試聴の感想から見るZwei Flugelの音の傾向 | Analog of Magic もみじとクラフトマンのblog

Analog of Magic もみじとクラフトマンのblog

Analog of Magic (AoM)のブログです。
アナログ回路を中心とした話題をお届けします。

ポータブルバランスヘッドホンアンプ【vier flugel】、
GND分離ポータブルヘッドホンアンプ【Zwei Flugel】販売中

このところヘッドホンメインの人以外にもZwei Flugelを試聴してもらっていて、いろいろな感想が集まってきたので紹介とその分析をしてみます。

 

・スピーカーメインでヘッドホンはサブのピュアオーディオ系の人
音はかねがね高評価で、性能が高く色付けが少ないのにまとまりがあるので代用できる物が思い当たらないという人が多いです。また大音量でも音が崩れにくい・割れにくく、それでいて電池も持つ点も良いようです。アンプの制約で音が割れたりするのはあまり気持ちのよいものではありませんからね。Zweiは比較的癖が少ない方向で作っていますが、私の耳以外でもそのような音に聞こえているようです。

ZweiやZweiに輪をかけて癖の少ないアンプを聞いてもらった感想を聞いていると、癖の少なさの先にあるものを個性として評価されることが多いようです。

 

・ヘッドホンメインで据え置きアンプやケーブルに投資している人
こちらも比較的高評価が多いです。今まで聞いていたアンプはなんだろう?という人もいました。そういう人に中身をお見せすると面白い反応をしてくれます。据え置き用の電源にしてくれとの要望もありました。だが断る。

 

・ポータブルオーディオの人
人によって良い悪いがかなりバラけます。ただし共通して音の分離とまとまりの良さは評価されているようです。位相余裕が少なく不安定なアンプのほうが高解像度に聞こえるという人もいて難しいです。

 

・アンプのIC差し替えたりする人
全員ではありませんが、少し特性荒れているものを好む人が多いようです。

 

 

総合的に見ると比較的癖は少ない方向に聞こえるのは共通しているようです。その方向を狙って作ったものですから成功しているといえます。ただしそこに価値があってその先に個性を見出すか、ただつまらない音だと思うかは人によって大きく異なります。また特性が荒れている音を好む人も一定数いるようで、そういう人にはZweiは向いていません。

ヘッドホンはいろいろなインピーダンスや能率のモデルがありますから、どんなヘッドホンがきても不自由なく使えるアンプがいいと思っています。負荷インピーダンスが低いときはリンギング出なくても、負荷インピーダンスが高くなっていくとリンギングが出るものなどは避けたいです。私はポータブルで600Ωのヘッドホンを使うことが多いので。