457号目 ギブソンの破産法申請、本当の理由は・・・・・ | 自然と業績が上がるイキイキした組織づくりを目指す二代目経営者のパートナー

テーマ:

 

アメリカの老舗ギターメーカーのギブソン

破産法を申請しました。

 

事実上の経営破綻です。

負債総額は、550億円です。

 

 

 

 

ギターには、ほぼご縁がない私でも、

『ギブソン』は聞いたことがあります。

 

 

 

 

報道では、経営の多角化が原因と言われていますが、

破産の本当の理由は、

ギターに使われる木材が枯渇し、

木材の代わりに、

なんと、材料に『紙』を使っていたから だという。

 

 

 

 

 

ギターの材料に『紙』を使うこと自体は悪くはない。

 

 

『ギブソン』というメーカーが、

紙を使ったギターを売り出すことを

消費者が受け入れられるかを確認せずに、

踏み切ったのが原因のようです。

 

 

 

 

 

しかしそこには、経営者のこんな想いがあります。

 

 

ギターの市場は年々減少しています。

歴史あるギターメーカーとして、

販売数をこれ以上減らすわけにはいかない

 

『ギブソン』という看板があれば、

『紙』を使っても消費者は、

今まで通りに買ってくれるはず

 

 

 

自分のことしか考えていない

メンタルモデルが見えてきます。

 

 

 

2012年、ギブソンは、

絶滅危惧種の木材を違法に輸入し、

違反金を支払っています。

 

 

 

 

 

このことからも、

経営者の考え方は、

以前から変わっていないことが分かります。

 

だから、破産法の申請はなるべくしてなった。

と分かります。

 

 

 

 

そんなことを、

ギブソンの競合メーカーの

ギターを扱っているクライアントとの

会話から考えてみました。

 

 

 

このクライアントは、ギブソンのおかげで、

売上が更に増えてウハウハです。

 

 

 

 

 

 

目に見える出来事だけを見て、

解決しようとしても、解決できません。

 

 

 

 

 

目に見えない課題に取り組む組織に変革することで、

根本的な課題が解決できるようになります。

 

 

 

そんな組織づくりのお手伝いをするために、

今日も名古屋でお勉強です。

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを軽減させ、

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23 奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社アークシードラボ 代表取締役

TEL:  076-223-2229   FAX:  076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら http://kanazawa-kaigyou.com/

 

小林弘昌さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。