言葉のチョイスで仕事になるかどうかが決まると思うこと | 浅草橋駅徒歩2分のハンドメイド教室|カフェ&ワークショップ みちくさアートラボ

浅草橋駅徒歩2分のハンドメイド教室|カフェ&ワークショップ みちくさアートラボ

カフェ併設のお教室として東京都台東区浅草橋にリニューアルオープンしました☆トキメくものをみんなで作るワークショップ!写真を使うフォト雑貨、透明樹脂(レジン)アクセサリーやUVレジン、羊毛講座など。作り方は勿論、材料や購入先、テキスト本等も紹介☆初心者の方歓迎!


テーマ:
みちくさアートラボ、徒然担当シイナです。

先日、とあるハンドメイド業界の企業の方と雑談をしておりました。
その方は、いろいろなハンドメイドを広める活動をされているのですが、その活動を行う地域やコミュニティーによって、その反応はさまざまだと仰っていました。
たとえばですが、海外の失業率が高い地域の人々であれば、「それを仕事にしたい」という気持ちが高くとても意欲的に学ぶ、ということです。
反面、恵まれた地域では、「仕事になったらいいな」「趣味の延長で」という方が多く、要は、「前のめり度」のようなものが違うよね、というお話です。(ざっくり)

そのお話はとても興味深く、わたしも小さなコミュニティーではありますが、日々いろいろな方とお話していく中で感じる現実です。

みちくさアートラボに、何らかのご縁でお越しいただいたみなさんに、そのきっかけみたいなことをうかがうことが多いです。
そんな雑談の中、「いつか仕事にできたら」というお声は、すごくすごくすごくよくお聞きします。
その「いつか」に対して、どのくらい行動しているのかはひとそれぞれで、何をすべきかを決めるのはご自身のお気持ち次第...であります。

本当に「なんとしても仕事を獲得しなければならない!」という状況であれば、誰に何かを言われるまでもなく行動していると思います。
漠然と「いつか…」もしくは「少し遠い先の未来」の場合、すぐに行動しなくても、いまはぼんやりとモデルケースを観察しながら妄想をしているだけでいいのかもしれません。


ですが、「いつか…」のぼんやりとした発言が、意欲がないかというとそうではなく、こうしてお金と時間を使ってお越しいただいている以上、とても向上心が高く、いろいろな経験をされ、真面目に学んでいます。

一見、「前のめり」な発言でないとしても、その「気持ち」は、もしかしたらとても意欲あふれる発言なのかもしれません。

つまり、「言葉のチョイス」の違い(または、キャラクターの違い)なのかな、と思います。

「ハンドメイドを仕事にしたいです」という言葉を使うのに、「遠慮(?)」しているのかもしれません。

「まだはじめたばかりだから」
「わたしの技術なんてたいしたことないからまだまだ...」
というような、謙遜というか…心のままの本心なのかもしれませんが、「自信のなさ」みたいなものが、そういった「言葉のチョイス」に繋がるのかな〜、と思います。

そして。
冒頭の雑談のような、「なんとしても仕事を獲得しなければならない」というような状況に置かれているような方々ですと、自ずと「言葉のチョイス」が変わってくるのではないかと思います。

本当に、仕事にしなければならないから、言葉の重さが変わってきます。
「言葉」は、本当に表面的なものでしかなく、実際身になるのは、「行動」だと思います。
ですが、その行動をおこすまでの「表面的な言葉」だけでも、変えてみることで、思っていなかったような「機会」に恵まれます。

全く経験のないことなのにオファーが来たり、安心して仕事を任せていただいたり、いろいろな人を紹介していただいたり…というような「機会」です。
そういった機会を着実にこなしていくことで、自然と実績となるし、仕事になっていきます。

だから、もしも本当に「仕事」にしたいのであれば、たとえば、「趣味の延長で…」という「言い方」を少し変えてみるだけで、周りからの見え方も変わり、チャンスが増えるはずです。
もちろん、趣味であることも事実であれば、「趣味の延長で仕事にもなれば...」ではなく「長年ハンドメイドが趣味で、その経験を活かしいい仕事をします」というような、「言い方」をちょこっと変えるだけです。
それだけでも、充分に違うのではないかと思います。

実際にわたしは、「趣味でハンドメイド」をしたことがなく、最初から、仕事にしようと思ってハンドメイド業界に注目しました。
だから、「趣味で…」という発言は一度もしたことはなく、常に「仕事にするため」の発言と行動を繰り返し、実際に仕事を獲得してきました。
だから、そのちょっとした「発言や行動の違い」が、すごくよく目に見えます。(つまり、自分との違いだからです)

もちろん、趣味としてハンドメイドを楽しむことはとても素晴らしい時間ですし、人生にとって、「趣味」は欠かせないものです。
みちくさアートラボは、そんな「趣味の時間」を味わっていただける場所です。

ですが、もし、「いつか…」というお気持ちを「現実」にしたいのであれば、少しづつ、言葉の選び方を変えてみるといいのかと思います。

(ただ、「いつか…」をずっと妄想しながら趣味を楽しむ人生も幸せなモデルケースだと思います。)

本気で仕事を獲得したいという気持ちは、確実に「言葉」や「行動」に違いがあります。

そんなこんなを考えていると、起業初期の懐かしい時代を思い出します。
わたしは、最初から「本気で」でした。
(もちろん今も本気でやってますが…)
最初から、「何としてでも仕事にしなければならない」という状況だったからです。
余裕は1ミリもなく、かなり最短でいろいろな仕事を得てきました。
仕事を得るためにしたことは、ほとんどそれが実際に仕事になりました。
かなり無駄なく時間を使ってきたな、と思います。

何で仕事にしようと思ったかというと、当時「0歳児のシングルマザー」だったからにほかなりません。
とりあえず、お金を稼がないとわたしたちは生きていけないからです。
ハンドメイド業界に注目したのは、もう少し長い目でみたときに、子どもにとって「見えやすい」仕事だからかな、と思ったのもあります。

それまでは、会社員で「パソコンを使って何かしてる」という仕事だったので、「目に見えるものを何かつくってる」とか「お客さんがきて何かしてる」「かわいいものがある」みたいな、小さな女の子でもイメージしやすい仕事がいいんじゃないか、と思ったのです。
もちろん、パソコンに向かってしている仕事も、「何か」をしていますし、それを説明できればいいだけなのでが、なんとなく、「かわいい!」がいいな〜と。
これは、これからひとりで子どもを育てていくにあたり、少なくとも15年くらいは、子どもに、わたしの仕事の内容と意義を理解してもらい、応援してくれる存在になってもらわないと困るからです。
たったひとりの家族に、応援してもらえないと、仕事ができません。
そんなこともあって、現在に至ります。

今では、子どもはわたしの仕事をよく理解していますし、手伝ってもくれますし、応援もしてくれます。
我慢していることはたくさんあるけれど、与えられた環境を受け入れ、その中で小さな幸せや楽しみを見いだそうとする姿勢がよく見えます。

ハンドメイドは、「見えやすい」仕事だと思います。
だから、そこも気に入っています。

ちなみに、子育てしながら仕事をしていく具体的なことは以前こちらで語っています。
↓こちらも面白いですよ…!

子育てをしながらハンドメイドを仕事にしていく【第一話】

子育てをしながらハンドメイドを仕事にしていく【第二話】

子育てをしながらハンドメイドを仕事にしていく【第三話】

ただ、この子育てシリーズは、「小さい子バージョン」ですね。
保育園から小学校低学年くらいのお母さん共通の悩みと解決策についてやってきたことです。

ですが、「大きい子バージョン」の悩みはまた別の世界なのかなーと思います。
それは、わたしがこれから経験をしてから、いずれ語ります ^ ^

徒然と長くなりましたが…、「何としても仕事にしなければならない」というお気持ちを、わたしはすごくよくわかります。
だから、そんな「言葉」をいただけると、何か特別なことをしてあげたい気持ちにもなります。
みちくさアートラボは、みなさんにフラットな場所であるし、誰かを特別扱いしたりすることはありません。
ですが、みなさんの「言葉のチョイス」でわたしが与えられるものも変わってきます。
それは、「わたしが」だけではなく、すべての人に当てはまると思います。





間もなく、3月のスケジュール配信予定です!
しばしお待ちください...


↓2月もいろいろな講座をご用意しています☆
【募集】2月のワークショップスケジュール一覧です



みなさんの作品をシイナのインスタに掲載しています
 
みちくさスタッフブログもどうぞ…☆  

【最新情報配信】

LINE@ページ

今後スケジュールが決まり次第、月に1回程度お知らせをお送りします。
ぜひ友達追加してくださいね!「@michikusa」で検索してください
友だち追加数

メルマガ

講座の最新スケジュールなどをメールで月1回程度配信しています。
こちらのメールマガジンにご登録くださいね。

FaceBookページ

みちくさのFBページをご存知ない方は、ぜひこちらも「いいね」をお願いします!
ホームページの更新情報のほか、みちくさスタッフブログやnullnull(ナルナル)情報もお届けしています。
フェイスブックページはこちらです

アメブロ

みちくさアートラボオーナーシイナの徒然日記もご覧ください。
アメブロはこちらです

下記でもみちくさアートラボの更新情報を入手できます☆
twitter (フォローしてください♪)
インスタ (フォローしてください♪)

講座スケジュール&営業日カレンダー

営業日と開催中のワークショップはこちらをご覧ください

浅草橋駅徒歩2分のカフェ&ワークショップ みちくさアートラボ
東京都台東区浅草橋1-31-4 大原第三ビル3階B室
カフェの電話 090-1263-9774
お問合せは、こちらのお問合せフォーム またはshiina@onyva.co.jpまでお願いいたします

浅草橋のハンドメイドカフェ*みちくさアートラボ椎名恵叶さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント