温浴マネージメントサプライヤー 村山吉和のブログ|アスパポート株式会社

温浴マネージメントサプライヤー 村山吉和のブログ|アスパポート株式会社

経営改善・集客ノウハウなど、実践に即したヒントをご提供していきます

今年もあと1日になりましたが、コロナウイルスの影響で温浴施設には非常に厳しい2020年でした。

 

2月あたりから徐々に入館者数が減り始め、3月は急激な客数減になり、4月に緊急事態宣言が出されて多くの施設が営業自粛で休館しました。

 

解除されて営業再開してからは、30%~50%の客数減が続いています。

 

また滞在時間の減少で館内利用も少なくなり、客単価も下がっていますが、水光熱等の経費は思うように下がらず経営的には厳しい状況が続いています。

 

閉店する店舗も増えてきており、歴史のある「JNファミリー」や「相模健康センター」等の大型店や、地元の方に愛されている「千寿の湯」も2021年1月2月に閉店する告知が出ています。

 

 

どの施設も人件費をはじめ経費の圧縮をしていると思いますが、なかには4月からレストランを閉鎖しているスーパー銭湯もあり、お客様の満足度がどこまで担保できているかの検証は必要です。

 

2021年も厳しいことが予想されますが、生き残ることで必ず光が見えてきます。

 

経費をかけずにイメージを変えることも可能ですし、マイナスの項目があれば必ずプラスの内容も追加しなければお客様は遠のいていくでしょう。

 

私自身も今年以上にバージョンアップし、可能な限り温浴業界に貢献したいと思います。

 

緊急事態宣言が発令されてから半年が過ぎ、温浴施設では徐々に入館者数も回復傾向になってきています。

 

コロナウイルス前と比べて男性客はかなり戻ってきていると思いますが、女性客はまだまだ厳しい状況が続いています。

 

特に年配の女性客の多い滞在型の温浴施設は、平均滞在時間もコロナ前と比べるとかなり短くなっています。

 

なぜ女性客が大きく減っているかを考えると、コロナウイルスの感染者数の報道の影響が大きいでしょう。

 

温浴施設に女性客を戻すには、イベント等ではなくコロナウイルスに対する安心感しかありません。

 

男性客と比べ女性客は、衛生管理に対してかなりシビアな感覚があり、ロッカールームやパウダールームに髪の毛が落ちているだけで、男性よりも不快感を強く感じます。

 

温浴施設は靴を脱いで入館し、入浴するには裸にならないと利用できません。

 

人は裸になったとき、まったく無防備な状態なので「安心・安全」でないとゆっくり過ごしていただけません。

 

それではどうすれば女性客に対して、コロナウイルス感染者が増えている中で安心して利用していただけるか。

 

この温浴施設は十分な対策を取り、安心して利用できる施設にすることです。

 

費用をかけるだけでは無く、少しの経費で対策も可能であり、対策していることを「見える化」すれば少しでも安心していただけます。

 

この状況はまだまだ続きます。絶対に負けないようにしていきましょう。

 

  

 

2009年から始まったシルバーウイーク。

 

お盆・正月・GWの繁忙期に比べて地味な存在でしたが、今年はGo to トラベルの東京解除により、GWやお盆よりも観光地は賑わっています。

 

コロナウイルスの感染状況で人の動きは変わってきますが、地元の感染よりも東京の感染者数が恐怖指数になっているようです。

 

基本リピーターが多い温浴施設ですが、繁忙期には新規客が多く来館されます。

 

2009年にシルバーウイークが話題になった時、実施した企画が「ディスカウントパスポート」です。

 

新規客をリピーターにすることがメインですが、リピーターもリピートサイクルを増やすことを目的としました。

 

私がサポートした施設では、この企画を少しずつ進化させ繁忙期に継続している温浴施設もあります。

 

ただ今後はデジタル型に進化させることが必要でしょう。

昨日からお盆期間が始まり、今年は16日まで繁忙期間になる予定の温浴施設。

ただコロナウイルスの影響が大きく響いており、混雑することがありません。

 

ソーシャルディスタンスという意味ではいいでしょうが、経営的には厳しい状況が続いています。

 

従来8月は年間では上位に入る繁忙月ですが、今年はピークの50~60%の施設が大半です。

 

特に女性客は男性客以上に減少しており、女性ターゲットの温浴施設は散々たる物です。

 

規模の大きい施設は営業エリアを絞って経費を圧縮できますが、小規模店舗は固定費が大きいので、売上の減少がそのまま利益の減少になります。

 

レストランも利用率が減少しテナントに委託している店舗では、家賃に相当する委託手数料変更の申し入れが多くなり、撤退する話しも含めての協議になっているようです。

 

しかし温浴施設にあるレストランは、基本的に入浴後利用が大半です。

 

塩素で消毒された浴槽で全身滅菌されてからの利用ですから、街中の飲食店と比べようがない衛生的なレストランです。

 

企画次第で喫食率のアップは可能です。

 

横須賀市にある老舗のカプセルホテルが、コロナウイルスの影響を受けて9月11日で閉館します。

 

男性専用なのでサウナ利用者だけをみれば減少はわずかなはずですが、宿泊利用が大きく減少したようです。

 

朝から晩までコロナウイルス感染者の報道ばかりで、なかなかお風呂にいく思考が希薄になっているようです。

 

非常に混雑することで有名な温浴施設でも、混雑情報を見ましたらこのお盆でも通常と変わらないようで、特に女性風呂が空いている表示になっていました。

 

 

コロナウイルスの緊急事態宣言が解除され、ほとんどの温浴施設は再開しましたが、なかなか元の入館者数にもどりません。

 

またここ最近の感染者数増加により、施設にとってはより厳しくなっています。

 

特に女性客の減少が大きくなっており、通常の半分以下になっているでしょう。

 

施設全体としてはお風呂主体の温浴施設で昨年対比70~80%、滞在型の温浴施設では50~60%くらいでしょうか。

 

リラクゼーションについては施設の差が大きく、指名客の多い施設は昨年を上回る売上になっているところもあり、固定客の多さが売上差につながっています。

 

またレストランについては喫食率(全入館者数に対してレストラン利用率)が大きく下がり、中にはレストラン営業を休止している店舗もありますが、経費面から言えば休止は仕方ありません。

 

しかし、サービス面から言えば休止すべきではありません。

 

サービス内容を変えてでも営業は継続すべきで、いくらでも人件費を圧縮する手段はあります。

 

私がサポートしている施設では、フルサービスからセルフサービスに変更して経費を大幅に圧縮しました。

 

営業エリアを限定しましたが、いままで18万円/日かかっていたレストラン人件費を3万円/日まで圧縮して営業できました。

 

満足度は多少落ちましたが、最低限のサービスは維持しつつマイナスにならない営業をすれば、元のフルサービスに戻したときも人件費は大きく圧縮できています。

 

いまはいろんなことをチャレンジできる時期ですし、ダメな場合変えても勘弁していただけるタイミングです。

 

このタイミングでできることを、いろいろチャレンジして下さい。