黒字って何だ? | 栗鼠の観察日記 3

栗鼠の観察日記 3

大宮アルディージャ(Ardija)が大好きな税理士のブログ。

儲かっている会社は、黒字。損している会社は、赤字。

一言でいえば、そんなこと。


でも前回の例を見てくださいね。

「売上1000万円、必要経費500万円」の会社で、社長がいくら給料を取るかが違うだけ。

社長がお給料を少なく取れば、黒字。沢山お給料を取れば、赤字なんです。


小さな会社では、社長の給料の額というのは、匙加減ひとつ。幾らにでもできますよ。

前掲の会社で、給料ゼロにして、500万円の会社利益(黒字)にするも良し。

3000万円の給料を払ったことにして、2500万円の会社損失(赤字)にするのも良し。

赤字決算にするか、黒字にするか、社長のお好み次第です。はっきり言って。


黒字会社が偉いわけじゃない。赤字が恥かしいわけじゃない。

これ税金の話でなく、算数の世界。簿記・会計以前の問題。

回を追って少しづつ、税金の話も入れていきますね。

続きは、また次回。

.

.

.