賞賛する仕組み、批判する仕組み ~引き寄せの法則~ | 宇宙の中心は『わたし』

宇宙の中心は『わたし』

宇宙はあなたの感情に反応しています。
「楽しい気分でいる」以上に、大切なことはありません。
自分のやりたい事が見つからない人、好きな事で生きたい人に
もっと人生を楽しく生きる為のヒントを書いています。


テーマ:

いつも読んで頂き

ありがとうございます!

 

応援ありがとうございます爆  笑

ダウンダウンポチっとお願いします

 

 

皆さんの温かい応援が

とても励みになっています照れ

~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

生きていれば

人間関係はつきものです

 

 

沢山の喜びを与えてくれる

人生の大切なピースです

 

時に、あなたに「愛」

「優しさ」を教えてくれます

 

 

 

しかし、当然それだけではありません

 

 

「人間関係」が、あなたの

悩みになることもあると思います

 

 

もちろん、どんな状況だって

本来の自分の視点(自我を超えた

もっと大きな視点)からみれば

 

 

いつだって、完璧であり

喜びの一部なのですが

 

 

常にその視点にいることが

出来ない時もありますよね

 

 

「ほんとなんなのさ!?」

 

「いい加減にしてよ~」

 

と感じることありますよね?(笑)

 

 

そんな時に、自分の心を軽く

する為に大切な考え方があります

 

 

それは・・・

 

何なのかを言う前に

 

少しを考えて欲しいのですが

 

 

逆とは、「人が賞賛するのは

どんな人なのか?」ということ

 

 

どんな人だと思いますか?

 

 

それは、「自分と同じ

考えの人」なんです

 

 

誰でも、「人にはこう接するべき」とか

「仕事とはこうあるべき」とか

 

自分の考えを持っています

 

で、自分の「考え」と同じ人を

見ると賞賛したくなるのです

 

 

「いいね!わかってるわ!」って(笑)

 

自分が賞賛する人を

思い出してみて下さい

 

きっと、自分が共感出来る

部分があるはずです

 

 

これが、人が賞賛をする理由です

 

 

ということは、ですよ

人が「この人嫌だ」

「何か苦手」

 

感じる理由が自ずと

分かってきませんか?

 

 

賞賛する 

= 自分と同じ考えの人 

 

嫌う、批判する 

= 自分と違う考えの人

 

 

こうなります

 

 

あなたが、嫌いな人は

あなたと「考え方」

「価値観」が違う人なのです

 

何が言いたいかというと

 

 

もし、嫌いな人がいるとしても

 

その人は「ダメな奴」じゃないんです

 

「単に、自分の

考えとは違う人」なんです

 

 

言いたいこと伝わりますよね?(笑)

 

 

 

あなたが嫌いな、あの人は

 

「最低な人」でもなく(笑)

 

「人として終わってる」訳でもなく(笑)

 

 

自分の理解を超えた人

 

あなたの「正しい」とは

別の「正しい」を信じている人

 

 

ただ、それだけなんです

 

 

例えば、以前に海外で日本人

サポーターが試合を観戦した後に

 

スタンドのゴミ拾いをして綺麗に

したことで、海外の人が驚き

話題になった出来事がありましたが

 

この出来事に関して

あなたなら、何を感じますか?

 

賞賛したくなりませんか?

「いいね!」って

 

 

しかし、賞賛があった一方で

 

「ゴミを拾うなんて

なんてことをするんだ!」

 

という批判もありました

 

 

「・・・ん?」滝汗

 

と思いませんか?

 

なぜ、このようなことを

言うか分かりますか?

 

 

実は、「ゴミを拾ってしまうと

清掃員の仕事が無くなるじゃん!」

 

というのが理由です

 

 

この出来事に対して

 

賞賛する人

 

批判する人

 

この二つの違いは

 

 

自分の「考え」と

一致しているのか?

 

それとも、違うのか?

 

というだけなんです

 

 

「ゴミを拾うのが正しい」

 

という人は賞賛するし

 

 

「ゴミを拾ったら清掃員の

仕事が無くなる」

 

という人は批判する

 

 

シンプルにそれだけ

 

あなたが怒りを感じるあの人は

 

きっと、あなたの知らないことを

正しいと信じているだけ

 

あなたの「知らいない事」を

知っているだけ

 

 

大切なのは

 

人が「人」を賞賛して

人が「人」を批判する仕組み

 

これを「知っている」こと

 

 

すると、冷静に客観的に

物事をみることが出来ます

 

 

自分が誰かに批判された時

 

自分が知ってことを

あの人は知らないだけ

 

 

自分が他人を批判する時

 

あの人が知っていることを

自分が知らないだけ

 

 

ただ、それだけなんです

 

 

もう一度言いますが

 

大切なのは、この仕組みを

「知っている」ことなんです

 

 

知ってるのと、知らないのでは

見える世界が全然違うんです

 

 

「私が正しい!」と自分の

価値観を他人に押し付ければ

 

相手も自分も苦しくなります

 

 

あの人は、「あの人」

 

あなたは、「あなた」でいて下さい

 

 

 

 

 

 

いまのり

 

 

いまのり 公式アカウント

友だち追加

LINEで @pxs7074b を検索してください

気軽に登録してくださいね照れ

 

 

Twitterもやってますので是非!

twitter

 

 

皆さんの温かい応援が

とても励みになっています

ダウンポチっとお願いします

いまのりさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス