715号目 価格交渉は第三者を使うと納得できる。 | すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー

テーマ:

 

M&Aと言われる、会社の売買

最近、私の周りでも増えています。

 

 

会社の売買は、

正式には、株式の売買です。

 

 

 

 

会社を買いたい人は沢山います。

会社を売りたい人は、なかなかいない。

売りたい金額で売れなければ、他に売る。

そんなバランスで成り立っています。

 

 

 

 

 

 

異業種に進出したく、

既存の事業と全く関連のない業種の会社を

買うこともありますが、

関連した業種の会社を買うのが一般的でしょう。

 

 

 

 

 

ちょっと二ッチな企業となると、

売りたいと言っても、買う人は限られます。

その地域では1社のみ対象なんてこともあります。

 

 

 

そんな二ッチな業界の中でのM&A。

売り手から『買わない?』と持ち掛けれらた

買い手の経営者から、相談がありました。

 

 

 

 

買い手は、無理な値下げは要求しないが、

常識を超えて高い金額では買いたくない。

至って普通のいい方です。

 

 

 

 

 

 

それに対して、売り手は、

無茶に高い金額を提示します。

客観的な評価額を出しても納得しない。

 

 

 

 

 

売り手には、

これまでその企業を育てた思いがあるのか、

単に、お金が欲しいだけなのか、

値下げには応じません。

購入を断ってもいいが、できれば買いたい。

 

 

 

 

第三者から言われると、納得もするでしょうが、

私は、買い手の一味と思われています。

 

 

 

 

購入資金として金融機関へ申し込む。

金融機関は、

融資の審査の一環として、

資金使途が適切かを判断します。

つまり、株価の査定を行います。

 

 

売り手に提示するには、これで十分です。

 

 

『銀行から高額だと指摘された。』

その一声で、

金額交渉は主導権を握ることができます。

 

 

こんな案件が続いています。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社ツナガル 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

http://kanazawa-kaigyou.com/

小林弘昌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス