性同一性障害とはなんぞ? | アート荘DayDream事務所

アート荘DayDream事務所

好きなものや、レビュー、エッセイ的なものなんかを
書いていきたいなと思っています。

バンド・ミュージシャン紹介、団地・廃墟、旅、レトロなもの、
ショッピング、ゲーム、映画、LGBTQ関係などなど。

 

 

 

性同一性障害

 

LGBTQの【T】に該当します(僕はここの表記に異議があります。詳細はのちほど)。

 

耳にしたことがある人は多いと思います。

しかし、あなたはこのことについて十分説明ができますでしょうか?

あるいは、理解できてる自信はあるでしょうか?

 

あまり良くわからない人や、自分もそうなのではないか?という人全然理解できないし偏見すら持っている人

そんな人達に読んでもらいたいです。

 

性同一性障害という言葉は、1990年代初頭に出てきた言葉です。
GID=Gender Identity Disorder(元の言語)

現在は【性別違和】という呼び名に正式に変わっています(当ブログは【性同一性障害】という呼び方で統一します。理由はのちほど)。

 

それ以前にも該当する人は確実に居たでしょうが、この言葉が出てくるまで当事者は【自分が何者であるか】

一生モヤモヤとさせながら生きていった、あるいは途中で生きていくことを放棄しざるをえなかったことでしょう。

 

周囲から笑われ、白い目で見られ、病気扱いされ不適合な治療をさせられた当事者も多かったはず。

確実に今よりも生きにくい環境だったということを、我々当事者は忘れてはいけません。

今は昔よりも生きやすい環境になってきているんです。悲観しちゃダメだ。。。

 

この言葉の登場で、我々当事者は自分が何者であるのかを知ることができるようになったのです。

 

性同一性障害には、

FtM(Female to Male):生物学的上が女性で、性自認が男性

MtF(Male to Female):生物学的上が男性で、性自認が女性

に分けられます。

Xジェンダーについては、また別の記事で書きます。

※Xジェンダーは現在、性同一性障害に含まれておりません。

 

 

 

○そもそも性同一性障害とはどういったものなのか?

 

性同一性障害というのは、

生まれた時の生物学的の性別 と 性自認(自分が認識・自覚している自分の性別) が一致していない人のことを指します。

 

よく【体の性別と心の性別が違う人】と表現されますが、わかりやすいのですが、これは誤解を招く言い回しなので極力使ってほしくないです。

性自認(自分が認識・自覚している自分の性別)これが肝となる部分ですので、ここが重要です。

 

 

よく恋愛対象がどうなのか聞かれます。

ここで強くみなさんに伝えたいのは、

性同一性障害は恋愛対象とは全く別物であり、切り離して考えるものです。

 

当事者の中にも一般と同じように、

ヘテロ(異性愛者)、ゲイ・レズビアン(同性愛者)、バイセクシュアル(両性愛者)、アセクシュアル(そもそも恋愛感情がわかない人)が存在します。

ちなみに僕は性同一性障害FtMであり、バイセクシュアルです。

 

当事者でいう異性愛者は、性自認の性別と別の性別を対象にすることを指し、

同性愛者性自認と同じ性別を対象にすることを指します。

 

例:

FtM(女→男) : 女性が恋愛対象 : 異性愛

FtM : 男性が恋愛対象 : 同性愛

MtF(男→女) : 女性が恋愛対象 : 同性愛

MtF : 男性が恋愛対象 : 異性愛

 

奇妙に思えるかもしれません、そう思えるのは理解していないからです。

とは言え、当事者でなければなかなか理解なんてできませんから、そこは仕方がないとします。

 

 

よく、全然理解してない人から

「FtMで男が好きなら、そのままの性別(女のまま)で好きに恋愛したり結婚した方が利口だ」

と言われますが、それは難しい問題です。

 

「あなたの人生は恋愛や結婚だけのものにあるのでしょうか?」

僕はそう問いたいです。

我々が重要としているのは、社会的な適合です。

 

そしてもう一つ、

「では、あなたは恋愛する時に性自認とは逆の性別を一生偽り通すことができるのでしょうか?」

相手がどうのではなく、自分を偽ることがどれほど大変なことか。今一度自分に当てはめて考えて頂きたいのです。

 

 

僕はもし、男性の好きな人ができたなら、女の子だと見てほしくないです。

信用できなくなりますし、理解してくれてないんだなとガッカリします。一気に冷めます。

 

いくら好きな人でも、「自分が女のままでも良いから彼が欲しい!」って僕は気持ち悪くて思えないです(僕は実際バイで男を好きになることがあるので言えることです)。

中には僕とは逆のそういう当事者もいらっしゃるので、一概には言えないということは強めに言っておきますが。

 

たかだか恋愛の為だけに、僕は自分の性別や生き方を決められたくはありませんね。

十分苦しみました。

 

 

ちょっと理解して頂けたか不安ですが、性同一性障害の恋愛事情はそんなところです。

異性愛者・同性愛者・両性愛者の比率は、一般人と変わらないです。ちゃんとした統計はありませんが、当事者の立場であり、ネットで様々な当事者と話したことがありますが、一般人と変わらない比率であると感じました。

 

※「大抵のFtMは男と寝たことがある」と豪語しているサイト様がありますが、あのサイトで書かれていることは信じないでください。視野が狭い人が書いてる為、間違いだらけですので。

 

 

 

 

○性同一性障害になるキッカケ

 

さて、こちらもよく質問されます。よく質問されるってことは、多くの人が疑問に思ってたり気になってるということですので、書いておきます。

 

まず、誤りがすでにあります。【性同一性障害になるキッカケ】って文章自体違和感を持った当事者さん、正解です。

なるキッカケなどありません。理解があまりできてない人が使う文章です。

 

正確には【性同一性障害だと気づいたキッカケ】ですね。

 

 

性同一性障害というのは基本的に先天的なものだとお考え頂きたいです(異論はあるかと思いますが)。

 

物心がついた時から性自認は確実なものになっていきます。

しかし、育った環境の中で、本当に自分が抱いている性自認が隠れてしまい親や周りの言われるがままの性別だと勘違いさせられるパターンも多いと僕は感じます。

 

すみません、難しいこと書いてしまっていますよね。

 

 

わかりやすく、僕を例に挙げます。

 

僕には、姉と弟が居ます。

ボーイッシュで活発的な姉、そして最初から男の子として生まれてきた弟、

その間に大人しくてまんまるな女の子として生まれてきた僕。

 

親からは【姫】と呼ばれていました。

母は僕にピンクの服、スカートなどなど、とにかく可愛い服を着させたかったそうですが、僕が頑なに嫌がって着てくれなかったと、今でも話します。

その兆候があったのでしょう。

 

姉とはあまり関わっていなかったのですが、弟とは仲が良く、四六時中一緒に居ました。

そのため 「僕は女の子、弟は男の子」かなり強く植え付けられていました。

体の違いもよく知っていましたから、「自分は弟とは違う女の子という分類なんだ」ということはわかっていました。

 

しかし成長していくにつれて、なんだかおかしいことに疑問を持ちました。

小さい頃から、特段仲のよかった女の子が必ず一人居る状態ではありましたが、友達は男の子の方が多かった。

そして男友達と居るほうが心地よく、自然だと感じていました。

学校のグループ分けで、男子と組めないことに悔しい思いを何度も経験してました(女の子の友達はそんなに居なかった為、余り物グループに居たこともしばしば)。

 

そういうこともあったり、体の成長に極端に恥ずかしい気持ちになっていき、耐えられず胸を包帯で潰すことなどを始めていきます。

 

※ちなみにプール自体は好きなのですが、幼少の頃から水着が嫌で嫌で仕方なかった気持ちが強く残っています。

人生で一番恥ずかしかった思い出と言っても過言ではありません。

プールの授業は何かしら理由をつけて休んだ日がほとんどです。中学以降プールには入っていません。

 

 

そして中学の頃、ちょうど金八先生の直(上戸彩)編が始まりました。性同一性障害について取り上げられたシリーズです。

この金八先生で爆発的に世間に【性同一性障害】という言葉が広がり、今に至ると言っても過言ではないでしょう。

 

僕の家族は金八先生を欠かさず観ていました。家族全員で観ることが定例だったのですが、僕はそのシリーズだけ外しています。

家族全員で観るのがなんとなく気まずかったからです。

もうすでに気まずく思える程になっていました。

 

でも、正直、当時は【性同一性障害】という言葉を疑っていたんです。

「そんなのは勘違いだ。自分も勘違いしているんだから。」と。

 

でも、その言葉が脳裏にこびりつきます。

「本当にそんものがあるのなら、自分もそうなのではないか?」と。

 

