「戦略策定実践講座第2回」に出席して | 名古屋市の相続・シニア問題に強い弁護士のブログ|愛知県

名古屋市の相続・シニア問題に強い弁護士のブログ|愛知県

弁護士法人名古屋総合法律事務所は、相続 (相続税を含む)・離婚・交通事故・債務整理・不動産法務・中小企業法務 (使用者側の労働事件) の
6分野に特化した専門性の高い法律事務所です。


テーマ:
ランキングに参加しています。クリックして頂けると、うれしいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
ありがとうございます



「戦略策定実践講座第2回」に出席して

 

 財団法人中部生産性本部 中部経営品質協議会 経営革新研修会

 

    日時 2011年12月16日(金)18:30~21:00

 

    内容 環境変化予測(現状・将来)と『残る経営、消える経営』

 

    講師 パナソニック㈱人材開発カンパニーインストラクター 
     谷 口 弘 之 氏

 

    会場 中部マーケティング協会 伏見東会議室

 

 

この講座は、「組織を変革するリーダーの育成」を目的に、異業種での意見交流や情報交換を通し、組織の成果を左右する「経営(事業)戦略」に焦点を当て、リーダーの戦略策定能力の向上を目指します。「自社に持ち帰って、実践に活かすこと」をゴールに、戦略(中期計画・事業計画)策定能力の質的向上を図ることを目標としています。

 

 講座は5回あり、2回目からは、4グループに分かれて、各グループで1事業所を取り上げ、事例研究を行うことになり、当法人が次の4事例の一つに取り上げられました。

弁護士法人名古屋総合法律事務所

②株式会社サーラコーポレーション

③アビームシステムズ株式会社

三協株式会社

 

私の属しているDグループは、当法人と弁護士業界について

現在の環境変化

将来(10年先)の環境変化

消える経営

残る経営

に関し、森部一彦氏(中部日本電気ソフトウェア株式会社)、和久田学氏(株式会社中部プラントサービス)、上田正博氏(株式会社デンソー)、野平智氏(株式会社デンソー)、鈴木晴彦氏(株式会社豊梱)と私の6名でディスカッションしました。


私は、『当法人と弁護士業界についての消える経営・残る経営』について、産業界の方とディスカッションしたのは初めてです。一方、他の方々も講師も含めて、『法律事務所と弁護士業界の消える経営・残る経営』についてディスカッションしたのは初めてでした。ディスカッションは40分間ホワイトボードを取り囲んで、立って行われました。

今までこのような方々とディスカッションをさせていただくことは、私にとって想定したこともありませんでした。とても貴重なお時間をいただき、関係者各位の方々に厚く御礼申し上げます。

ディスカッション後の全体でのまとめでのDグループの報告・討論で、講師の谷口弘之氏が、「Dグループのまとめのボード板の記載」(下記写真の左下)「残る経営」の、営業活動の実施(情報発信方法の多様化)、強い分野をつくる、CS活動をする(顧客の明確化)、新しい分野の開拓、とある記載で、「リーダーとしてのその優先順位をディスカッションしたか」と問われたのは鋭いご意見でした。

Dグループにおいて、「この優先順位とその理由」のディスカッションまで至らなかったのです。このご指導を受け、私はこの優先順位とその理由を考えました。そして、ドラッカーの解説書に事例でこの優先順位とその理由の問題が取り上げられていたことを思い出し、再度ドラッカーの考え方を見直す機会となりました。

 

 

 

この講座の終了後の懇談会の居酒屋で谷口弘之氏に私の考えた優先順位とその理由をお話しさせていただきました。

        2012年は営業活動の実施(情報発信方法の多様化)としてホームページの強化と離婚カウンセラーとの協力関係により、当法人の強い分野―名古屋地区トップの離婚分野を一層強化する。

   2012年、13年の2年にかけて、税法に強い私(租税訴訟学会名古屋支部幹事、副支部長)と相続を専門分野とする有能な若手の杉浦・兼子両弁護士と鵜篭司法書士、名古屋大学法学部・南山大学法科大学院を出ているパラリーガルの齋藤、税理士科目3科目合格している経理事務スタッフの林の6名で相続チームを編成し、名古屋と愛知の税理士の先生と提携して、名古屋地域で相続関連トップとなる。

    2012年から5年かけて、東京に大半をとられている企業法務を、「地元名古屋愛知の問題は、地元名古屋愛知の弁護士が解決する。」をスローガンに、強力な企業法務部を立上げて、東京のローファームから企業法務の業務を取り戻す。


お話を聞いていただいた谷口弘之氏に感謝申し上げます。

 写真[1]

 

   

「社会の常識は弁護士業界の非常識、弁護士界の常識は社会の非常識」といわれる特異な世界を作ってきました。

このことは、これからのブログでテーマにしていきます。

 

 

【リンク先一覧】

 

パナソニック株式会社 http://panasonic.co.jp/index3.html

株式会社サーラコーポレーション http://www.sala.jp/
アビームシステムズ株式会社 http://www.abeam-s.com/
三協株式会社 http://www.sankyokk.co.jp/
中部日本電気ソフトウェア株式会社 http://www.cnes.co.jp/
株式会社中部プラントサービス http://www.chubuplant.co.jp/
株式会社デンソー http://www.denso.co.jp/ja/
株式会社豊梱 http://www.toyocongroup.co.jp/toyoconflow/


租税訴訟学会 
http://sozei-soshou.jp/



弁護士法人名古屋総合法律事務所 
http://www.sakaesogo.com/

杉浦 http://www.sakaesogo.com/lawyer.html#sugiura
兼子 http://www.sakaesogo.com/lawyer.html#kaneko
鵜籠 http://www.sakaesogo.com/lawyer.html#ugomori
齋藤 http://www.sakaesogo.com/staff.html#saito
林  http://www.sakaesogo.com/staff.html#hayashi-k

ランキングに参加しています。クリックして頂けると、うれしいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
ありがとうございます。

名古屋・愛知のシニア相続弁護士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります