こんにちわ晴れ

 

ボタニカル柔軟剤のコーナーに貼ってあった

「医師もおススメ!」と云う表示に思わず購入しそぉになった

アロマ屋SUNRISEです爆笑

 

柔軟剤は奥が深すぎて、ツッコミ所満載で・・

前職時代のコネも使ってみましたが分かりにくい商品でございました汗

 

ただ やはり香りの問題は

「アロマテラピー」を知る人間にとっては心配なコトがあるの。

 

「赤ちゃんや子どもさんの健康」

 

嗅覚は脳にダイレクトに作用する感覚器官です。

なので「認知症」の予防・改善に大きな話題になった時もありましたよね流れ星

 

でもベビー&キッズの嗅覚は敏感。

AEAJのテキストにも3歳未満の子どもさんの芳香浴についての

注意事項が記載されてるくらいです。

 

精油はピッピッピッピッと脳に刺激を与えた後・・儚く消える香りキラキラ

もちろんイランイランのよぉに香りが強いものもあるし・・

香水として作れば香りは強くなるけどねひらめき電球

 

ただ単純に合成の香りはイツまでも香ります。

衣類についたなら尚更です。

 

さらに家庭の中には洗濯洗剤、トイレットペーパー、芳香剤など

香りグッズが山ほどあると思います山②

 

そんな中で日々暮らしていたら

「癒しのキャパを超え・・脳は疲れきっちゃう」よぉで心配なんですよぉしょぼん

 

キレやすい大人や子どもが多くなってきたのは・・

そぉいう「香り」の問題もあるんじゃないのかなぁ~って思うワケですよあせる

老婆心ながら(笑)

 

さらに今回 調べ切れなかったのは柔軟剤に使われる「香りの原料」

 

「カモミールオイル」「天然香料」など「精油」と思わせるよぉな

表現をしているものもありましたが・・それが本当に「精油」なのかは微妙ハートブレイク

 

精油を使っているのなら「カモミール精油」と書くと思うんだけどね。。

メーカーに訊けば教えてくれるのだと思うけど・・

今回は公表するつもりだったので・・遠慮しちゃいましたにひひ

 

イツか訊くつもりです(笑)

 

そして「ベース」「ミドル」「トップ」と香水を作るよぉに

ブレンドして柔軟剤の香りを作っているメーカーもありました。

 

調香師が関わっている柔軟剤もあったのですよびっくり

 

凝ってますね~(笑)

でも商品価格にはね返ってきますよね。きっと。。

 

「赤ちゃんにも安心」と書いてある柔軟剤の根拠も謎でした。

原材料が植物性だからかな?

 

でも強い香りで夜泣きしちゃいそぉで心配あせる

 

そもそも柔軟剤にそこまで香りって必要なのですかね~?

柔軟剤は「静電気を予防したり、肌触りをよくする」コトが求められるのであって

そこに「香水」的要素は・・そんなに要らないんじゃないのかな?

 

食べ物屋さんに行く時は「香水」はNGだけれど・・

柔軟剤の香りじゃ注意もできないみたいですよバツレッドあせる

 

皆さん お気に入りの柔軟剤があるかと思いますが・・

使う時にちょっと思い出して欲しいコトは、

*柔軟剤の香りがストレスになる人がいる

*柔軟剤に含まれる原材料や香りで持病が悪化する人がいる

*近くにいただけで症状が悪化する人がいる

*好きじゃない香りだとストレスになる人がいる

*子どもや赤ちゃんには強い香りのするものはNG

*食べ物屋さんに行く時は気をつける

 

たまには外に出て

「風や草木」など 自然にある香りを嗅いでみませんか~?

 

・ここに書いた色々な意見は個人的な考えです。

・柔軟剤のメーカーを非難するものではありません。

・アンケートの結果はお店で公開中です。

AD