761号目 時効の援用、金融機関はどう見るか? | すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー

テーマ:

 

 

時効の援用シリーズ3日目です。

 

 

 

 

昨日は、個人信用情報照会について

書きましたが、それを受けて、

『金融機関はどう判断するのか?』

本日は書いてみます。

 

 

 

 

 

 

いずれにせよ、

サラ金からの借入を21年間の間、

放置したことには変わりはありません。

 

 

 

しかし、この方の場合には、

遥か昔のことであり、

かつ、海外に赴任したこともあり、

そんなことは、融資を判断する上で

大きな問題ではありません。

 

 

 

 

時効の援用を行った場合における

金融機関の判断については

分かれます。

 

 

 

 

 

大切なのは、過去の事実に対して

どのように向き合ったのか?

ここが問われます!

 

 

 

 

選択肢は3つです。

 

①時効の援用により債務を抹消する。

②バカ正直に返済する。

③放置する!

 

 

 

 

 

 

③は最悪です。

どの金融機関も、間違いなく門前払いです。

 

 

 

 

 

 

 

迷うのは、①と②の選択です。

 

①を勧める金融機関である

○○政策金融○○は、

プロセスは重視しません。

 

 

 

審査を行うときに、

債務の整理が完了されていたら、

全く問題はありません。

とっても優しい?金融機関です。

 

 

 

 

民間の金融機関は、

そんな男前な判断をしないのが

一般的でしょう。

時効の援用をして、

借金を消滅させる人は、

同じことを繰り返す。

そう考えます。

 

 

 

 

 

金融機関としては、

これから貸すであろう貸付も

消滅されたら困りますからね。

 

 

 

 

『借りたものは返す!』

そんなことができない人は

相手にしない。

最も普通な考え方です。

多くの金融機関は、

当たり前のことを求めます。

 

 

 

 

中には、時効の援用を行っても、

問題ないと考える

民間の金融機関もあるでしょう。

金融機関ごとに異なります。

 

 

 

②でしか対応しない金融機関が

ほとんどでしょう。

 

 

 

 

時効の援用により、

借金を消滅することなく、

バカ正直に、借入を返済した場合には、

どこの金融機関でも

案件として受付はするでしょう。

 

 

 

 

 

ただ、ここで問題が一つあります。

返済により自己資金が減っちゃいます。

自己資金の減少により、

信用が低くなってしまいます。

 

 

 

 

 

金融機関の判断 以前に、

事業自体も始めることが

できなくなることもあるでしょう。

 

 

 

金額の大小により

判断は違ってくるでしょう。

 

 

 

勝手に判断する前に、

正直に金融機関に事情を説明し、

判断を相談するのが、

間違いないでしょう。

 

 

 

 

 

遠い過去のことなので、

親身になって考えてくれるはずです。

 

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社ツナガル 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

http://kanazawa-kaigyou.com/

 

小林弘昌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