512号目 風俗事業への融資は、不可能ではない。 | すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー

テーマ:

 

 

風俗店は経営されてはないものの、

風俗関連で事業をされている方の

融資が通りました。

 

 

通ったものの、審査の厳しさを感じます。

 

 

 

 

金融機関は一般的に、

風俗店へは、融資をしないのが原則です。

 

 

 

 

風俗店ではないものの、

風俗店を顧客にしている事業も

金融機関は、同じ基準で見ることになる。

 

 

 

 

 

金融機関は、風俗店へ

プロパーでは貸したくないのが本音です。

貸すなら、保証協会を通すことになります。

 

 

一方、保証協会は、実態で判断し、

風俗業への融資への保証は一切しません。

 

 

結果的に、金融機関は

風俗店へ貸せないことになるのでしょう。

 

 

 

 

『風俗店の定義は何か?』

そこも、金融機関により異なります。

実態で判定するところ、

許認可で判定するところ。まちまちです。

 

 

 

風俗店の許認可には2つあります。

風俗営業許可深夜営業許可

 

風俗営業許可は、接待行為はできるが、

25時以降は営業できない。

 

深夜営業許可は、接待行為はできないが、

24時間営業できる。

 

 

 

 

 

 

これらは、お酒を中心に提供する

店舗のための届出であり、

食べ物の提供がメインの飲食店は、

そもそも、どちらも必要ありません。

 

 

 

接待とは、『歓楽的雰囲気を醸し出す

方法により客をもてなすこと』をいう。

 

具体的には、以下のこと。

1.談笑・お酌等

2.踊り等

3.歌唱等

4.遊戯等

5.その他

 

 

カウンター越しに会話するのは、

接待行為でないとの主張の

ガールズバーは、

接待にあたるとされるようです。

 

 

接待行為の判定は、

以前よりは厳しくなっているようです。

 

 

 

風俗店への融資には、抜け道はあります。

興味がある方は、個別にご相談ください。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社アークシードラボ 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

 http://kanazawa-kaigyou.com/

 

小林弘昌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス