メルセデスベンツ W124専門店 ARROWSのブログ

メルセデスベンツ W124専門店 ARROWSのブログ

神奈川県川崎市のメルセデスベンツ W124専門店 有限会社アローズです。



お店の紹介や車の事、全然関係無い事まで書いていこうと思います。

弊社のGW期間中の休業日のお知らせでございます。

 

5月1日より5日までお休みをいただきます。

 

6日からは通常営業となります。

 

arrows

弊社アローズで販売させていただくW124は車体価格に整備費用が含まれております。

W124を知り尽くしたプロの整備士がメルセデスベンツ専用コンピューター(DAS)診断を行い、営業担当も交えロードテストを行いおよそ200項目に及ぶマイカーチェックを行ったうえで、整備内容や交換部品を明確にしたチェックシートをお客様にご提示してさせていただいております。

また商談の際に、弊社整備士及び営業マンとお客様が気になる箇所などをご一緒にじっくりとお話ししていただき、お客様のご不安の箇所(事前予防も含む)ご予算に応じた追加整備も親身にご相談お受けいたします。
W124を一生のお供としていただける「我が子」のようにスタッフ一同お客様と同じ立場で最善を尽くします。

こんばんわ”

arrows Sekineです。

 

スチールホイールにARROWS HUBCAPを取り付けました。

ちょっとしたアクセントになりますがこれがすごく大事です。

インパクトがあります。ホイールキャップなしでこちらのキャップ

を装着するのもよいと思います。

激レアのマッドガード装着もポイントになります。

 

arrows

弊社アローズで販売させていただくW124は車体価格に整備費用が含まれております。

W124を知り尽くしたプロの整備士がメルセデスベンツ専用コンピューター(DAS)診断を行い、営業担当も交えロードテストを行いおよそ200項目に及ぶマイカーチェックを行ったうえで、整備内容や交換部品を明確にしたチェックシートをお客様にご提示してさせていただいております。

また商談の際に、弊社整備士及び営業マンとお客様が気になる箇所などをご一緒にじっくりとお話ししていただき、お客様のご不安の箇所(事前予防も含む)ご予算に応じた追加整備も親身にご相談お受けいたします。
W124を一生のお供としていただける「我が子」のようにスタッフ一同お客様と同じ立場で最善を尽くします。

こんばんわ”

arrows Sekineです。

 

バックオーダーで製作中の外装GREEN インテリアGREEN

の変態カラーの320TE製作です。

アーリーモール製作の80年代スタイルで激カッコいいです。

完成が楽しみです。

 

鉄チン新品

ARROWS オリジナルHUBCAP 仕様のおしゃれTEが完成する

予定です。

 

arrows

弊社アローズで販売させていただくW124は車体価格に整備費用が含まれております。

W124を知り尽くしたプロの整備士がメルセデスベンツ専用コンピューター(DAS)診断を行い、営業担当も交えロードテストを行いおよそ200項目に及ぶマイカーチェックを行ったうえで、整備内容や交換部品を明確にしたチェックシートをお客様にご提示してさせていただいております。

また商談の際に、弊社整備士及び営業マンとお客様が気になる箇所などをご一緒にじっくりとお話ししていただき、お客様のご不安の箇所(事前予防も含む)ご予算に応じた追加整備も親身にご相談お受けいたします。
W124を一生のお供としていただける「我が子」のようにスタッフ一同お客様と同じ立場で最善を尽くします。

こんばんわ”

arrows Sekineです。

AMGのステーションワゴンはここ数年で市場から随分見なくなりました。

コレクションでガレージにしまうのであれば、メンテナンスはそこそこでよろしいのでしょうが、

実際にフィーリングを楽しむのであれば、それなりのメニューとプログラムを組んでメンテナンスする

事が、効率的かつ、楽しみも倍増するように感じます。

販売車両のAMG300TE-3.4ですが、過去に相当多数のメンテナンスを実施しておりますので、

これからS124のAMGコンプリートをお探しの方には、おすすめの車両でございます。

近県のお客様にご案内が可能な車両になります。

 

