食育の日 | 三鷹市役所前 挽きたて“石臼挽自家製粉”そば 【増田屋】
2013年10月19日(土) 01時09分19秒

食育の日

テーマ:食育推進

☆★専門調理食育推進員のいるそば屋【増田屋】 ★☆
  ご注文・お問い合わせ 0422-43-8525 ◇木曜定休◇ 
    お車でお越しのお客様はこちらをご覧下さい

    → デリバリー専用メニューのダウンロード
     【fecebook】 いいね! いいね!いいね お願いしますお辞儀ハリポタ
    【Twitter】 フォロー! フォロー twitter お願いしますお願い


食育基本法(平成17年6月10日成立)


私たち一人ひとりが食の大切さを改めて見直し、


健全な食生活をできるようにしていくことを目的としています。


■ 食育基本法の基本理念


・心身の健康の増進と豊かな人間形成


・子どもの食育における保護者、教育関係者等の役割


・食に関する体験活動と食育推進活動の実践


・伝統的な食文化等への配慮及び農山漁村の食料自給率への貢献


・食育推進運動の展開


・食に関する感謝の念の醸成


・食品の安全性の確保等における食育の役割


三鷹市役所前  挽きたて“石臼挽自家製粉”そば  【増田屋】

■ 食育月間:毎年6月


■ 食育の日:毎月19日


三鷹市役所前  挽きたて“石臼挽自家製粉”そば  【増田屋】

「食育」という言葉を、


よく耳にされるようになったのではないでしょうか。

食育は健康のこと、伝統のこと、環境のことと幅広いものですが、


やはり家庭の食卓が、とても重要であると考えられて


食育は「食育基本法」という法律になっていますが、


私は「食卓基本法」だとも言われています。


3~8歳のしつけが子どもの人生の鋳型となるためです。

我々が子どもの頃は、大家族でちゃぶ台を囲んで食事をしたものです。


「残してはいけません」


「きちんと箸を持ちなさい」


「肘をついてはいけません」


と、大人から毎日しつけをされていました。


そして食卓で健康に良い食べ方やマナーを学び、


叱られ改善する事に慣れ、社会を生きる力を身につけていました。


脳が完成する8歳までに身につけなければ、


その後改善しようにも難しくなるのです。

ところが、現在は核家族化がすすみ、


両親が共働きで子どもが一人で食事をするなど、


しつけの場が失われています。


何をど食べても叱られず、コミュニケーションも取れないことが、


キレる子どもや、肥満、痩せなどの心身の問題となって


あらわれているのです。

三鷹市役所前  挽きたて“石臼挽自家製粉”そば  【増田屋】

お子さんとは是非一緒に食卓を囲み、


何をどう食べたら良いか、食べ物の命を頂いていること、


もったいない精神などを教え、たっぷり愛情を注いであげてください。


必ず子どもの幸福な健康につながり、


その子の社会でのふるまいは、日本や地球にも良い影響となるでしょう。


まずは、毎月19日に


    食生活のこと 

      

     健康のこと


       家族のふれあいのこと 


        食品の生産や消費のことを


           少しでも考えながら食事してみませんか?


キャッチフレーズ

 「みんなで 毎日 朝ごはん」


《食育の日》のおすすめ
三鷹市役所前  挽きたて“石臼挽自家製粉”そば  【増田屋】 ☆あなたのそばに.com☆


♪あなたのそばに...♪
感謝を込めて、今日もご来店頂きありがとうございます!
 ↓ポチッ↓と、どうぞよろしくお願いいたします m(_ _)m
ペタしてね 読者登録してね アメンバー募集中

三鷹“増田屋” 蕎麦鑑定士1級&野菜ソムリエさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス