フォーシーズンズホテルブダペストでのフォアグラを | Cielオフィシャルブログ「月に一度の世界スパ&ホテル巡り」Powered by Ameba

Cielオフィシャルブログ「月に一度の世界スパ&ホテル巡り」Powered by Ameba

月に一度巡る、世界のラグジュアリーホテル&スパ、ビジネスクラス搭乗記、空港ラウンジなど、好きなことを綴っています。


テーマ:
おはようございます。

今日は、ブダペスト滞在記です。

ハンガリーといえば、フォアグラ!というほど有名なだけに、
フレンチレストランだけではなく、
その辺のカフェや市場など至る所で、フォアグラを見かけました。

生産量としては、もちろんフランスが世界一位なのですが、
物価の安いハンガリーでは、フォアグラも気軽にいただくことができるため、
ハンガリーを訪問したらフォアグラ!というイメージが定着しているのかもしれません。




滞在していたフォーシーズンズホテルで、フォアグラランチ。







残念ながら、ブダペストのフォーシーズンズは、
レストランはこちら一つしかありません。(後は、バーも一軒)
ですので、朝食会場と同じレストランです。








ちょうど、ブダペストを象徴する鎖橋が見えるお席です。








カジュアルな雰囲気でなかなか良かったです。







この後、カジノへ行きたかったため、ノンアルコール。
キュウリの手作りレモネードです。








ソーダを後から追加。
とても爽やかで美味しかった!








ハンガリーは、レストランでいただくパンのクオリティは、まあまあ。
イギリス、チェコと同じくらい。
香港、台湾よりはもちろん良いですが、極めて普通でした。
ただ、「ポガーチャ」という、塩味のスコーンがあるのですが、
それがとっても好みで気に入りました。








前菜でもメインでも用意可能というフォアグラ料理。
ほんとにわずかの量だから。。。と伺ったのに、
これだけの量がきてしまって、びっくり!
さらに二種類もあってびっくり!








フォアグラ用のパンも一緒に。








手前がソテー。









外側ぱりっと、中はふにゃっと。
濃厚というより、わりとさっぱりしていて、美味しかったです。








ソースは甘いラズベリー系。
ぶどう、くるみと一緒にパンにのせていただきます。









続いて、テリーヌ。









塩味のゼリーと、桜あん?のようなものと一緒に。








元々、そんなにフォアグラは得意な方ではないので、
一気にこんな量をいただいたのは初めてでした。








続いて、グラーシュ。
ハンガリー風シチューです。








牛肉とタマネギ、パプリカ、すいとんのようなパスタが入っています。







パプリカオイルを入れるとさらに美味しくなりました。








グラーシュ用のパンも。
これが、今回のブダペストでいただいたパンで一番でした。
密度濃くて詰まっているタイプのパンです。


グラーシュは、ブダペストでは5回いただきましたが、
お味は全てのレストランで全く異なりますが、
どこも美味しかったです。

Cielさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。