人気絶頂時のSLA18 BELANGにポルシェキャップを装着して

744ブリリアントシルバーにてペイントしていた時代になります。

 

現在はAMG2ピース8.5Jを前後SETして快適性を優先しております。

arrowsでは見慣れたカラーですがAMGコンプリートではまず

いないカラーかと思います。

 

 

199ブルーブラックで新規にプロジェクトカーを

製作する124の楽しみ方もございます。

 

お問い合わせはこちら”

arrowsjapan@gmail.com

 

 

 

こんばんわ”

arrows Sekineです。

124前期型のM103エンジンのインジェクションに採用されております。

ボッシュ KEジェトロニックになります。

後期型M1049 よりもふんだに濃い混合気で燃焼させるエンジン制御で独特の

フィーリングが魅力のエンジンになります。

 

製造から30年経過ですので、メンテナンスの時期を迎えられているのは

いうまでもありません。全体的なバランスも大切ですのでエンジンの分解整備や

O/Hの際には同時に着手したい作業かと思います。

機械式のインジェクションシステムになりますが、インジェクターの吐出量のセッティングも可能になりますので、

エンジン製作の際にはおすすめのメニューになります。

 

前期型124 M103エンジン搭載の260・300シリーズの人気急上昇の秘密も

このあたりにありそうです。

トータル的に仕上げることで結果的に安く仕上がることがあります。

快適で安心感のある調子のよい124はとても気持ちいいフィーリングがあります。

 

arrows

弊社アローズで販売させていただくW124は車体価格に整備費用が含まれております。

W124を知り尽くしたプロの整備士がメルセデスベンツ専用コンピューター(DAS)診断を行い、営業担当も交えロードテストを行いおよそ200項目に及ぶマイカーチェックを行ったうえで、整備内容や交換部品を明確にしたチェックシートをお客様にご提示してさせていただいております。

また商談の際に、弊社整備士及び営業マンとお客様が気になる箇所などをご一緒にじっくりとお話ししていただき、お客様のご不安の箇所(事前予防も含む)ご予算に応じた追加整備も親身にご相談お受けいたします。
W124を一生のお供としていただける「我が子」のようにスタッフ一同お客様と同じ立場で最善を尽くします。

 

 

 

 

 

 

こんばんわ”

arrows Sekineです。

 

外装のメンテナンス オールペン 全塗装など作業工程や使用する

塗料メーカー 下地処理など様々になります。

 

一人でバラシから板金作業、下地処理、塗装、組み付け

最終仕上げまでこなす職人さんもいいらっしゃると思いますが、

分業でそれぞれこなすところも多いかと思います。

こだわりが強くなればなるほど、万人受けはしにくくなる傾向もあります。

どこを目指すかで、内容も変化されせるように、取り組んでいきたいと思います。

外装メンテナンスがメインの作業依頼でも組み込み時に発見できる

故障個所も多くあります。トータルで故障やトラブルがないことが

快適で壊れない車造りにつながると思います。

金額では現れない価値を作るのも旧車の楽しみの一つではないでしょうか?

 

スタンドックス クロマックス RM PPGなどそれぞれメーカーによって

それぞれ特性があります。ペインターのなれもあると思います。

トータルのクォリティーも新車の以上に仕上げることができれば、

それはとても素晴らしくご機嫌でいられることと思っております。

 

arrows

弊社アローズで販売させていただくW124は車体価格に整備費用が含まれております。

W124を知り尽くしたプロの整備士がメルセデスベンツ専用コンピューター(DAS)診断を行い、営業担当も交えロードテストを行いおよそ200項目に及ぶマイカーチェックを行ったうえで、整備内容や交換部品を明確にしたチェックシートをお客様にご提示してさせていただいております。

また商談の際に、弊社整備士及び営業マンとお客様が気になる箇所などをご一緒にじっくりとお話ししていただき、お客様のご不安の箇所(事前予防も含む)ご予算に応じた追加整備も親身にご相談お受けいたします。
W124を一生のお供としていただける「我が子」のようにスタッフ一同お客様と同じ立場で最善を尽くします。

 

 

 

 

 

 

アルコール消毒しすぎて手が痛いARROWSマネージャーでございます。

 

前回の投稿から随分間が空いてしまいましたがブログに入庫のお知らせをする前にご成約いただくことが多く在庫の登録もなかなかできない状況です。

 

うれしい限りでございます。

 

ご成約いただきましたお客様に御礼申し上げます。

 

さて本日は入庫したての希少車両230E リミテッドをご紹介させていただきます。

 

試乗の感想を単刀直入に言いますと「気持ちいい」としか言いようがない状態です。

 

感覚なのでご説明がなかなか難しいですが500のような重厚感は無いもののこの軽さとスムーズさ、そして地を這うような安定感がたまらなく好きです。

 

私も荷物を多く積む私生活が終わり次第セダンに乗り換えたいと常々思っております。

 

入庫したばかりですので軽い洗車しかしておりません。

 

合間を縫って仕上げて行こうかと思いますが仕上げ途中でもよろしければご覧いただけますのでご予約などお待ちしております。

 

1991年式 230E リミテッド ブルーブラック 61,886km 左ハンドル

 

価格につきましては今後もっと精密な点検をした上で決定させていただきますので今しばらくお待ちください。

 

尚、こちらの車両についてのお問い合わせは下記のメールにご連絡いただけましたら素早い対応が可能でございます。

 

w124arrows@gmail.com

 

また仕上がりましたらホームページ、Gooなどに掲載させていただきますがその前にご成約となる可能性がございますことご了承ください。

 

よろしくお願い申し上げます。

 

ARROWSマネージャー

 

arrows

弊社アローズで販売させていただくW124は車体価格に整備費用が含まれております。

W124を知り尽くしたプロの整備士がメルセデスベンツ専用コンピューター(DAS)診断を行い、営業担当も交えロードテストを行いおよそ200項目に及ぶマイカーチェックを行ったうえで、整備内容や交換部品を明確にしたチェックシートをお客様にご提示してさせていただいております。

また商談の際に、弊社整備士及び営業マンとお客様が気になる箇所などをご一緒にじっくりとお話ししていただき、お客様のご不安の箇所(事前予防も含む)ご予算に応じた追加整備も親身にご相談お受けいたします。
W124を一生のお供としていただける「我が子」のようにスタッフ一同お客様と同じ立場で最善を尽くします。

 

 

 

こんばんわ”

arrows Sekineです。

 

80年代テイストの124シリーズにはサッコパネルが装着されておりません。

アローズでは、当初からサッコなしの初期型押しのところがありましたが、現在では

特に人気爆発の傾向があります。

 

こちらのワゴンはインパラブラウンのE320Tですごく素敵な

雰囲気でございますね。

この鉄チンスタイルならARROWSオリジナルハブキャップ

を装着したらほぼ、無敵な感じです。

このような通常ではめぐり合うこともない、ワゴンモデルもバックオーダー

オリジナルオーダーで製作することが可能です。

 

 

こちらの124セダンもE320 をベースに初期型テイスト満点の

80年代スタイルを実現いたしました。

初期型なのにM104エンジン モトロニック制御の124が実現

しております。これにメルセデスベンツの純正6MTをスワップして

内装もカジュアル仕様に施工すれば、これまた無敵の124が完成いたします。

オーダー製作ではこのようなことも、可能になります。

 

今となって定番のプエブロベージュになりますが、セダンの

アーリーモールのこの仕様も製作が可能です。

たまらない、スタイリングですね。

 

このように124の世界感は無限大にあります。

まだまだ紹介できる仕様はありますので、

オリジナルオーダーであなただけの124を製作することも可能

ですので、プロジェクトをお考えの方はぜひご相談いただければと思います。

 

arrows

弊社アローズで販売させていただくW124は車体価格に整備費用が含まれております。

W124を知り尽くしたプロの整備士がメルセデスベンツ専用コンピューター(DAS)診断を行い、営業担当も交えロードテストを行いおよそ200項目に及ぶマイカーチェックを行ったうえで、整備内容や交換部品を明確にしたチェックシートをお客様にご提示してさせていただいております。

