節税には赤字が有利? | 栗鼠の観察日記 3

栗鼠の観察日記 3

大宮アルディージャ(Ardija)が大好きな税理士のブログ。

「赤字法人」シリーズ、今回より何回か続けます。

.

商売をすれば、税金が取られます。それは仕方がないこと。

それなら、税額が安くなるように計算するのが、税理士の仕事です。

.

例えば、こんな会社を取り上げましょう。

社員は社長のみ。今年の売り上げ成績は、

「売上1000万円、必要経費500万円

 社長給与250万円、会社利益250万円」という場合、(250万円の黒字会社!)

社長の所得税が約8万円、会社の法人税は37万円。合わせて45万円の税金が取られます。

.

これに対して、

「売上1000万円、必要経費501万円

 社長給与500万円、会社利益は1万円の損失」という場合、(1万円の赤字会社)

社長の所得税のみ、27万円で済みます。法人税はゼロです。

.

黒字だと、税金45万円。赤字なら27万円。その差18万円。

ね、赤字会社のだと、税金が安く済むでしょう。

節税には赤字が有利なんです。