月22日受付開始 | 野球が加速上達する回内動作理論

野球が加速上達する回内動作理論

故障予防。コントロールが変るグラブ、守備が上手くなる・型付け回内グローブ・グラブ・国産野球グラブ・グローブ・痛くないスパイク・インソール・お手入れ用品・高校野球・甲子園・ボーイズ・シニア・中学硬式

2005年からヒットエンドランとう野球雑誌

「グラブ博士のグラブ基礎講座」

連載してグラブの使い方、

お手入れ方法を解説しました。

 

 

あまりの問い合わせの多さで翌年に「グラブ・バイブル」という

類書のないグラブ本をベースボールマガジン社から出版しました。

 

 

その本は15000部販売され、

アメリカの野球殿堂博物館で表彰されました。

英訳もされました。本当に皆様のおかげさまです。

有難うございます。

 

 

その後も引き続き異質なグラブ職人として

野球グラブ・スパイクの研究をつづけ、

東京大学、母校の同志社大学を始め全国の

甲子園常連校の監督さんのご依頼で

グラブ、スパイクの効果的な使い方をご紹介してきました。

 

 

ここ数年の球数制限の問題もあり

野球肘、野球肩の予防も兼ねて長年開発してきた

「コントロールが変わる、ヤマト回内Wベルトグラブ」を

昨年に発表しました。

 

このグラブの構造は新規性と効果を

認められお陰様で今年の3月に特許も取得しました。

 

ただし、この「回内グラブの製造方法」は、

従来投手用グラブの1・5倍以上の

製造工程時なり革も余分に使用し、

手間と時間がかかる為に少量生産しかできません。

 

販売価格も65000円(消費税別)と少し高めです。

それでも数ヶ月で200個以上ご依頼があり、

ご使用された選手、保護者から

「効果があった」とご報告いただいています。 

 

詳しくは、ユーチューブ「ヤマトグラブTV」

https://www.youtube.com/user/bbaacademy

ホームページbba.co.jp

 

さらに弊社の長年の活動で地元奈良県大和郡山市が、

令和元年6月から『ふるさと納税』

返礼品に指定して頂きました。

 

 

ふるさと納税は、ご存知のように

元々は自分の故郷の寄付金から始まりましたが、

今では自分の生まれ育った故郷でなくても

自分が応援したい地方の市町村に寄付すれば、

ご自身の所得税、住民税の控除が受けられます。

 

 

さらに楽天市場のふるさと納税をされると楽天ポイントもつきます。

つまりふるさと納税をされるとお礼の返礼品として無料で

特許取得グラブのヤマト回内Wベルトグラブが送料無料でご自宅に届きます。

6月22日から受付開始になります。

 

 

ふるさと納税お申込みの後は弊社がお連絡をして
専門のスタッフが通常の販売の手続き

(手の大きさの計測方法など)させて頂きます。

 

 

今後、こだわりのヤマト回内内野用グラブ

回内外野用グラブ、回内捕手用ミット、

回内スパイクなどもふるさと納税で

ご紹介できるように引き続き手続きをしています。

 

 

まずはチーム内で

コントロールに悩まれている投手がおられたら

是非、この話をお伝えください。

お気軽にお問合せ下さい。

 

 

ヤマトグラブ工房 代表 梅原伸宏