2019年から2020年へ | 温浴マネージメントサプライヤー 村山吉和のブログ|アスパポート株式会社

温浴マネージメントサプライヤー 村山吉和のブログ|アスパポート株式会社

経営改善・集客ノウハウなど、実践に即したヒントをご提供していきます

2019年もあと2日。

 

皇太子が天皇に即位し平成から令和に変わったり、消費税が8%から10%に増税になったり、変化の多い2019年でした。

 

温浴業界では「サ道」は放映されてからサウナの認識が広がり、大きくイメージが変わりました。

 

利用者が高齢の男性客に特化していたサウナを、女性や若年層に広めた効果は温浴施設にとって新規客の開拓に大きく影響を与えたことでしょう。

 

ロウリュウ・熱波師等、マニア用語だったのが日常的に使われるようになり、仕事にプライドを持った職場に生まれ変わることでいい人材を揃えることが可能です。

 

2020年はオリンピックの年ですが、オリンピックとパラリンピックで約2ヶ月の開催期間で、関東エリア以外は特に関係がありません。

 

地元中心の営業努力の継続が、安定した運営につながります。

 

少し熱気を帯びたサウナブームを一過性ではなく、恒久的なイメージを継続できれば日常性格に必要不可欠な存在になるでしょう。

 

2019年は長年の営業に終止符を打った施設も数多くありますが、多くの方に愛された施設であれば、再生や延命できる対策はまだまだあります。

 

2020年は温浴施設で、新しいブームが生まれることを期待します。