あおきみさんの ここちいい暮らし

あおきみさんの ここちいい暮らし

整理収納アドバイザー1級を取得し、
自宅セミナーも不定期で行なっています。
整理収納だけでなく、
料理や掃除など家事全般、
冷えとりのこと、
50代の迷いや生き方、
夫とのふたり暮らしのことなど、
のんびりつづっていけたらと思います。

梅エキスづくりの記録です。

(インスタ2投稿に少し補足)

 

自分が作り方を探した時も、

他の方の体験談がとても役にたったので、

記録しておきたくて。

 

 

 

去年、初挑戦して、
四苦八苦しても、どうしても
茶色くならなかった梅エキス。
(インスタ21.6.22)

もうやらないと思ってたけど、
キズのついた青梅をいただき、
200gだけ、
リベンジで試してみることに。
謎を解きたくて。

 


去年、
バーミックスでやってたのを、
今度は陶器のすりおろし器で。
ガリガリと固く、これは重労働!
200gでも大変だ…。

 

陶器のおろし器は、たまたま買って、

金属じゃないのがこれしかなくて。

小さいです。

 

 

すりおろしたのは、こんな感じ。

 

 


そのすりおろしをサラシでこす。
お!去年はペースト状に
ねっとり気味で、
なかなかサラシを
通過しなかったのだけど、
これは簡単で、水分という感じ。
違う!


 

水分ありあり!

 

 

 

 


それを琺瑯の鍋で弱火で煮詰めると、
少ないからか、
あっという間に茶色くなり、

とろみもついてきた!

 

これくらいで、完成とする。

あまり詰めすぎないほうがいい

とも、ネットで見て。

 



これ!これ!
写真で見る梅エキス!
あっさりできた。
去年のは、何だったのか。

 


しかし、
しつこく確かめてみてよかった。
味は爽やかな感じ。
ちょっと舐めたら、終わるけど。


これは、
お腹のカビ対策で、
梅エキスがいいと本で読み、

挑戦してるもの。


(話せば長いので、
私のブログ参照ください)

→このブログの

「冷えとり 私のめんげん」の

14あたり。

逆流性食道炎のくだりです。

今おなかは、良好。

#梅エキス
#おなかのカビが病気の原因だった 
#内山葉子
#あおきみさんのここちいい暮らし 
#冷えとり私のめんげん
#冷えとり

 

 

 

 

 

************************

 

 

(インスタ2つめ)

 

梅エキス、リベンジの続き。

6/9に成功してから、
わずか2日後(6/11)、
同じようにやろうとしたら、
はっ!もう梅が柔らかくて、
すりおろせない…。
グニュッとなってダメ。
2日でそんなに熟すんだ。

 



なので、
去年と同じように、
バーミックスでやったら、
やはり、もうねっとりペースト。


 

蓋をあけたところ。

 

 

ペースト状なので、サラシでもこしにくい。

 

 

同じ琺瑯の鍋へ。

 

 

 

水分が飛んできても、茶色くはならない。

 

 

最後までこんな色味。去年と同じ…。

 

 


茶色になるかは、
あの、青くてガリガリ、が、
こんなに決め手だったとは!

あとは同じ琺瑯の鍋なので、
同じ条件だし。
わー。一年越しの謎が解けた。

だから、完熟の梅ではつくれない、
と書いてあるものが多いのだな。



***************



もう納得したので、

残りは黒糖(余ってた)を入れて、
そのままジャムに。
面倒なので、種も一緒に煮て、
食べる時出す。
(梅エキスの搾りかすも一緒に煮る)

 

はちみつ

(高FODMAP)より、

黒糖のほうが、

逆流性食道炎やSIBOには、

よい食べ物らしいし。

(「腸を治す食事術」江田証)

 

純粋はちみつは、

酵素がこわれるから?

高温にしないほうがいいらしいし。




 

 


でも青梅だから、
ちょっとアクっぽいかも。
でもしばらく冷蔵庫に保存して、
そのあと食べたらそうでもないか。
よいかも。
大量なので、冷凍もしておく。

今の私の結論としては、
ジュースがとれるくらい
硬い青梅でないと茶色くならない、
でした。

茶色くならなくてもいいと、
去年専門家の人に言われたけど。
(電話してみて)

でも、まだ謎は残ってる。
茶色くないのも、
梅エキスと同じ働きをするのか、
じゃあ青梅ジャムはどうなのか。

いつか、この謎が解ける日が
あるのかしら。

とりあえず、
青梅をガリガリおろすのが
大変すぎなので、
もう来年はやらなそう。

このあとは、
大量の梅干しに専念だ!

 

梅干しにも、梅エキスと

同じような効果があるらしいので。

(「おなかのカビが病気の原因だった」内山葉子)

#梅エキス
#梅ジャム
#梅仕事
#梅仕事2022