アトムとセブンとPOO PEACE       

アトムとセブンとPOO PEACE       

トイプードル・アトムとセブンのこと、POO PEACEのこと、          
石垣島生活→沖縄本島生活→石垣島生活の日々のことを綴っています。          


テーマ:
セブンが14歳になりました。
人間で言えば、72歳だそうです。

2ヶ月くらい前に、
アトムにちょっかいかけられて、
足を痛めてしまい、足を引きずるようになり、
朝晩、上等なサプリメントを飲むようになりました。
最近は、もうすっかり良くなってますが、
予防のために飲み続けています。

そして、耳が少し遠くなってきています。

ひとりの時間が増え、
たまにだけど、遠吠えが復活しています(>_<)

{6415E063-EAD7-410E-B665-F83DD0F75323}

こんなにめんこいのに、72歳って、
アンビリバボー(*_*)

写真は、アトム兄のお誕生会をした時のものです。

熱唱してくれる人、U^ェ^U がいなくて、
『さびしいなー。』と呟いたら、
『人の誕生日をさびしいと、言わないで。』
と言われてしまいました。
はい、はい、私が失言大臣ですよ、と
開き直りたいくらい、本当に、
歌声もぐるぐる回る足音も、鼻息もない、
静かなお誕生日会になりました。

{FC5E0558-326F-418C-A641-A7E948A39B96}

セブンのお誕生会も、同じく、
静かな静かな時間となりました。


セブンのお誕生日は、アトムの四十九日でした。
葬儀屋さんで、スケジュール表見せられた時、
驚きましたもんね。

{E3673406-C6FC-45A7-B143-9AD2DE6E7F2B}

この日、アトムが好きだった、
米原ビーチにお出かけして来ました。

{FED84874-1449-4CE1-9ADE-9DA98344974F}

冬の海。
お空に向かって、『アトム!』と叫んで、
手を振ったのは私です。
アトム兄がノッてくれなかったので、遠慮して、
2回でやめました(>_<)

{791805D7-D382-41D2-9F2B-A010C04E9FAA}

セブン自撮り風。(笑)

{0ED4F1FD-1F90-4762-9768-603F5B37A1E8}

人生とは、
寄せては返す波のよう。(詩人かっ?)

{057C7756-7E33-438B-9BB3-19BA210A05C5}

アトム兄のお誕生日に、
ひとし 石巖富店にて、お食事会。
相変わらずの人気店で、
17時から18時45分の時間制限でした。短っっ(・_・;

{F5295CBE-F9FD-4A8C-BB02-1CDAD7CBCCF9}

そして、別の日。ぬこちゃんのお誕生会。
6時から6時間居座りました。長っっ(・_・;


みんなみんな、ステキな一年になりますように。
(秋田のお姉ちゃんも (^o^)/ )


テーマ:
アトムがお空に逝ってから、
一カ月が経ちました。

{FF9D65E1-3AE8-44FE-A487-95C66B3F526E}

アトムが逝った翌日、
沖縄本島に飛んで、個別火葬をしてきました。

飛行機が苦手だったアトムの
最後のフライトとなりました。


たくさんのメッセージをいただいたので、
アトムの最期を少しだけ報告させてください。


一週間くらい前から、いつもより元気がなくなり、
3日前から、足腰がかなりふらつき、
病院で、レントゲンを撮ってもらったものの、
ヘルニアとか、そういうものではないと診断されました。

その日の夜、食欲も落ちていたので、
リンゴをすりおろし、ささみをいれた夕食を準備し、
少しだけ食べてくれました。
それが、アトムの最後の食事になりました。


その夜に、突然の痙攣が起きました。
とてもとても大きな痙攣で、
ブランケットで身体を巻いて、
ぎゅーっと、抱きしめました。
失禁もしていました。

痙攣後、息が止まったので、
家族全員で、最後のお別れをしたほどです。

少ししたら、普通の呼吸に戻り、
「ドリフみたい。」と、
泣き笑いをしました。

今思い返すと、
アトムの人生の中で、
自分の足で動けなくなったのは、
この痙攣後の27時間だけでした。
それまでは、足腰はふらついていたものの、
いつものように、私の後ろをマークしていました。

