[1日1カクテル242杯目]ピンクジントニック pink gin and tonic | 大宮 Bar彩月庵~Barの彩時記~
新型コロナウイルスに関する情報について

大宮 Bar彩月庵~Barの彩時記~

JR大宮東口にあるBar彩月庵のブログ。
~Barの話、酒の話、季節の話、埼玉の話~

[1日1カクテル242杯目]
今日から政府新型コロナウイルス拡散防止による時短要請により17:00〜20:00までの営業となります。

さて、カクテルの話。
昨日ご紹介したピンクジンをトニックウォーターで割っても美味しいです。
そこで今日ご紹介するのはこちらです。


〜 ピンクジントニック pink gin and tonics 〜
・ジン45ml
・アンゴスチュラビターズ 適量
・トニックウォーター 適量

ピンクジンをトニックウォーターで割ったカクテル。

作り方はジンとビターズをグラスに入れビルドスタイルで作っても良いですし、シェークしてからトニックウォーターで割っても良いと思います。


ここでも出て来る、
“同じようなレシピで名前が違うけど、どう違いを出すんだ問題”。

通常のジントニックとどう違いを出すべきか?

Bar彩月庵では入れませんが、ジントニックに苦味をプラスする為、ビターズを入れる事がよくあります。


お店によってライムの有り無し、ビターズを多めに入れる、ベースのジンを代えるなど色々な考え方があって面白いです。

ぜひ飲み比べてみて下さい。

ちなみに「pink gin」の「pink」ですが辞書で調べてみると

ンク色,桃色,ナデシコ,セキチク,左翼がかった人,典型,精華,極致”

と出てきます。
精華とは“そのものの真価を成す、立派な点”という意味です。
極致に近いですね。

もしかしたら、「pink gin」は「桃色のジン」というより、「ジンの極致」と言う意味なのかもしれませんね。


それでは今晩も良いお酒を。
Bar彩月庵は17:00よりお待ちしております。