何度も書いてますが、少食に限らず大事なのは「無理をしない」ことであり、

自分がおすすめしたい少食というのも、

無理をする、我慢を強いる、ようなものではありません。

 

 

 

ただ、自分はどこか禁欲的といいますか、

自己向上のための探求者、求道者、ストイックマン的なところがありまして、

少食をやり始めた頃は、結構、無理をしたものです。

 

 

(これはバスケットマン)

 

 

 

自分としては、自身のストイックマン的な面も好きであり気に入っていますが、

ここで言っておきたいことは、

物事には両面があり、どんなに善いと言われるようなことでも、

行き過ぎると、コインが裏返るように、善くない面が出てくるものです。

厳格も過ぎれば、柔軟性、寛容性、のほほんさを失い、

時に、過度な自己犠牲にもなりかねません。

上記のような二つのバランス、陰と陽、両面のバランスの重要性は

事あるごとに書いてきたいものです。バランスが大事です。

 

 

 

 

さて表題の。

自身が少食中に失敗したこと、2点ほど。

 

 

1)たしか、少食開始1年くらい経った時。

一日二食から一食に移行し始めの頃。

親族が海外のトリュフチョコを買ってきてくれて、その頃は

「一日一回しか食のチャンスがないのだから、好きなモノを好きなだけ食べたい!」

と思っていた時期でした。

トリュフチョコを袋まるごとパクパク食べまして、

そしたら、数時間後にお腹が痛くなりまして。

トイレに入り、大をふんばっていたら、血が急激に頭に上り、

気持ち悪くなって、便座で気を失いました。

(5分後くらいに意識が戻りました)

 

 

 

2)こちらは少食開始2年、2018年くらいですかね。

自分は甘いものが結構好きなのですが、

当時は仕事などのストレスもあってか、特に甘いものを食べていて。

お菓子の「オレオ」と、オレオに似た「ノワール」というお菓子があるのですが、

その二つを一気に食べて、眠くなったので寝たのです。

数時間後に起きて、下の階へ行った時、

階段を下りてる途中にクラクラ~として、階段から落ちてしまいました。

気は失わなかったのですが、

その後も気持ち悪くて、15分くらいその場から動けませんでした。

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

いやあ、こうやって思い出すだけで、

精神衛生上、善くないわ!(笑)

なんてもの、思い出させてくれたんじゃあああーーーーー!  (←自己責任)

 

 

 

みなさんは、このようなことがないように「無理をしない」こと。

ホント、ささみさん@がんばらないの精神ですよ~。

 

 

 

PS.

甘いもの(スイーツ、お菓子)というのは、

身体のミネラルを消費し、血流を悪くするところがあって、

上記例のように、少食に慣れてない頃は特に

気にした方がいいかもしれませんね。