{F3126265-F749-438C-89D7-5B90FA86942A}

翌日、病院へ予約の電話をしました。
曜日の感覚もなく、多分パニックだったのでしょう。
休診日だけど、すぐ診てくださるとのこと、急いで行きました。

車に乗った瞬間、また、痙攣が起きました。
痙攣がおさまるまで、携帯で動画を撮り、
それも、先生に見てもらいました。

脳に問題が起きていると思うと言われました。
痙攣をおさえる注射をしてもらい、
お薬を処方してもらいました。

注射が効いたようで、
あの大きな痙攣からはじめて
ぐっすり眠れていました。


その日の夜中、
日付けが変わってましたが、
小さな痙攣が数回起き、
最後の痙攣が終わったと同時に、
心臓の音が弱くなり、そのまま静かに、
本当に静かに、逝ってしまいました。


いつもの寝ている場所で、
いつもの、足をピーンと伸ばしたそのままで。

「ありがとう。愛しているよ。」と、
アトムに声に出して伝えたけど、

「いやだな。いやだな。」と、
小学生の子どものように、
心の中で、駄々をこねる私がいました。

{3A4DAB2F-C48A-456F-A9E3-81005A91625C}

たくさんのお花やモニュメント、メッセージカードを、
ありがとうございました。

{C8931469-F02F-4975-A5BF-98FAD17B49CF}

モアナちゃんラニちゃんのお家から、
手描きのフードボールが届きました。
いつもの、にやけているような、
上目遣いのアトムがいます。


みなさんのメッセージを読むと、涙。
アトム兄と、ご飯食べに行き、アトムの話題になると涙。
夜中、目が覚めてボーとしてると涙。

もうずっと昔に、そんちゃんと、
「ペットロスにならないわけないよな!絶対!!」と、
話していたけれど、
それ以上に、想像以上に悲しくて、
気がつくと、ただ、涙だーだーの日々でした。

{300C016D-64D8-402B-93F0-6459DE5D6951}

そんな時、また、モアナちゃんラニちゃんのお家から、
アトムの命日の書かれた、フォトフレームが届きました。

一緒に、「虹の橋」「雨降り地区」と書かれているカードが入っていました。

それを読んで、いっぱいいっぱい泣きました。
声を出して、泣きました。
そして、アトムにも、気持ちを宣言しました。

この日から、一歩、前に進めた感じがします。
今、こうやって、自分の気持ちを、
ブログに書こうとも思えました。


生前、アトムを可愛がってくださった皆様、
本当にありがとうございます。
そして、私達家族のことも、心配してくださり、
心より感謝しています。


今は、まだ、あれですけど、
もう少ししたら、笑いながら、
アトムの思い出話ができるようになるはずです。
アトムは、笑いの宝庫だったのですから。
その時は、泣き笑い、お付き合いください。

{1A1F2FD3-65E4-459E-B978-6659E2EE5B4E}

セブンは、物静かに生活をしております。
でも、食欲もあり、元気です。



1月2日の夢。
アトムがお空の上の運動会で着る洋服が必要と。
私の顔に、アトムの尻尾がゆれて触れていて、ここにいる感覚で目が覚める。
お空で、ぐるぐる回っているのかな。



テーマ:
俺、アトム。最後のつぶやき。


俺は、秋田のペットショップで、
ガラスばりのケースの中で、
ぐるぐる回って、過ごしていた。


ある日、俺をずっと見ている
男の人と女の人がいた。
(今思えば、あれは、兄さんと姉さんだ。)


ある日、俺を女の人3人が迎えに来た。
(今思えば、あれは、姉さんとそのお母さんとお姉ちゃんだ。)


