「楽しい子育てを引き寄せる♪」~ママのための癒しのセラピーブログ~

「楽しい子育てを引き寄せる♪」~ママのための癒しのセラピーブログ~

小規模保育園園長が、自身の生き辛かった経験から得た学びや、今まで出会った親子さんから学んだ事など、応援メッセージにして綴っています。

出版・講演のご依頼


☆2016年12月小冊子「子どもはママのメッセンジャー」1500部発刊、全国へ発送。(小冊子の詳細はこちら→虹)

☆保育園園長に至るまでの自身の様々な経験や、今まで出会った多くの親子さんから得た学びを沢山の方へお伝えし、世の中へご恩返しをしたいと思っています。

☆出版社・企業のみなさま、ご縁をいただけると幸いです。 (出版・講演のご依頼はこちらです。→ヒマワリ



NEW !
テーマ:


壁に向かって大声を出して泣いていた2歳児のHちゃん。

「Hちゃん、どうしたの?」

と聞いても、ただただ泣いているだけ。

「そっか、悲しいか。

いいよ…。いっぱい泣いていいよ。」

そう声をかけ、抱きしめると

Hちゃんの泣き声はますます大きくなり、

大粒の涙を流し続けていました。

私は静かにHちゃんを抱っこし、そっと背中をさすりました。

「いっぱい泣いていいんだよ。」

と言いながら。

すると、ある瞬間急にHちゃんが、

「園長先生、これ何色?」

と私のエプロンの模様を指差して聞いてきました。

「緑だよ~」

「み、ど、り?」

「うん。み、ど、り。」

泣きたいだけ泣いたら、

気持ちが落ち着いたのでしょう。

あとは、いつものHちゃんに戻っていました。

私がHちゃんに言った言葉は、たった1つ。

「いっぱい泣いていいんだよ。」

それだけです。

======

子どもが泣き出すと

「いつまで泣いてるの!」

「なんで泣くの!」

「もうやめなさい!」

ついついそんな言葉をかけてしまいがち。

泣かれるのは辛いですものね。

でもね、泣くなと言われたら余計に泣くのが子どもです。

泣きながら、

「私の気持ちわかってよー!」

って叫んでるんですよね。

それなのに、

「あなたの気持ちなんか、わかりませーん!」

と、ばかりに

「ダメ!」「やめなさい!」

という大人たち。

「泣いていいよ。」

「そっか、そうなんだね。」

そうやって受け止めてあげるほうが、

子どもは早く落ち着きます。

大人だって、言ってほしいじゃないですか。

「泣いていいんだよ。」

「甘えていいんだよ。」

って。

子どもが泣いちゃいけない理由なんて…。

どこにもない…ですよね。

いいね♪と思って下さったら、ワンクリックしていただけると嬉しいです⬇
にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ

テーマ:
皆さんは今、幸せですか?

毎日を楽しく生きていますか?

もしも、少しでも生き辛さを感じておられたら、この先を読み進めてみて下さいね。




以前の私は、とにかく「不幸自慢」が好きで、自慢したくなるほど「ツイていない」ことが連発で起こる人生でした。

家庭内不和、受験失敗、職場でのいじめ、リストラ、うつ病の発症、相次ぐ車の事故など・・・。

常にそうした「不運」と思えることが付いて回っていたので、

「私って・・なんて不幸なんだ!」

「どうして私ばかり、こんな辛いことが起こるの?」


それが私の口癖になってしまっていました。

そんな時に出会ったのが「レイキ」です。

当時お世話になっていたスピリチュアルカウンセラーさんに

「あなたのようなマイナス思考の人はレイキを身につけるといい」

と言われレイキが何かもわからず、言われるがままに受けました。

そんな感じで受けたレイキだったので、受講後も全然使いこなせず宝の持ち腐れ状態でした。

それから数年後、本屋に行った時のこと。

山積みされていたこの本が私を呼んだのです。

「ゆみっち、こっちこっち♪」

これを話すとみんなに笑われますが、その時の私には本当にそう聴こえたのです。

「レイキはうまく使いこなせないし、もういいわ」

と思っており、レイキの本なんて買う気もなかったのですが・・。

あまりにこの本が私を呼ぶので、購入し連れて帰ることにしました。

本を読み終えたあと、

「レイキって日常生活の中で、こんな簡単に使えるんだ!」

と感動し、すぐにこの本の著書である矢尾こと葉さんから直接、レイキ伝授を受けました。

それからというもの、毎日の生活の中でレイキを使うのが楽しくて楽しくて。

そんなふうにレイキを楽しんで使っていると、ある変化に気づいたのです。

先に書いたように、私は超が付くほど「アンラッキー体質」でした。

例えば車の運転。

私はのんびり運転派ですが天然で運転がへた。

ベルトを締め忘れたり、停止し忘れたりすることがしばしばありました。

そんな時、なぜかたまたまその場に警察がいて、次々と違反をとられてしまっていました。

おまけに1年の間に車をぶつけられる事故を連続で起こす。

こんなふうに、運が悪い代表選手みたいなタイプでした。

しかしレイキを習ってからは、違反0事故0のゴールド免許に。

もちろん運転以外のことでも「運がいい」と思えることだらけ。

「こうなるといいな」と思うことが、次々実現する「引き寄せ体質」にもなっていました。

そんなふうに、知らない間に「幸運体質」に変化していった私は…。

以前の口癖だった「私って運が悪い」を口にしなくなり逆に、

「私って、運がいい!」

「私って、超引き寄せ体質!」

そんなふうに胸を張って言えるようになり、レイキと出会い、大きく変化をしていきました。

レイキと出会って人生が大きく変わったこの感動と喜びを、他の人にも伝えたい。広めたい。という思いが強くなり。

2013年に「発芽レイキアカデミー」の認定レイキティーチャーになり、で県外の方も含め3年間で、11名の方に伝授させたいただきました。

また、レイキヒーリングを送らせていただいた方は、延べ100名以上。

特に、子育て中のママとお子さんへの「親子ヒーリング」は好評で、

「子どもの夜泣きがなくなった!」

「イライラが減り、子どもを怒らなくなってきた!」

「体がラクになった!」

「旦那が優しくなった!」


といった、嬉しい感想も沢山いただきました。

不幸体質だった私が今こうして「幸運な引き寄せ体質」に変わったのは、紛れもなく「レイキ」に出会ったからです。

もしも、あなたが今の生活に満たされていなかったり、以前の私のように「運が悪い」と感じているとしたら・・。

一度レイキヒーリングを体験してみませんか?

そうそう…。

私の人生を大きく変えた「レイキ」が一体どんなものなかのかを、まだお伝えしていませんでしたね。

次回は「レイキってなーに?」をお伝えします。

いいね♪と思って下さったら、ワンクリックしていただけると嬉しいです⬇
にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ

テーマ:
いつもブログを読んで下さっている皆さま、ありがとうございます。

1つお知らせです。


今日から数週間かけての作業になりますが、

「レイキヒーリングのご感想記事」

を連続でアップする予定です。

ご存じない方もあるかと思いますが、私は今の園長職に就く前は、自宅で子育てサロンを開いていました。

その時、ママや子どもたちのココロを楽にするお手伝いとして、「レイキヒーリング」を提供させていただいていました。

私自身、人生が好転し幸運体質に変わったきっかけは「レイキとの出会い」でした。

その素晴らしいレイキで、子育てが楽になるお手伝いをしたい。

そう思って始めたレイキヒーリングのメニュー。

特にお子さんにも流す「親子ヒーリング」は好評で、沢山のご感想を頂いていました。

3年前、ブログに挙げていたレイキの全ての記事を削除しましたが、宝でもあるお客様の感想はファイルに残していました。

その感想をブログに再アップしていきますので、しばし「レイキ感想記事」を連投する予定であることを、ご了承下さい。

ということは…?

近く、良きタイミングを見て、

「レイキヒーリング」のメニューを復活

したいと思っています。

特に「親子ヒーリング」はオススメなので、是非楽しみにしておいてくださいね。

お知らせでした⤴

いいね♪と思って下さったら、ワンクリックしていただけると嬉しいです⬇
にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ

テーマ:
3年前にアップした動画ですが、今でも沢山の方に視聴して頂いています。

私が、

世の中の大人たちに、

子どものココロの声を伝えたい!

と思うきっかけとなった出来事を、紙芝居にしています。



にも書きましたが…。

子どもの心は、

自分のことを見てほしい。

大事にされたい。

愛されたい。

そんな気持ちであふれています。

それをわかってもらえ、

受け止めてもらえると、

安心感で満たされ落ち着きます。

逆に、自分は親に愛されているのかわからないと…。

この動画の子のように、

こんな言葉を放ち、大人の愛を確かめようとするのかもしれません。

幼稚な絵ですが、そこは目をつぶってお許しください🙇🙇🙇

何度か見た方もあると思いますが、再アップしますね。


いいね♪と思って下さったら、ワンクリックしていただけると嬉しいです⬇
にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ

テーマ:


子どもたちは、

自分のことを見てほしくて、

わかってほしくて、

自分が出来る色んな方法で

一生懸命おとなにうったえてきます。

張り裂けそうな大声で話す子。

わざと悪いことをしてみせる子。

泣いて泣いてなきじゃくる子。

その裏側に隠されているのは、

ねえ、私のこと見て!」

の言葉。それなのに、

「うるさい!」

「言うことを聞かない悪い子!」

「泣くのはやめなさい!」

そんなふうに言われたら悲しいよね。

ママや大好きな大人が、

自分のことを見てくれている。

大事に思ってくれている。

自分は愛されている。

それがわかれば

子どものココロは落ち着きます。

ママが自分を見てくれているのか?

大事に思ってくれているのか?

愛してくれているのか?

それがわからないから…。

何度も何度も色んな方法で

確かめてみるのです。

「ママはちゃーんと、

◯◯ちゃんのことを

見てるからね」

伝えてあげてくださいね。

ママだって…。

大切な人が自分のことを見てくれていたら

安心するもんね。

大人も同じだよね。

いいね♪と思って下さったら、ワンクリックしていただけると嬉しいです⬇
にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス