防災の食について考える~「北の災害食」アレルギー対応食部門入賞「野菜ジュースリゾット」 | おいしいじかんとちいさなしあわせ

おいしいじかんとちいさなしあわせ

Oishii jikan & chiisana shiawase
ワーキングママの簡単おうちごはんと子育ての記録


テーマ:

昨日は、快晴。


前日の大雨が嘘みたいな、


素晴らしいお天気だったので、水族館など、


お出かけしてきました。


子供達は楽しかったそうです。


が、疲れたみたいです。


車で爆睡。


また連れていってあげよう。




 

 

 

 

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

本日は東日本大震災があった日。

 

忘れてはいけません。

 

あれから7年ー。

 

当時は被災した方々のことを思うと、

 

普通の生活を送っていいのかな、って。

 

でも、いつか何か役に立てることができれば、ってずっと思ってきました。

 

 

 

昨日に引き続きまして、

 

防災のための食について考えてみましょう、

 

という勝手な企画で、

 

「北の災害食レシピコンテスト」のアレルギー対応部門で入賞した、

 

わたしの3品目のレシピをご紹介いたします。

 

こちらも、アレルギー27品目不使用です。

 

ただしこちらも、加工品のツナ缶などが使われているので、

 

メーカーによっては大豆等含まれていないか確認してくださいね。

 

 

 

 

 

野菜ジュースで栄養満点、心も体もあったか和風リゾット

 

 

 

レトルトごはん2パック(400g)

玉ねぎ 1/4個

コーン缶 1/2缶 

ツナ油漬け缶 1缶

北海道産かぶ 小1個

北海道産かぶの葉 数本

野菜ジュース 1缶(200cc)

飲料水(ペットボトル)200cc

塩 小さじ1/2

塩昆布 10

 

  1. 鍋に水(分量外、適量)を入れてカセットコンロで加熱し、沸騰したらレトルトごはんを温める。レトルトの表示に従い10分程度加熱する。

  2. 玉ねぎはみじん切りにする。かぶは皮をむいて粗みじん切り、葉も粗みじん切りにする。

  3. 鍋に玉ねぎ、かぶ、かぶの葉、ツナ(缶)、コーン(缶)を入れて炒める。※ツナ缶の油で炒める。

  4. 水を入れてかぶが柔らかくなるまで煮て、数分後、かぶが柔らかくなったら、ごはん、野菜ジュース、塩昆布を入れて水分がすくなるまで木べらで混ぜながら煮る。ごはんが水分を吸ったら火を止める。※ごはんと水分量は11くらいです。

  5. 後で塩で味を調える。

 

レトルトごはんから作るレシピですが、

 

無洗米からつくるレシピを考えてもよかったなー、って後で思いました。

 

こちらも北海道産の玉ねぎをたっぷり入れて、

 

野菜ジュースを入れて煮込むことで、

 

野菜の栄養をとりいれたリゾットです。

 

柔らかいので、子供さんからご年配の方まで、食べていただけそうかな?と思い考えました。

 

こちらもレシピ集には写真や材料の掲載はあるのですが、

 

詳細は省かれていたので、

 

こちらでご紹介ということで。

 

いずれクックパッドさんにも掲載されると思います。

 

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 


本当は今日に防災講座をしたかったのですが、


施設側ですでにスケジュールが埋まっていたため、


再来週に。


あまり集まってなさそうな気がするんですが、


あと一週間。


少しでも増えたらいいな。







 

  

 

 

 


ランキングに参加してみました。

よろしければ、応援のクリックをお願いします。



レシピブログに参加中♪







にほんブログ村




おうちごはんランキング

 

 

Applemintさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス