スーパーB級コレクション伝説

スーパーB級コレクション伝説

ほぼ週刊チョロQ通信の兄弟ブログ。チョロQ、モータースポーツ以外の、グルメ、変なものコレクションなどを紹介してゆきます。


テーマ:

 

平成30年12月31日午前6時40分、高尾駅地到着。

朝3時半に起きて5時9分の電車に乗りました。

本年2回目にして最後、平成最後の大晦日に高尾山に登ります。

この日は高尾駅北口からバスで日影へ、日陰から日陰林道を通り小仏城山→紅葉台下北側巻道→高尾山西山頂下→5号路北ルート→山頂下スーパートイレ→4号路→浄心門→1号路→金比羅台→1号路→高尾山口駅、というルートで歩きました。

 

 

 

日影のキャンプ場のネコ。

冬の間は無人のキャンプ場ですが、餌をやる人がいるのでしょうか。

 

 

日陰林道、路面を流れる湧き水が凍っています。

 

 

 

しばらく歩くと目の前が開けてきました。ここ数年続けられているヒノキなどの針葉樹の伐採事業だと思われます。花粉の出る杉やヒノキを伐採して、広葉樹や花粉の出ない品種の針葉樹に植え替える事業です。

 

 

 

 

日陰林道の正式名は萩原作業道と言うんですね。

 

 

なかなか迫力のある光景です。

 

 

 

林道の途中にある車止め。山頂の茶店の人はここの鍵を開けて車で登ってきます。

 

 

 

車止めからちょっと上がったところで倒木がガードレールを潰していました。

画面右側の斜面の木が倒れたものだと思われます。道路上は伐採して片付けられていますが、どうやら昨秋の台風24号の被害のようです。

24号は関東の平野部でも強風に運ばれた海水が塩害を引き起こし、植栽や農作物に大きな被害を与えるという未曽有の台風でしたが、高尾山系にも甚大な被害を与えたようです。

 

 

 

 

車止めからしばらく歩くと、道端に白いものが見えました。マナーの悪い登山客が落としたティッシュペーパーかと思ったのですが、これが高尾山の妖精、シモバシラでした。

 

 

 

地下の根が吸い上げた水分が、枯れた茎から水蒸気として沁み出し、それがこおったものだそうですが、何とも優雅なものです。

 

 

 

 

高尾山は四季折々何度も登っていますが、このシモバシラに出会ったのは初めてです。

 

 

 

 

小仏城山の山頂が見えてきました。

 

 

 

林道からは遠く丹沢が見渡せます。

 

 

 

よく目を凝らすと、遠くに海のようなものが。

 

 

 

望遠レンズで見ると、どうやら相模湾と江の島のようです。手前の光っているものは一丁平の東屋だと思います。

 

 

 

9時8分小仏城山山頂到着。日陰のバス停から約2時間半、9か月ぶり、しかもかなり運動不足の状況での登山でしたので、とにかく無理せずゆっくりしたペースで登ることに専念しました。

 

 

山頂から富士山が良く見えました。

 

 

 

小仏城山から高尾山山頂方向へほんの数メートル降りたところに倒木が放置されていました。

引っかかっていてしっかりしているので一応安全なのですが、やっぱり下をくぐる時は気持ちが良い物ではありません。

 

 

 

紅葉台の北側の巻道ではまた美しいシモバシラに出会うことが出来ました。

 

 

 

4号路のつり橋付近。

観光客の多いこのルートを歩くことはほとんどないのですが、久しぶりの高尾山なのであまり通ったことのないルートにしました。

 

 

 

 

 

吊り橋を渡ってしばらく行ったところに大きな倒木がありました。手前の登山道の下は深い谷になっています。斜面の上の折れたところから倒れたのだと思われます、かなりの大木です。

 

 

 

これがその倒木。道をふさいでいた部分は取り除かれていますが、樹齢200年以上はあろうかという大木です。残念なことに多くの落書きで覆われています。登山客だけではなく、気軽に上がってくる観光客が多い4号路ならではの光景かも知れません。

かなり立派な木ですので、麓まで搬出することが出来れば、かなりの値段が付くと思うのですが。

 

 

 

 

4号路と1号路浄心門との合流地点。

水道の設置工事の時はここから4号路に作業車が入れるように拡幅されていましたが、かなり元の雰囲気に戻っています。

 

 

 

猿園近くの蛸杉。

 

 

 

 

ゲーブルカー駅を過ぎ、金比羅台で一休みと昼食。

 

 

金比羅台から都心部の眺め。

 

 

 

12時50分、高尾山口到着。

6時40分に高尾駅に到着してから6時間、たっぷり楽しみました。予定では12時までに下山するつもりでしたが、良いペースだったと思います。

平成30年最後の日、最高の締めくくりとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

午前8時、一年ぶりの登山。

日曜日とあってすごい人で、小仏行きのバスは2台運行、陣馬行きはなんと4台運行でした。

この日は、高尾駅北口からバスで小仏まで行き、景信山→小仏→小仏城山→一丁平→高尾山山頂→高尾山口駅というルートです。

 

 

 

8時35分。

小仏バス停、良い天気です。

 

 

 

8時55分。

つづら折りの旧甲州街道を上り、途中から景信山の登山道に入ります。

 

 

 

登山道脇の木の下に咲くタカオスミレ。

 

 

 

9時55分。

景信山山頂、週末なので茶屋が開いています。

 

 

 

景信山山頂から圏央道を望む。

 

 

 

秋川から青梅方面。

 

 

 

景信山山頂案内板。

 

 

 

景信山山頂の杉木立の間から見える富士山。

私が一番好きな富士山です。

 

 

 

景信山の山頂から南斜面を一段下がった所にも茶屋があって、そこから相模湖が見えることを今回初めて知りました。

 

 

 

景信山より、相模湖と富士山を望む。

 

 

 

景信山から小仏城山の間の登山道の案内標識。

 

 

 

切株と苔と蔦。

 

 

 

11時15分、小仏城山山頂到着。

 

 

 

城山の山頂は色々なルートが集まるハブのような位置にあるせいか、いつ行っても人が多いです。

 

 

 

梅と富士山、城山山頂にて。

 

 

 

11時50分、一丁平、あの懐かし良い原っぱの上に造られたデッキ。

 

 

 

一丁平の東屋で昼食。

高尾山から上がってきても、奥高尾から上がってきても、ここで昼食をとることが多いです。

 

 

 

 

 

 

12時55分、高尾山山頂、ここまで来ると軽装観光客ばかりで、登山の装備をしていると珍しそうに見られたりします。

 

 

 

ビジターセンターで、城山の登山道に自転車が入り込んでいたことを報告。このために大っ嫌いな山頂下の階段を上ってきました。

 

 

 

開花前の桜と電波塔。

 

 

 

13時20分、この日は山頂から稲荷山コースを降り、途中から6号路で下山しました。

 

 

 

14時35分、6号路出口に到着。途中で1回転びかけました、登山道を横切る木製の水路のようなものがあって、それが濡れていて滑りました。

 

 

 

木立の向こうをケーブルカーが登ってゆきます。

 

 

 

ケーブルカー駅前の広場。

 

 

 

ムササビが迎えてくれました。

 

 

 


テーマ:

快晴・・・

娘の誕生日の食事会に練馬のイタリアンレストランへ。

開店時間の11時半に予約をしたのですが、駐車場には先客が。

 

 

 

1階のエントランス。

花屋と飲食店の複合施設なのですが、上手く雰囲気を作っています。こういうところにある時計はたいてい止まっているのものですが、この時計はちゃんと動いています。

 

 

 

 

イタリヤの田舎の地主の館のような雰囲気。

良い天気です。三階はオフィスになっているらしい。

 

 

 

 

ちょっと待って、開店とともに入店。

 

 

 

 

飲めない私をしり目に、娘と女房はサクラという名のワインを注文。

 

 

 

 

前菜の盛り合わせ。ハム、赤カブ、麦、スモークサーモン、キッシュ・・・などなど。

 

 

 

 

イタリアンソーセージとホウレンソウのパスタ。

 

 

 

 

デザートはヨーグルトのムース・苺ソースがけ。

 

 

 

 

帰りには鉢に植える花と、パニーニを買いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 昨年から安全靴に替えることを考えていたのだが、今まで使っていたゴアテックスのシューズがなかなか使いやすかったので交換に踏み切れなかった。

 

 

 

 

 実は富士山に登った時も使ったその靴もかなりくたびれてきており、買い替えを決断。

 会社の出入りの職人さんがアシックスの安全靴を履いており、聞くと「アシックスは踵のクッションが全然違う。自分の知り合いも七割がアシックス。」と言うことだったので、結構高かったのだがアシックスに決めた。

 

 

 

 アマゾンにしたのは、値段が安かったのと、返品がしやすいから。

 アシックスの安全靴はなかなか試着が出来ないので、いざとなったら返品しようと思いました。

 

 

 

 

 真新しいアシックスの箱。

 出来れば箱も綺麗な状態の物を買いたい方なので、これはちょっと嬉しかった。

 サイズもピッタリ、締め付け感もなくフィット感も抜群、良い買い物をしました。

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

フェースブックのカレー好きのコミュニティーで紹介されていた南インド料理の店にランチを食べに行く、場所は練馬区役所のすぐそば。

 

 

 

Bセット、840円+tax。チキンと野菜、辛さは一番甘いの。

 

 

 

平日のランチにはサラダとドリンクが付いてきます。

 

 

 

これがホットチャイ。下の小鉢のような器に入れてテーブル近くまでもってきて、金属のグラスに思いっきり高い所から移します。

相棒の杉下右京の紅茶の入れ方と同じです。

 

 

 

 

オーナーも従業員もみんなインド人、やっぱりネパール系の店とは雰囲気が違います。

でもローカライズもそれなりに進んでいて、ホッピーやら角のハイボールなんかも出すらしい。

 

 

 

 

帰りに展望室に寄ろうと思って練馬区役所に行ったら、ロビーで野点をやっていたのでごちそうになる。

 

 

 

飲み終わった器。

 

 

 

展望台の真ん前を遮るタワーマンション。

区役所とほぼ同じ時期に出来たので文句は言えないが、やっぱり邪魔。

 

 

 

 


テーマ:

ぜんぜん更新していなかったら1年以上間が空いてしまって、アメーバから注意されちゃいました。

今日は新宿へ。

 

 

 

目的は伊勢丹で行われている『SUPER GT 展』

 

 

 

展示の報告は『チョロQ通信』に書きます。

暖かな午前中でしたが、明日は雪になる予報。


テーマ:

shinagawa1

品川に降りるのは十数年ぶり。もしかしたら2000年問題の対応で駅前のホテルに泊まり込んで以来かもしれない。

駅ナカのショッピング街が出来ていたり、新幹線の乗り場があったり、すっかり様子が変わってしまい、すっかり駅の中で迷ってしまった。

 

 

shinagawa2

品川駅の南口というのは、うっすらとどこかのローカル線の駅のような寂しい所だったような記憶があるのだが、今や高層ビルが立ち並び、駅の出口はその高層ビルの二階である。

 

 

shinagawa3

品川に着いたのが12時ちょっと前で、目的地の近くのデニーズで昼食を摂ろうと思ったら当然のごとく混んでおり、たまたま目に着いたビルの二階の土佐料理の店に入る。

案内されたカウンターの中では豪快に鰹のたたきの調理中。ちゃんと藁で焼いているのには驚いた。

 

 

shinagawa4

しかし、私が食べたのは鰹ではなく鶏の竜田揚げ。唐揚げではなく竜田揚げと言うのが店のポリシーのようなものを感じる。もちろん美味しかった。

なかなか足の向かない方向だが、品川に行ったらもう一度行ってみたい店だ。

 

 

shinagawa5

今日品川に行ったのは、台湾関係のセミナーに参加するため。主催者から台湾名物(?)のパイナップルケーキをいただき、休憩時間に美味しくいただきました。

 

今日ランチを食べた店はココ、後から後から客が入ってきて、やはり評判の店らしい。

わらやき屋 品川 

 

 

 


テーマ:

娘が小学生の頃から乗っている自転車。「ブレーキが全然効かない」というのでこうかんをすることに。

 

 

 

後輪のブレーキシュー、つるっつるです。

 

 

こっちは前輪。どうやら一度交換してあるようです。

30分ほどかかって前後を交換し、テスト走行をしてみると、フラットスポットが出来てしまうほどブレーキが良く効く。方効きも今のところ出ておらず、とりあえず上手くいきました。

 

部品代だけで2700円。自転車屋に持ち込んだら5000円じゃあすまなかったかな?

 

 

 

Ameba人気のブログ