819号目 田んぼっていいですね。 | 社長が不在でも自然と業績が伸びる組織づくりをマルゴト支援するあなたの心のパートナー

テーマ:

 

 

ゴールデンウイークは、

毎年恒例となっている、

妻の実家での田植えがあります。

 

 

 

 

田んぼを数十枚お持ちですが、

植えた後の手間がかかる等の理由により、

年々、稲を植える田んぼが減っています。

 

 

放置している田んぼもあれば、

周辺の方々へ貸している田んぼもあります。

 

 

苗を植えたら、秋には稲ができる。

そんなもんじゃありません。

 

 

 

苗を植えた後も、水の管理、追肥

雑草、害虫や病気の防除、等々、

あります。

 

また、常に天候を気にしながら、

田んぼを守る。

 

 

 

これは、イノシシ対策の電気柵です。

昨年はなかったのに、今年から全ての田んぼを

網で囲い、電流を流しているようです。

 

 

田んぼにイノシシが入ると、

臭いがついて米が食べられなくなるそうです。

米を食べるためには沢山の苦労がありますね。

 

 

 

 

 

 

田んぼが家の前にだけあれば、

まだ管理は楽なんでしょうが、

川の向こう側にも、裏山にも、

山を越えた先にもってなると、

 

 

農業を専業でやってるならまだしも、

副業となると、そもそも無理があります。

 

 

 

最近よくテレビで拝見するのが、

ドラマでも使われた

AIを使った自動操縦のトラクターです。

 

 

これは北海道だからできる。

こっちは、広い田畑じゃないんです。

狭い田んぼが何枚もあり、

田んぼ同士の距離もある。

 

 

技術的にできないことはないんだろうが、

いくらかかるんだろうか?

 

かなり、楽になるだろうけど、

資金面では、採算が取れるんだろうか?

 

 

高額の場合、農家1件ごとに投資するのか、

地域全体で投資するのだろうか?

そうなったら、もめるんだろうな・・・。

現実的に考えてしまいます。

 

 

 

普段の生活をしていると、

田んぼで泥だらけになることってありません。

 

 

 

全自動になったら、

手伝うこともなくなり

寂しくなりそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社ツナガル 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

http://kanazawa-kaigyou.com/

 

小林弘昌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