鶴ヶ島市の整骨院 あおふじブログ
  • 28May
    • 5月28日のこえの画像

      5月28日のこえ

      歩かない人ほど痛みがすっきり取れない。長年腰痛だった患者さんが、最近随分と良くなってきたそうです。それでも駅からここまで歩いてくる途中腰の辺りが重くなったそうです。「痛いのではなく重いんです」というのが患者さんの感覚で、痛みはもうなくなり、残っているのは違和感と重だるさです「普段ここに来ない時はどうですか?」と質問すると、いつもはほとんど歩かないから痛くないそうです。腰痛を経験したことがない人でも、普段から歩いていなければ、いざ歩いた時すぐに疲れてしまうでしょう。後は徐々に歩く距離を伸ばしてスタミナをつける必要があります。長引く痛みを経験した高齢者に特に多いのが「また痛くなるといけないから無理は禁物」と歩かない人です。そのため痛みがなくなった後も歩いた時に重だるさや痛みが出ることが多いのです。たまに歩くと痛いのはいつも歩かないから全身が衰えているからではないでしょうか。少しの期間でも歩かなければ姿勢を維持する筋肉歩く時に働く筋肉は衰えます心の面も同様に歩く必要がある時には不安になりますその筋肉を使った時にすぐに疲れてしまうでしょうし不安な感情によって筋肉はこわばりますスポーツジムで普段から十キロのバーベルを持ち上げている人は5 kg や10 kg のものは難なく持ち上げると思います一方で、重いものを持ち上げることがない人が急に5キロの重さを持ち上げればすぐに疲れてしまうでしょう痛みが軽くなってきたら出来る範囲で体を動かしましょう少しずつ体力や筋力が戻って来れば歩ける距離も増えてくるはずです歩くことに自信がつけば不安や恐怖もなくなります病院や治療院で治療や施術を受けても最終的に直すのは自分なんです最初から無理することありませんが少しずつ体を動かすことで痛みのない活動的な生活に戻れる可能性が高まります

  • 27May
    • 不安を追い出す方法

      頭が不安でいっぱいになり、1日中ネガティブななことを考えてしまう人がいます。考え続けている不安に答えはないのですが、考えることに一生懸命です。これは、人間の脳の特性として仕方がないともいえます。でも、真面目に何時間も不快なことを考えていては、脳のエネルギーを全部使い果たしてしまいます。激しく怒鳴り合う夫婦喧嘩の最中でも、電話が鳴り受話器を取った瞬間に怒りは下がり、声のトーンは冷静に戻ります。電話が終わってからも、同じ怒りの状態が続いている人は少ないと思います。別な行動が入ると嫌な感情は出ていくのです。不安でしょうがない時でも、必死に掃除や庭の草むしりをしている時、激しいスポーツをしているときには不安は消えているはずです。とはいえ、不安なことを考えることが長年の習慣になっている人にとって、外に目を向けて考えないことは、ただのごまかしに思えてしまうかもしれません。まずは、長年頑張ってきた自分、嫌な感情手放せない自分を受け入れること。そして、「不安なことをいくら考えても答えがない」ことを知ることから始めましょう。YouTube動画でも解説しています🔽不安を追い出す方法院長著者脳に教えれば腰痛は楽になるチャンネル登録はこちらからあおふじ整骨院ホームページ🔽https://www.aofujiseikotsuin.comTwitterでも発信しています🔽https://mobile.twitter.com › aofujiseikotsu

  • 25May
    • 自分を演じるということ【その場に応じてキャラクターは変わる】の画像

      自分を演じるということ【その場に応じてキャラクターは変わる】

      ある患者さんは、初対面の相手と接するときに、いつもよりテンション上げて頑張ってしまうそうです。いつもより笑顔を増やし、印象が良くなるように振る舞います。この振る舞いに関して、特に悪い事はないと思います。誰でも、相手や環境に合わせて自分を作り、演じているはずだからです。私も、職場では先生と呼ばれ、家に帰れば父親になり、学生時代の同級生と一緒の時は昔に戻ります。30代の頃勤めていた病院に、当時よくテレビに出て活躍していたお笑い芸人が、患者さんとして通院していたことがあります。こちらから話しかけても、小さい声で返答するだけで、プライベートは「暗いつまらない人」という印象でした。しかしすぐ後に、その芸人さんは、キングオブコントというテレビ番組で優勝したのです。プライベートでは目立たない人物に見えても、お笑い芸人としては面白い、人気者として活躍していたのです。このように、誰もが今いる集団の中で、自分のキャラクターを演じています。ただ、あまりにも本来とかけ離れた自分を演じ続けると、疲れてしまうかもしれません。理想を求めて頑張りすぎると不自然になり、お互いが気疲れしてしまいます。無理せずに自然体でいられるコミュニティーが、1つでもあると良いのではないでしょうか。家庭や会社では話せないことを相談できる場があると、心のストレスを軽くすることができます。詳しい内容は動画で解説しています👇本日のYouTube動画↓自分を演じるということ院長著者脳に教えれば腰痛は楽になる

  • 14May
    • よくない習慣を減らすコツの画像

      よくない習慣を減らすコツ

      お菓子を見つけるとつい食べてしまう、勉強の合間にスマホを見る、嫌なことがあるとお酒を飲んでしまう。こうした習慣は誰にでもあるのですが、それが悪い習慣や依存性のあるものなら、見直していくことが必要です。悪い習慣を減らすコツとして、つい行動してしまう「きっかけ」を見つけ、見直すことです。たとえば、お菓子を見ると食べてしまうのは「お菓子を見る」というきっかけがあり、それを引き金として欲求が起こるからです。ですから、お菓子の食べ過ぎを止めたければ、お菓子の買い置きをやめるところから始めましょう。買い置きがなければ、お菓子が目につく事はありませんから、欲求が生じるきっかけの1つを取り除いたことになります。とはいえ、行動してしまうきっかけを見直しても、うまくいかないこともあります。でも、一度ぐらいルールを破っても、それで全てが台無しというわけではありません。悪い習慣はすぐに治らないので、そのことを理解しておかないと、たった1度の失敗で「自分はダメ」と決めつけ、そこでやめてしまいます。失敗が繰り返されると、誰でも自信をなくしてしまうものです。詳しくは動画の中で解説しています↓本日のYouTube動画よくない習慣を減らすコツ失敗しても自分には無理と決めつけない院長著者脳に教えれば腰痛は楽になる

  • 01May
    • 今に満足できない理由の画像

      今に満足できない理由

      同じ収入、同じ仕事でも、幸せを感じている人と、まだ足りないと不満を抱えている人がいます。今あるものや環境に満足できないのはなぜでしょう?多くの人が、平均的な収入、週休2日、1日3度の食事では満足できず、もっと欲しくなってしまいます。こうした気持ちの違いは、脳内物質の変化によるものです。その時分泌されている脳内物質の働きによって感情が変化しているだけなのです。地位や名誉、お金など、これらは人間にとっての報酬になります。良い会社に入社して出世し、高い収入を得て幸せになる。人は、こうした報酬を求め、努力し頑張ることができます。こうしたモチベーションをもたらすのが、ドーパミンです。ドーパミンの作用によって快感を得ることができます。その快感は、やる気と意欲の元にもなります。ところが、努力をしても必ず報酬を得られるわけではありません。与えられた報酬によって快感を得られる一方、予測した報酬が得られなかったときには、「快」が「不快」に変わり、ストレスになってしまいます。ですから、お金や名誉などを報酬にしてしまうと、もっと欲しくなり、それを得られなかった時にストレスを感じてしまうのです。求めすぎると、それがないことに不満を感じてしまうわけです。今に満足できない人は、今あるものへの感謝が少ないのかもしれません。すでに与えられている物事や状況に「ありがたい」と感じることが大切です。詳しくは動画で解説しています↓本日のYouTube動画今に満足できない理由脳に教えれば腰痛は楽になる

  • 25Apr
    • 親は残業を減らし子供の宿題を早く終わらせる方法の画像

      親は残業を減らし子供の宿題を早く終わらせる方法

      定時までに仕事が終わらず、毎日、夜の9時10時まで残業して疲れきっている人もいると思います。サービス業のような、相手がいる仕事の人は別として、自分の仕事は効率良く終わらせて、早く帰るべきです。なかなか仕事を切り上げられないのは、「この仕事が片付いたら帰ろう」と考えているからではないでしょうか。仕事を効率よく進めるコツは、自らに締め切りを設定することです。締め切り時間が迫ってるくる事はストレスですから、ノルアドレナリンの分泌が増えます。その結果、集中力や注意力が高まり、仕事がはかどるわけです。娘が1年生の時、1人で机に向かい宿題をやっていました。まだ7歳ですから、勉強に集中できず少しも進んでいません。私は、「頑張ったら何分ぐらいでできそう?」と問いかけ、娘が決めた時間にスマホのタイマーをセットしました。スマホを見えるところに置いて宿題をやらせたところ、設定時間内に余裕を持って終わらせることができたのです。自分で目標を設定しクリアを目指す。これをゲーム感覚で行うと、ノルアドレナリンの集中力にドーパミンによるモチベーションがプラスされます。時間に余裕があるほど気持ちに焦りがなく、仕事ははかどりません。一方で、自分で時間を決めそれを目指して取り組むと、仕事のパフォーマンスが上がります。ダラダラ時間をかけてやるよりも作業が早く、仕事の質も上がります。詳しくは動画で解説しています↓本日のYouTube動画仕事を効率よく終わらせて残業を減らすコツ院長著者脳に教えれば腰痛は楽になる

  • 23Apr
    • 投票率が上がらない理由の画像

      投票率が上がらない理由

      先日行われた統一地方選挙では、投票率を上げるために、テレビやポスターで選挙に行くように呼びかけるなどの対策を行ったようです。しかし、結果は5割にも満たない非常に低い投票率でした。今朝聴いた、ラジオ番組のアンケートによると、投票に行かなかった人の理由として多かったのは、「なんとなく行かなかった」というものです。面白いことに、ちゃんと投票に行った人に質問しても、「なんとなく行った」という理由が多かったようです。要するに、選挙に行った人は「なんとなく行った」、行かなかった人は「なんとなく行かなかった」のです。つまり、多くの人には、投票に行くのか行かないのかに明確な理由は無いのです。人には、いつもと違う行動をとって変化を得るよりも、現状を維持していた方が安心という「現状維持バイアス」が働きます。たとえば、スマホを格安キャリアに乗り換えれば、毎月の料金が安くなります。そのうえ、最新の機種が無料で手に入ると分かっていても、何社もあるキャリアを調べて比較し、手続きする事はなかなかしません。こうするべき、こうしなさいなどと言っても、人の行動は変わりません。ただ、不快を避けて快楽を求めるというモチベーションが人にはあります。面倒なことを解消するためには、こうしたところに注目し、人間の本性に訴えかける対策を講じることで、何かの変化を起こすことができるかもしれません。詳しくは動画の中で解説しています↓本日のYouTube動画投票率が上がらない理由院長著者脳に教えれば腰痛は楽になる

  • 22Apr
    • 取れない疲れは脳で起きているの画像

      取れない疲れは脳で起きている

      仕事を終えて、そのまま遊びに出かける人もいれば、家に帰った途端、グッタリと疲れてしまう人がいます。このような疲労には、単純に体が疲れているだけではなく、脳の疲れが隠れている可能性があります。仕事を終えて、職場を出た瞬間からすぐに気持ちを切り替えられる人は、もうそこから脳の休息は始まっています。一方で、帰りの電車や家に帰ってからも、やり残した仕事の事や、嫌な上司のことが頭から離れない人もいるでしょう。こうした人は、職場を出た後も頭の中が忙しく働いており、脳が休まることがありません。家に帰ってソファーにゆっくり座ったり、ちょっと横になっていれば、体の休息にはなるのでしょうが、その時、頭の中が考え事でいっぱいになっていれば、心の休息にはなっていないのです。詳しくは動画の中で解説しています↓本日のYouTube動画取れない疲れは脳で起きている院長著者脳に教えれば腰痛は楽になる

  • 19Apr
    • 悩み事を解消する方法の画像

      悩み事を解消する方法

      「上司に挨拶をしても返してくれなかった」「嫌われてるかも」「あいつはいつもちょっかいを出してくる。仕事の邪魔!」のように、何か心配事や腹の立つことがあったら、その問題を解消したいと多くの人は思います。しかしながら、悩み事の多くは、会社のこと、相手があることなど、避けては通れない、解決できないことではないでしょうか。ストレスや悩み事の原因を取り除こうと思っても、できないことの方が多く、それをなんとかしようと考えることが大きなストレスになります。ひたすら我慢する、ストレスを見ないふり、なかったことにする人がいますが、たまってしまった感情がいつかは溢れ出し、心や身体を壊してしまいます。そんな時、まずはその悩み事を受け入れ、認めることが必要になります。そうすれば、不快な感情を手放し、コントロールすることが可能になります。心のコントロール法の一例ですが、悩み事を紙に書き出すワークをお勧めしています。詳しくは動画で解説しています↓本日のYouTube動画悩み事を解決する方法(4分50秒)院長著者脳に教えれば腰痛は楽になる

  • 16Apr
    • 糖質制限は健康に良いか?

      79歳女性の患者さんが、「炭水化物を食べないようにしている」とお話しされていました。糖質制限については、「健康に良い」と「健康に悪い」という両方の考え方があります。そもそも、「これを食べれば健康になれる」「長生きできる」という健康情報に、ほとんど根拠はないといえます。たとえ調査をしてそこに相関関係があったとしても、因果関係を導き出せるわけでは無いからです。メディアが取り上げる、「これは体に良い」「これは食べてはいけない」という極端な情報を鵜呑みにしてしまうと、食べられるものが偏り、かえって健康を害してしまうことがあります。詳しくは動画で解説しています↓本日のYouTube動画糖質制限は健康に良いか?

  • 15Apr
    • 相手を見下してしまう

      仕事の遅い人を見て自分と比較し、「自分だったらもっと短時間で終わらせることができるのに」とイラついてしまうそうです。ただ、相手を観察して自分と比較しても、幸せになる事は決してありません。世の中には自分より仕事のできない人もいますし、自分より能力の高い人も必ずいます。誰かと比較ばかりしていると、できない相手や恵まれた相手を責めることになります。比較するなら過去の自分と比較することです。1年前の自分と比べて仕事が出来るようになった、収入が増えた、健康になった、というように、自己成長は必要ですから、その目安として過去の自分と比較してみましょう。詳しくは動画で解説しています↓本日のYouTube動画相手を見下してしまう院長著者脳に教えれば腰痛は楽になる

  • 13Apr
    • 後輩に仕事を教えても覚えてくれませんの画像

      後輩に仕事を教えても覚えてくれません

      入ったばかりの年上の後輩に仕事をして教えているのですが覚えが悪く、いくら教えても覚えないし、メモも取らない上に、「自分には仕事が向いていない」などと言う始末で、後輩のモチベーションが低いそうです。好きなことに対して取り込むときは、ドーパミンが分泌されてモチベーションが上がります。ドーパミンは、「物覚えが速くなる」「上達が早くなる」「記憶力が良くなる」といった効果も期待できます。もう一つ、インプットしているだけでは、記憶に残りにくいということがあります。聞く、読むのようなインプットしたら、それを頭の外に出す、アウトプットすることによって記憶に残りやすくなります。詳しくは動画で解説しています↓本日のYouTube動画後輩に仕事を教えても覚えてくれません院長著者脳に教えれば腰痛は楽になる

  • 10Apr
    • 情報によって恐怖は減るの画像

      情報によって恐怖は減る

      鶴ヶ島は雪が降ってきました。膝や腰など、どこかが痛い時、「動かすと悪化するかもしれない」などと考えて、動かすことが怖くなってしまうことがあります。そんな時でも、十分な安心できる情報があれば、怖さを減らすことができます。言語情報は、不安や恐怖を取り除きます。先日、4歳の娘とお風呂に入った時、右手をお湯につけないため、その理由を聞くと、「手の傷がお湯にしみると嫌だから」と答えました。娘の手を見ると、手首の近くに小さなかさぶたがありました。私が、「かさぶたが傷を隠して守っていて、染みないからお湯につけても大丈夫だよ」と教えてあげると、娘は自分でお湯に手をつけました。これが、何も情報を与えず「大丈夫」と言っても、お湯につけなかったでしょうし、無理矢理お湯をかけたりしたら、びっくりして泣いていたと思います。情報得て、もうお湯に染みないこととその理由が分かり、不安や恐怖の感情が減少したのです。傷があるという現実世界は何も変わらなくても、不快な感情をなくす事は可能です。詳しい内容は、動画で解説しています。↓本日のYouTube動画情報によって恐怖は減る

  • 09Apr
    • 腰に負担をかけると強くなるの画像

      腰に負担をかけると強くなる

      下から何かを持ち上げるときには、それがさほど重くなくても、背中を伸ばし、膝を使って、腰に負担をかけないように持ち上げる。これは、「また腰を痛めてはいけない」「腰は大事にしなければいけない」といった、腰痛に対する不安や恐怖からくるものです。腰痛予防にとって、不安や恐怖の感情は「敵」といえます。不快な感情によって、脳の扁桃体は興奮し、痛みに過敏になります。それに、その動作をするたびに脳は警戒し、ストレス反応が起こり、体をうまく使えなくなってしまいます。詳しくは動画で解説しています↓本日のYouTube動画「腰に負担をかけると強くなる」https://youtu.be/F2kLk97XmF4お隣の木にシジュウカラが来ていました。

  • 08Apr
    • ドウダンツツジとゆずの木を植えかえましたの画像

      ドウダンツツジとゆずの木を植えかえました

      4月に入り暖かくなってきたので、狭いスペースに生えてきていた柚子の木を、庭のほうに植え替えることにしました。数十センチ掘れば、根っこを全て掘り出すことができるだろうと思っていたのですが、根っこが地中深くまで伸びていて、掘っても掘っても先端までたどり着きません。結局、横に植えてあったドウダンツツジを先に掘り出し、さらに深くまで掘り進めてみました。できるだけ根っこに傷を付けないように、小さなスコップを使って掘り進めたりしたので、朝7時半ぐらいに掘り始め、12時前までかかりました。正確に測ったわけではないのですが、地上に出ていた木の高さと同じ位、およそ120センチメートルは掘ったと思います。日当たりの良いところに移動したので、順調に育ってくれると嬉しいです。本日のYouTube動画↓接触回数が増えるほど、人の好感度が高くなることを「ザイオンス効果」といいます。対人関係も食べず嫌いと似ているところがあるのです。詳しくは動画で説明しています↓「人の好みは変わっていく 」https://youtu.be/rKI1Omegj3E

  • 05Apr
    • サプリメントは痛みに効きますか?の画像

      サプリメントは痛みに効きますか?

      テレビや雑誌、新聞の広告を見て、痛みが楽になるイメージから、そのサプリメントを買いたくなるという方は多いと思います。こうしたサプリメントで痛みが良くなるのか?その答えとしては、「効く効かないは人それぞれ」です。サプリメントで痛みが改善されるという科学的根拠はありません。しかしながら、サプリメントを使用して痛みがなくなったという人もいます。その理由として、1つは「自然経過」、もう一つは、「プラシーボ効果」が考えられます。詳しい内容は動画で解説しています↓本日のYouTube動画「サプリメントは痛みに効きますか?」https://youtu.be/BjntDO0R1X4

  • 04Apr
    • 歩いて公園まで花見に行けるか?の画像

      歩いて公園まで花見に行けるか?

      78歳の患者さんが、今度花見をするからと友達に誘われているそうです。すごく行きたい気持ちはあるのですが、歩くと30分ほどかかる公園で、そこまで歩いていけるかが不安で迷っているそうです。やってみた結果がどうなるかは私にもわかりませんし、考えているだけでは答えは出ません。その対策として、行くか行かないの2択で考えない事前に練習のつもりで行ってみるということを提案しました。詳しくは、動画の中で解説しています。本日のYouTube動画「公園まで歩いて花見に行けるか」https://youtu.be/uazuVC3TvgE

  • 03Apr
    • 夜に寝付けなくて昼夜逆転していますの画像

      夜に寝付けなくて昼夜逆転しています

      夜なかなか寝付けない、寝付きはいいけど眠りが浅く朝すっきりしない、夜中トイレに起きて、そこから寝ることができないなど、不眠にも様々なパターンがあります。夜に寝られないから昼に眠くなるわけですが、昼に寝るから夜の眠気がこないとも言えます。要するに、昼間しっかりと日にあたり運動すれば良いのですが、なかなか元に戻すことができなくなってきます。最近は、高齢者でも夜型の人は珍しくありません。子供でも、明け方までスマホやゲームをして、昼過ぎに起きる生活になりやすく、不登校やうつ病の原因になり、このような問題は年々増えているように感じます。詳しくは動画の中で解説しています本日はYouTube動画「夜に寝付けなくて昼夜逆転しています」https://youtu.be/ENghJe9-8ag

  • 02Apr
    • 今朝、ナミアゲハが羽化しましたの画像

      今朝、ナミアゲハが羽化しました

      昨年の秋、庭のゆずの葉っぱについているアオムシを数匹、虫かごに入れて育てていました。順調にサナギになり、冬の間はそのまま放置していたのですが、なんと今朝、ナミアゲハに羽化していました。私が家を出た後、外に逃がしてあげたようです。他のサナギも、羽化するかもしれないので楽しみです。先ほどアップロードした、あおふじチャンネルもご覧ください↓本日のYouTube動画「食べ過ぎだとわかっていても食べてしまいます」https://youtu.be/2uF8UAmTyt4

  • 01Apr
    • 痛いところをいつも気にしてしまうの画像

      痛いところをいつも気にしてしまう

      朝起きてすぐに痛いところを確認して、「ああ、今日もまだ痛い」と、そこからずっと痛みのことを考えてしまう人がいます。「痛みに注意が向いている時は痛みが増強する」「痛み以外のことに注意が向いているときは鎮痛される」こうした関係性があるため、いつも痛みに注意が向いている人ほど、脳の痛みの興奮が強まり、慢性痛に移行しやすくなります。とは言え、痛みのことを考えないようにしようと思うほど、そのことを考えてしまいます。(カリギュラ効果)痛みを気にしないためには、他のことに注意を向けることです。詳しい内容は動画で解説しています↓本日のYouTube動画「痛いところを気にしてしまう」https://youtu.be/lLmi1B9U-gQ