家に着き、俺は、クレートから飛び出した。

家の中を、思いっきり走った。
耳を裏返して、思いっきり走った。


俺は、自由な世界があることを知った。



夜になり、俺に、あの男の人が言った。
『アトム、今日からよろしくな。』
『これから、3人は家族だよ。』

{E6BA6C78-1A55-4E50-BE31-C5F9C9BBCDBF}

俺は、家族というものを知った。

俺は、安心感というものを知った。



俺は、落ち着きがなく、
イタズラばかりして、
叱られることも、たくさんあった。

{8CE7F555-B760-4946-9735-27EC34593E64}

それでも、ふたりは、少し時間が経つと、
何もなかったかのように、

『アトム、おいで!』
『アトム、大好きだよ。』
『アトム、愛してるよ。』と、
ギュッと抱きしめてくれた。

俺は、愛というものを知った。

俺は、信頼というものを知った。



俺が、兄さんや姉さんの実家に行くと、
皆が喜んでくれた。

まるで、孫のように、可愛いがってくれた。
時には、兄弟のように遊んでくれた。

{0DE2627F-4ED1-4FD7-8D8D-51E38E84E2DA}

俺は、ファミリーって、
甘えられて、
温かいものだと知った。



俺が2歳になった時、
セブンという弟ができた。

俺は、すぐに、セブンが大好きになった。
可愛くて、たまらなかった。
何をするのも、一緒だった。

{3E9B5B50-CFA6-413B-A125-98F93322BDF4}

セブンが家族になってから、
俺の人生は、一気に、
色鮮やかになった。

俺たちのホームページができた。
セブンの親戚さんと、繋がった。

犬の友達が、いっぱいできた。

{249621F4-E206-4EDE-9A79-98FF09B36273}

皆で、
ドライブに行った。
お食事会をした。
オヤツの大人食いをした。
ドッグランで走った。
雪山を走った。
宿泊旅行をした。

そして、俺は、恋もした。


友達のパパやママも、みんな、優しかった。
俺は、楽しかった。
最高に、楽しかった。

そんな俺を見て、皆が笑っていた。

{6A4513DD-6174-49F3-8DEC-656DFD9CD716}

俺は、仲間というものを知った。



俺は、5歳になる少し前から、
石垣島で、生活を始めた。

{47340A86-61C8-4D86-AED9-13A2E5F4A437}

砂浜で、走った。
海で、泳いだ。泳がされた。
フェリーに乗って、離島に行った。
石垣牛を食べた。
ペットホテルに、泊まった。

{DD971175-9F4D-4ED1-8DC4-3A63D39B137F}

石垣島の人達も、大人も子どもも、
俺に優しかった。

{AB802DB7-5742-4A35-929D-8A99DD01CB7F}

俺は、どこにいても、
人間って、優しいんだと知った。



石垣島や本島に、ファミリーやお友達が、
会いに来てくれた。

{B03FD5B0-B068-49AE-9851-B0A35DC81A77}

俺は、少し大人になった姿を
見てもらいたかったが、
興奮が抑えきれず、
ぐるぐる回っては、笑われた。
ワンワン騒いでは、笑われた。

{A51C3830-D257-499E-8125-DB7DB1E54775}

みんなの笑い声が、懐かしかった。

俺は、深い絆があることを知った。



俺は、何回か、秋田に帰省をした。
仙台にも行った。
京都、和歌山にも行った。

飛行機は怖かったが、
また、みんなに会えると思い、
頑張って乗った。

毎回、俺に合わせて、
スケジュールを組んでくれた。

{6C8B7092-E3FB-46E2-8215-C8711F859206}

『アトム!』
『アット!』
『アトちゃん!』

みんなが、俺に声をかけてくれた。
俺は、調子に乗って、
おやつの要求吠えをした。

みんなが、俺の高速回転を見て、
笑っていた。
俺は、どんどん加速して、回った。


俺は、ふるさとがあることを知った。
ふるさとがあるって、
幸せなことだと知った。



離れていても、月日が経っても、
俺は、カッコいい洋服や、
たくさんのオヤツや
誕生日ケーキをもらった。

{162B58DA-DB94-4F89-B88A-03581F6B9398}

俺は、感激した。
俺は、大声で叫んで、歌った。


俺は、変わらない思いやりがあることを知った。



俺は、15歳になっても、
毎日、ごはんをモリモリ食べ、
オヤツを前にして、ぐるぐる回っていた。



しかし、俺は、急に、食欲がなくなった。

ぐるぐる回ることも、
尻尾を振ることもできなくなった。

なぜか、足に力が入らなくなった。

病院に行って、レントゲンを撮った。

{90E5E030-D9AD-4A08-8EA3-DB54F1B5DD19}

この夜に、俺の全身に、
突然、大きな痙攣が起きた。

俺は、また、病院に行った。
この日は、定休日だったが、
先生達が待っていてくれた。

病院や、注射は、苦手だが、
先生やスタッフは、好きだった。

意識が薄れて来た時も、親切だった。

丁寧に説明してくれた。
俺に勇気をくれた。

俺は、最後の最後まで、
信頼している先生に、
見守ってもらえた。

俺は、慈しみということを知った。



俺は、15歳と9ヶ月の人生を生きた。



いつも通り、姉さんのベッドで、
いつも通り、隣に寝て、
家族全員に見守られて、逝った。


俺は、俺の人生を走り抜けた。

喜びいっぱいの一生だった。

俺は、幸せだった。


俺の周りは、愛でいっぱいだった。

俺は、この世界は、
愛で溢れていると知った。

{19DF4FD5-1A92-48A6-851B-3B73E9B40A0D}

俺が空に旅立った日は、
石垣島の空は、青く輝いていた。


空を見上げて、
俺のことを思い出すことがあったら、
笑ってほしい。


俺は、出会ったみんなの、
笑った顔と、
笑い声が、
大好きだったから。


俺の大好きなみんなが、
毎日、心豊かに過ごせることを、

俺は、空から願っている。



みんな、ありがとう。

たくさんの愛を、ありがとう。

{7DAE75AE-7EF7-4A41-A176-4F334607AF4F}

2017年12月2日。
俺、旅立つ前の20日前。

大好きな大好きなセブンと昼寝中。

俺は、お前のぬくもりが大好きだった。
お前の全てが、大好きだった。

いつまでも、忘れない。

俺、アトム。


テーマ:
今年も残すところ50日となり、
一年一年が加速していることに、改めて驚いています。
そして、年内にやらないといけないことが山盛りで、焦り気味、ガチョーン💦です。
計画的に、そして気合いを入れて、ガンバロー!エイエイオーゥ!!

{FF30E901-0DA9-4483-A03F-3926EE5966FD}

仙台のモアナちゃん&ラニちゃんのお家から、
新米をいただきました!!
いつもいつも、アトセブ家にありがとうございます\( ˆoˆ )/

モアナちゃん&ラニちゃんも、元気そうで、そして相変わらずのめんちょこさんで、最&高✨✨です。

{2930B495-6F0B-4AF9-B963-05B61FA6345E}

10月後半、研修のため、兵庫県に行ってきました。
翌日は、梅田発のバスツアーで、伊勢神宮に行って来ました。

{6379126D-0728-4916-B304-D3323F594005}

奈良県、ぶどう農園にて。ぶどう食べ放題。

{E722BBBA-380B-4194-8F6F-0E1769B91403}

伊勢名物三大グルメ。
一緒に行った同僚(人生の先輩)が、隣の女の子に、石垣島アピールがすごくて、石垣島親善大使になってました。(笑)

{DA80817B-8FC4-4107-A932-50860A4EE8FC}

台風接近中の、大雨の伊勢神宮。

到着まで、「大丈夫!絶対晴れるから!!」と、言っていた同僚。
だだ降りで、洋服も濡れてる状態でも、
「雨の伊勢神宮もいいのよ。それが、いいの!」と、
どこまでも前向き発言で素晴らしかったです👏

{6CCAA00F-1FBC-43C0-8628-093C7B4711CC}

大阪で、利休の牛タン食べました😝
同僚も、大喜びしてましたー!

{6C195C08-0B8C-4EB3-B07F-A3A021C96873}

伊勢神宮バスツアーの帰り、時間ギリギリに、
EXILE TRIBE STATIONに駆け込み、三代目のツアーグッズを購入できました✌️

入場規制もなく、お客さんも私しかいなかったので、ステキなスタッフさんと、いろんなお話ができました。

ATSUSHIさんの石垣島ライブに行ったことを自慢してきました😝なんでやねん。

{C877973D-6DE2-44EE-99EF-FB9D4293FBEB}

シャンプー&ドライ後の、アトムとセブン。
もっさぶりと、遠近法なのかなんなのか、サイズ感が狂ってて、笑える一枚になりました。

10月も元気に過ごすことができましたよ(^_^)




テーマ:
高校時代の友人が、遥々秋田からと千葉から、石垣島に遊びに来てくれました。

{4005784F-FC67-45EE-9388-A853F8B8051F}

この日は、どうしても、お仕事を休めず(・_・;
アトム兄に空港まで迎えに行ってもらい、
私のお仕事が終わるまで、ぶらぶら🚙しててねーとお願いしていたら、
友3人が小さく写っている、こんな↑絶景写真がLINEで届いて、
わおーっ\( ˆoˆ )/ キター\( ˆoˆ )/ 

{4BBE0410-D80A-456A-A43E-D421DF2E02F8}

玉取崎、米原ビーチ、川平湾にも行ったそうです。

石垣島の絶景ポイント、制覇してました。

{A78DF367-2FDB-4086-803C-FC5D502B3C72}

肉食のM子が、石垣牛が食べたいとのリクエストで、比嘉ちゃんで。

K子には、7年ぶりの再会。
一番都会に住んでるのに、秋田弁のすごいことよ(笑)

石垣島初日、想像以上に暑かったらしく、シークワーサージュースを一気飲みしたとか、
赤ちゃんのように、頭から汗流れ落ちてきてたーとか、
武勇伝?(笑)を秋田弁で語り続けてました。

{DDFA30B2-F26F-4FB3-9C2D-DB5A40375B86}

2日目。朝からハイテンションの御一行😅

{AD4B9C67-8425-4DA8-9AEC-A98B6F515D45}

フェリーに乗って、いざ、竹富島へ。
9月末というのに、暑くて暑くて、レンタサイクルを断念して、車での観光にしました。

三十年前は、秋田市中を(時には、秋田市を突き抜けて)チャリンコで走り回り
『俺たちに、信号なんて関係ないぜー』とか、あんぽんたんなこと言いながら、自転車を猛スピードで漕ぎまくってたのに。
あのアホアホエネルギーは、実は素晴らしかったと、今になって気づくのです(笑)

{9F4B6A79-3AB6-4579-9CA1-9AE5723E7155}

カイジ浜。

{86BF1695-66E9-4EB1-B054-7855ED942691}

水牛車。

{152625F9-254A-4D9A-9A28-D6A129F4993B}

旅行中に、八重山そばを食べたいと言うので、かにふというお店に行きました。

お外が暑いので、なかなかお店から出ることができず😅
マンゴーのかき氷を食べたり。
もう、クーラーがないと生きていけないカラダになってます。

夜は、食べ放題飲み放題のお店に、ぬこちゃんもきて、女子トークで盛り上がりました。

{56AD171F-AD7C-4792-80A3-EE0A089C1BED}

最終日。私の聖地、フサキの桟橋へ。

{EED7A7F7-869A-4C8C-8C5A-04993B5A772B}

三代目みたいに、一列に並ぼう!並ぼうと!!
私だけがハイテンションで、みんなは、はて?(´ω`)?みたいな顔してました。

{BF92CE6A-C126-4C8A-83C2-81289163A3CD}

自撮り女王N子。
振り向けば、自撮り(笑)
この年齢で、携帯の使いこなしの素晴らしいことよ。

{92CF2B87-A52E-4442-9D60-574582ADC200}

車えびを食べたいというので、イタリコさんへ。飛行機の時間まで、まったりランチ。

記憶の引き出しが少しずつ開き出し、高校の同級生の名前や思い出話がどんどこ出てきてました。気持ちだけあの頃にタイムスリップ!

{63241843-1FCA-4997-B78E-7F70CFB77560}

北国で生活していた私達は、石垣島や竹富島という島が存在することさえ知らず、泣いたり笑ったり、時にはアホなことをして怒られたり、そんな高校時代を過ごしていました。

三十年後、こんな美しい南の島で再会できるなんて、人生って不思議なもんですね。←川の流れのように的な。

みんな、それぞれの人生をたくましく生きていて嬉しかった。そんなことを感じた三日間でした。

会いにきてくれて、ありがとう。
秋田弁聞かせてくれて、ありがとう。(笑)

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス