春の肌荒れ | あわじのメモノート

あわじのメモノート

日々のつれづれをぼちぼちと


テーマ:

 原因の一つは「飛散する花粉」。そう診断されたのが東京在住時。もう何年も前のことです。

 そのころは顔じゅうテカテカになるくらい、保護剤を塗っていました。大阪や京都に住んでいたころも、皮膚科常連でして。春となると真っ赤に荒れた顔をして右往左往していたものです。

 

 2013年に香川県に移住してきました。当初、高松市内在住時はちょっと肌荒れがありました。県東部在住となった今は、割とまともな皮膚状態を保てています。

 

 空気と水が合っているのでしょうね。顔を洗っても、皮膚がピリピリと痛むことがほぼありません。

 目のかゆみもおさまってきているので、日常の外出・移動に支障はなく過ごせています。

 

 もう大都市圏に生活拠点は戻せない。まずはそう思うのでした。

淡路一号線(コイツ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス