「オキシトシン」というホルモンをご存じですか?

 

オキシトシンは、視床下部で合成され、 視床下部から下垂体に直接軸索をのばして下垂体後葉から投射されるホルモンです。

 

作用は次のようなものになります。

 

 

1 抗ストレス作用があり、心を落ち着かせる「セロトニ

  ン」や、やる気が出る「ドーパミン」の分泌を促す

 

2 母子関係の愛情の醸成

 

3 学校や会社など、集団生活の中で人間関係を構築

 

4 摂食行為の抑制作用

 

5 オキシトシンは、哺乳動物では子どもを産み、育てるう

  えで非常に重要なホルモン

 

6 うつ病予防の治療効果がある

 

 

 

 

オキシトシンが分泌されるには次のような方法があります。

 

① 抱っこをしたり、手をつないだり…。家族や恋人と

  積極的にスキンシップを取ろう

② ペットとのふれ合いはオキシトシンの分泌に効果的。

  
③ 気の合う仲間と楽しい時間の共有。一緒に食事や

  ショッピングなに出かけるのも ◎

④ 積極的に人を褒めたり、感謝の気持ちを伝える

  のも◎。どちらも幸せな気分になれるはず

⑤ 毛布やぬいぐるみなど、手触りが気持ち良いモノを

  揃えよう。ギュッと抱きしめて眠るのも効果あり

 

 

 

    

  

 

 

 

アプローチ会 ✻ 心の相談室

 

アプローチ会は、LINEで「お悩みの相談」を行っています。

専門的な回答が必要な場合は、専門家(精神科医、看護師、弁護士など)がお答えします。

秘密厳守、無料でのご相談をお受けしておりますので、安心してご相談してください。

アプローチ会は、自殺防止活動をして13年になります。

 

 

 

 

友達をつくって仲良くなるとオキシトシンが出て幸せな気分になりますので、皆さんもオキシトシンが出るような体験を積極的にしましょう。

 

 

「5月病」とは

 

 4月より入学や就職、転勤等にともない学校や職場で新たな生活がスタートしています。新生活では、慣れないことも多く知らず知らずのうちにストレスが溜まっていませんか?気づかないうちに無理をしてしまうことも少なくありませんね。

 こうして1カ月が過ぎて5月~6月頃に、身体のだるさ、疲れやすさ、意欲がわかない、 憂鬱感、 不安、イライラ感、 物事を悲観的に考えてしまう、よく眠れない、 めまい、食欲がないなどの心身に不調がが現れることがあります。

 これを「五月病」といいますが、「五月病」は、正式な医学用語ではありません。一般に、この季節に学生や新入社員に起こりやすいため、こう呼ばれるようになりました。 特に20代の女性の約4割が「5月病」を経験している という報告もあります。また、仕事の内容や環境が自分に合っていないために、「適応障害」を起こしていることもあります。

 

 

 

 

「5月病」になりやすい人

 それでは、どのような人が「5月病」になりやすいといえるのでしょうか。5月病の症状は「軽度のうつ」ともいわれますが、うつは脳内の神経伝達物質が一時的に伝わりにくくなる状態が原因とされています。 一般的に、下記のような性格の人は、うつになりやすいといわれています。

 ・義務感が強い ・仕事熱心 ・完璧主義 

 ・几帳面  ・凝り性 

 ・他人への配慮を重視し、良好な関係を保とうとする

 上記の性格を総合的に見ると、真面目で責任感が強く他人への配慮を重視する人ほど、「5月病」になるおそれがあります。

 

「5月病」にならないために

 五月病への対応策としては、ストレスをためないことが大切です。上手に気分転換できるように、日頃からご自分に合ったストレス対処法を多く身につけて心のバランスを取れるようにしておきましょう。

 

 

 

 

★生活のリズムを整える
「起きる時間」「寝る時間」「朝昼夕の食事の時間」を、毎日なるべく同じ時間になるように心がけて、無理をせずに自分に合ったリズムを作りましょう。

 

★栄養バランスのよい食事をとる
ビタミンやミネラルが豊富な野菜や果実が不足しないよう心がけましょう。
また、疲労回復や緊張緩和によい食材を選ぶとよいでしょう。

 

★休養をとる 休日には何もしない、のんびりした時間も必要です。音楽を聴いたり、散歩をしたり、自分なりのリラックス法で休日を過ごしましょう。

また、仕事から離れた趣味を持って、自分の好きなことができる時間を大切にしましょう。 仕事から解放されているという実感が、仕事への意欲も高めます。趣味を介した、仕事とは関係のない人々との交流は、新たな人間関係を生み、生活の幅を広げます。

 

★体温調節に気を付けましょう。 気候が不安定な春には、「薄物の重ね着」を心がけ、暑さ・寒さを感じたら、すぐに脱ぎ着できるように備えておきましょう。暑さや寒さもストレスになります。

 

★自分で自分を追い込んでしまっている面もあるかもしれません。自分の「考え方のクセ」に気づいて、自分にやさしくしてあげましょう。 「全か無か」思考(完璧主義)、物事を「白か黒か」「成功か失敗か」の両極端に分けて考えてしまっていませんか?「できなかったこと」ではなく、「できていること」に目を向けてみましょう。

否定的なことがあると「いつもこうだ」と思っていませんか?「本当に毎回そうだろうか」と自分に問い直してみましょう。そうでないことを発見できれば、少し、気持ちが落ち着くかもしれません。自分の基準でしか行動できず、うまくいかないと罪の意識を持ったり、相手に腹を立ててしまっていませんか?否定的な断定をせず「〇〇であればよし」と考えるようにしましょう。

 

 

「5月病」の原因となる「ストレス」は、誰にでもあります。 ストレスと向き合い、自分はストレスにさらされているのだと自覚すること。その上で、距離を置いてもよいし、何もせずありのまま受け入れるという選択をすることもできます。そして、悩みを抱えてしまったら、一人で抱え込まずに誰かに相談してください。自分の気持ちを話すことで、不安やイライラした気持ちが整理されて、自ずと解決策がみえたり、アドバイスがもらえたりします。親しい人とのコミュニケーション、日常生活に笑いを取り入れることが大切です。

 

 

 

 

 

アプローチ会 ✻ 心の相談室

 

アプローチ会は、LINEで「お悩みの相談」を行っています。

専門的な回答が必要な場合は、専門家(精神科医、看護師、弁護士など)がお答えします。

秘密厳守、無料でのご相談をお受けしておりますので、安心してご相談してください。

アプローチ会は、自殺防止活動をして13年になります。

 

 

 

 

     QRコードをスキャンすると相談業務に入れます    

 

 

 



 

 

 

アプローチ会 ✻ 心の相談室

 

 

be a Friend

 

さみしくなったら友達になって相談しましょう!

死にたくなったら友達になって相談しましょう!

 

       で相談できます  

 

 

 

 

専門的な回答が必要な場合は、専門家(精神科医、看護師、弁護士など)がお答えします

回答者を男性か、女性か選ぶことが可能ですのでご相談しやすく、

秘密厳守、無料でのご相談をお受けしておりますので、安心してご相談してください

アプローチ会は、自殺防止活動をして13年になります

 

 

 

       QRコードをスキャンすると相談業務に入れます    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日行われました第14回思春期公開講座についてご報告いたします。

95名の方にご参加いただき、たいへん有意義な公開講座を行うことができました。どうもありがとうございました 

 

第14回公開講座  

  多感な思春期のメンタルヘルスを万全なものにするために

セルフケアについて考える

 

 

日 時 : 令和3年12月5日 (日)  13:00~16:10(開場12時10分)

場 所 : 徳島県医師会館 4階ホール  

司 会 :  萱谷 厚子(徳島南ロータリークラブ)・岡本 啓二(アプローチ会)

 


 

 

先ず、ご祝辞を徳島市医師会会長宇都宮正登様よりいただき、開会の挨拶を井上俊裕     徳島南ロータリークラブ会長がいたしました。

 

 

        

 

 

Ⅰ基調講演 セルフケアについての考察

  中村 武光 先生(徳島文理大学保健福祉学部人間福祉学科

 

 

中村先生から次の2つについてお話がありました。

①多様化社会に起こる、思春期のセルフケア不足

②私自身のセルフケア

➀ コロナ禍において多くの子ども達が、「嫌な気持ち」になったり「イライラする」などのストレスを感じ、悩んだりうつ状態になっているという調査報告があります。そしてなかなかストレスを上手に減らすことができてい状態です。また保護者についても同様にストレスケアができていないようです。

 

 

 

 

 

 

② 中村先生の体験談を含めてセルフケアについてのお話し

何故、自衛隊生活時にセルフケアができていたのか?

 •自分自身に適した対処法をおこなっていた
 •個人因子(好きなことをする・目標・達成感・対処法を知る)
 •環境因子(周囲のサポート、助けてもらえる存在がある)
 •コロナ禍のストレスに巻き込まれていない

 特に、集団生活で確立されていた周囲からのアプローチがあった(組織のピラミッド)

経験から、自分自身でサポート力を作り活用するの は難しいので、積極的な周りからのアプローチや具体的な環境因子の手段・確立が必要です。

 

 

 

國見 華子 先生(徳島県教育委員会福利厚生課保健師)

 

 

國見先生は、コロナ禍でのこころの健康を守るポイントやストレスをコントロールする方法についてお話ししていただきました。

 

☆ 新型コロナ流行期のいま こころの健康を守るポイント

  ➀ 正しい情報の入手

  ② 規則正しい生活、無理せず休む

  ③ 人とのつながりを大切に

  ④ 気分転換をしてその日のストレスはその日のうちに解消しましょう

 

マスクによる酸欠が 心と体に影響を与えています。「マスク酸欠」を予防して心を安定させましょう

 

☆  ストレスコントロール7カ条

  1 人との交流を大切に ( 他者に相談する )
  2 生活の中に充実感を
  3 ダウンする前に休養 (食事・運動も重要)
  4 仕事や勉強以外の趣味
  5 リラックス法の実践
  6 自分を知る
      自分の考え方のクセを知ることも1つです     
  7 ストレス環境を変える(最終手段)

ストレスとうまく付き合うには,自分に合った ストレスコントロールの方法を見つけることが

 大切です。

 

 

 

竹岡 里紗 先生(むつみホスピタル 公認臨床心理士)

 

 

 

竹岡先生からは、セルフケアについて大切な3つのポイントについてお話ししていただきました。

 

大切にしている3つのこと

➀ 持ち続けないこと‥‥いろいろな気持ち、疲れ、ストレス

  気晴らしやリフレッシュになる行動をする、リラックスできる時間を見つける、好きなモノ・コトを楽しむ

② 余白を作ること‥‥いっぱいいっぱいの状態にならない

  自分のバロメーターを知る、ボーとする時間をつくる、自分の好きな場所を見つける、考えないといけないことを整理する

③ 自分をひとりぼっちにしないこと‥‥自分のこころをひとりぼっちにしない

  安心できる誰かに連絡をとる、好きな人たちの顔を思い浮かべる、サポートしてくれる人を思い出す

 

 

 

田村 幸子 先生(文理大学保健福祉学部看護学科講師)

 

 

田村先生からは、コロナ禍が及ぼすメンタルヘルスへの影響とセルフケアについて、ストレスコーピングや認知行動療法など具体的に分かりやすくお話ししていただきました。

 

 

 

 

 

 

勝瀬 烈     (むつみホスピタル 精神保健指定医)

 

 

勝瀬先生からは、セルフケアの中の相談することの重要性について特にお話がありました。

 

セルフケアとは 心の健康を自分で管理する ことです。

セルフケアが上手くいかない場合、自発的な健康相談も大事なセルフケアの1つです。

1 事業所のするストレスチェックを上手に使いましょう

  ストレスがある場合必ず恥ずかしがらずに医療機関を訪問してください。

 

2 医療機関を訪問しましょう

  心療内科や精神科を訪問することは、恥ずかしい事ではないので、訪問しましょう。場合によっては、入院治療を行ってみましょう。職場や家庭からフリーになることは、ストレスから解放されていいものです。

  

3 民間の相談業務に相談することは恥ずかしい事ではない

   NPO法人(アプローチ会 ✻心の相談室)、いのちの電話      など

  アプローチ会では、 2020年7月からLINEを使った相談業務を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

徳島県保健福祉部保健福祉政策課政策担当主任 吉本貴明 様

 

 

徳島県下の自殺者数の最新情報についてお話ししていただきました。

 

 

 

 

休憩・リラックス体操(15分) 

中妻清 先生・日下裕太先生(むつみホスピタル  理学療法士)に休憩の間に体操を教えていただきました。

 

 

 

 

Ⅱ コロナ禍でのセルフケアについて (シンポジウム) 

 

座長  岩浅祐二郎(NPO法人アプローチ会)・石元康仁(NPO法人アプローチ会)

           東内守(徳島南ロータリークラブ)

 

 

シンポジスト

    中村武光 先生・國見華子 先生・竹岡里紗 先生・田村幸子 先生・勝瀬 烈先生

 

 

 

 

中村先生の自衛隊時のセルフケアについてや退職後の目標とセルフケアについての質問やその他の先生のセルフケアを行う上での重要ポイントについてお話ししていただきました。

 

 

 

 

最後に阿部榮次アプローチ会副理事長が閉会の挨拶を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月16日に 鳴門市健康福祉交流センター で、公開講座「認知症予防を考える」を行いました。その模様をお知らせしたいと思います。鳴門市の皆様、ご参加ご協力ありがとうございました。

 

 

先ず、今年度の思春期公開講座開催についてお知らせいたします。開催の日にちが近づいてまいりました。皆様ご参加よろしくお願い申し上げます。

 

14回公開講座  

  多感な思春期のメンタルヘルスを万全なものにするために

セルフケアについて考える

                                            

 

コロナ禍において、人との交流ができずストレスが増えることによる若者の自殺が増加してきています。 そこで、若者がどのように苦しい時にセルフケア(自助努力)を働かせ病態を克服する努力をしているのか、どのようにすればよいかについて考える公開講座・シンポジウムを開催いたいと思います。 コロナ感染予防をして行いますので、 徳島県にお住いの皆様、どうぞご参加ください。

 

日 時 : 令和3年12月5日 (日)  13:00~16:10(開場12時10分)

場 所 : 徳島県医師会館 4階ホール   徳島県徳島市幸町3丁目61番地

 

 

 

 

       公開講座

認知症予防を考える

 

日時 : 令和3年11月16日(火) 13:30~15:00

場所 : 鳴門市健康福祉交流センター 3F 大会議室

      ※   会場では、コロナウイルス感染予防対策をして行いました。

講演

   認知症にならないために

     勝瀬 烈 先生     

           むつみホスピタル 精神科医/NPO法人アプローチ会 理事長

 

   認知症を予防する食事療法

     山村 千春 先生    

         むつみホスピタル 管理栄養士

 

 

 

 

講演Ⅰ  認知症にならないために   勝瀬 烈 先生 

認知症とは、一度正常に発達した脳の機能が後天的な脳の障害によって低下し、日常生活や社会生活に支障をきたすようになった状態を指します。今後は、高齢者が増えるので認知症の割合は増えてくると考えられています。

 

○ 認知症とは、

① 中核症状は記憶障害をはじめ知的機能の障害であり、失語、失行、失認など実行障害が認められる。

② これらの知的障害は後天的な物であり、一旦発達した知能が低下した状態である。

③ 脳に器質的な変化があり、脳の物質的な異常が認められる状態である。

④ 知的障害の結果、社会生活や日常生活活動に支障を来たす。

⑤ 上の症状は急性あるいは、一時的ではなく意識障害が無い時に認められる。

⑥ こういう状態が、6ヶ月以上続く場合をもって認知症とする。

認知症には、中核症状と周辺症状(行動・心理症状)があります。

 

 

 

○ 認知症の種類

    脳変性疾患

      1 アルツハイマー認知症        67.6%

      2 レビー小体型認知症         12.5%

      3 前頭側頭委縮認知症(ピック病)  1.0%

   脳血管性認知症                19.5%

 

脳変性疾患

1 アルツハイマー認知症  

物忘れで発症することが多く、新しいことを覚えられなくなります(短期記憶障害)。

脳にアミロイドβという物質あるいはタウ蛋白という異常物質が沈着して、神経細胞の障害が起こります。

頭部CTやMRI検査では海馬の萎縮がみられます(初期には目立たないこともあります)。

根治療法はまだありませんが、進行を遅らせる薬があります。

最終的には記憶が完全に失われ、言語機能や身体機能も低下し、寝たきりになります。

 

2 レビー小体型認知症 

脳にαシヌクレインという物質が沈着して、神経細胞の障害が起こります。幻視(存在しないのに虫や人物がみえたりする)が特徴的な症状です。ほかに嗅覚低下、睡眠中の異常行動(夢をみているときに大声を出す、体を激しく動かす)、パーキンソン症状(動作が鈍くなる、小刻み歩行)などがあります。検査では後頭葉に障害がみられます。根治療法はまだありませんが、進行を遅らせる薬があります。

 

3 前頭側頭委縮認知症(ピック病) 

まれに起こる前頭側頭葉変性症は、人格や行動の変化を特徴とするタイプ(堂々と万引きする、関心がなくなると勝手に出ていく、毎日同じものを食べるなど)、言語がしゃべれなくなるタイプ、言葉の意味がわからなくなるタイプなどがあります。

 

脳血管性認知症

脳梗塞や脳出血が原因となります。たとえ病変が小さくても、再発を繰り返すことによって認知症になることもあります。意欲低下が目立ち、脳梗塞(脳出血)でみられるような歩行障害や言語障害、嚥下障害をしばしば伴います。脳梗塞(脳出血)を予防することで認知症が進行しないようにします。

 

 

 

 

 

 

講演Ⅱ  認知症を予防する食事療法   山村千春 先生   

 

 

 

 

体内にゴミタンパクが溜まると認知症を引き起こす一因になるので、ゴミタンパクを溜めないようにすることがポイントです。 ゴミタンパクと食べ物は関係がありそうですね。 食生活改善で認知症予防を考えていきましょう。

リスクを下げるもの

青魚は リスクを下げる

青魚に含まれるDHAの血中濃度が中~高濃度の人は10年後の認知機能低下リスクが11~17%下がったという調査結果がある。

牛乳や乳製品は リスクを下げる

牛乳や乳製品をたくさん摂る60歳以上の女性は認知機能の低下リスクが20%低下。カルシウム不足は骨から溶け出したカルシウムが血管内に溜まって動脈硬化を引き起こす。

オリーブオイルはリスクを下げる

高品質のエクストラヴァージンオリーブオイルが脳の炎症を抑え、認知機能低下のリスクを軽減する可能性。アミロイドβなどの有害物質の蓄積を抑制する働きがあるとされる。

カレーライスはリスクを下げる

カレーに含まれるクルクミンがアルツハイマー型認知症の原因物質が蓄積するのを抑制。油と一緒にとることで吸収率が高まるためカレーは認知症予防に最適。

チーズはリスクを下げる

チーズの発酵工程で生じる『βラクトリン』には認知機能の改善効果があるという研究結果がある。

バランスの良い食事はリスクを下げる
多様な食品を食べている群では認知機能の低下しやすさが44%低下。タンパク質や脂質、ビタミン類などが脳の機能維持に良い影響をもたらす。食材の入手や献立作成なども好影響。

 

    

 

 

 

リスクを上げるもの

長期間の大量飲酒はリスクを上げる

長期間の大量飲酒は脳萎縮の他中枢神経の機能や構造に大きな変化をもたらし、認知症の大きな原因になる。

菓子パン、マーガリン、加工食品に含まれるトランス脂肪酸はリスクを上げる

菓子パン、マーガリン、加工食品に含まれるトランス脂肪酸はLDLコレステロールを上げるため、血管性認知症になりやすいとされている。

過度の牛肉や豚肉はリスクを上げる
牛肉や豚肉を食べすぎると高血圧を引き起こし、脳の血管にもダメージを与えると考えられる。加熱した赤身肉によって体の糖化が促進され体や脳が老化。

 

 

 

 

認知症予防に効果的な食品とは

緑黄色野菜

脳は活性酸素によって酸化されやすく、細胞や血管が老化しやすい。ビタミンCやビタミンEが効果的!

ビタミンC

免疫力や抵抗力を高め、コレステロール値を下げる。

ビタミンE

老化の原因の過酸化脂質が作られるのを妨げる働き。ビタミンCと一緒に取ることで体内の抗酸化作用を高める。

カロテン含有量が多い野菜

青魚

青魚にはEPAやDHAといった不飽和脂肪酸が多く含まれる。

   不飽和脂肪酸の働き

     ・アミロイドβなどのゴミタンパクが溜まるのを防ぐ。
     ・血栓ができたり動脈硬化になるのを予防する。

大豆製品

大豆製品には抗酸化作用のある大豆サニポンが多く含まれる。

   大豆サニポンの働き

      ・コレステロール低下
      ・高血圧予防、動脈硬化予防、がん予防

カフェイン

1日に2~3杯飲むと効果的。飲みすぎは禁物。心拍数の増加や不整脈、感覚過敏や神経過敏、睡眠障害を引き起こす可能性も。

    ・カフェインは血液にゴミタンパクが溜まるのを防ぐ働き。
    ・血流をよくし、脳内の神経伝達をよくする働き。

 

 

運動と認知症予防

有酸素運動

    ・ウォーキング   ・ヨガ   ・水中ウォーキング
    ・踏み台昇降   ・椅子に座って足踏み      など

 

 

 

食事と運動で認知症予防!
できることから始めてみましょう!

 

 

 

 

 

 

アプローチ会がラインを使って行っています 

          「  アプローチ会 ✻ 心の相談室   」 

 

では、「お悩みの相談」を行っています。秘密厳守、相談無料でご相談内容に対する専門家が親身になってご相談に応じてます。ひとりで抱え込まずにご相談してください。

 

   QRコードをスキャンすると相談業務に入れます。

 

 https://lin.ee/4ZyPfpBLc    URLをタップまたはクリックすると相談業務に入れます

 

 

 

第14回公開講座  

 多感な思春期のメンタルヘルスを万全なものにするために

セルフケアについて考える

                                        のご案内

 

 

コロナ禍において、人との交流ができずストレスが増えることによる若者の自殺が増加してきています。 そこで、若者がどのように苦しい時にセルフケア(自助努力)を働かせ病態を克服する努力をしているのか、どのようにすればよいかについて考える公開講座・シンポジウムを開催いたいと思います。 コロナ感染予防をして行いますので、 徳島県にお住いの皆様、どうぞご参加ください。

 

日 時 : 令和3年12月5日 (日)  13:00~16:10(開場12時10分)

場 所 : 徳島県医師会館 4階ホール   徳島県徳島市幸町3丁目61番地

 

 

 
 
 

アプローチ会がラインを使って行っています 

         「  アプローチ会 ✻ 心の相談室   」 

 

では、「お悩みの相談」を行っています。秘密厳守、相談無料でご相談内容に対する専門家が親身になってご相談に応じてます。ひとりで抱え込まずにご相談してください。

 

   QRコードをスキャンすると相談業務に入れます。

 

 https://lin.ee/4ZyPfpBLc    URLをタップまたはクリックすると相談業務に入れます

 

 

 

 

 

ストレスによる心の不調は誰にでも起こります。ストレス要因に対して、身体面、心理面、行動面などいろいろな反応が生じますので、先ずは いつもと違う自分に気づくことが大切です。そして、ストレスと上手に付き合うためにセルフケアの知識と対処方法を身につけ日常的に実施できるようにしたいですね。

 

 

 

1.セルフケアとは

ストレスの対処法を自分なりに学ぶ、あるいは工夫する。

 

2.セルフケアの関わりによって下記の3つに分かれます

  1 セルフケアができない人(患者)

  2 セルフケアできている人

      A 患者

      B 病気がない健全な人

 

3.ストレスの対処法の「3つのR」とは

   ・レスト(Rest):休息、休養、睡眠

   ・レクリエーション(Recreation):運動、旅行のような趣味娯楽や気晴らし

   ・リラックス(Relax):ストレッチ、音楽などのリラクセーション

               (副交感神経の働きを優位にすること)

 

4.セルフケアの仕方

   1 食事、食べることを楽しむ‥‥医食同源  ⇔   拒食症、肥満

   2 睡眠

   3 スポーツ

 

5 コミュニケーションを取りましょう

 

 

6 自分を変える

   方法としてストレスコーピングと認知行動療法、森田療法などがあります。

 

 


 

 

 

  対処行動によるコーピングの分類

問題焦点型コーピング

 ストレスの原因に対して、自分の努力や周囲の協力を得て解決しようとする。解決できない場合にストレスとなる要因(人)を避けるような回避行動も含む。

 

情動焦点型コーピング

解決の方法がない場合に、怒りや不満、悲しみなどの感情を表出する発散型と、誰にも話さずに心の中に抑圧する感情抑圧型がある。

 

認知的再評価型コーピング

ストレスの原因に対して、見方や発想を変えたり、距離を置いたりするなど認知の仕方を変える。ポジティブシンキングとも言われる。

 

社会的支援検索(または要請)型コーピング

周囲にアドバイスを求めたり、信頼できる人に話すことで気持ちが楽になり心理的安定を得られるようになる。

 

気晴らし型コーピング

運動や趣味などのいわゆるストレス解消法により気分転換やリフレッシュを図る。日々のストレス解消に有効である。


 

 

※ メンタルヘルスの不調をおこしてしまい休職している人などは、職場などに復帰しても、自分なりの工夫ではなかなか再発を防ぐことができない場合もあります。専門家に相談してセルフケアに必要な知識を学ぶことも重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

アプローチ会がLINEを使って行っています 

          「  アプローチ会 ✻ 心の相談室   」 

 

では、「お悩みの相談」を行っています。秘密厳守、相談無料でご相談内容に対する専門家が親身になってご相談に応じてます。ひとりで抱え込まずにご相談してください。

 

   QRコードをスキャンすると相談業務に入れます。

 

 https://lin.ee/4ZyPfpBLc    URLをタップまたはクリックすると相談業務に入れます。

 
 
 
 

 

 

 

 

コロナ禍における自殺とその対策


 

 

2020年に新型コロナウイルス(COVID-19)が世界的に流行して以降、わが国の自殺者数の増加に対する懸念が広がっています。

日本では1998年に自殺が急増し、年間の自殺者が3万人を超えていた時期が続いていましたが、2009年以降着実に自殺者は減少し、2019年には2万人を下回りそうな勢いで減少していました。しかし2020年の自殺者数は増加に転じ、年間の自殺者は前年比約4.5%増の21,081人でした。特に女性は、前年比15%増の985人増加しました。(図1)

 

 
 



 

2020年の自殺者数は、1~6月の期間で例年よりも少ない水準で推移し、7月以降増加し10月でピークを迎えるという例のない特徴を示しました。2021年は(8月末時点)では、例年とよく似た動きを示しております。

2020年の自殺者数の推移は、やはりCOVID-19の影響があると思われます。2020年には、緊急事態宣言や3~5月ごろまでの一斉休校がありました。また、比較的若い年代の芸能人の自殺が相次いて報告されました。女性の自殺の増加では、非正規雇用者の解雇、家に長くいるためおこる家庭内暴力(DV)、育児・介護の悩みなどが背景にあるという見方がありますが、これらは実態をさらに分析する必要があります。

 

 

 

 

我が国の自殺率は、失業率との相関関係が高いことが知られていましたが、COVID-19のパンデミックが経済に与えた影響は極めて大きく、今後さらに拡大していくことが懸念されています。2020年の年間平均完全失業率は、2.8%で、2018・2019年の2.4%に比べて高くなり、2021年の完全失業率が最も上昇した10月(3.1%)には自殺が増加しました。コロナ禍での自殺者数は、急増とはいかないまでも感染拡大が終息するまでは楽観できない状況が続いています。

国際的には、失業率の上昇が必ずしも自殺率の増加に繋がらないという指摘もあります。1980~2005年に経済的不況で失業率が上昇しました。そのため精神障害(うつ病やパニック障害、アルコール依存症)の増加という点では世界各国に共通でしたが、失業率が上昇しても自殺率が下がった国がありました。その一例としてスウェーデンでは、失業者に対する再就職支援が行われ、ジョブトレーナーの下で再就職に向けた働きかけを行うことで失業者の孤立を防ぎ、精神的な支えとなったことの見解が示されています。失業手当などの現金支給や医療・治療の提供では、自殺のリスクを下げられなかったと言います。日本の経済対策は、現金支給等が主な対策であり、大きな懸念の材料となりえます。

 

 

COVID-19パンデミックは、社会のあらゆる側面に影響を与えている点で、大規模災害と共通した特徴を持っていると考えられます。大規模災害の直後、社会的不安が急激に増大した際に自殺者が減少することが知られています。2020年4~6月にその現象が起こった可能性が考えられます。しかし大規模災害でも、長期的には自殺の増加が予測され、コロナ禍では、世界的な規模で長期的に繰り返しリスクが高くなっており、大きな影響があると言えます。

 

 


 

 

自殺予防に関して、これまでわが国では着実な歩みを続けてきましたが、コロナ禍において、全く新しい自殺予防の方法があるわけではありません。コロナウイルスの感染が拡大する中では、自殺予防のための医療が不足し、特に大都会では救急医療機関における自殺未遂者の対応が十分機能しない状況が生まれています。これまで実践してきた方法や連携システムをできるだけ早期に回復し、自殺のハイリスク者を優先し焦点化した対策を実践することで、自殺者の急増という事態が回避できると思います。

 

 

 

※ 医師会雑誌、衞藤暢明先生の報告を参考にさせていただきました。どうもありがとうございました。

 

 


 


 

 

 

アプローチ会がLINEを使って行っています 

          「  アプローチ会 ✻ 心の相談室   」 

 

では、「お悩みの相談」を行っています。秘密厳守、相談無料でご相談内容に対する専門家が親身になってご相談に応じてます。ひとりで抱え込まずにご相談してください。

 

   QRコードをスキャンすると相談業務に入れます。

 

 https://lin.ee/4ZyPfpBLc    URLをタップまたはクリックすると相談業務に入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とこころのケア

 

日本医師会雑誌を中心に発信しようと思います。

 

 

COVID-19がもたらす脳とこころへの影響


 

2019年12月に中国武漢市で最初に報告され、瞬く間に全世界に広がった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、われわれの生活を一変させ、今もなおその影響は続いています。コロナウイルスは、身体に与える直接的なダメージの他、脳神経症状や精神変調を来したり、後遺症によってQOLが低下するなど影響は多様です。

また、新型コロナウイルスが感染拡大しはじめたころは、物資不足や未知への恐怖からくる不安が蔓延し、パンデミックによってさまざまな規制が延長されています。

親しい人に会えない、したい事が出来ない、テレワークなどの増加などのライフスタイルの変化等から不安やうつ、失望などのメンタル不調を自覚する人が増えました。

新型コロナウイルスが私たちの脳とこころに与える直接的影響と間接的影響について考えてみました。


 

 

⑴ 新型コロナウイルス感染者に対する直接的影響

新型コロナウイルスに感染にすると、多くの欧米各国の研究報告で、けいれんや脳卒中などの脳神経症状、せん妄や不安、うつ、躁症状、記憶力低下、不眠などの精神症状を多く来したことが報告されています。


 

 

入院、特にICUへの入室が必要となった重症な患者で脳神経および精神疾患が多く認められました。年齢で見ると脳疾患イベントが高齢者に多く、精神変調(パーソナリティ、行動、認知、意識の急変)では、高齢者だけでなくほぼ同程度に比較的若い患者においても認められることが報告されています。なお、COVID-19と同じコロナウイルスのSARSやMERSなどの過去の感染症においても脳神経および精神症状を多く来したことが報告されています。

厚生労働省では、新型コロナウイルスの重症化リスクとして、高齢者および基礎疾患(慢性閉塞性肺疾患(COPD)、慢性腎臓病、糖尿病、高血圧、心血管疾患、肥満)を挙げているが、精神疾患の既往がある患者も感染しやすいという報告が米国の調査などであります。

精神疾患では、糖尿病と高血圧を併発していることが多く、ソーシャルディスタンスや手洗い、マスク着用等の不遵守傾向、また統合失調症ではケアを受けるのに障壁があったりします。摂食障害、ADHD、自閉スペクトラム症、そして認知症でも感染への脆弱性と重症化しやすいことが示されています。認知症は高齢者に多く、高齢者は他の身体疾患を抱えていたり、感染の認知が遅くなったりして、重症化・死亡リスクが高くなると考えられます。

これらの報告から、精神疾患、特に統合失調症や認知症の患者における易感染性、感染後の致死性の高さに注意しなければなりません。

 

⑵ 新型コロナウイルス感染者に対する間接的影響

 

新型コロナウイルスは、間接的にメンタルヘルスにも大きな影響を与えています。

欧米の調査では、うつや不安、不眠、希死念慮などの精神症状が多く認められました。米国の調査では、全年齢のうち18~29歳が51.5%と最も不安やうつを呈しており、パンデミック以前の2019年の全年代の基準が11%で、遙かに高くなっています。70歳以上でも25%あり従来の約2倍でした。男女別では、女性の方が、孤独や不安、ストレス、うつを感じる人が多く、特に産後の女性がうつや不安を予想以上に多く呈していました。

 

わが国でも2020年に行われた調査で、コロナ禍でストレスを感じうつを発症した人が増加したことが報告されています。また高齢者より若年層にメンタル不調を呈しやすいことが示されました。さらに、パンデミックにおいて重度の心理的苦痛や自殺念慮に影響する因子として、コロナの患者数でなく、居住地の都市化レベルと個人の社会経済レベルであると結論付けられています。

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルスは、呼吸器症状だけでなく、さまざまな脳神経および精神症状を来し、回復後も後遺症が残ることがあります。丁寧な精神的フォローも必要となるでしょう。

 

誰もが経験したことのない厳しい日々の中で、精神疾患がなくても不安やうつをはじめとするメンタル不調を感じることが多くなります。精神科に縁のなかった人も、気づかないうちにメンタル不調となっている可能性があります。メンタル不調の兆候をいち早く察知できるようにしていかなければなりません。


 

※ 医師会雑誌、渡邊衡一郎先生(杏林大学医学部精神科学教室教授)の報告を参考にさせていただきました。どうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

アプローチ会がLINEを使って行っています 

          「  アプローチ会 ✻ 心の相談室   」 

 

では、「お悩みの相談」を行っています。秘密厳守、相談無料でご相談内容に対する専門家が親身になってご相談に応じてます。ひとりで抱え込まずにご相談してください。

 

   QRコードをスキャンすると相談業務に入れます。

 

 https://lin.ee/4ZyPfpBLc    URLをタップまたはクリックすると相談業務に入れます。