『すぐに役立つ話し方上達塾』に出席して | 名古屋市の相続・シニア問題に強い弁護士のブログ|愛知県

名古屋市の相続・シニア問題に強い弁護士のブログ|愛知県

弁護士法人名古屋総合法律事務所は、相続 (相続税を含む)・離婚・交通事故・債務整理・不動産法務・中小企業法務 (使用者側の労働事件) の
6分野に特化した専門性の高い法律事務所です。


テーマ:
ランキングに参加しています。クリックして頂けると、うれしいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
ありがとうございます



当事務所のサービスの品質向上運動の一環として、今年1月から、私を含め男性弁護士4名は、中日文化センターのコミュニケーション講座のうち『コミュニケーション能力も学ぶ すぐに役立つ話し方上達塾』に、兼子弁護士と鵜篭司法書士は、セミナー講師として基本を身につけるため、同センターの『聞き手をとりこにするハッピープレゼンテーション』を受講しております。

 

男性弁護士4名が受講している前記講座は、毎月2回、第1・第3土曜日の午前10時から12時までです。

私は、土曜日が他の予定と重なったり、前日までの仕事の疲れから土曜日はゆっくりしたいと思い、1月・2月の計4回を欠席してしまいました。

 

3月16日(土)は参加させていただきました。講師の青嶋宮央氏は、この日の講座の始めに「いいなと思ったことは言葉にしていく」「言葉にしなければ、伝えられない」とおっしゃいました。それは、私がよく依頼者に言っていることと同じことであり、また、国際弁護士石角完爾氏が著書「お金とユダヤ人」(発行元 ソフトバンククリエイティブ株式会社)の中でおっしゃっているユダヤ教の教えとも同じことであり、大変驚きました。

 

「大人になればなるほど、同じ脳しか使わない。」その理由は楽だからであります。

左手を意識的に使うことにより、右脳を活性化させることができます。例えば、左手で文字を書く、左手でドアを開ける、左手でお茶碗に盛り付ける・・・

小学1年生、2年生が読んでいる絵本を、文章問題を声を出し読んで下さい。

小学1年生の計算問題を、一日1ページ解いてください。

「大きな声を出すには、口を大きく開く」「『大きな口を開こう』と思わなければ、大きな口を開くことはできない」「大きな声の人は、小さな声もだせる」「大きな声、明るい表情、自信のあることは大きな声になる。自信のないことは小さな声になる」・・・

 

今回の講座で学んだ、上記のようなことと、石角完爾氏の訴えられていることと共通する部分がこんなに多いとは思いませんでした。

そして、青嶋宮央氏の訴えている、「基本の大切さ」に私はとても共感しました。

 

当事務所では、弁護士・司法書士は今年1年間、上記センターのコミュニケーション講座を受講することになっています。私もこれから12月まで、頑張ってこの講座に出席しようとおもいました。

ランキングに参加しています。1日1回クリックして頂けると、うれしいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
ありがとうございます。 

名古屋・愛知のシニア相続弁護士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります