2020 IPAT Online Exhibition and Competition | Atelier la Primavera創造の扉 河合りえ子のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

Atelier la Primavera創造の扉 河合りえ子のブログ

Porcelain Art
Shabby Chic Collage
Resin Flower & Art
Fake Sweets Fantasy
美しいものに出会っている時、そこには音楽が流れている
流れる調べの中に織りなす、光・影・風・香り、気配
今此処にある確かな感覚を、描いてみたり、形にしたり
夢中説夢の旅は続く・・・

2020 IPAT Online Exhibition and Competition
Thanks for IPAT and a great opportunity!


IPAT(International Porcelain Artists and Teachers,Inc.) 

アメリカに本部がある

世界で一番規模が大きい

歴史あるポーセリンペインターの組織で

毎年 (だったかな?)

米国のどこかで

様々な国々からのポーセリンペインターが集う

祭典が繰り広げられています

 

今年2020年は
新型コロナウィルスで

世界中のペインターも国を移動できず

身動きが取れない状況の中

IPATは異例のオンライン開催となりました

2020 IPAT Online Exhibition and Competition

 

私はコンペティション部門にエントリー!

 


コロナのおかげ・・・

なんて言ったら不謹慎で

叱られてしまいそうですが ( コラッ )


米国に行かずして✈

参加できるチャンスと思うことにしました!


物事は

良くも悪くも

考え方次第✨
ですね (*^_^*) 

 

 

やはり米国

自由でエネルギッシュ

華やかでアトラクティブな表現が主流の

ポーセリンペインターの祭典

 

そんな中

どちらかというと

淡く内向的な表現で

華やかな会場ではスルーされそうな

地味めな作品でしたが・・・
 

嬉しい評価を頂きました♡

夏バテが吹っ飛ぶくらい嬉しいです!

きっと ONLINE Competition のお陰ですね (^_-)

 

 

2020 IPAT Online Exhibition and Competition

Title:  Praying  { 祈り }

中央にポートレート、縁は「京薩摩」のイメージで施してみました🎨🖌

 

Silver Ribbon 銀賞

 

 

 

それにしましても

撮影規定がある中

写真選びにはホトホト悩みました💦

 

エントリーしたほうは

夕刻、少し斜光を入れて撮ったものです
金彩はキラキラ輝きましたが
全体的に暗めで中心はブレてしまい
ポートレートの背景色は飛んでしまっています💦

 

昼間、真正面から撮るとポートレートにはピントが合いますが

縁の「京薩摩」をイメージした金彩は歪み

角度によりキラキラしてくれません💦

 

素人では仕方ないけれど

写真はホントに難しいですね・・・

 

 

 

ところで
私が初めて

IPAT(International Porcelain Artists and Teachers,Inc.)
に参加したのは
1998年

米国 Richmond で開催された
「IPAT 20th Bienneial Fine Art Exhibitions」

なんと今から22年も前の事(1998年)

もちろん携帯電話もスモホもない時代です

きゃっ・・・古💦


ちょうど5年間通った

陶磁器絵付の母校「原宿陶画舎」

一期生として卒業した年で
そして結婚♡したばかりの頃でした


その頃

米国のペインターPaula Collinsさんといえば

憧れのトップペインターで

特に大ファンだったクラスメイトが
どうしてもIPAT会場で

Paulaさんに会いたい♡というのです


私は誘われるがままに
仲良しだったクラスメイト4人で
卒業記念旅行のノリ

無謀にも参加してしまった・・・

世界的なエキシビションに

出品できる技量もないのに・・・です

 


出発の前夜

買ったばかりの焼成窯で
始めて自分で焼成を繰り返し

何とか仕上げた拙作(お皿2枚)を 
スーツケースに詰め

飛行機に乗るという・・・
 

今思えば (ゾゾッ)

本当に💦 怖いモノ知らず 💦 でした。

(その時のお恥ずかしい限りの作品は

現在押し入れ奥にお蔵入り・・・)

 

若いってある意味

いいですね

💦・・・この度胸・・・💦





そして

エキシビション会場に一歩踏み入れば・・・

✨✨👀👀👀👀✨✨

 

世界のたくさんのペインター

共通の趣味が醸し出す

温かで友好的な笑顔がいっぱいなのです

そして目を見張る美しい絵付作品がずら~✨ 

キラキラ 艶々 キラキラ 艶々

どっ

どうやったらこんな風に描けるのぉ~ (♡♡)💦

 

絵の具や材料の販売ブースが並び

驚きで棒立ち → 友人達と爆買い・・・

どんだけ~

お買物したことかっ💦

 

Paula Collinsさんの本

 

サインして貰いました♡

 

Paula Collinsさんのスタディの数々

 

Paula Collinsさんとは

その後、ご縁を頂き

英国でのセミナーや初来日された時など

お目にかかれる機会に恵まれました

また別の機会に綴りたいと思います

 

そこはポーセリンペインターの

夢のような

華やかでエキサイティングな世界✨
 

私は震え上がるほど

興奮した事を

今でも忘れられません。


JAPAN と書かれたIPATの赤いリボンを

晩餐会用のドレスの胸元に付けてもらって
まだ20代後半だった私は

嬉しくって

友人と共に

舞い上がってしまったのでした~ ✧(~*_*~)✧
 

 

あの時のIPAT初体験 

 

あったからこそ
 

今も続けている

 

私がいる
 

そういっても過言ではないくらい


それはそれは

 

素晴らしい体験だったのです (T_T)♡

あの時から

 

絵付けへの憧れと情熱が

 

ムラムラと灯りだしたような🔥

 

 

そうは言っても

 

今はのんびりちんたら~

 

気長に気の向くままに🖌

 

といったゆるい感じですが (^^;)

 

✨✨✨


 

生涯を通して夢中にさせてくれる

このポーセリンアートとの出会い

そして

長きにわたり一メンバーとして

(たまに年会費の支払い忘れますが💦)

私の絵付け魂に灯を付けてくれた

IPAT

 

家族や周りの友人皆さまに支えられて

今まで細くても長~く

続けてこれた事のありがたさ

つくづく感慨を覚えます


そしてほんのたまには

神さま✨が

こんなご褒美✨を下さる事に
心から感謝です

 

 

ブログでお付き合い下さる皆さまにも

もちろん感謝~ ♡ (^_^)

**************

最後におまけ写真・・・

22年前のIPAT初体験 の旅の帰り道

飛行機の乗り継ぎでNewYorkに寄りました。

セントラルパーク近くのキオスクで

ボクシングの

マイクタイソン(Mike Tyson) 

遭遇した時の1枚

(^^)/

 

やっぱり若いって

💦 怖いモノ知らず 💦 って

いいですねっ