かりんの図解・グラレコ日記

かりんの図解・グラレコ日記

あなたのサービス・イベントを図解とグラレコでわかりやすく伝えます

NEW !
テーマ:

あなたのセミナーとサービスを可視化する

図解・グラフィックレコーダーのかりんです。

 初めましてのかたは、こちらを見てね!
 ご提供中のサービスは、記事の一番下を見てね☺️

 

 

* * *

 

 

先日、シンポジウムで

グラフィックレコーディングを

させていただきました。

 

 

 

 

多様な人たちのシンポジウムを

描くという体験は

私もずっとずっとやりたかったことです。

 

 

 

 

以前参加したシンポジウムでは、

 

シールを持った時の心の変容に驚いた私

ですが

今回はシールをお渡しする側。

 

 

 

自分でも、今日のグラレコで

どんなことが起こるのか!?

期待でいっぱいでした。

 

 

・ ・ ・ 

 

 

 

こんにちは!

あなたのセミナーとサービスを可視化する

図解・グラフィックレコーダーのかりんです。

 

 

 

 

今回グラフィックレコーディングを

描かせていただいたのは、

 

 

 

 

 

子供の安全な移動を考えるパートナーズ

~子育て応援車両の実現へ向けて~
&渋谷papamamaマルシェ カイギ。

 

 

 

 

最近新聞などで見かける、

「子育て専用車両」の導入についての

シンポジウムです。

 

 

 

 

ファシリテーターは神薗まちこさん

 (渋谷papamamaマルシェ実行委員長)

 

 

 

 

パネリストは、

 

・平本沙織さん

 (子供の安全な移動を考える

  パートナーズ代表発起人)

 

・藤代聡さん

 (株式会社ママスクエア代表取締役)

 

・龍円あいりさん

 (東京都議会議員)

 

 

 

 

 

参加者は、

 

 

・東急電鉄のひと

・NHKのひと

・ママコミュニティ主宰のひと

・働き方改革のひと

・障がいと電車がテーマのひと

・新聞社のひと

・テレビ局のひと

・子育て当事者のひと

 

 

 

 

などなど…

 

 

 

 

昨日の記事にも書きましたが、

もともと、この

「子供の安全な移動を考えるパートナーズ」

の発端は、

代表発起人の平本沙織さんのツイート。

 

 

Saori Kanda Hiramoto@FABGIRLtokyo 

私も何度も声を上げた。忘れもしない小田急線で。千代田線で。この時間にベビーカーで乗るなと野次があったから思わず「抱っこ紐だったら子ども死んでるわ!ベビーカーも歪むのに。一番大きいので来て正解」って言ってしまった。無言の車内。そのあ… https://t.co/Y6zSMGUv8Y

2018年12月23日 00:44

 

 

そこから、webメディアに載り、
新聞に載り、

どんどん広がっての今日の会です。

 

 

 

 

内容は、昨日の記事や

グラレコで見ていただくとして

 

 

 

 

 

今日は、

「多様な人が集まる議論の場」での

グラレコについて考察します。

 

 

 

私の、今回のテーマ

 

 

 

 

今回の私のテーマは、3つ。

 

 

 

①いつもよりビジュアル(イラスト)を

 多めに入れることを意識する

 

②シンポジウムということで、結論的なことより、

 課題を抽出して描いていく

 

③リフレクションシールを使い、

 その効果と反応をみる

 

 

 

 

(グラレコ)

 

 

 

 

 

 

①ビジュアルについて

 

 

いつも私のグラレコをご覧いただいている方は

お分かりのように、

私は文字寄りのグラフィッカーです。

 

 

 

 

文字だから伝わることもあるけれど、

やっぱり直感的に目に焼きつくのはイラスト。

だから、今回はそこを意識してみようと。

 

 

 

 

ということで、

いつもよりもイラストはかなり多めに書きました。

 

 

 

 

イラストだけで伝えようとしなくてもいい。

なので、文字を書いてから、

それにあったイラストを添えていきました。

 

 

 

 

正直、伝わることが大事。

だから、ベビーカーとか

どちらかというと

ペット用のに似てるし(!?)

 

 

 

 

書いたら凹むぐらい

ツッコミどころ満載ですが☺️

 

 

 

 

ただこの時に思ったのは、

「ベビーカーってどんなんだっけ?」

っていう時間が

もったいないなということ。

 

 

 

 

そんなことを一瞬でもよぎっている間に

聞き漏らしたくない話が

展開されていることだってあるかも。

 

 

 

 

頭は、絵を考えることよりも

話を聴くことに使いたい。

 

 

 

 

そのために、

イラストの練習はした方がいいな

というのが私の今の考えです。

 

 

 

結論よりも課題を抽出

 

 

 

今回、シンポジストの方から

最初に、会の発端についてと、

各自の取り組みや課題と感じていること

についてのシェアがありました。

 

 

 

 

セミナーや、知識を得ることが目的の場では

結論的な、重要な内容を

なるべくグラレコに残していくのですが、

 

 

 

 

今回は、参加者が

共感する、反感を持つなど、

話題にしたくなるような内容を

積極的に描くようにしました。

 

 

 

 

今回は、結論を出す場ではなく、

「考えよう」という場だったのもあり、

考えさせるような内容を。

 

 

 

 

また、シンポジストだけではなく

今回は参加者全員の自己紹介もあったので

参加者が課題としている内容も

描き出していきました。



特に参加者の話は

なるべく全員書いていったつもりです。

 




そして、シールの話ですが、、、

長くなったので、また別の機会にしたいと思います。

引っ張っちゃって恐縮です💦

 

 

* * *

 

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました😊

 

 

 

< ご提供中のメニュー >

グラフィックレコーディング
セミナー・シンポジウム・会議の内容を
 リアルタイムで模造紙に描き出します!
詳細はこちら

 

図解
(現在ご好評により満席です🙏
稀に受付可能な時もありますので、お問い合わせください)


テーマ:

あなたのセミナーとサービスを可視化する

図解・グラフィックレコーダーのかりんです。

 初めましてのかたは、こちらを見てね!
 ご提供中のサービスは、記事の一番下を見てね☺️

 

 

* * *

 

昨日は、子連れ100人カイギに参加しましたー!

 

 

 

子供つれて行ってみたよー!!!

今回のプログラムは、こんな感じ!

 

 

 

 

 

 

私が参加したのは、

 

 

 

①10時からの

子供の安全な移動を考えるパートナーズ

〜子育て応援車両の実現へ向けて〜
&渋谷papamamaマルシェ カイギ

 

 

 

 

そして、

②13時からの

子連れStudy
ゲスト:中村朱美さん(佰食屋)

 

 

 

 

さらに、子連れ100人会議からはおいとまして

③15時からの、

母親アップデートコミュニティの

コンセプト決めワークショップ!

 

 

 

 

今日は、

①はグラフィックレコーダーとして参加。

②は、こどもとスケッチノート。

③は、ワークショップに参加(模造紙係?)

 

 

 

 

という、描きまくった1日だったのですが、

グラフィッカーとしての感想は後日にして、

今日は参加者としての感想を。

 


* * *

 

 

①は、ベビーカーで電車に乗った時に

平本沙織さんがツイートした、これ。

 

 

 

たくさんの賛成・批判意見でバズを生んだ。

コメント240件、

リツイート10339件!

 

 

 

 

そしてそのツイートを見た

今回の登壇者の面々が

巻き込み、巻き込まれ、

 

 

 

 

「子供の安全な移動を考える

パートナーズ」ができたとのこと。

 

 

 

 

そしてそのパートナーズが

今回のシンポジウムを開き、

たくさんの報道関係者、広告会社、

当事者たちをさらに巻き込んで…

 

 

 

 

こうして社会のうねりってできていくんだな

というのを間近にみた今回でした。

 

 

 

 

今回、結論を出したかったわけじゃない。

タイトルにもあるとおり、

「考えよう」がテーマ。

 

 

 

 

考えること、

ただそれだけでも変わる。

それを発信することで

さらに、社会に投げかける。

 

 

 

 

そしてまた少しずつ大きな力になっていくのだろうな。

なんてことを思いました。

 

 

 

 

(グラレコ)

 

 

 

 

 

②佰食屋 中村朱美さんのご講演

 

 

 

 

 

ウーマンオブザイヤー2019大賞受賞。

飲食店の働き方改革として、

1日100食しか売らなくても

きちんと経営ができる仕組みを作った人。

 

 

 

 

それは、みんなで、夕食を家で

食べられるようにしたかったから。

 

 

 

 

この人は、ただシンプルに、

やりたいことを明確にして、

それを叶えるためにはどうしたらいいかを

一生懸命考えているだけなんだろうな。

 

 

 

 