また商談の際に、弊社整備士及び営業マンとお客様が気になる箇所などをご一緒にじっくりとお話ししていただき、お客様のご不安の箇所(事前予防も含む)ご予算に応じた追加整備も親身にご相談お受けいたします。
W124を一生のお供としていただける「我が子」のようにスタッフ一同お客様と同じ立場で最善を尽くします。

 

 

こんばんわ”

arrows Sekine です。

自称、初期型500Eマニアの私事ですが、2年前に500Eカタログの広報車両を

入手いたしまして、現在4台体勢の状態となっております。

それぞれの個体を、仕様を変更して楽しんでおります。

ちなみにすべての車両はエアコンガスはR12仕様です。

製造モデルごとに細かい違いがありまして、大変貴重な体験をさせていただいております。90年モデル

ですと生産から30年近く経過しておりますので、当然、外装ペイントの状態は劣化が進んでおります。

こちらの8807号も屋根付き保管という管理体制であったものの、艶感はある物の光の当たり方ではヘアラインがうっすら

出ている状態でした。

走り屋500Eの方では飛び石のリスクなどで外装に関しては意識しないという考えもあると思いますが、

500を仕上げていくと全部手を言入れた後に外装を仕上げるよりは先に外装やってから、機関系を全部やるように

最近はしております。外装の仕上げは時間がかかるのとフロアを仕上げたあとから外装をやると

せっかく仕上げた下回りが汚れてしまうためです。

自分が本当に塗ってほしいこだわりの職人にたのむと、3年くらいかかるかもしれません。

2年先まで仕事が詰まっているということです。

ショーカーではないのでそれは別の車でやっていけばよいと割り切ります。

今回は現在では希少なスタンドックス性 油性 ペイント で仕上げました。

オリジナルの塗膜厚はそれはそれは、すばらしく、なおかつ奥行きのある艶感が魅力の124ですが

純正クォリティを目標にベストを狙っていきます。

ボンネット・トランクは剝離作業が基本になります。

ラインだしを意識するならボディ、トータルで剥離作業がこれまた基本になります。

 

見た目も性能だよ。ってお客様のY様にご指摘いただいてからは

見た目もすごく気にするようになりました。

500Eは最高ですね。

 

arrows

弊社アローズで販売させていただくW124は車体価格に整備費用が含まれております。

W124を知り尽くしたプロの整備士がメルセデスベンツ専用コンピューター(DAS)診断を行い、営業担当も交えロードテストを行いおよそ200項目に及ぶマイカーチェックを行ったうえで、整備内容や交換部品を明確にしたチェックシートをお客様にご提示してさせていただいております。

また商談の際に、弊社整備士及び営業マンとお客様が気になる箇所などをご一緒にじっくりとお話ししていただき、お客様のご不安の箇所(事前予防も含む)ご予算に応じた追加整備も親身にご相談お受けいたします。
W124を一生のお供としていただける「我が子」のようにスタッフ一同お客様と同じ立場で最善を尽くします。

 

AD

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちわ”

arrows Sekine です。

 

本日は、W124の空調 ヒーターケースのメンテナンスになります。

エアコンが効かなくなった、冷却水のリークがあるなど、症状が出る場合があります。

その際にシステムを最新の物に変更して装着するのもよいかと思います。

どんどんメンテナンスして、仕上げていって快適な状態を維持するのが最も効率よく124を維持する方法

かもしれません。

 

*上記の内容とは関係ありませんがシフトパネルのスイッチ類にご注目いただいた方は、

かなりのマニアですね。

特注のパネルでスイッチレス仕様です。

 

 

大体の124のシフトパネルを見ると、ここの部分がはがれていたりして

損傷があるように思います。

地味なパーツですがなかなか良いです。

国内仕様の500Eのお客様のレストア計画のために製作いたしました。

超絶マニアのこちらの方は、走行4万kmの92年でオリジナルに拘った

仕上げ方をしていきます。新車価格に届きそうなコストを注いでおられます。

 

こちらの商品は、販売もしているので、必要な方はお問い合わせくださいませ。

 

arrows