携帯電話を持ち始めた高校のときには、自分で深く調べて ほとんど確実であろう というところにたどり着きましたが、

それでもまだ疑ったんです。今度は自分を。

当時のブログなどを読み返してみると、どっちつかずの自分をアピールしたり、本当の自分はなんなのかである苦悩を毎日のように投稿していました。痛々しいです。

 

社会人になって3年ほどでやっと確信し、決心しました。

確信し、決心したキッカケは、

仕事仲間に「ごめん、女の子として見れないや」と言われたことや、知らない人に「お兄さん」と呼ばれるのが頻発し、

【自分は男として生きていけそうだ】確信したことです。確信と自信と決心。

最終的にはそこです。

 

 

長々と書いてしまいましたが、どうでしょう?

 

こうやって流れで見ていくと、果たして自分の性別に違和感を持ったのはいつなのか?そして本当の性自認を知ったキッカケはなんだったのか?

 

とても不明確です。モヤモヤしています。

物心がついた幼少期からなのか、

体が成長し始めた頃なのか、性同一性障害という言葉を知った時なのか、周囲が女の子ではないと認識し始めた時なのか、

キッカケはどれでしょうか?

 

おそらく、当事者のほとんどが不明確です。

そういうものなんです。

 

では、あなたはいつ・なんのキッカケで自分を「男だ(あるいは女だ)」とハッキリ認識しましたか?

難しいですよね?

「物心ついた時から」って言いざるを得ないでしょう。

 

僕らもそうです。

ただ、育ってきた環境により、親や周囲が言ってくる性別をとりあえず信じるしかなかった

だから、中学の時からと言う当事者や高校生の時から、20歳すぎた時から、結婚しちゃったあとからなんて人も沢山いらっしゃいます。

まばらです。

 

でも一貫して言えるのは当事者は皆、幼少期の頃から何かしら一般的ではない言動や思考をしてきています。確実に。

 

 

 

 

○まとめ

 

ここまで呼んで頂き、ありがとうございます。

話が脱線したようにも思うのですが、読んで頂いたことによって理解が深まれば良いなぁと思います。

 

 

僕が【性別違和】ではなく、【性同一性障害】という言葉を選ぶ理由についてですが、

 

僕自身、これは病気ではなくどちらかというと先天性の障害だと感じています。そうでないとシックリきません。

そして【性別違和(病気でも障害でもなく 生き方 という考え方)】これも間違いではないと思います。むしろ適切なのかもしれません、

 

しかし僕としては、【障害なのである】と受け入れた身ですので、【性同一性障害】の方がシックリきます。

だって、一人の力じゃ治療もできない。手術もできない。

生き方だけだったら自分一人の力だけである程度適した生活ができるんですよ。

 

障害は治療しなきゃ自分が生きていける環境を作れないんです。

"生物学的の性別と性自認の不一致"この状態は障害でなければ何なのでしょうか?

だから僕は【性同一性障害】という言葉がシックリきます。

 

 

こういう考え方ですから、LGBTQに含まれてるのが違和感でしかありません。

恋愛対象が全く関係がないトランスジェンダーが含まれてるのが変でしか無いのです。

(最近入ってきた【Q】にも同じことが言えそうですが)

 

LGBに偏見があるわけではありません。僕も実際【B】のバイセクシュアルでもあるので。

 

 

まあ、そんなところです。

 

 

【性同一性障害】というのは、勘違い、甘え、ないものねだり

 

そう考えてる人も沢山いらっしゃるでしょう。

違うのにね・・・伝わらないよね。一切伝わらない。固定観念の壁が分厚すぎて。

 

結論:こういう人たちにはどう伝えても、

当事者の気持ちや本当のことが伝わることはありません。

 

生物学的上の性別を隠し続け、彼らと親友関係にまでなって頃合いになった時にカミングアウトして【そんなの嘘だ!性自認の性別だとしか思えない!】と思わせるしか理解させることはできないのかなと思います。

 

 

それでも、少しでも正しい認識を広めたい。

僕も可能な限り発信していきたいなと思っています。

 

TVメディアや偏った記事には騙されないでください。

 

色んな当事者の自身の話を探してみてください。

 

それにより一層理解が深まっていくのかなと僕は思います。

 

 

以上ですm(_ _)m

 

 

 

↓もっと知りたい人↓

wikipedexia