今日の清川しっぽ村

今日の清川しっぽ村

「一般社団法人 清川しっぽ村」の活動ブログ。

東日本大震災で被災した
ワンちゃんネコちゃんを中心に助ける為
神奈川県の清川村に動物保護施設を設立して

一頭でも多く新しい飼い主さんの元で幸せに暮らせるよう
みんなで頑張っています!!

2019年10月12日の台風19号の影響で

清川しっぽ村は土砂崩れにより

深刻な被害がでました。

骨銜え犬 見学時間 11:00~14:00

 【村作業時間 変更のお知らせ】

 

 10/24~ 9:00~15:00


 作業終了後、スタッフは預け犬猫たちの様子伺いや

 協力先への依頼などの時間とさせて頂きます。



電話

046-281-7457


お問合せ時間 11:00~14:00

手紙 メール

shippomura2013@gmail.com


家 清川しっぽ村 所在地

〒243-0112
神奈川県 愛甲郡 清川村 煤ケ谷 3084-1




■ お知らせ掲示板 ■

里親募集犬猫の一覧

【清川しっぽ村(神奈川県)】
物資支援お願いリスト

【西原しっぽ村(熊本県)】
物資支援お願いリスト

ご寄付のお願い

あしながおじさん会員募集

ボランティアスタッフ募集

ア ク セ ス

保護動物譲渡選定基準


どうか皆さまの暖かいご支援よろしくお願い致します!!






皆様こんばんは



夕立ちとともにグッと過ごしやすく感じた
清川村。

平地より2〜3℃ 涼しく感じる
風の抜ける木陰が多い山村⛰


それでもやっぱり夏だよね、ボビーくんカキ氷







熱中症対策も大事だね



暑さが厳しくなる

日中は涼しい室内でひと休み







最近のボビーくんは後肢が

フラつく頻度が多くなってきました😢 






春からずっと

気圧の変化などで

前庭疾患の障害が悪化してきてしまった様子



調子の良い時と良くない時の

サイクルに応じて受診してきましたが、


大丈夫かい?ボビー


病院🏥と今後の相談してくるね



お薬💊飲んで、点滴したから


少しでも

良くなりますよーに🙏



若く見えるボビーだけど、11歳になるシニア犬です。いつまでも元気なボビーくんでいてね。

家族と巡り合える その時まで
しっぽ村で頑張ろう!


安川












こんばんは。

今日はまたひときわ暑い一日でしたね🥵

いつも しっぽ村活動を応援くださいまして ありがとうございます。

しっぽ村地方も連日
夏が元気いっぱいの暑さがやって来ました☀️


さて本日は
「動物福祉 動物愛護に関するお話」
シリーズ第18回



皆さんにできる動物を保護する活動のひとつ
『TNR』のお話です。



↓前回も登場したこちらのボードは、

動物たちのために 何かわたしに出来ることはないかな?
と思っていらっしゃる方々に向けて描いたボードです。


今日は、こちらのボードの上から(赤い文字)3段目に書かれた文字をご覧ください😊





TNR:Trap/Neuter/Return

厳しい環境下で生きなければならない命を増やさないために不妊去勢手術をしてください。

と書かれています。



え❓‼️

TNRは、わたしがやっても良いの?

TNRは、動物保護団体がすることではないの?


そんな声が聞こえてきそうですね😉



確かに、

しっぽ村のようなTNRに取り組む動物保護団体や、個人で保護活動をされている方の中には、地域で暮らす飼い主のいない猫にまつわるトラブルなどの相談に応じ、

【不妊去勢手術のための一時捕獲】





【動物病院への搬送】




【手術後の猫さんを元いた場所に戻す】





という、TNR活動をお手伝いをしています。

ここで、敢えて 『お手伝い』と書いたのは


TNRとは、

外で暮らす飼い主のいない猫を今以上 増やさないために、不妊去勢手術(繁殖制限)を行い、一代限りの命となった猫を『地域猫』として見守っていくための一連の取り組みに含まれる活動であり、


不妊去勢手術を受けた後も、元の生活圏に戻った猫たちが


平和に 

穏やかに

一代限りの生を全うするには


(気持ち良さそうに 吹く風を楽しむ猫さん)



やはり


その地域に暮らす人々と猫が
共生していけるようにと

地域住民の皆さまが
主体的に取り組まれることが不可欠なのです。

そう、

動物保護団体が不妊去勢手術のお手伝いをするだけでは、猫が増えることはなくなっても、外で暮らす猫たちの生活環境は変わりません。


「不妊去勢手術をして元いた場所に猫を戻したら終わり。」

では、外で暮らす猫たちが ご飯や飲み水を求めてさまよい歩き病気や怪我をしたり、 庭や畑を汚す「やっかいもの」として嫌われる現状は、変わらないのです。





でも、

地域で暮らすわたしたちが主体的に取り組むって、いったいどうしたらいいの?


そう。それはとっても重要な質問です😊

わたしは、まずは「見る」「知る」からスタートすると良いと思います。


逆に 
一番 いけないと思うことは、


何だかどうにかしたほうが良いと思うけど、先送りにしたり、見ない振りをしたりすること。

つまり
「臭いものには蓋をする」ようなことです。

せっかくの気づきも 
これでは台無しになってしまいます😢


ご自身の生活エリアで、外で暮らす飼い主のいない猫はどんな風に暮らしているのか。

どのくらいの頭数がいるのかな?
どこでご飯を食べてるんだろう?
うんちやおしっこはどうしてるのかな?
猫たちの事で、困っている人はいるかな?

等など、猫たちの生活と人との接点にも目を向けて観察してみましょう。

あなたが地域で何らかの役割を担っているのであれば、そのネットワークを使って地域の方々から情報収集をしたり、意見交換をする機会を作っても良いですね。

↓こちらの『神奈川県飼い主のいない猫対策実践マニュアル』には、

猫の生態や






ノラ猫との付き合い方、TNRについてなどが書かれています。
別冊として『地域猫活動実践マニュアル』も付いていますので、ぜひ参考にされてくださいね☺️


https://www.pref.kanagawa.jp/documents/54654/nekogaidorainn.pdf

各自治体で参考にしながら使える資料も添付されています↓













さあ✨

地域で飼い主のいない猫を見守っていこう!と決めた時、
大切なことがひとつあります。


それは
あなたの暮らす地域には、猫が好きな人も
苦手な人も 生活を共にしているということ。


猫が苦手な人にも、飼い主のいない猫の存在を理解してもらい、そっと見守っていただくには


🌟繁殖制限(不妊去勢手術)をする。(←ここでしっぽ村もお手伝いが出来ます☺️)

🌟置きエサをせずご飯の時間を決める。(残り物は片付ける。)

🌟地域の環境衛生も考え、猫トイレは迷惑の掛からない場所に設置して定期的に清掃する。

🌟猫の苦手な人たちの意見にも耳を傾け、折り合いをつけながら活動を続ける。


といった約束事を徹底して実施することが大切です。


先程の神奈川県のマニュアルにも、報告書の例が添付されていました。








このように地域住民の方々に向けて定期的に報告をしていくことも大切ですね☺️



さて実際に取り組みを始めると、猫たちにエサやりをしている方に出会うかも知れません。


こちらは

熊本県内にある大きな公園に設置されていた
看板です。



「無責任なエサやり」とはおそらく

目の前にいる猫の

その先の生きる道のりや その先にある命を

考えることの無い 行動を言うのでしょう。


公園では、雨にうたれて 目と鼻がぐちゃぐちゃに汚れていた仔猫さんと出会いました。

ご飯をもらい栄養状態の良くなった猫たちは繁殖を繰り返します。
そして、このように病気や怪我と隣り合わせで生きなければならない命が またひとつ
生まれるのです。




「お腹を空かせている猫にせめてご飯だけでも食べさせてあげたい。」

飼い主のいない猫たちへの
優しい気持ちから生まれたその思いが、

実は
猫たちに苦しみを与えることになりかねないことをもしも 知る機会があったなら、


ノラ猫の不妊去勢手術には助成金があることや、手伝ってくれる動物保護団体などがあることを知る機会があったなら、

そして

同じように猫を愛し、彼らの命を見守っていこうと協力できる地域の仲間を見つけられたなら、

飼い主のいない猫たちの生きる道は

今よりも もっと
HAPPYになれるのでは
ないでしょうか🌈

もしもエサやりだけをされている方と出会ったら、その方の思いにも耳を傾け、猫たちの生きる道を一緒に考えていける仲間となれるよう、関わってみてください。


また、TNR活動をしていると、

なぜ元に戻すの?

という質問にも出会うでしょう。


確かに
いったん捕獲して手術を施した猫を全て、飼い猫として保護することが理想的なのですよね。

けれども

ひとつの家庭で、適正に飼育できる動物の数には限度があります。

その限度を超えるとお世話が十分に行き届かずに衛生状態が悪くなったり、そのために病気が蔓延します。

更に多頭飼育が経済的な負担を招き飼い主の生活が行き詰り、結果的に「多頭飼育崩壊」に陥ります。

(これはしっぽ村のような保護シェルターでもおなじです。
保護動物の収容可能数には限界があり、緊急を要する状況にある場合に限定して保護しているのが現状です。)

TNRは、地域で暮らす飼い主のいない猫たちの命を守る活動のはじまりです。

彼らが

その地域で暮らす人々と共生していけるように
はたらきかけ

可能であれば、その猫たちに生涯共に暮らしていける新しい家族を見つけることも 始めていきましょう✨

ただし
これは到底 一人で出来ることではありません。



あなたが猫たちのために
大きな一歩を踏み出す勇気を抱くとき

あなたと同じように 猫を愛し、彼らの命をあたたかく見守っていこうと協力できる地域の仲間との出会いが
きっとありますように🌈


もちろん、しっぽ村もお手伝いします😊






飼い主のいない犬や猫は
紛れもなく 
人間社会がつくりだしたものです。


「不幸な環境で生きる命」をつくりだした人間社会は、

「不幸な環境で生きる命」を作りださない努力をしなければいけないと思います。


いつだって

彼らの命は

私たち一人ひとりの心(意識)と 
その手に委ねられていることを
どうか忘れないでください。





清川しっぽ村


↓↓↓↓↓













とあるTNR現場で母猫ちゃんの育児放棄か、
ひとりぼっちになった仔猫のだいふく君。

一晩様子を見ていたそうですが、母猫は近くにいるものの子猫のもとへ戻る様子がなく
行き場がなくなった子猫ちゃんは一時保護されました。


当時は、ミルクもうまく飲めず
7/14 体重は300gでした


十数匹が外で暮らしている地域の猫ちゃんたち
のほとんどをTNRされていたのですが、
母猫ちゃんは幾度となく捕獲を試みるも失敗の連続。
その間に宿った命がだいふく君でした。


母猫ちゃんの避妊手術のお手伝いをして
後日、無事に捕獲、手術ができました。





だいふく君を一時預かりしていた方は
地域の猫たちのTNRと保護を頑張っていましたが
お家にも10頭近く保護されております。

ご高齢のため、これ以上のお世話が難しく
今回の保護受け入れとなりました。




そんな中、だいふく君は
そんなこと知ったこっちゃない😸

よね〜😅💦






🍼たらふく食べて
おなかポンポコリン音譜


お口にミルクがくっついてますよー✨









(グググってなんか言ってる🤣)



満腹になったら寝るのがお仕事💤
だいふく君です🐱






スヤスヤ
ぐぅぐぅぐぅぐぅぐぅぐぅ





そんな だいふく君に嬉しいご報告があります😆



新しいご家族さまが決まり、
トライアルからスタートしました✨




ヤンチャで
スーパー元気ボーイのだいふくくん






先住犬 モコの助くんと仲良くね❗️





新しい名前は【健太くん】

健やかに太く長生きしますように願いを込めて



大きく成長しますように😸



トライアル開始おめでとう🎉




安川