「障がいのある子供がいても、

発展途上国に旅行するのが趣味です。

それは、たいへんだけど、無理ではない。

 

 

 

 

この言葉が、私の心を打ちました。

そうだ。すぐに大変大変と思ってしまうけど。

無理か?といったら、

うーん、無理、ではないはず。

 

 

 

 

いろんなことを、シンプルに考えて

できることなら家族みんな笑顔で

乗り越えていきたいです。

 

 

 

 

余談ですが、うちの上の子、

このお話を

最初から最後まで聞いていました。

とても面白かったそうです。




なんか、こうして

一緒に話を聞けるようになるって

感慨深かった。

 

 

 

 

私、模造紙を剥がしたり

他の方とお話ししに行ったりのときに

スケッチノート

書いておいてもらっちゃいましたw

 

 

 

 

③母親アップデートコミュニティ

 コンセプトメイキングWS延長戦

 

 

 

いつものCiftへ移動。

みんなで

あーここにくると落ち着く!と言いながら

ちょっと休憩・・・。

 

 

 

コンセプト決めるのって、

そんなに簡単じゃないよね。

っていうことを

思い知らされている今日この頃。

 

 


 

でも確かに、初期メンバーの軸が

きちんとしていることは大事。

 

 

 

 

このあと、それはもう真剣に

アイデア出しをしました!

 

 

 

 

そうしてすこしずつ

輪郭があらわになりつつある

キャッチコピー。

 

 

 

ついに、そろそろ多数決に入れるかな?

 

 

 

とっても気持ちの良い青空でしたー!!

 

 

 

* * *

 

 

先週のWEEKLYOCHIAIで、

社会には課題がたくさんあるから

食いっぱぐれることはないと

落合さんが言ってたなぁ…。

 

 

 

見るのか、見ないのか。

当事者になるか、傍観者になるか。

全然違う。

 

 

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました😊

 

 

 

< ご提供中のメニュー >

グラフィックレコーディング
セミナー・シンポジウム・会議の内容を
 リアルタイムで模造紙に描き出します!
詳細はこちら

 

図解
(現在ご好評により満席です🙏
稀に受付可能な時もありますので、お問い合わせください)


テーマ:

あなたのセミナーとサービスを可視化する

図解・グラフィックレコーダーのかりんです。

 初めましてのかたは、こちらを見てね!
 ご提供中のサービスは、記事の一番下を見てね☺️

 

 

* * *

 

 

「いやーこの絵は味があります」

「目がうつろなのがたまらないですね」

「ウツボっぽくもある」

 

 

「…自分でも『馬には見えない何か』です」

 

 

・ ・ ・ 

 

こんばんは!

あなたのセミナーとサービスを可視化する

図解・グラフィックレコーダーのかりんです。

 

 

 

 

子供と、かとうとおる先生の、

「読者に魅力を伝える!

イラストレーター体験」

に行ってきました。

 

 

 

 

かとうとおる先生は、

朝日小学生新聞の

「どんまい新米ハナコ先生」を連載中。

 

 

 

 

その他にも、チャレンジの小冊子など、

お子さんがいらっしゃる方は

どこかで目にしたことがあるはず!

 

 

 

 

先生は、

CM制作会社を経て、イラストレーターに転身。

美大とかを出ているわけではないとのこと。

 

 

 

 

そして、現在は

奥様が先生とのことで、

小学生のお子様2人を育てる「主夫」として、

 

 

 

 

イクメンとかそういう次元ではなく

子育てに携わっていらっしゃるようです。

ブログ参照。子育て観が泣けるぜ・・・)

 

 

 

 

もうなんか、親近感しかないよ。

 

 

 

 

今回は、

「読者に魅力を伝える」というとおり、

きっと先生がCM制作で培った、

徹底的な読者目線と、

 

 

 

 

イラストを活用して

クスッと笑える仕掛けを

挟み込む方法論

 

 

 

 

子供と本気で向き合ってきたからこその

子供がどうしたら喜ぶかという

「講座のお客様」の視点

 

 

 

 

この3つが合わさった

ものすごくプロフェッショナルな講座でした。

 

 

 

 

だから、子供対象の講座なのに
イラストが気になる私は言わずもがな、

おそらくイラストに興味がない保護者でも

楽しめたんじゃないかと思う。

 

 

 

 

詳細はグラレコを見てくださいませ↓

 

 

 

 

今回は、いくつかのお題の中から

私はかるたの絵を描くことにしました。

 

 

 

 

読み札は、

「うまがうまった」

 

 

 

ええ、ダジャレです。

 

 

 

 

馬が埋まってる絵を描くのかぁ。

こんな感じかな。

って描いた絵を再現↓

 

 

 

 

まさかウツボっていわれるとは!!🤣🤣🤣

 

 

 

 

いやいや、私の絵は

よく「味がある」って言われるけど

ウツボw

 

 

 

 

味を個性として活かしつつ

もう少しイラスト上手になりたいなとは

思う私でしたw(せめて馬が馬に見えるレベルに!)

