人生は一度きりである

ひたすらに突き進む人生には、たくさんの出会いがある

人との出会いがあれば、事との出会いもある

出会いはしたものの、遠ざかってしまう出会いがあれば、その出会いがきっかけで日に日に距離が縮まる出会いもある

なんにしても、オレの人生は、出会いに満ち溢れている

出会いに満ち溢れた人生とな。オレは、なんて幸せもんなんだろう


この小汚いオケとの出会いは、正直衝撃的だった

けれども、コレは、汚物なんかじゃない。夢の国でミッキーマウスが散らす星のように、魚たちを魅了する魔法のエキスである


時は、少し前のこと
カクカクシカジカな過程は省略するとして、つり情報の編集長の計らいで、高橋ゴーさんとその息子、そうちゃんの本誌連載取材に同行させていただいた。つり情報11月15日号を拝読して下さった方はご存知かと思うが、訪れたのは興津港の庄之助丸

庄之助丸の秋葉庄之助船長は、素潜り漁師、民宿経営、遊漁船船長などなど、何足ものワラジを履いて働く男。海の男である

カクカクシカジカな過程は省略するとして、この男との出会いは、オレの人生の中で、かなり衝撃的だったことを覚えている




この日、ゴーさんもそうちゃんも、そしてオレも初めてのカモシ釣りだった


食べたことはあったが、一度自分で釣って食べてみたかったハガツオとこの日出会えた

素直に笑顔が弾けた1匹。この瞬間にオレはカモッシャーデビューを果たしたと自負している


高橋ゴーさんの文章は、決して大げさではなく、秋葉船長のそのままを如実に誌面で表現していた。オレだったならば、この船長の素晴らしさをあんなにもうまく表現することはできない

文字の力、文字を綴る人の力ってのは、本当にすごい!と、改めて実感させられる誌面だった


素晴らしい天気に恵まれたが、この日の太平洋は決して優しくなかった



ほんのいっとき訪れた時合いにオレは前出のハガツオとマダイをポポンと釣り上げた
オレのカモッシャーデビューには、十分な釣果。そういえば、イサキとムロアジも釣れたんだったっけ♪


興津港の南側の岸壁に係留されている庄之助丸

車は船の前の崖寄りに停められるから、駐車場は船の目の前。お会計は、下船後、船の前にて



さて、庄之助丸は興津港だが、民宿庄之助は隣の守谷海岸にある


いわずと知れた、料理が美味い民宿



漁の有無や季節で内容は異なるそうだが、サザエなどの磯物を交えてもてなしてくれる



少し増し料金して、料理のグレードを上げることもでき、人数が多いとお造りは舟盛りで出してくれたりもする
庄之助船長は夏の間アワビ漁をしているから、その季節にはアワビも堪能できる
海の幸が好きな人にはたまらない肴だろう


取材前夜、つり情報の編集長と2人、民宿庄之助でしあわせな時間を過ごした


秋葉船長と沖藤編集長

このお二方と出会ってなければ、今日のオレは無い

出会いは、本当に大切だし、数多の出会いに感謝したい

カモッシャーデビューをしたこの日。また一つ、いい思い出ができた
コレが食いたくてカワハギ釣りをやっている

だから、なるべく大きくて、腹がパンパンに膨らんだカワハギが1枚、いや、身をたくさんとることをかんがみて、3枚は釣ってこなければならない

カワハギ釣りが、ドが付くほど下手くそなオレが、そのノルマを達成することはいつも至難の業でして、、、今回遊びに行った鴨居大室港の五郎丸では、なんとかノルマクリア。ありつけマシタ

この釣りは、手こずるけど、やっぱり面白いねっグッ


それが何かと聞かれれば、カワハギのお造りキラキラ

薄造りにした透明な身、身を削がれた薄皮の湯引き、キラッキラに照り返る肝、刻んだ小ねぎ。これらを1枚の大皿に盛り付けたカワハギのお造り食べたさに、オレは下手くそなカワハギ釣りに挑むのである


時は、秋
さっぱりといただくべく、スダチも添えてみた

ポン酢に肝をくるんだカワハギの刺身をくぐらせる幸せ

マックス呑兵衛気分を満喫デス爆笑チョキルンルン


刺身では食べきれない肝とカワハギのアタマは煮付けにして、酒のアテに


ほっぺたの身をほじくりながら、1人反省会


また食いたくなったら、HAGIZUNを握ろうっと
魚料理ってぇと、なんてったって炙りのお造りが大好き

キンメの炙り、ムツの炙り、サワラの炙り、そして、タチウオの炙り

ガスバーナーのない人生なんて、かんがえられない



こないだ八景の弁天屋で釣ってきたタチウオは、ひとまず炙りになって、じきに炙りとなり、そして炙りとなった


塩炙りにして、九条ねぎ、柚子、白ごまをトッピング。最後にごま油をちょろっとまわしかけ


ノーマル炙り、その1
わさびと九条ねぎを添えてシンプルイズアブリ


ノーマル炙り、その2
寝ても覚めても、炙り


うまいんだな、コレがルンルン





だからといって、釣れたタチウオを端から端まで炙りにして食うかってぇと、そんなことはない


皮めを湯引きにして…


タチウオの冷しゃぶ




タチウオの冷しゃぶには、おろしポン酢があう&あう




さっとフライパンで焼いたタチウオをキャセロールにならべて…


タチウオのグラタン




ホワイトソースも自家製なんだけど、作るのがちょいと苦手
今回は、うまく作れマシタ


白身魚で作るグラタン。うまいねナイフとフォーク

皆さん、おはこんばんちわ爆笑

フィッシングライターで、A.T.LABフィールドアドバイザーの仮面ライターKデス

沖釣り、行ってマスか?


さて、沖釣り師にとって月2回のお楽しみ


隔週刊つり情報の11月15日号が発売されマシタ

今回も濃厚な内容デス


今号のオレのオススメは、


片貝港出船のライトヒラメキラキラ

オレも大好きな釣り物デシタ


秋のヒラメ祭り♪

ぜひ、足を運んでみて下さい


この日は、出先から急遽片貝へ出向いたため、持ち合わせていたちょいと短めの竿で釣ったのデスが、エンジン流しなのでまったく問題ありませんデシタ

使ったのは、A.T.LABのLIGHT ACTION 170M
相変わらずいい仕事をしてくれる竿デス
ライトアジやイサキで活躍してる竿デスが、片貝のヒラメもドンピシャで楽しめマシタルンルン


そんなわけで、最後に片貝のヒラメ釣りの思い出を……


このオチは、本誌誌面にてご確認下さいませえーん

オレはカワハギ釣りがちょっつ苦手である

ストレートにコマセに突っ込んできてどーんとヒットしたり、シャクってるとおのずとヒットしたり、グイグイ引き込んだところを頃合いよく合わせるとヒットしたり……いわば、さほどテクニックを必要としない釣りは、意外と得意なんだけどね


オレのカワハギ釣りなんざ、、、

アタリがあっても掛けられないアセアセ爆笑

掛かってもバレちゃうアセアセショボーン

アタリすら無いアセアセガーン

……でも、周りは釣れている。オレ以外は釣れている

嗚呼、オレを月でも火星にでも連れてってくれと言いたくなるくらいの下手くそである。いつも 笑


そんなオレでも、なぜかすごく釣れる時がある。それがなぜなのかは………まったくわからない。竿のおかげか?釣り座のおかげか?エサがいいのか?選んだハリがいいのか?船長が普段のオレに同情し、ピンポイントにオレの釣り座を当ててくれてるのか?
理由は、いつも、いまだかつて、わからない



下手くそなのは承知の上で、恥ずかしげもなく、オレは、時々、カワハギ釣りへ出かける

だって……旨いんだもん爆笑

食べたいんだもん爆笑


今シーズン2回目のカワハギ釣りは、鴨居大室港の五郎丸

アットホームで、のんびりとした船宿。そのせいかガツガツとした風の釣り人が少なく、いつもホッとさせられる。そんな不思議な空気感のある船宿デス



朝っぱらから、なにやら2人の船長が悪巧みして

いや、悪巧みしてるのは、大抵1人だけなのだな、コレが



コラコラ、君!

人の釣り座を勝手に動かすんじゃない!



オレに乗り台でカワハギ釣りをさせようとは、お主もなかなかの悪じゃのう 笑

今度、成敗してやる


船宿の外装が、ペンキ塗りをしてきれいになってマシタ

きれいになると、なんでも気持ちいいもんデスねっ✨



エサは、船長や若女将が剥いてくれていて、生エサを2袋購入。オモリは25〜30号。相棒は、A.T.LABのハギズンとダイワのスパルタン150TW


タカ船長の操船で7時半に出船して、まずは近場の鴨居沖から


そうそうにポポンと2枚釣って、出だしは好調♪

その後も下手クソなりに頑張って、肝パンパンのカワハギをゲット


ぐへへへへ、コイツの肝臓は凄そうだっ



昼ごろに竹岡沖へ移動し、早速1枚ゲット

が、しかし、、

はて、今日もまた、、、



「2連発でバラしてから、調子崩しましたねぇ。Kさん❗️」と高らかに笑うタカ船長

ええ、そうです。でも、いつも通りデスから、こういうの


青い空

青い海

自然に優しいオレ


それでも、なんとか、家族みんなでカワハギのお造りが食べられるくらいは、釣れマシタ♪
期待の尺ハギは釣れなかったけど、それはまたのお楽しみということで

もう少し水温が下がるとカワハギの群れも固まってきて、オレでも少しは余計に釣れるようになるかな?

この日の釣果は、4〜13枚。たも網サイズも何枚か登場してマシタぞっ



五郎丸では、船長衆や若女将らが、せっせせっせとアサリ剥きをして、エサを仕込んでくれてマス

そんなことより、緑の帽子、オレンジのシャツ、紫のズボンという、カズ船長のその素晴らしいカラーコーディネートに脱帽デス拍手



釣れたカワハギは、居酒屋仮面で即日料理しマシタよっ


肝は、濃厚ラード100パーセントな感じで、冬仕立てに仕上がってマシタ

カワハギの薄造りには、刻んだ九条ネギ、薄皮の湯引き、生肝を添えて、ポン酢で美味しくいただきマシタ



切り落とした頭と削ぎとった腹骨周り、肝は、煮付けにしてあら煮



君たちよ、釣られてくれて、ありがとうなっ✨

カワハギよ、また会おうグッ