もう!3年!まだ!3年! | 今日の清川しっぽ村

今日の清川しっぽ村

「一般社団法人 清川しっぽ村」の活動ブログ。

東日本大震災で被災した
ワンちゃんネコちゃんを中心に助ける為
神奈川県の清川村に動物保護施設を設立して

一頭でも多く新しい飼い主さんの元で幸せに暮らせるよう
みんなで頑張っています!!


テーマ:
前略  

西原しっぽ村 村長


熊本地震(本震)発災から今日で3年となりますね。

なんとか 力になれんもんかと

現地入りした しっぽ村でしたが、

混乱を極めた被災地では 

どこで何から取り組んだら良いのかさえも

皆目見当がつかん状態でしたね。

そんな しっぽ村と一緒に被災地を駆け回ってくれたのが、貴方でした。
おかげで 陸路を移動する者では自衛隊員の次に機動力を発揮できたと思います。

地震で仕事(お店)を失ってしまった貴方に
清川しっぽ村の熊本支援活動に加わってもらい
そのまま 3年

その間で 貴方がこの活動を離れて心身ともに
ゆっくりと休める日が三日間あっただろうか?

一日くらいはあったと思うけど、三日はないだろうと思う。

おかげで 救済できた犬や猫は数知れない

3年続ければ いろいろある
貴方のことを批判する者もあるだろう。
でも 心労することはない

彼らは批判するだけであって、貴方と同じことは出来ない者
やがて
でっかいのが身体だけではないことに
気づくだろう。

面と向かって 言うのもなんやし、あれやけど、
貴方の働きに感謝している。

正すところを感じれば そこを正して、 
引き続き 一緒に努力しよう。


まつき


…………………………………………………………


熊本地震災害に遭われた方々の心の平安と
と被災した地域の復興と発展を願います。


本日は 西原しっぽ村 村長からの

震災から3年間の活動レポートです


…………………………………………………………




熊本地震災害から3年になります。


天地が揺れ
家族を外に連れ出した本震発生時


庭にビニールシートを敷いて、
揺れ返しの中  家に毛布を取りに戻りました。


下から突き上げるような揺れを
何十回と感じました。
ガシャン ガシャンと
家の瓦が降り注ぎます。

懐中電灯とラジオから流れるニュースを聴きながら、
甥っ子や近所の人と励ましあった夜。

あの光景は
私は一生忘れないと思います。



本震から2日後に
遠く神奈川県から到着した
清川しっぽ村メンバーに励まされ、

熊本人として力になれると思った
道案内のお手伝いとしてスタートしたのが
キッカケでした。


ペット支援物資の供給のために
各避難所を訪れ
支援物資を届けました。

ペットに関する相談もたくさん受け付けました





救援物資を待つのは

人も 犬猫たちも同じでした


もっと効率の良い サポートのあり方を

考えなければならない状況から






西原村災害ボランティアセンター内にて

熊本地震災害動物ボランティアセンターを開設しましたが、全ては手探り状態です。







それでも

先輩ボランティア有志のサポートを受け

始動




避難生活されている方々が飼育する犬猫たちが多いため、災害に遭われた飼い主さんが会いに来ることもできる一時預かり保護が可能な場所を近場で必死で探した初夏。



西原村小森仮設住宅横に

西原しっぽ村シェルター の誕生です



地震災害による損壊も大きく
解体物件だったので、一年間使用のち

熊本県菊池市に

西原しっぽ村シェルターを移転




今日 こうして、
震災から3年が経過した時の流れを振り返ってみると、私がこの活動に関わらせて頂いたことで見えてきたこともたくさんありました

まだ3年。 至らない点も多くありますが、
私自身も経験の中から勉強になる事も多くありました。


毎日は日々のお世話と犬猫に関する相談に追われ
時間が流れていきます。

あっという間に

もう 3年です。




先日 ご相談を受けたお話では
仮設住宅から復興住宅に移動するのに
犬や猫は飼主さんの責任で
連れて来ないで、誰かにお願いして下さい。

と言われている方々もおられるそうです。

ペット同伴で住める復興住宅の整備が遅れているのでしょう。


私が
取材を受けたマスコミの方からも

震災から3年が過ぎましたが
その後 、一時預かり保護など
ペットと飼い主を巡る問題に解決の
めどは見えましたか?

と尋ねられます…。


めどが立ったケースもあれば、
全てがその限りではないと言うことも事実です。



被災された方々と交流の中で感じたことは
被災された方々には、ペットに関することを含め、いろんな問題や心配事が山積みしているので、もっと時間が必要だと思いました。


もう! と まだ!
当然 立場(主体)によって感じ方が違うものですが私はいつも 、弱い立場にいる方の手助けができればと思ってます。

まだまだ ですが


                             西原しっぽ村    シゲミ

清川しっぽ村さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