★698号目 辞める人は、仲間じゃない? | すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー

テーマ:

 

経営者としては、どんなスタッフも

できるスタッフになって欲しい。

できるスタッフには、可能なら、

辞めずに、継続して働いて欲しい。

 

 

 

 

 

人手不足の中、

そう考えている経営者は多いはず。

私も、そう考えています。

 

 

 

 

では、今までの私の人生を振り返り、

働く側としては、どうだったか考えると、

2回退職しています。

 

 

 

 

 

しかも、2社とも、働く前から、

『こうなったら辞める。』

そう確信して入社しています。

 

 

例えば、北陸銀行の場合には、

銀行に対しては 大変失礼だけど、

『5年で辞める!』

そう決めていました。

 

 

入社前に、こう考えていました。

5年過ぎると、多分、

『居心地が良すぎて辞められない。』

したいことがあっても、

辞める勇気を持てない。

ずるずると定年まで働く気がしました。

 

 

 

 

 

 

 

前職の会計事務所へ入社したときは、

『ここの後継者になるかは分からないけど、

 経営者になるんだろう。

 いつになるか分からないけど、

 起業するとき以外は辞めない。』

 

 

 

後継者になりたいとは、

思ってはいなかったけど、

自分が経営者になることは、

自分の中で決まっていました。

 

 

どちらも、入社前に、

辞める条件を決めていました。

 

 

 

定年まで働くことは、すばらしいことです。

でも、私は、

転職をきっかけにステップアップし、

『いずれ経営者になる。』

そう考えていました。

 

 

 

じゃあ、銀行のトップになれば、

いいじゃん!

一応、その点も少し考えたこともありました。

 

 

 

銀行のトップを頭取と呼びます。

頭取になれるのは、10年に一人。

先輩、後輩の前後5年間の同僚の中で

トップになれないと、頭取にはなれない。

そう言われていました。

 

 

私がなれるはずもないのに、

なったらどうなのかは、一応考えてみる・・・・。

 

 

頭取は、とっても魅力があります。

でも、頭取を目指す自分に、

魅力を感じませんでした。

 

 

 

やはり、銀行では、

5年で辞める想いのまま働き続けます。

 

 

 

その間、

『将来、こうしたい。』とか、

『5年経ったら辞める!』なんて、

同僚には、言えません。

 

 

 

 

 

言ってしまったら、どうなるか?

 

 

『辞める人は、仲間じゃない!』

そう思われ、普段通りに

仕事ができなくなる恐怖があります。

 

万が一、継続して働くことになったら、

出世できなくなるのも一つの理由です。

 

誰でも、平和に仕事がしたい。

安心・安全な場が崩れます。

 

 

 

それは、前職の会計事務所でも同じです。

自分のビジョンは、誰にも言わず、

一人でこっそり考える。

 

 

一人で考えるから、

ビジョンに成長がありません。

新たな挑戦もありません。

 

 

 

 

辞めることを前提に働けない。

それが普通の働き方です。

 

明日に続きます。

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社ツナガル 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

http://kanazawa-kaigyou.com/

小林弘昌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス