当社は英語とITを使って『留学生を活かす』会社です。実は今、コロナの影響で、求人応募者が急増しています。その方々のバックグランドは、観光、旅行、航空、インバウンド向け飲食店などの経験者です。すべて今需要が急減している業界です。

もともと英語が堪能で、前職も英語を使っていたという人が多く、当社にとっては即戦力の人材に見えるのですが、意外にうちで欲しい人材が増えているかというとそうでもない印象です。

というのは、当社が英語だけでなくITを使う会社だ、ということがまだまだ認知されていないからだと思います。

英語を使えるということで応募は増えているのですが、面接で「ITを使う」という話をすると、そこから先の辞退者が増え、応募数のわりには採用に至らない。

これらの応募者は「英語+ホスピタリティ」でいままではイけたのかもしれませんが、コロナがあって、英語とホスピタリティでは、立ち行かなくなっている現実に直面しています。そこで「IT」という技術を身につければ、すでにもっている「英語とホスピタリティ」を活かした上で技術も持って、大いにキャリアアップできるとおもうのですが、「ITはちょっと・・・」と敬遠されてしまうことが多いのです。

私が思うに、いまこそが「英語とホスピタリティ」の人が、「IT」という手に職をつけるときだと思います。ここで自分で変化できないと、またおなじような騒動があったときに、また職に困ってしまう。

変化するのは大変です。いままでの考えを捨ててチャレンジすることは、言うことは簡単ですが、実行は大変。でも当社は、ここで実行できる「バックパッカー精神」がある人がほしい。

「英語とホスピタリティ」のある人が、バックパッカーのようなチャレンジ精神や柔軟な考え方を持って、「IT」を身につければ、この先にどんな災禍があっても、どこでも生きていける力が身につくと思います。

もしこれから当社の面接をうける方がいたらぜひこの想いを読んでもらい、面接にきてほしいと思っています。

 

 

 

 

雑誌『経済界』に「人材育成企業」として掲載されました。

記事はこちら→ 

 

当社はシンガポール、スリランカ、イスラエルで社内向けの海外研修を行っています。コロナの影響でこれらも現在は休止中です。海外渡航が制限されているのをただ指をくわえて見ているだけではよくないので、当社も他社が始めているような「オンラインでの海外研修」を検討しました。

一般的なオンライン海外研修は、テレビ会議システムで現地をつなぎ、現地の人と英会話をする、というものが多いですが、それで「オンライン」「海外」研修と謳っているところが引っ掛かります。オンライン上で海外の人と英語で話す、ということなのであれば、当社はすでに新入社員向けの研修で数年前からこれをやっています。というのも、当社の英語研修のなかに「Skype 研修」という授業があり、Skypeを使ってシンガポール、スリランカ、オーストラリアの英語講師とレッスンをする、という内容があるからです。

当社の業務の中には、クライアントとのテレビ会議を通訳する、という業務もあります。テレビ会議の英語は、声が聞きにくかったり、遅れて声が聞こえるなどのラグがあります。これに慣れておかないと、急に通訳を頼まれても、英語よりもシステムへの慣れの問題でうまくいかなかったりします。それを避けるため、英語のレッスンの中に、あえてSkypeで遠隔で話す、という授業を組み込んでいます。というわけで、当社は数年前から「オンライン海外研修」を行っています。なので、今のままでは当社にとっては何も新しい取り組みになりません。

では、オンラインでさらに「海外」を感じさせる研修とはどんなものだろうか?実はまだ答えが出ていません。シンガポールのビル群を背景に話すとか、スリランカの市場のなかで話すとか?やはり、その国を感じさせるのは、景色や色あい、においや音などの、感覚で感じる部分が大きいと思います。海外に行くのは、英語を話すためだけではないのです。その国のにおいや音、景色を見てなにかを感じること、それが海外へいく目的だと思っています。「日本と同じだ」と思うか、「日本と違う!!」と思うか。その体験が必要なのだと思います。そのためにわざわざ海外へ行く研修を行っているのです。

しばらくは海外へいけそうにないので、なにかオンラインでも海外を感じさせる工夫はないものかと思案しながら、少しずつ当社の「オンライン海外研修」の構想を練っています。

 

 

雑誌『経済界』に「2019年注目企業」として掲載されました。

記事はこちら→ 

 

 

2020年は、「人材育成企業」として掲載されました。

記事はこちら→ 

在宅勤務も2ヶ月目に入りました。先月からオンラインでの業務がはじまり、会議、商談、面接、研修、帰社Weekと、ほぼすべての業務がオンラインになり、意外とこれでも仕事ができると感じてきているところですが、それでもうまくできないことがあります。それは「アイデアの発想」です。

毎日出社していたときは、1週間の業務のうち2時間くらいは、「考える時間」に充てていました。オフィスでというよりも、近くのカフェやホテルのラウンジ、出先のビルの受付ロビーなど、外で考えることが多く、よく利用するカフェやラウンジが、実はありました。環境を変えることで新しいアイデアが出ることを意図的に意識していろんな場所で考えることをしていましたが、これが在宅だとなかなかできません。
とくにビジネスの発想となると、住宅街で静かにひとりで瞑想しても、ひらめきがなかなか降りてきません。

そしてもうひとつ、いまさらながら発想するのに重要だったと感じていることが、「通勤」です。通勤電車で中吊り広告を見る、乗客の様子を見る、駅のデザインやポスターを見る、赤坂で働くビジネスマンの様子を見る、お店の出入りを見る。通勤しながら目に入る情報が発想のモトになり、そこから妄想や空想が広がり、新しい仕組みや考えが浮かぶ。そういうことを、通勤する中で実はやっていたのだと、改めて気づきました。

それから、思考をするのに大事なのが、「歩くこと」。歩きながら講義をした「逍遥学派」とか、自然を見ながら思想にふける「哲学の道」とか、歩くことと考えることは密接に繋がっています。通勤のみならず、顧客訪問や現場訪問など、隙間隙間で歩いているときにアイデアが降ってきて、あわててメモるものを探す、ということもよくあります。仕事の最中に歩くことで、感性が研ぎ澄まされているのだろうと思いますが、これも在宅と自宅近くの散歩では、なかなか感性が表れません。

在宅勤務は、作業を「する」ことはできますが、作業を「考える」ことには向かないなぁと悩みながら、とりあえず在宅で仕事をしています。経営者の仕事の大きな部分が、「考える」ことだと思うとき、今は社長の仕事ができてないなぁと、とても消化不良を感じています。

でも、住宅街の公園を散歩しながら、コロナ後のビジネス環境について考えるって、正直なかなか難しい。人気のないビジネス街を歩いていたほうがまだ知恵が出そうな気がしてます。

 


 

雑誌『経済界』に「人材育成企業」として掲載されました。

記事はこちら→ 

 

 

コロナ対策として、新人研修をオンラインで始めました。Skypeを使って、研修生用のアカウントと講師用のアカウントを作成。研修開始時間にログインして、時間が終わったらログアウト、次の講師がログイン、という流れで、英語研修・IT研修共に、意外とスムーズに研修ができています。

オンラインで始めて、気づいたことがいくつかあります。お互いカメラをみて話をするので、研修生の表情が良くわかります。説明がわかっているときは納得している表情が見えますし、口では「わかりました」と言っていてもわかっていないと表情に不満が見えます。教える側が対面よりも工夫をして話をしないといけなく、講師の技量の向上に一役買っています。

逆に研修を受ける側も、確認をしながら話をすすめるので、受け流すわけにはいきません。オンラインになって、講師も研修生もお互いの授業の質があがったように思います。

そして、板書の仕方も工夫が必要です。対面では大きなホワイトボードを使っていたので、自由に書けます。しかしWebだとカメラに板書を収める必要があるので、自然に板書もきっちり書こうとします。当社ではホワイトボードのかわりにオンラインではスケッチブックを使って板書してますが、この技術も向上しているような気がします。

他にも、テキストの今説明しているページ数をはっきり言いながら授業するとか、通信環境によっては音声が遅れたりするので、ゆっくり間をおいて話すとか、いままでけっこうおろそかになっていた授業の質を上げるのに、オンラインが有効に働いています。

不慣れで大変と考えるばかりでなく、これを改善の機会ととらえ、次のチャンスに活かしていくことが大事だと思いました。

そして何より大事なのは、オンラインだろうが対面だろうが研修を続ける、ということです。研修や求人面談を形を変えつつも続けていくということが、当社がこれからも成長していくという意思の表れだと思っています。うまくいかないこともありますがそこは少しずつ改善しながら、でも動きを止めずに、研修も面談もやっていきます。それが当社がコロナに打ち勝つ方法だと思っています。来週は、オンラインで帰社日を開催します。新しい仕組みを、楽しみながら取り入れて、当社はさらに強くなっていきます。


 

雑誌『経済界』に「人材育成企業」として掲載されました。

記事はこちら→ 

 

 

3月は異動の季節です。常駐先だけでなく、内勤業務でも異動希望が多いので、この時期は新しい担当者を決めなければなりませんが、当社は、新しく募集があった業務を、「手を挙げた人」にやってもらうという仕組みにしています。それは、自分がやりたいと言った人こそ、責任もってその業務を遂行してくれると信じているからです。

人事異動は、人事部が決めた人を、上司から通達するという流れで行うのが普通だと思います。異動される人に辞令を決める権限はありません。しかし、その方法が果たして、責任もって業務を遂行することにつながるのかどうか。

もちろん人事部は、この人ならと思って人事を提案するのだと思いますが、それが本人の希望にかなっていない人もいると思います。たとえ能力があったとしても、そのようなモチベーションの人に無理やり仕事をしてもらって果たして業績が伸びるかどうか。

結果がいい時はいいですが、結果が悪い時にどこかで「だって俺が決めたわけじゃないし。。」という気持ちが残るのではないかと、思います。そんな気持ちで仕事をするのは、する方にとってもさせる方にもお互いによくないので、当社はこれを挙手制にしています。

挙手制にすることで、その人は、自分から手を挙げて始めた分、責任もって業務を行います。いい結果も悪い結果も自分の責任なので、周りのせいにはしません。結果が出るように、自分で創意工夫をしようとします。その業務に対する前向きな姿勢が、いずれ業績を上げる方向へ向かいます。能力を基準にしないことで、ちゃんと結果を残せるのかをいぶかしむ人もいますが、それは異動直後のみで、いずれその熱意が能力を勝っていきます。

当社はその「やりたい」という熱意を信じて人事異動を行い、いままで成果を出してきました。
この先も、当社は社員の熱意を信じて、この人事制度をかたくなに進めていこうと思います。


いつのまにかパルテノン神殿に色が。

 

 

雑誌『経済界』に「人材育成企業」として掲載されました。

記事はこちら→ 

 

 

年明けから新しい福利厚生制度「弾丸バックパッカー助成金」制度を始めました。

以前から、フリーバカンスや海外研修制度により、仕事の合間に海外に行くことを奨励してきました。しかし、1ヶ月や3ヶ月日本を留守にするには少々腰が重いと思われ、制度の利用があまり進んでいませんでした。そこで今回、より気軽に海外へ赴ける制度として、「弾丸バックパッカー助成金(弾丸助成金)」を創設しました。

弾丸というのは、3泊4日や4泊5日で、目的地を定めて行って帰ってくる旅を意味します。3泊4日や4泊5日だと通常の週末では日数が足りないため、有給休暇を利用することになります。この助成金は、週末と有休を利用して海外旅行をする人に対して助成します。旅にいくことと、有給休暇を利用することを兼ねた仕組みです。

なぜ当社は海外にいくことを推奨するのか?海外旅行に行くとなるとその国のことを最低限は調べます。事前に情報を精査してリスクヘッジします。限られた時間の中で綿密にスケジュールを組もうと考えます。目的地までの時間や移動方法、何が一番良い選択かを考えて動きます。このような行動から、短期間で海外に行けば、スケジュール管理能力、情報収集能力、コミュニケーション能力、PDCAサイクルの経験、目的達成のための実行力などを自然に鍛えることができるのです。

また、この日数で行ける場所は、おそらくアジア地域になると思います。アジアではさらに、お金の使い方、交渉での落としどころの見定め、そしてアジアにいる同じ日本人を見ることで自分の人生観、価値観を再確認することができます。旅に出てリフレッシュすることと有給休暇を消化することが大きな目的ではありますが、実は「旅に行くことで、仕事の能力を上げること」が当制度の本当のねらいなのです。    

短期の弾丸旅行、長期のフリーバカンス、腰を据えての海外研修と、目的に分けて海外にいくことを仕事に組み込んで、キャリアアップを図ってほしいと思います。
 

 

6Fにもってきて、塗るスピードがあがりました

 

 

 

 

雑誌『経済界』に「人材育成企業」として掲載されました。

記事はこちら→ 

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

年明け早々、6Fオフィスに新しく据え付けられたものが2つ。それは、ソファと給茶機です。
ソファは、個別でミーティングをする際や、少人数の懇親会を行う際に使います。昨日行った研修講師の新年会も、このソファスペースを使っておこないました。

このソファスペースは、”ホテルのラウンジ”をイメージして創りました。オフィスのソファは、家のリビングとは違い、ゆったりくつろぐことよりも、場の雰囲気を変えて話をし易くすることを目的に置かれていると私は考えます。ソファもコミュニケーションデザインの一部です。ホテルのラウンジも、長時間くつろぐというよりは、1,2時間話しをしながら過ごす場所で、その用途のための固さや大きさのソファが置かれていると思います。オフィスのソファもそのようにしたいと思い、どちらかというと、前かがみに座って話をするような固さのソファを選びました。どっしりと座りたい社員にはあまり好評ではないですが、用途を説明して、使ってもらっています。

そして、給茶機。お茶を出す、サービスエリアにおいてあるような機械です。実はこれも、私がひそかにオフィスに設置する夢を抱いていたものです。いつか、社員がぶらっと帰ってきて、自分でコーヒーを入れてミーティングや勉強をする、そんなオフィスを創りたいと思っていましたが、またひとつその夢がかないました。これもまたコピー機同様、なくてもいいもので、コストを考えると起業初期には必要ないもの、でもあると”オフィスっぽいもの”です。当社は起業時から徹底してそのようなものを置かないことを心掛けてきましたが、ようやく、そのコストと意義が会社の規模に追いついてきました。

しかも、この給茶機は、コーヒーお茶以外に、「味噌汁」がついています。業者の方と話したところ、意外とこの味噌汁のニーズがあって、喜ばれるとのこと。お客様に味噌汁を出すのはどうかと思いますが、社員が帰ってくるきっかけになるといいなと思っています。

こういう、普段何気なく置いてあって目にするものを、自分がいざ設置する側になると、何気ない中にもその設置の苦労がよくわかります。こういうものをちゃんと置いてある会社は、何気なくちゃんとしている会社なんだなと、感じました。当社もそんな会社になりつつあるようです。

私もこれからたくさん、味噌汁飲みたいと思います。
 

ぬりえも6Fに移動しました。

 

 

雑誌『経済界』に「人材育成企業」として掲載されました。

記事はこちら→ 

 

 

 

11月から本社溜池オフィスの下階6Fを新たに借りて、オフィスを増床しました。6Fは、研修、接客、社員同士の懇親会などのコミュニケーションスペースにしていき ます。また、社外向けの国際交流パーティやイベント開催、当社OBも利用できるスペースとして解放していきます。

そして、オフィスが広くなったことを受け、念願だったことが2つ実現できました。
そのひとつが「専用お祈りスペース」。
今まで当社のムスリム社員は、ミーティングスペースの端の狭いところでお祈りを行っていました。オフィスに余裕ができたことで、お祈りスペースを分離し、専用のスペースを確保することができました。これからは場所と時間を気にせず、ムスリム社員に限らず様々な宗派のお祈りに使っていただけます。

そしてもうひとつが「コピー複合機の設置」です。
実は当社は今まで家庭用のコピー機を複数台設置して対応していました。しかし、請求処理や給与計算の数が増えていくにしたがって、いつのまにか家庭機で対応するコストよりも複合機をリースで借りた方が安くなっていました。そして新オフィスを借りたことによりスペースが生まれ、苦節13年、ついに複合機を設置することができたのです。

創業当時、一つの目標として「コピー機を借りるようになる」というのをひそかに掲げていました。起業時からリースしている知人経営者もいましたが、起業時に必要な印刷コストの割にはリース代が高く、「見栄でしかない」「コピー機はリースじゃなきゃかっこ悪いと思ってるんだろ」と、内心笑っていました。借りるなら借りる必要が出てきたとき。それが当社では13年後でした。

ときおり、オフィスに据え付けられた複合機を見て、「そんなのが必要な会社になったんだな」と一人ほくそ笑んでいます。たかがコピー機、されど私にとって実は革命的な出来事なのでした。

 

今年のOB会でも塗ってもらいます。

 

 

 

雑誌『経済界』に「人材育成企業」として掲載されました。

記事はこちら→ 

ラグビーワールドカップ(RWC)、熱戦が続いています。私もいくつか試合を見に行きました。試合を見て思ったのは、「日本も国際化が進んできたな」という実感です。

例えば、外国人の観客は日本人に英語で普通に話しかけます。とくに試合が進んで酔いが回ってくると、誰かれかまわず話そうとします。私も何度も前後の席のオージーやニュージーに話しかけられました。もろに英語で。

つたない英語でなんとかやり取りをして仲良く写真を撮ったり、歌を歌ったりして、楽しんだのですが、試合会場ではこういう風景がたくさん見られました。

以前は、外国人から話しかけられた日本人は逃げるようにその場を去るような光景が目に付いたように思いますが、この会場では多くの日本人が、外国人ファンとの交流を自ら楽しんでいました。それも、とくに英語に流暢でなくてもです。外国人にしり込みをするでもなく、カタコトでも話をしようとする、その光景が、日本もかなり外国人を受け入れる下地ができてきたなぁと感じさせました。

さらに、ボランティアの方々はもちろん、スタジアムまでのコンビニや飲食店、駅の案内やおまわりさんまで、みなさん英語でなんとかこなそうとする姿勢をよくみました。とくに高校生や大学生などの若い人ほど普通に英語でやりとりしています。「私英語苦手だから」と敬遠する人はあまり見えません。これは学校での「外国語学習」の効果もあるのかなと思いました。外国人からみても、「日本は英語が通じない」という風に考えている人も減ってきているのではないかと思います。

こうやって少しずつ実際に英語を使うことが増えてきて、いつのまにかみんなが普通にしゃべっているというのが、リアルな国際化なのかなと、スタジアムで熱い試合の余韻に浸りながら、考えました。


ほかにも観戦して気になったことが。今ちょうど、国慶節の祝日で中国の来日客も増えています。でも彼らは日本でのRWCにはお構いなし。関係なくお買い物にいそしんでいます。買いもの袋を両手に抱えて歩く中国人観光客と、ラグビージャージー姿で闊歩する豪欧からの観光客が交錯する銀座の交差点は、今しか見られない光景だと思います。

それと、スタジアムで見た、NZ代表オールブラックスのジャージを着ながら、スリランカの国旗を掲げてNZを応援するスリランカ人グループ。スリランカ国旗が気になったので見ていたら、スタジアムのビジョンにいっしょに写りました。

さらにもうひとつ、RWCに関係なくMLBプレーオフの話を熱くする、アメリカ人たち。
アメリカ人と中国人とは別世界にいるように、スポーツをいっしょに楽しむ日豪欧アジアの人々。ラグビー観戦の世界観って、なんだか現実世界の感覚に似ているのかもと思いました。


日本代表ベスト8、おめでとう!!

 

 

 

雑誌『経済界』に「人材育成企業」として掲載されました。

記事はこちら→ 

ラグビー日本代表は、ダイバーシティのお手本だと、メディアでは言われています。15人のメンバーのうち、半数以上が外国出身の選手です。

日本人選手も、外国人選手も、これまでずっとラグビー一筋で生活してきたはずで、本格的に外国語の習得をした選手は、お互い、少ないのではないかと思います。

なので、おそらくお互いのコミュニケーションは、カタコトの日本語とカタコトの英語でのやりとりになってしまうのだと思いますが、それでもよくコミュニケーションが取れていると思います。

これは、外国人とのコミュニケーションにあたって、とても示唆に富んでいることだと、私は思いました。

カタコトというのは、言い換えれば「シンプル」という意味です。カタコトで話す、というのは、言いたいことがシンプルに短くまとめられていて、相手にはっきり早く伝わるのではないかと思います。わからなければ、「もう1回言って」と確認すればいいわけで、これも伝えたいことが間違って伝わらない工夫にもなります。

なまじっか言葉ができると、言い訳や説明が長くなり、結局言いたいことがわからない、となってしまうのを、しゃべれないことで逆にはっきり伝わる、ということが起こるのではないかと思います。これが、多様な言語環境のなかで正確なコミュニケーションをとるコツなのではないかと思い、それゆえに、日本代表はダイバーシティのお手本だといわれているのではないかと思いました。

そう考えると、カタコト同士のコミュニケーションも悪くないのではないか、自分ももっとシンプルに話をしようと、日本代表の快進撃を見て思いました。
 

 

アイルランドの次はサモアだ!!

 

 

 

 

雑誌『経済界』に「人材育成企業」として掲載されました。

記事はこちら→