 

 

 

 

あと、私の字が絵っぽくていいねと

言っていただいて、

かなり嬉しかった☺️

 

 

 

 

えーと総合すると

字も絵も個性的!w

 

 

 

 

よし、これでいこう。

とはいえ現状に満足せず

読みやすい字、見やすい絵も

もう少し追求していきたいな。

 

 

 

もちろん、図解やまとめ力もね!

 

 

 

 

子供のほうは、

最初恥ずかしがっていましたが、

 

 

 

 

先生のテンションに乗せられて

ちょっとずつ

見せてもいいかな…?と思えたのか、

 

 

 

 

最後は4コマ漫画を描いて

笑いをとれて嬉しそうでした。

 

 

 

 

先生の締めの言葉は

「心の折れないイラストレーターになろう」。

 

 

 

 

とにかく人に見てもらう!

毎日ちょっとずつ書き続けていこう!

 

 

 

 

温かいお人柄と

秘めたるパッションを感じた講座でした!

 

 

 

 

ありがとうございましたー!!

 

 

 

 

* * *

 

同じタイトルの講座は4月7日に渋谷でも開催されます。

ご興味のある方はこちら

 

 

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました😊

 

 

 

< ご提供中のメニュー >

グラフィックレコーディング
セミナー・シンポジウム・会議の内容を
 リアルタイムで模造紙に描き出します!
詳細はこちら

 

図解
(現在ご好評により満席です🙏
稀に受付可能な時もありますので、お問い合わせください)


テーマ:

あなたのセミナーとサービスを可視化する

図解・グラフィックレコーダーのかりんです。

 初めましてのかたは、こちらを見てね!
 ご提供中のサービスは、記事の一番下を見てね☺️

 

 

* * *

 

こんにちは、湯朝かりんです。

 

 

 

私は2月にできた

「WEEKLYOCHIAI発

母親アップデートコミュニティ」に

グラフィックレコーダーとして

参加しています。

 

 

 

 

よく雑誌とかでありますよね?

 

 

 

 

「母親だからって自分のやりたいことを制限しない

母親だからとか、言い訳をしない

◯◯ちゃんのママじゃなくて、名前で呼ばれたい」

とかの言葉たち。

 

 

 

 

このコミュニティには、もちろん

いろんな「母親」がいますが

その辺りを超越している人たちもたくさんいて。

 

 

 

 

母親という一つの側面を持ちつつ、

妻であり、女子であり、

会社員であり、趣味の人であり、…。

 

 

 

 

「母親」であることはその人の一部でしかなく、

それぞれが

複数の役割を存分に発揮し楽しみながら

生活を営んでいる一人の立派な女性たちです。

 

 

 

 

もう、みんなに、

 

 

 

「今どんなお仕事されてるんですか?」

「なんでいまのお仕事されるようになったんですか??」

「子供の頃はどんなこどもだったんですか???」

「座右の銘とかあります????」

 

 

 

 

っていう質問をマシンガンのごとく

しまくりたいのをぐっとこらえて

すました顔をして

グラレコしているワタクシです…😆

 

 

 

 

価値観を発表し合う会

 

 

さて、先日

このコミュニティでキャッチコピーを決めるにあたり

所属メンバーみんなの価値観を共有する

興味深い会がありました。

 

 

 

 

今回は、アートシンキングという手法を使っていきます。

先生は、拡張家族Ciftで、

いつからか巻き込まれてくださっている

右脳爆発系起業家えみかさん☺️

 

 

 

 

事前にそれぞれの人生を俯瞰して

マインドマップにまとめて持参。

 

 

 

 

・時系列でターニングポイントを書いていき

・そのターニングポイントを深掘っていく

 

 



これを、みんなで集まって1人4分で発表していきます。

 

 


 

私は、みなさんの原点となるお話がたくさん聞けて

「なるほど、辛い過去…」

「こういう価値観が今の彼女につながるのかぁ」

「まさかこの人にそんな過去があったなんて」

 

 

 

 

などとミーハー心丸出しで頷きつつ

ハッと我にかえり

 

 

 

 

グラフィックレコーディングで

各個人の発表する「価値観」

「ターニングポイントの理由」を

重点的に書いていくことにしました。

 

 

 

たくさんの価値観たち。

 

 

 

アフター会

 

 

その後、場所を移動して

このグラレコを見ながら、

会を振り返ります。

 

 

 

 

 

「なかなか価値観を人に話すことってないけど

自分が出すことで、

相手の価値観も知ることができる体験だった」

 

 

 

 

「女性だけっていうコミュニティは

経験なくて怖かったけど、

むしろ女性同士だからこそ、癒された」

 

 

 

 

「みんな、

そのままでいいんだよって思えた」

 

 

 

 

こうして、価値観を共有することで

1つの文化を作り上げていく。

 

 

 

 

そのこと自体を

みんなが共有できたし

それぞれが実感できたこと

これが、今日の収穫ではないかと思います。

 

 

 

 

この文化がコミュニティの軸となり

モニュメントとなることで

内にも外にも、

私たちの名刺がわりになっていくのかな。

 

 

・ ・ ・ 

 

 

そしてやっぱり、対話が大事だよね。

それは、家族の中でも。

それは、夫とも。

それは、実母とも。

 

 

 

 

みんな、今日をきっかけに家でも

コミュニティの話や

家族の原点を聞いてみたり

マインドマップを書いてもらったりする!

 

 

 

 

と宣言し、会は終了となりました。

 

 

 

 

終わりに

 

 

それにしても、私たち、

なんだかもうCift(拡張家族)が

居心地よすぎて。

 

 

 

 

ちょっと拡張家族の拡張家族の拡張家族

くらいにはなってる気がします!

(つまり、拡張家族ほど強い繋がりじゃないけど

確実に家族感ある!って感じ)

 

 

 

 

さあ、もう少しでキャッチコピーが決まる!

楽しみ楽しみ!

 

 

 

* * *

 

 

あ!これ、

その場で丸つけたりして

グラレコに書き込んだらもっと良かったよね。

 

 

 

 

うっかりするとすぐ

自分がグラフィッカーだってこと忘れて

話に夢中になっちゃう

かりんでした☺️

 

 

 

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました😊

 

 

 

< ご提供中のメニュー >

グラフィックレコーディング
セミナー・シンポジウム・会議の内容を
 リアルタイムで模造紙に描き出します!
詳細はこちら

 

図解
(現在ご好評により満席です🙏
稀に受付可能な時もありますので、お問い合わせください)


テーマ:

あなたのセミナーとサービスを可視化する

図解・グラフィックレコーダーのかりんです。

 初めましてのかたは、こちらを見てね!
 ご提供中のサービスは、記事の一番下を見てね☺️

 

 

* * *

 

 

 

昨日は3つイベントがあって。

1つ目は、子供とイラストレーター体験。

2つ目は、所属コミュニティでグラレコ。

3つ目は、zoomカイギ。

 

 

 

それぞれにものすごく学びがあって

「積ん読」みたいな感じで

「積んアウトプット」になってます。

 

 

 

少しずつでも、出して行こうと思います。

 

 

 

さて今日は、昨日の続きです。

WEEKLYOCHIAIについて

ご存じない方は

こちらをご参照くださいね。

 

 

 

メディアをアップデートせよ(後半)

 
 

3月20日放送分は、

日本経済をアップデートせよ」。

 

 

 

 

ゲストは、経済同友会代表幹事の

小林喜光さんです。

 

 

 

 

昨日の記事(前半)では、

 

平成は敗北の時代だった

・日本人は戦った感覚がない=現状満足

アナログとバーチャルの融合が課題

デザインシンキングが試されている

 

 

 

という内容でした。

 

 

 

後半は、

今後の日本経済にとって重要なポイントから

お話が始まります。

 

 

 

今後の日本経済のポイント

 

 

これから、日本の経済を発展させるには、

落合さんは、

「自由な若者」が大事と言っているよ。

 

 

 

 

自由ってわかる?

なんでもやりたいようにできる、

そうだよね。

でもそれだけじゃないの。

 

 

 

 

自分で自分のルールを決めて、

その責任をきちんと自分が持つこと

これが、自由ということだって

落合さんは言っているよ。

 

 

 

いっぽう、小林さんは、

昨日出てきた

デザインシンキングとか構想力。

 

 

 

 

そして、新しいことを自分のものにしたい!

という知的なハングリーさ

 

 

 

 

さらには、自分を変えていける力

これが大事だね。

 

 

 

 

小林さんは、

若者にはもっと怒れ!と言っているよ。

 

 

 

 

日本はいま、ゆでガエル?

 

じゃあ、今の日本の若い人は

自由なのかな?

 

 

 

 

将来お金に困るからっていう理由だけで

面白いと思えない仕事をするのは

あまり自由とは言えないよね。

でも、現実そうして働いている人も多い。

 

 

 

 

でも、若者だけじゃなくて、

実は経営者も同じような考え方で

凝り固まってしまってるんだよ。

 

 

 

 

だから、その

岩みたいに固くなった心を砕いていかないとね。

 

 

 

 

経営者も、若者も、

自分を認識できていない。

 

 

 

 

そう言う意味で、

日本は今、ゆでガエルなんだって。

 

 

 

 

 

ゆでガエルっていうのはね。

カエルをいきなり熱いお湯に入れると

慌てて飛び出して逃げるんだけど、

 

 

 

 

 

冷たいところからゆっくり温めていくと、

その環境の変化に気がつかないで、

いつの間にか熱くて死んじゃうってこと!

 

 

 

がーん!こわー!

 

 

 

で、そのゆでガエル。

今の日本はその状況なんだ!!

 

 

 

 

カエルは蛇が天敵だから、

蛇が出てこないと目覚めない。

その蛇に当たるものが、

財政破綻といって、国が倒産しちゃうこと。

 

 

 

 

さて、どうなっていくのかな。

 

 

 

 

日本人を覚醒させるには

 

でも、蛇なんか出てこなくても、

カエルが自分で気付けばいいんだよね。

今ここは危ないって。

 

 

 

だから、、ゆでガエルである日本人は、

どうしたら危ないって気付けるんだろう。

 

 

 

 

これまで平和すぎた日本では、

負けた体験がないから、

なかなか覚醒しないのかもしれないね。

 

 

 

 

結局、日本人は、日本の良いところを

自分でみつけるのではなくて

他の国に「それいいね!」って言われて

再発見してるところがあるんだ。

 

 

 

 

それは、やっぱり

自分のいところは自分で見つける必要があるよね。

 

 

 

 

そして、それができるようになるために、

苦しんで勉強して、負けたり悔しい思いをして、

自分が世の中に対してやるべきことを知る

そんなことが大事なんだね。

 

 

 

 

 

これからはアクティブに

 

これから、自分の中ばかり見ていないで、

外で新しいことが起こったら、

それを能動的に取りにいく必要があるね。

自分もやってみるとかね。

 

 

 

 

とにかくアクティブに動くのが大事だよ。

 

 

 

社会には問題や課題がたくさんあるから、

逆にいうと仕事がなくなることはない。

ただ、その課題に

きちんと向き合う気持ちが必要だよね。

 

 

 

 

日本経済をアップデートするには

 

 

 

落合さんは、

「DJ社長」。

 

 

 

つまり、シンプルに

やりたいことをやりたいことと認めて

行動しよう!

 

 

 

 

難しいことをぐるぐる考えていても仕方ない。

どんどんやっていこう!

 

 

 

そして、小林さんは、「定量制」。

つまり、測れることは数字に変えて、

きちんと測りながらやっていこう!

なんとなくでやっちゃダメだよ!

 

 

 

ということでした。

 

 

 

* * *

 

 

人生は長期的なロマン。

これを子供に伝えるのは難しいな。

でもいつか、わかる日がくるよね。

 

 

 

 

 

※小学生にもわかるWEEKLYOCHIAIでは、

子供向けに多少わかりやすい言葉に変えたり

難しい話は省略しています。

 

 

 

 

本編で、ここでは伝えきれない

その熱い学びをぜひ味わってください!

WEELYOCHIAI

 

 

* * *

 

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました😊

 

 

 

< ご提供中のメニュー >

グラフィックレコーディング
セミナー・シンポジウム・会議の内容を
 リアルタイムで模造紙に描き出します!
詳細はこちら

 

図解
(現在ご好評により満席です🙏
稀に受付可能な時もありますので、お問い合わせください)

Ameba人気のブログ