あおきみさんの ここちいい家づくり 

あおきみさんの ここちいい家づくり 

50代夫婦が自然素材で小さな家を建てました。
そのいきさつを書籍化した「あおきみさんち、家を買う」(2016年)の続編として、
本に入れ込めなかった当時の設備探し&もろもろを、またここで綴っていきます。


テーマ:

M工務店さんでの打ち合わせが、珍しく早く終わったので、お昼を食べ、「名古屋モザイク」へ。私は2回目。くにぞうに「どうする?」と聞いたら、一緒に行くということで。

親切なスタッフさんが、ちょうど時間が大丈夫だったようで、いろいろ教えてくださる。今回、目星をつけたいのは、玄関の中のタイルと、洗面のモザイク。

玄関は、落ち着いた茶色のテラコッタ的なやつに。でもやっぱり、汚れを考えて、グレーのニュアンスあるやつのほうがいいかなあ。迷い中。
 

 

 

前回は全然考えてなかったので、見なかったが、2階に素敵なモザイクガラスがありすぎてクラクラ。私、こういうガラス系の天然石っぽいのが、ほんとに好きみたい。グリーン系とか、黄色が入ったものとか、グラデーションになってて、劇的に迷う。(「ニューヨーカーグラス」のシリーズ)


くにぞうにも、あらかじめ「ちょっと時間かかりますよ」と言っておく。くにぞうは椅子に座って、アイフォン。



    *******

 


板に貼られたサンプルを、何度も引っ張り出して眺めるが、ほんとにかわいくて決めきれない。もう閉館時間が近くなって、もらうサンプルを決めないといけないが、わからないので、てきとうに3つ頼む。


最後に次候補の「シエルなんとか(タイルの名前)」を写真に撮っておこうとしたら、ない。そのサンプルを請求してた女性が、自分の手元に持っていらっしゃった。
 

で、「すみません、ちょっとそれを撮っていいですか?」と言うと、「置くより、縦のほうがわかりやすいですよ」と掲げて持ってくださった。

よさそうな方だったので、「どれにされたんですか?」と聞いてみたら、なんと設計事務所の方みたいだった。「依頼主のおひとりは、こういうのがお好きじゃないかと……。もうおひとかたは、こっちの……」みたいな。
 

 

なんと。建築家の方が間に入ってくださると、こうやって候補を選んでもらえたりするんだなあ。軽い衝撃。わざわざここまで来たり、ネットで探さなくてもいいんだ。でも私はしつこく全部見て決めたいから、たいへんだけど、あちこち行って、自分で選ぶのでよかったと思われる。

 

 


    ******

 


で、急にその方に「汚れが目立たないようにするのに、グレーの目地って、どうなんでしょうか?」と聞いてみる。すると、特にモザイクガラスなど透明なものは、周りの色を拾うので、グレーだと沈んでしまうかも、みたいな。そうなんだ。

「家でもらったサンプルに、シミュレーションで、片栗粉とか溶いて、流してみるといいですよ」とも言われた。そうか。そんな技も(結局やってみては、いないのだけど)。見ず知らずの私に親切にいろいろ教えてくださった。いい方。
 



目地の件も、長らく考えた。今、うちの賃貸のキッチンの壁がタイルで、目地の掃除がけっこうたいへんなのだった。だから白い目地じゃなくて、グレーにしようかと思ったのだが。

このショールームにも、ひとつだけ、グレーの目地の展示があるのだけど、けっこう強い印象だしなあ。考えどころ。

くにぞうは、おとなしく待っていました。「ごめんね! でも、すごいかわいいの、いっぱいあったよー。いろいろ聞けたし」とか言いながら、サンプルを頂いて帰る。



    *********

 

 


別の日。知人がオープンした料理屋さんへ、友達と。店主の奥様のつくられたパッチワーク的なモノトーンのカーテンが、すばらしくかわいい。同じ生成りの布を、わざわざパッチワークにしたような作品なのだ。

 

そして棒にふらっとかけてあるような感じ。カーテン、こういう雰囲気にしたいなあと思って、「素敵ですねえ」と言いながら、しげしげと見てしまう。


 

     ********

 

 


別の日、家で。テレビ台とか、くにぞうのデスクを、もう注文しよう! と今の机とか計測。諸事情で、そろそろもうお伝えせねばならず、ギリギリの日。急ぐ。


くにぞうの仕事デスクは「私と同じサイズでいい」と軽く言ってたので、「えー、大丈夫?」とリビングの広いテーブル(今くにぞうは、ここで仕事してる)をリモコンとか置いて、私の机サイズで区切ってみたら、全然もっと広いほうがいいとわかる。

「あぶなかったよ、みえぞう……」くにぞうは、ぱっと決めるが、全然よく考えてない。私は考えすぎ、迷いすぎて、疲れるタイプ。


で、静岡のお店の閉店の1時間くらい前に、「よっし! だいたいキッチン以外で頼むものとサイズ決まった!」と、電話したら、なんと、ご担当のUさんが休みで「来週でもいいですよ」と、別の方が。気が抜ける。でも、まあ、もうちょっと確認できるのでよかった。

 


締め切りがあったり、選択肢が少ない(サイズがそれしかない)というのは、逆にラク。自由だと、どこまでも長く考えないといけない。


   *******



そのあと、思いついて、リビングの机を移動し、新しい家のテレビと机との関係をシミュレーションしてみる。

図面から、部屋の縦横の長さを出して、そこにクイックルワイパーの柄を置いたりとかして、区切り、実際に机を動かして座ってみて、机の中心を窓からの距離で計測。そこの上に、ペンダントライトを吊るすので(天井の電気の配線位置を決めたくて)。
 

 

 

    *****

 


私の仕事部屋のシミュレーションもしたら、思ってたよりさらに縦長で、横にキツキツに本棚がくることが判明。細長い部屋に入って、いちばん目立つところ。本は並べると、威圧感が出るからなあ。でも棚がないとなあ。考えどころ。

窓は、もう明日M工務店さん行ったら、決定することになっている(窓がいちばん先に決まるのだ)。でももう、決まってしまったほうが気楽かも。変更は、そろそろヘトヘトだ……。

 

 

   

 

 

[今日のまとめ]

家具など実際に動かしてみたり、考えてる棚の高さとかも、マスキングテープで位置を貼って、手を伸ばしてみたり、自分の家でシミュレーションできることがあったら、ちくいち全部やってみたほうがいいです。

 

頭の中で考えてるのとは全然違って、よくわかるし、「これじゃ、ダメだ」とか、ぱっと結論が出ることも多いです。

 

 

 

●ちなみに、2016年に取材にきていただいたWEB「100%LIFE」で、家の中が見れます。

(レンズの関係で、本棚とか、やや伸びて写ってるものも)

タイトル:「自然素材にこだわり抜いた本質的な暮らしの贅沢」

 

『あおきみさんち、家を買う』の中にも、家の写真あります。

 

 

ブログランキングに再び参加します。

よかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス