こんにちは。

あおい堂鍼灸院の今泉です。

 

ブログランキングに参加しています。

応援クリックお願いします!

(っ'ω')っ)))))

円形脱毛症ランキング

 にほんブログ村 病気ブログ 円形脱毛症・脱毛症へにほんブログ村

できましたらクリックでとんだランキングページから再びこのページを選んでクリックしていただけると幸いです……。

 

前回の記事では消化不良の食事の継続

円形脱毛症を発症させる可能性があると書きました。

それは消化不良の食事を続けることにより胃を働かせすぎる事により熱を帯びた結果と言う内容でした。

では脱毛症に関わるのは胃に関しては熱だけなのか?

答えは『否』。

今度は胃の冷えというものも関与していると私は考えています。

過去記事『これは要注意 Part3』ではアイスに注意すべしと書きました。

記事の中でも触れていますがアイスは冷たい事により

温かい陽である気の働きを鈍らせる事、

甘い味により陰である血の質を落とす事(オ血に成りやすい)、

これらにより髪の毛の育成に障害をもたらすものと考えています。

そして以下述べる内容はこれまた私の経験談なのですが

陽明胃経(ようめいいけい:胃に深く関係する気の流れ道)が

アイスなどの冷たいもので破られ脱毛症が発症する場合、

脱毛部が最初に現れ易い場所というものがあります。

それはどこかと申しますと、

の前額髪際隅部(ぜんがくはっさいぐうぶ:以下省略してZHG)近辺なのです。

私の経験則上ココから始まる事が非常に多いのです。

 

ここで東洋医学のマメ知識を少々。

季節的にこれから冬本番を迎える事になります。

そんな時、街中ではダウンジャケットを羽織ったり下着ではヒートテックなどの

とても暖かくなる衣類を身に着けます。

でも身体の一部だけ衣類を纏わず、むき出しで家の外に出る場所があります。

それは顔。

イヌイット(エスキモー)の方々も極寒の地に住み、

とても暖かい服を着ていますが顔だけは出ていますね。

南極越冬隊も顔の防備は身体の他の部分に比して薄いです。

東洋医学上、顔は陽明経(ようめいけい)とよばれる経絡が通っており、

尚且つ顔面には陽明胃経の他に同じ陽明の陽明大腸経という経脈も流れています。

この2つの陽明経で温められた顔面は身体の中で寒さに強い場所であると説明されています。

この陽明経とは一体何なのでしょう。

東洋医学で陽明経は多気多血という性質があるとされています。

これは陽明経は身体の中で気も血も多い場所を流れているという意味です。

そしてそれは身体の正面部分、当然顔も含まれます。

しかも顔は温かい陽明経が流れ、おまけに陽の気のたまり易い人体上部です。

それだけ身体の中でも温かいはずの部分なのです。

 

話は戻って左のZHGのどの辺かというと、

そしてここは前回の記事でも使用した経絡流注(けいらくるちゅう:気の通り道)図を使うと、

出典:藤本蓮風著「臓腑経絡学」に加筆

 

こうなります。

胃の気は頭全体に流れていますが、

上の図では太い実線で描かれていて関係が非常に深い場所と言えそうです。

アイスなどの冷たい食品で陽明の気が衰えるとこの辺に変化が起きるシステムが

身体にはありそうです。

よく考えてみると、冷たいかき氷などをバクバク食べた時に頭がキーンと痛くなります。

それってだいたいこの辺じゃないですか??

 

 

 

胃熱は後頭部から、

胃寒は前頭部から。

勿論「絶対!」とは私もまだ言い切れませんが

大まかにはこんな法則がありそうに思えますね。

 

参考にしてみてください!

 

こちらも見てみてください!

円形脱毛症の鍼灸治療についてもっと詳しく書いてあります。

あおい堂鍼灸院HP

『円形脱毛症考』

あおい堂鍼灸院は

鍼灸治療専門院です。

 

フォローしてね…アメンバーぼしゅうちゅうペタしてね