介護福祉士さんの研修会&懇親会 | アロマリラックス(リフレインセラピストカレッジ山口校)&グリーンフレグランス

アロマリラックス(リフレインセラピストカレッジ山口校)&グリーンフレグランス

山口県宇部市 心と身体の健康に役立つ教室 アロマテラピーコンサルティング


テーマ:

アロマリラックス&リフレインセラピストカレッジ山口校ですほのぼの

 

12月12日、山口県介護福祉士会宇部小野田ブロックさまのご依頼により、

講演させて頂きました。

題して、「愛情ホルモンとタッチングとアロマテラピー」です。

 

 

 

介護の現場は、スタッフ不足、流れ作業のような仕事内容・・・

様々な課題があります。

そのような環境の中でアロマテラピーを導入するのは、

複数の介護福祉士の方がアロマテラピーのご理解がないと難しいです。

 

 

生徒さんの中には、かつて介護福祉士さんが数名いらっしゃいました。

職場に導入したいとがんばっていましたが、周りのご理解を頂けず、断念されました。

 

どういう時に何の精油を使用するのか?

そのようなお話もできますが、

なぜアロマテラピーが有効なのか?

なぜタッチングが大切なのか?

そのメカニズムを理解して頂くことを重要視させて頂き、

アロマテラピーの魅力をお伝えしました。

 

例えば、ユーカリプタス精油は「咳を鎮める作用」があります。

でも、「喘息で咳が出るからユーカリ精油を使用する」というのは間違っています。

理由は、ユーカリプタス精油には“1.8シネオール”という成分が80%以上含有されています。

80%以上1つの成分が含まれているから薬のような効果が期待できます。

この成分は気管支のカタル症状を緩和しますが、

皮膚刺激粘膜刺激があるので、喘息の発作時は使用できない精油です。

 

そのようなお話もできますが、まずはアロマテラピーのメカニズムを!

 

 

皆様、ご高齢者のお世話をする仕事です。

触ることが当たり前でご高齢者と関わっています。

人は触れられることによって、脳内から愛情ホルモンが分泌されますし、

精油の中にも愛情ホルモンを分泌するものもあります。

 

そのようなお話の他にも、私の活動を紹介しながら

今のアロマテラピーの位置づけなども盛り込み、

介護の世界にもアロマテラピーが有効なこともお話ししました。

 

 

擦り方もメンズのお二人に登場して頂き、実践して頂きました。

ご協力ありがとうございましたカナヘイうさぎ

 

 

今のアロマテラピーの位置づけは、5年前10年前と違って

どんどん身近なものになっています。

とくに医療従事者の方でアロマテラピーの勉強をする方が増加していますし、

医療従事者のアロマ団体も複数あります。

 

介護の現場では、ボランティアから施設の差別化を目的に

アロマセラピストを訪問させてアロマテラピーを導入する施設もあります。

少しずつですが、介護の世界にもアロマテラピーが導入されています。

 

講演の後、皆様と一緒に食事を頂きました。

私のお弁当もご用意頂きましてありがとうございましたカナヘイハート

 

残って良かったです。

介護福祉士さんのお話を聴くことができました。

私が持っていたイメージが変わりました。

 

 

そして、食後の後は親睦会カナヘイキャンディ

私も参加させて頂きました。

 

 

ちゃっかりお土産も頂きました。それも二袋もてへぺろうさぎ

1つは娘のお土産になりました。

早速その日の夜から娘が使わせて頂いてます。

ありがとうございますカナヘイハート

 

 

この日、娘を連れて行けば良かった・・・と後から思いました。

アロマテラピーの話も聴かせたかったけど、

介護福祉士さんの話を聴かせたいと思いました。

 

アロマテラピーを通じて、私が伝えたいことを皆様が受け止めて頂けると嬉しいですつながるうさぎ

 

 

ご案内

 

 

Aroma Relaxさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス